はじめに

Adobe Creative Cloud ストレージが更新され、Creative Cloud アプリケーション全体でストレージの完全な制御と表示が可能になりました。ストレージ容量に対する柔軟性が増し、エンドユーザーは組織が購入したストレージ量まで使用できます。詳細については、Adobe Creative Cloud:ストレージ割り当ての更新を参照してください。

更新が適用されたアドビストレージが組織にプロビジョニングされると、管理者用の「ストレージ」タブが Admin Console に表示されます。システム管理者の場合、「ストレージ」タブで個人ユーザーフォルダーと共有フォルダーを管理できます。個々のユーザーが現在使用している容量、すべてのユーザーが消費している全体の容量を確認することもできます。このタブは、ストレージ管理者の役割を委任したユーザーにも表示されます。

「ストレージ」タブでは、個人ユーザーフォルダーにアクセスしたり、ユーザー名または電子メールでフォルダーを検索したりできます。

  1. Admin Console にログインします。

  2. 「ストレージ」タブに移動します。

  3. 次のページを確認してください。

    • ストレージの概要:すべてのユーザーによって使用されている全体のストレージ容量と個々のユーザーによって使用されている容量
    • 個人ユーザーフォルダー:個々のユーザーのプライベートフォルダー
    • ストレージ管理者:ストレージ管理者の役割を委任されたユーザー
    • 共有フォルダー(Campaign のみ):共同作業用の共有所有権を持つフォルダー

ストレージの概要

「ストレージの概要」ページでは、クォータ使用率がすべて表示されます。組織に割り当てられている合計ストレージ、消費されているストレージ量、および利用可能な残量に関する情報が提供されます。このページには、割り当て済みクォータや消費率など、クォータの最上位コンシューマーのスナップショットも表示されます。また、ユーザーのリスト全体と共に各ユーザーが使用しているストレージ容量を表示するよう選択することもできます。ストレージの消費グラフには、以下の情報が示されます。

  • 個々のユーザーフォルダー : ユーザーがアクティブか非アクティブかを問わず、すべてのユーザーによって使用されているクォータ。
  • 共有フォルダー (お客様が Adobe Campaign を保持している場合) : 共有フォルダーによって使用されているクォータ。
  • その他 : ストレージレポートと ZIP フォルダで使用されているクォータ。ユーザーが組織から削除されると、そのユーザーのコンテンツが ZIP フォルダーに追加されます。ユーザーを「非アクティブユーザー」タブから完全に削除したときに、ユーザーの ZIP フォルダーを削除できます。
ストレージグラフ

個人ユーザーフォルダーの管理

個人ユーザーフォルダーページには、「アクティブユーザー」タブと「非アクティブユーザー」タブがあります。「アクティブユーザー」タブには、現在システム内にあるエンドユーザーのフォルダーが一覧表示されます。「非アクティブユーザー」タブには、システムから削除されたユーザーのフォルダーが一覧表示されます。どちらのカテゴリーでもフォルダーの詳細を表示できます。非アクティブユーザーのフォルダーを完全に削除することもできます。

ユーザーフォルダーの詳細の表示

  1. ユーザーの種類に応じて、関連するタブを開きます。

  2. 目的のフォルダーを選択して、「詳細」をクリックします。

  3. 右のパネルでフォルダーの詳細を確認します。

非アクティブユーザーのフォルダーの削除

「非アクティブユーザー」タブのフォルダーのリストから、非アクティブユーザーフォルダーを完全に削除できます。フォルダーを完全に削除する前に、そのコンテンツをアクティブユーザーに転送し、そのユーザーがそのコンテンツを正しく受領したことを確認できます。完全に削除すると、コンテンツは復元できません。

