概要

シリアル番号ライセンス認証は、個別のユーザーではなく特定のコンピューターに関連付けられる以前から使用されているライセンス認証方法の 1 つです。このライセンス認証方法は、顧客の数が少ない場合に適しており、ユーザー指定ライセンスと同様、これを使用してリモートでデプロイするライセンス済みパッケージを作成できます。ただし、シリアル番号ライセンス認証を使用した場合、顧客は Adobe Cloud サブスクリプションから完全な値を受け取ることができません。

エンタープライズシリアル番号の取得

企業でシリアル番号ライセンスが使用できるようになっている場合、Adobe Licensing Website でこれらを取得できます。

  1. 自身の Adobe ID とパスワードで、Adobe Licensing Website にログインします。

  2. ライセンス/シリアル番号を取得を選択します。

  3. 組織の「エンドユーザー ID」か「展開先 ID」を選択します。

  4. 製品名」、「製品バージョン」、「プラットフォーム」を選択します。

  5. 検索」をクリックします。製品名とシリアル番号が表示されます。

詳しくは、Adobe Licensing Website(LWS)の使用方法を参照してください。

注意:

Adobe Licensing Website では Enterprise ID はサポートされていません。シリアル番号ライセンス認証を使用する予定がある場合は、すべての管理者アカウントを Adobe ID で設定することをお勧めします。

Adobe Licensing Website でのシリアル番号の取得

シリアル番号を取得したら、Creative Cloud Packager をダウンロードしてアプリケーションをパッケージ化し、クライアントマシンにデプロイします。詳しくは、Creative Cloud Packager ヘルプを参照してください。

シリアル番号ライセンス認証からユーザー指定ライセンス認証への移行

ユーザー指定ライセンス認証は、匿名のシリアル番号ライセンス認証と比較していくつかの利点があります。管理者は、ライセンスの使用状況を詳しく追跡して監視できます。また、ユーザーに割り当てるライセンスを一元的に管理し、パッケージを再デプロイすることなく、アプリケーションやサービスへのアクセスを取り消すことができます。セルフサービスワークフローにより、顧客が必要なタイミングで製品やアップデートをダウンロードしてインストールできることも、ユーザー指定ライセンスの利点です。また、ユーザー指定ライセンスの場合、エンドユーザーがクラウドサービスを利用することも可能です。クラウドサービスでは、Typekit からのフォントの追加、ファイルの同期場所の選択などを行うことができます。また、Behance でフィードバックを収集して共有することもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー