Creative Cloud パッケージのインストールエラーに関するトラブルシューティング

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版: 管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Canvas LMS との連携
      3. Blackboard Learn との連携
      4. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      5. Kivuto のよくある質問
      6. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure コネクタと Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure コネクタの FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
          3. 接合
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      8. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. User Management API(UMAPI)
        5. Microsoft Azure Sync
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager 6.x アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Sign
      1. Adobe Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Sign - グループ版の機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版無償メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリケーションおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリケーションとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. SCCM による Adobe パッケージのデプロイ
      3. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      4. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      5. Creative Cloud 製品のアンインストール
      6. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      7. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリケーション)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ(Adobe.com):更新
      2. VIP メンバーシップ:更新とコンプライアンス
    5. 購入リクエストコンプライアンス
    6. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    7. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

パッケージのインストールに失敗する一般的な理由

パッケージのインストールに失敗するのは、ほとんどの場合、表に記載されている問題が原因です。解決手順に従って、問題をすぐに解決できます。アプリの起動時に予期しない試用版またはライセンスの有効期限に関するエラーメッセージが表示された場合、試用版とライセンスの有効期限切れエラーを解決する方法を参照してください。

インストールに失敗する一般的な理由

エラーコード

解決策

お使いのコンピューターが、最小必要システム構成を満たしていない。  

195

デプロイメントパッケージの製品ごとに、デバイスが最小必要システム構成を満たしていることを確認してください。必要システム構成を満たしていない場合、サポートされていないバージョンのオペレーティングシステムを使用していることがよくあります。Creative Cloud アプリの最新のオペレーティングシステムガイドラインを参照してください。

コンピューター上で競合するプロセスが実行されている。

19

必ず、パッケージを再インストールする前に、競合するアプリまたはプロセスを閉じてください。全リストについては、プロセスの競合を解決するを参照してください。Acrobat をインストールする場合、アドビアプリ以外のすべての Office 365 アプリを閉じます。

ディスク容量が不足している。

31

すべてのアプリをインストールするのに十分なディスク容量が利用可能であることを確認してください。ハードディスクの空き容量を増やす方法を参照してください。

別のインストーラーが既に実行されているため、インストールに失敗した。

81

既に実行されていたインストーラーまたはアドビプロセスをすべて閉じます。コンピューターを再起動して、パッケージの再インストールを試行します。詳しくは、エラーコード 81 を参照してください。

Creative Cloud デスクトップブートストラッパーがクラッシュした

42

修復」オプションを使用して Uninstaller.exe を実行するか、Creative Cloud デスクトップアプリを再インストールします。

その他の問題が発生した場合は、インストールエラーを診断するまたはアンインストールエラーを診断するを参照してください。

注意:

MSI ログのエラーコード 1603 は、一般的なエラーを示しています。このコードを使用して、パッケージデプロイメントの失敗の正確な原因を確認することはできません。根本原因を特定するには、上記の表に記載されている手順に従います。

注意:

アドビインストーラーがエラーコード 33 を返す場合、製品がインストールされていないため、アンインストールするものが何もないことを示しています。このエラーメッセージが表示された場合、診断手順に従って根本原因を特定してください。

インストールエラーを診断する

次の表に、Creative Cloud アプリとアップデートを含むパッケージをインストールするための大まかな手順を示します。いずれかの手順でエラーが発生した場合、PDApp.log ファイルを開き、その内容を分析します。PDApp.log に一般的なエラーの説明のみ含まれている場合、Install.log ファイルを調査し、エラーの根本原因を特定してください。

インストール手順

診断

解決策

パッケージインストーラーは、Creative Cloud パッケージのコンテンツを抽出し、次のいずれかをインストールします。

  • Adobe Creative Cloud デスクトップアプリ
  • アドビセットアップユーティリティ
  • PDApp.log ファイルに「Stopping the installation process」という文字列がないか確認します。
  • 見つかった場合、エラー文字列「The Bootstrapper Process return code is (XX)」もあるかどうかを確認します。

一般的な Bootstrapper エラーコードでエラーコードの解決策を確認します。

Creative Cloud アプリ、アップデート、または依存する STI がインストールされます。

  • PDApp.log ファイルで、「Fatal」で始まるエラー文字列がないか探します。
  • 見つかった場合は、次の文字列のいずれかがあるかどうかを確認します。
    • The HDPIM Setup Process return code is (133). Stopping the installation process.
    • |Product Media (PHSP, 21.2.8) installation failed...

関連するエラーコードを書き留めます。

製品のインストールエラーについて詳しくは、Install.log を参照してください。

Creative Cloud PDApp.log ファイルの分析

Creative Cloud アプリがインストール、更新、またはアンインストールされるたびに、アクティビティに関する情報が PDApp.log ファイルに記録されます。インストール/アンインストールの試行は、行単位で順番にログ記録されます。最新のエントリが一番下になります。各エントリには、ビルド番号、日付、インストール/アンインストールがいつ開始したかを示すタイムスタンプが含まれています。

エラーが発生した場合、PDApp.log ファイルに、エラーメッセージやリターンコードなど、エラーに関する大まかな情報が記録されます。エラーメッセージを調べてエラーの原因を特定し、解決策を見つけます。

PDApp.log ファイルの確認

オペレーティングシステムと Creative Cloud のデプロイメントに応じて、PDapp.log ファイルは次のいずれかの場所にあります。

オペレーティングシステム

ローカルデプロイメント

リモートデプロイメント

Windows

%Temp%(user)\CreativeCloud\ACC

%temp%(system)\CreativeCloud\ACC\

macOS

~/Library/Logs/CreativeCloud/ACC/

/private/var/root/Library/Logs/CreativeCloud/ACC/

注意:

PDApp.log ファイルを含むフォルダーは、デフォルトで非表示になっています。フォルダーオプション(Windows)またはターミナル(macOS)を使用してフォルダーを表示します。

PDApp.log ファイルのエラーメッセージを分析する

PDApp.log ファイルの内容を分析するには、メモ帳(Windows)や TextEdit(macOS)などのテキストエディターで開きます。次に、一番下にある最新のエントリから分析を始めます。その上のエントリは、解決済みの可能性がある以前の問題に関連している可能性があります。最新のエントリを特定できない場合、PDApp.log ファイルを削除し、インストールプロセスを再開します。

PDApp.log ファイルには、次の種類のインストールエラーが記録されます。

  • Bootstrapper エラー
  • 製品のインストールエラー

Bootstrapper エラー

Bootstrapper エラーは、Creative Cloud のインストールプロセスにおけるセットアップエラーです。一般的な Bootstrapper エラーのリストは次のとおりです。

エラーコード

原因

解決策

-1

インストール手順が管理モードで実行されませんでした。

Creative Cloud アプリを管理モードでインストールします。

1

一般エラー。

詳しくは、PDApp.log ファイルを確認してください。

62

    インストールされている Adobe Setup Utility が破損しています。

    pim SQLite データベース初期化エラー。

クライアントコンピューターの PDApp フォルダーの名前を変更してから、パッケージをインストールします。

50

インストール中にシステムがアセットをバックアップできません。

クライアントコンピューターで実行されているすべてのアドビプロセスを閉じます。その後、再度インストールします。問題が解決しない場合は、PDApp フォルダーの名前を変更してから、インストールします。

81

別のインストーラーが実行されています

すべてのアドビプロセスを閉じて、PDApp フォルダーの名前を変更します。

82

AAM が実行されています

すべてのアドビプロセスを閉じて、PDApp フォルダーの名前を変更します。

1001

パッケージに権限の問題があります

各パッケージフォルダー/ファイルに必要な権限があるかどうかを確認してください。

製品のインストールエラー

製品のインストールエラーは、インストールパッケージに含まれる特定のアプリをインストールする際の問題が原因で発生します。一般的な製品のインストールエラーとその原因のリストを次に示します。

エラーコード

エラー文字列

解決策

1、P1

コマンドラインを解析できません

コマンドライン引数が適切に渡されたことを確認してください。

6

エラーが発生してサイレントワークフローが終了しました

必須のコンポーネントでエラーが発生したことを示しています。Install.log ファイルでエラーを探します。

7

サイレントワークフローを完了できません

重要なコンポーネントでエラーが発生したことを示しています。Install.log ファイルでエラーを探します。

9

オペレーティングシステムのバージョンがサポートされていません

サポートされているバージョンのオペレーティングシステムに切り替えます。

10

サポートされていないファイルシステムです

ファイルシステムにおける大文字と小文字の区別の問題を示しています。System(/Applications)、User(~)、および Installer のパスでは、大文字と小文字が区別されません。

11

別のインスタンスが実行中です。一度に実行できるインスタンスの数は 1 つのみです

Adobe Application Manager の他の実行中のインスタンスをすべて停止し、コンピューターを再起動します。

14

権限が不十分であるために失敗しました

インストーラーが管理モードで実行されていることを確認します。

15

メディア DB の同期に失敗しました

メディアデータベースがローカルデータベースと同期されていません。

  • 両方のデータベースを確認して、どちらも破損していないことを確認します。
  • オペレーティングシステムを更新します。
  • 再度アプリをインストールしてみてください。
  • ローカルメディアデータベースで権限を確認します。
  • クリーナーツールを使用して、既にインストールされているファイルを削除します。

20

インストール元のパスが存在しません

  • インストーラーが破損していないことを確認します。
  • メディアデータベースがペイロードフォルダーに存在することを確認します。
  • ネットワークアクセスの問題がある場合、インストーラーのローカルコピーを作成し、インストールを再試行します。

22

INSTALLDIR の確認に失敗しました

別のインストール場所を選択してください。

23、P23

一部のペイロードで必要システム構成のチェックに失敗しました

必要システム構成を満たしていることを確認します.

25

インストーラーが MAX_PATH 上限を超えています

短いパスでインストールしてみてください

26

一部のペイロードが見つかりません。インストーラーを確認してください

  • AAMEE を使用している場合、インストーラーパッケージを再作成して、ペイロードフォルダーにすべてのペイロードが含まれていることを確認します。
  • メディアフォルダーから再インストールする場合、インストーラーのローカルコピーを作成して、インストールを再試行してください。
  • インストーラーが破損している可能性があります。インストーラーの最新のコピーをダウンロードしてみてください。
  • インストールファイルが複数のディスクに存在する場合、すべてのペイロードをインストールディスクからターゲットディスクのローカルコピーとしてコピーします。

28

基本製品がインストールされていません

基本製品を最初にインストールしてください。

30

ディスク容量不足によりインストールがエラーで終了しました

ディスク領域を解放してから、コンポーネントをインストールします。

31

ディスク容量不足によりインストールが失敗しました

インストール場所の空き容量を増やすことで、重要なコンポーネントをインストールするための十分な空き容量を確保します。

32

既にパッチが適用されています

製品は最新です。アップデーターのインベントリの問題を解決するには、アプリを再インストールしてから、パッチを再度実行してみてください。

36

(Windows 版のみ)

別の MSI インストールが既に進行中です

  • 前の MSI インストールプロセスが完了するまで待ちます。
  • システムを再起動してインストールを再試行します。

37

検証に失敗しました。(パッケージ内のバイナリが破損している可能性があります。)

パッケージを作成し直します。

39

ARP エントリの作成に失敗しました

システムを再起動してインストールを再試行します。

105、C105

hdpim.db データベースの読み取り/書き込みエラー.

パッケージのインストールを再試行してください。この問題が解決しない場合は、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

128、C128

パッケージ署名チェックに失敗しました

インストールパッケージが破損している可能性があります。パッケージを再度作成し、インストールしてみてください。 

131

競合するプロセスが実行されています

エラーログから競合しているプロセスを特定します。プロセスを終了し、再度インストールしてみてください。

133、C133

ユーザーのコンピューターのディスク容量不足です

ディスク領域を解放してからパッケージのデプロイを再試行します。

136, C136

一般的なインストールエラーです

再度パッケージをインストールしてみてください。

138、C138

システムのメモリ不足のため、メモリ割り当てに失敗しました.

一部のアプリを終了して、コンピューターを再起動してから、インストールを再試行してください。

140, 140C

インストールディレクトリ内部の権限がありません

必要な権限を取得するか、別のインストール場所を選択します。

143、143C

パッケージ zip 内にソースファイルのパスが存在しません

権限を確認し、インストールを再試行してください。

146, C146

ユーザーコンピューターの 1 つまたは複数のファイルが他のいくつかのプロセスによってロックされています

システムを再起動してパッケージのインストールを再試行します。

147、C147

インストール/アンインストール中はファイルをコピーできません

ファイルをコピーできません。権限を確認し、インストールを再試行してください。

183、C183

製品をインストールできません

再試行」を選択し、パッケージをダウンロードして再インストールしてください。Windows に Adobe XD をインストールしている間にエラーが発生した場合、Windows で Adobe XD のインストール時に表示されるエラーコード 183 で解決策を参照してください。

195、C195

必要システム構成を満たしていません

Creative Cloud アプリのインストールに最小必要システム構成にシステムをアップグレードします。詳しくは、必要システム構成 | Creative Cloud を参照してください。

Install.log ファイルを分析する

エラーを特定してその原因を確認するには、Install.log ファイルを分析するを参照してください。

Install.log ログファイルの場所を確認する

オペレーティングシステムに応じて、Install.log ファイルが次の場所に作成されます。

オペレーティングシステム

パス

Windows 32 ビット

C:\Program Files\Common Files\Adobe\Installers\

Windows 64 ビット

C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\Installers

macOS

/Library/Application Support/Adobe/Installers

Install.log ファイルのエラーメッセージを分析する

Install.log ファイルの内容を分析するには、Creative Cloud 製品のインストールログを分析するを参照してください。

Acrobat のインストールログファイルには、ファイル名に製品名 Acrobat とインストール日が含まれています。拡張子は「.log.gz」です。拡張子 .gz は、ファイルが圧縮されていることを示します。

アンインストールエラーを診断する

Creative Cloud のアンインストールエラーは、特定の形式で PDApp.log ファイルに記録されます。インストールの問題に関するサンプルエラー文字列は次のとおりです。

12/04/21 04:45:53:830 | [FATAL] | | ASU | DeploymentManager | DeploymentManager |  |  |3316 | The return code from the Adobe Installer Process is (16). Stopping the uninstallation process. 製品インストール/アンインストールエラー中のリターンコードの詳細は次のとおりです.

一般的なインストールエラーとその解決策のリストを次に示します。

終了コード

エラー文字列

原因

考えられる解決策

24

ユーザーはインストール/アンインストール/再インストールから取り消されました。

ユーザーがアンインストールプロセスを取り消しました。

アンインストールプロセスを再開してください。

33

製品がインストールされていません。アンインストールできません。

ユーザーが、現在インストールされていない製品をアンインストールしようとしています。

ARP エントリのみが存在する場合、製品を再インストールしてから、アンインストールしてください。

135

不明な原因によりアンインストールに失敗しました

特定できない

アンインストールの再試行

会話への参加

この記事に記載されているトピック、概念、または手順について質問や意見がある場合は、ディスカッションに参加してください。

参加する

アドビのロゴ

アカウントにログイン