  1. 「非アクティブユーザー」リストからフォルダーを選択します。

  2. 完全に削除」をクリックします。

  3. オプションの一覧から次のいずれかを選択し、「次へ」をクリックします。

    • 今すぐコンテンツを共有:フォルダーのコンテンツが電子メールで指定されたユーザーに送信されます。このオプションを選択した場合は、コンテンツを受信する指定ユーザーの電子メールアドレスを指定してください。
    • 後でコンテンツを共有:コンテンツフォルダーは、完全に削除されるまで「非アクティブユーザー」タブに残ります。
    • コンテンツを完全に削除:コンテンツを共有するためのオプションなしで、フォルダーは完全に削除されます。

    詳しくは、ユーザーからのアセットを再利用するをご参照ください。

    アセットの転送
  4. 再度「完全に削除」をクリックしてアクションを確定します。

ストレージ管理者の管理

ストレージ管理者ページでは、ストレージ管理者を追加、削除、および検索できます。

ストレージ管理者の追加

  1. 「ストレージ管理者」ページ上部の「管理者を追加」ボタンをクリックします。

  2. ユーザーの名前、電子メールアドレス、またはユーザーグループの名前を入力します。

  3. 保存」をクリックします。

ストレージ管理者の削除

ストレージ管理者を削除すると、それらのプロファイルとフォルダーも削除されます。ただし、フォルダーのコンテンツは管理できます。

  1. ストレージ管理者ページで、リストからストレージ管理者を選択します。

  2. 管理者を削除」をクリックします。

  3. 管理者を削除」をクリックして確定します。

ストレージ管理者の検索

ストレージ管理者は、名前、電子メール、ID タイプで検索できます。検索ボックスに、管理者の名前、電子メール、および ID タイプを入力して、Enter キーを押すと、ストレージ管理者の詳細が表示されます。

共有フォルダーの管理(Adobe Campaign のみ)

共有フォルダーページでは、共有フォルダーの詳細を表示、検索、追加、削除できます。共有フォルダーページでは、アクティブな共有フォルダーと削除された共有フォルダーが各タブに一覧表示されます。

共有フォルダーの追加

委任アカウントがコンテンツを保存して他のユーザーをそのフォルダーに招待できるように、共有フォルダーを作成して所有権を割り当てることができます。

  1. 共有フォルダーページで、「フォルダーを追加」をクリックします。

  2. 共有フォルダーの作成ページで、フォルダーの名前を指定します。

  3. フォルダーのストレージ容量をギガバイト単位で割り当てます。ハードクォータまたはソフトクォータを割り当てることができます。ソフトクォータの場合ユーザーはストレージの制限を超えることができますが、ハードクォータは超えることができません。

  4. 次へ」をクリックします。

  5. フォルダーに 1 人以上の委任アカウントを追加します。フォルダーの委任アカウントは、フルアクセス権を持ち、このフォルダーでファイルを作成、削除、更新できます。他のユーザーを共同作業に招待することもできます。

  6. 「フォルダーを作成」をクリックします。 

新しいフォルダーが「アクティブ」タブの下に表示されます。

共有フォルダーの削除

不要になった共有フォルダーを削除できます。フォルダーを削除すると、その名前が「アクティブ」タブから削除され、「削除済み」タブの下に表示されます。削除されたフォルダーは 60 日後に自動的に完全に削除されます。ただし、それ以前に完全に削除することを選択できます。

  1. アクティブ」タブで、フォルダーを選択します。

  2. フォルダーを削除」をクリックします。削除したフォルダーが「削除済み」タブに表示されます。

  3. 削除したフォルダーを元に戻すには、「削除済み」タブでそのフォルダーを選択し、「復元」をクリックします。

  4. フォルダーを完全に削除するには、「削除済み」タブでそのフォルダーを選択し、「完全に削除」をクリックします。

共有フォルダーの詳細の表示

管理者は、エンドユーザーに関する情報やアセットライブラリ内でのフォルダーパスなど、共有フォルダーの詳細を表示することができます。

  1. 詳細を表示するフォルダーを選択します。

  2. 詳細」をクリックします。

  3. 右のパネルでフォルダーの詳細を確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー