マニュアル キャンセル

内部アップデートサーバーのメンテナンス

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      7. Kivuto のよくある質問
      8. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  6. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  7. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  8. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  9. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  10. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  11. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

AUSST を使用して内部アップデートサーバー環境の設定をメンテナンスする方法について説明します。

Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)を使用すると、アドビアプリケーションとアップデートをサーバー上の 1 つの場所に一元的にダウンロードすることができます。

AUSST ツール

サーバーの保守

3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス

サーバーのセットアップ

一般的な使用例

内部アップデートサーバーをセットアップしたら、定期的なアップデートを行うためにいくつかの同期アクティビティを実行します。内部アップデートサーバーを設定する以外に、AUSST では以下を行うことができます。

  • クライアント構成ファイルを生成します。これは、内部アップデートサーバーを使用するクライアントをセットアップするために使用します。製品グループを作成するには、クライアント構成が必要です。
  • Adobe Update Server から増分アップデートを取得します。
  • ユーザーをグループ化してそれぞれの製品グループから製品とアップデートをダウンロードできるように、製品構成グループを作成します。
  • 古いアップデートを削除して、内部アップデートサーバーのディスク領域を解放します。
 
注意:

fresh(セットアップ)コマンドと incremental(メンテナンス)コマンドを同時に使用することはできません。ただし、以下に説明するその他すべてのコマンドは、これら 2 つのコマンドとともに使用されます。

これらのコマンドの使用について素早く理解するには、一般的な使用例で、一般的に使用される AUSST コマンドを参照してください。

Adobe Update Server との同期

初期設定後、定期的に社内のアップデートサーバーと Adobe Update Server を同期させる必要があります。これにより、すべての最新のアプリとアップデートを確実に入手できます。以下のコマンドを実行します。

AdobeUpdateServerSetupTool --root="/serverroot/updates/Adobe/CC" {--incremental | --fresh}

増分同期

--incremental パラメーターを使用すると、ダウンロードされたすべてのアプリケーションおよびアップデートが検証されますが、ダウンロードされるのは、新しいバージョンが利用可能なものだけです。 

  • 前回の同期以降にアドビの更新サーバーに新しいアプリケーションとアップデートが配信されている場合

   --incremental パラメーターは、新しいアプリケーションのみを取得します。

  • Adobe Update Server に、新しいアプリケーションとアップデートが配信されていない場合

   --incremental パラメーターによって何も取得されません。

通常は、--incremental オプションを使用する必要があります。ただし、何らかの理由で最新のアプリケーションおよびアップデートがエンドユーザーのコンピューターに反映されていない場合は、次に説明する新規同期を実行します。

新規同期

--fresh パラメーターは、Adobe Update Server にあるすべてのアプリケーションおよびアップデートをダウンロードします。

このパラメーターによってルートフォルダーがクリーンアップされ、内部アップデートサーバーに存在するすべてのアプリケーションとアップデートが最初に削除されます。次に、Adobe Update Server にあるすべての最新のアプリケーションおよびアップデートが、サーバーマシンにダウンロードされます。

内部アップデートサーバーが最新の状態になり、エンドユーザーのコンピューターをアップデートできるようになります。

Acrobat のみの同期

--acrobatonly パラメーターは、Adobe Update Server にある Acrobat および Reader アプリケーション、またはアップデートのみをダウンロードします。

フィルターに基づく製品とアップデートのダウンロード

新規同期または増分同期に AUSST を使用するとき、ダウンロードする製品とアップデートを選択することができます。

注意:

filterProducts オプションは Acrobat をサポートしていません。以下は、Acrobat のフィルタリングに使用できません。また、以下のフィルターオプションを使用すると、Acrobat は、フィルターに含めなくても常にダウンロードまたはアップデートされます。Acrobat のダウンロードおよびアップデートだけが必要な場合は、Acrobat のみのパラメーターを使用してサーバーを同期します。

AUSST は、現在のアドビのデスクトップアプリケーションと、各アプリケーションの最新のメジャーバージョンを同期します。AUSST では、提供を終了したアプリケーションのアップデートは同期されません。ダウンロード可能なアプリケーションへのリンクは、ここを参照してください。​​したがって、フィルターを作成する際に、ダウンロードとインストールでサポートされているアプリケーションのバージョンのみを指定する必要があります。

以下の使用例には、SAP コードが含まれています。必要な場合は、SAP コード完全リストを参照してください。

--filterProducts オプションの使用

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterProducts="<製品 Sap コードをコンマで区切ったリスト>"

セットアップ中にこのオプションを使用する場合は、--incremental--fresh で置き換えます。

例えば、After Effects(SAP コード:AEFT)の場合、以下の手順で特定のバージョンとアップデートをダウンロードできます。

  • すべてのバージョンとアップデートをダウンロードする場合:
    AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterProducts="AEFT"
  • バージョン 16.0 のすべてのアップデートをダウンロードする場合:
    AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterProducts="AEFT#16.0"
  • バージョン 16 のアップデート 16.1.3 をダウンロードする場合:
    AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterProducts="AEFT#16.0#16.1.3"
  • After Effects バージョン 16.0 のアップデート 16.0.1 と Photoshop(SAP コード:PHSP):
    AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterProducts="AEFT#16.0#16.0.1,PHSP"
    注意:複数の製品は、コンマで区切って指定します

--filterFilePath オプションの使用

複数の製品やアップデートを製品フィルターに含める場合は、--filterProducts オプションの使用は面倒である可能性があります。

代わりに、filterConfig.xml ファイルで製品フィルターを定義し、 --filterFilePath を使用することができます。次に、filterConfig.xml ファイルに詳細を含めます。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterFilePath="<filterConfig.xml の絶対パス>"

filterConfig.xml:構造の例

上記の例(--filterProducts)と同様にフィルターを作成して After Effects 16.0 のアップデート版となる 16.0.1Photoshop の最新版をダウンロードできます:

<Filters>     

  <Filter>

      <GroupName/>

             <FilterValue>AEFT#16.0#16.0.1,PHSP</FilterValue>

  </Filter>  

</Filters>

SAP コード完全リスト

注意:

製品グループ(後述)を作成しない場合は、空の GroupName ノードを作成する必要があります。GroupName ノードが含まれていない場合、.xml 形式が正しくないため、エラーが発生して同期の原因となります。

デフォルトでは、汎用フィルターコマンド用のワイルドカードグループが作成されます。

製品グループの作成

製品グループを使用すると、特定の製品やアップデートを必要とするユーザー別に、製品やバージョンをグループ化することができます。

  1. それぞれのユーザーグループが必要とする製品やアップデートに基づいて製品グループを定義します。
  2. 製品グループごとに .override ファイルを作成します。
  3. .override ファイルを各ユーザーグループにデプロイします。

各ユーザーグループは、それぞれの製品グループにアクセスすることができます。

1. 製品グループの定義

次の 2 つのオプションのいずれかを使用して製品グループを作成できます。

1.   --FILTERPRODUCTS オプション

2.   --FILTERFILEPATH オプション

1. --filterProducts オプションの使用

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterProducts="<グループ名>(<製品 Sap コードをコンマで区切ったリスト>)|<グループ名>(<製品 Sap コードをコンマで区切ったリスト>)"

セットアップ中にこのオプションを使用する場合は、--incremental を --fresh で置き換えます。

例として After Effects (Sap コード:AEFT)と Photoshop (Sap コード:PHSP)を使用します。次の製品とアップデートをフィルタリングする g1 と g2 という名前の 2 つのグループを作成します。

 グループ g1

 グループ g2

After Effects の全バージョンおよび Photoshop アップデート 19.1.2

After Effects16.0 のすべてのアップデート、および Photoshop のすべての最新バージョン。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="C:¥inetpub¥wwwroot¥DynamicViews" --incremental --filterProducts="g1(AEFT,PHSP#19.0#19.1.2)|g2(AEFT#16.0,PHSP)"

グループはパイプ文字|で区切ります。

SAP コード完全リスト

2. --filterFilePath オプションの使用

複数のグループ、製品、アップデートを製品フィルターに含める場合、--filterProducts オプションを使用するとメンテナンスが面倒で困難になる可能性があります。代わりに、filterConfig.xml ファイルで製品フィルターを定義し、 --filterFilePath を使用することができます。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対パス>" --incremental --filterFilePath="<filterConfig.xml の絶対パス>"

filterConfig.xml:構造の例

上記の例と同様( --filterProducts)g1 g2 の 2 つのグループを含むフィルターを作成します。

グループ g1

グループ g2

最新バージョンの After Effects Photoshop バージョン 19.0 のアップデート 19.1.2

After Effects
バージョン 16.0 とすべての最新バージョンの Photoshop

<Filters>

      <Filter>

            <GroupName>g1</GroupName>

            <FilterValue>AEFT,PHSP#19.0#19.1.2</FilterValue>

      </Filter>

      <Filter>

            <GroupName>g2</GroupName>

             <FilterValue>AEFT#16.0,PHSP</FilterValue>

      </Filter>

</Filters>

SAP コード完全リスト

SAP コードリストには、各アプリケーションの最新バージョンが表示されます。このバージョンを一緒に使用して、フィルタリング用の XML ファイルを作成できます。

2. クライアント構成(override)ファイルの作成

製品ファイルと、オプションで製品グループを定義した後、これらのフィルターとグループのためにクライアント構成ファイルを生成する必要があります。

上記で定義した各グループで AUSST を実行します。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートパス>" --genclientconf="<out folder path>" --url="<サーバー url>" --groupName=g1

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートパス>" --genclientconf="<out folder path>" --url="<サーバー url>" --groupName=g2

注意:

製品グループを定義した場合、groupName オプションが必要です。

3. クライアント構成(override)ファイルのデプロイ

次に、作成した製品グループに基づいて、生成したクライアント構成(.overrides)ファイルをクライアントにデプロイします。クライアント構成ファイルの生成およびデプロイについて詳しくは、内部アップデートサーバーを使用するためのクライアントのセットアップを参照してください。

古い製品とアップデートのクリーンアップ

アドビが新製品のアップデートをリリースすると、AUSST を使ってダウンロードした以前のアップデートは無効になります。その結果、内部のアップデートサーバーの不要なディスクスペースを占有することになります。

例えば、Photoshop アップデート版 19.1.0 をダウンロードした後に 19.1.1 をダウンロードした場合、19.1.0 は不要になります。

--cleanup オプションと --incremental オプションを使えば、古いアップデート版をすべて含むサーバーを同じようにクリーンアップできます。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ダウンロードフォルダーの絶対位置>" --incremental --cleanup --filterProducts="<クリーンアップ後に保持する sap コード>"

古いアップデートのサーバーをクリーンアップするには、cleanup オプションと filterProducts オプションを一緒に使用する必要があります。

AUSST CLI メニュー

コマンドラインから --root パラメーターのみを指定して AUSST を実行すると、オプションの選択メニューが表示されます。オプションを 1 つ選択して続行します。

CLI メニュー

アドビのロゴ

アカウントにログイン