はじめに

この記事では、Adobe® Creative Cloud™ グループ版またはエンタープライズ版を使用している場合に、Adobe® Acrobat® DC をデプロイする方法について説明します。

Mac OS および Windows OS の場合、Acrobat DC は Creative Cloud Packager で作成されたパッケージファイルに含まれています。(Exceptions Deployer ツールではなく)コマンドラインから、またはダブルクリックして、パッケージの setup.exe を使って Acrobat DC をデプロイします。

注意:

  • パッケージのデプロイにパッケージ setup.exe ではなく CCP パッケージ MSI を使用した場合、Acrobat DC はインストールされません。
  • Adobe® Creative Cloud™ Packager を使用して、Acrobat アップデートのパッケージを作成することはできません。ただし、Acrobat のアップデートはネイティブフォーマット(Windows では .msp、Mac OS では .pkg)であるため、標準のデプロイメントツールを使用して個別に簡単にデプロイすることができます。.msi または .pkg ファイルのデプロイについて詳しくは、Acrobat Enterprise Toolkit(http://www.adobe.com/jp/devnet-docs/acrobatetk/)またはベンダーのデプロイメントドキュメントを参照してください。

Customization Wizard を使用した Acrobat パッケージのカスタマイズ

エンタープライズ版をご利用の場合、Adobe Customization Wizard を使用してパッケージをさらにカスタマイズできます。次のワークフローを使用します。

ダウンロードしたパッケージから Acrobat DC をカスタマイズするには、最新バージョンの Adobe Customization ウィザードと、ダウンロードした Acrobat Pro .msi(Windows)または .pkg(mac OS)ファイルが必要です。

注意:

ウィザードのバージョンは、Creative Cloud Packager によって作成されたパッケージ内の Acrobat のバージョンと同じである必要があります。

  1. Acrobat Customization Wizard DC をダウンロードします。

  2. 次のいずれかの方法を使用してパッケージを作成します。

  3. Customization Wizard を起動します。

    注意:

    「パッケージを作成」ワークフローで指定している場合は、Creative Cloud エンタープライズ版のライセンスキーを設定ウィザードに入力しないでください。

  4. Customization Wizard のファイルメニューから、「パッケージを開く」を選択し、手順 2 で作成したパッケージの Acrobat Pro MSI(Windows)ファイルまたは Acrobat PKG(mac OS)ファイルを参照します。

  5. 「Personalization Option(カスタマイズオプション)」セクションで、シリアル番号フィールドに CCE シリアル番号を入力します。

    注意:

    Acrobat DC Pro シリアル番号が 1 つ以上ある場合は、CCE シリアル番号または Acrobat Pro シリアル番号を使用できます。

  6. 「Allow standalone Acrobat deployment with CCE serial(CCE シリアルを使用したスタンドアロン Acrobat デプロイメントを許可する)」をクリックします。

    Screenshot_1
  7. 「Grant Offline Exception & Disable Registration(オフラインの例外の付与と登録の無効化)」をクリックします。

  8. パッケージを保存します。

    Windows:これにより、Acrobat ディレクトリに(拡張子 .mst の)「変換」ファイルが生成されます。このファイルは、パッケージによる Acrobat のインストール時に使用されます。、Customization Wizard のドキュメントの説明に従って、Customization Wizard の出力をクライアントにデプロイします。

    mac OS:Creative Cloud Packager で作成したパッケージに含まれる Acrobat PKG を Customization Wizard の出力で上書きします。

  9. Creative Cloud Packager で作成した MSI(Windows)または PKG(mac OS)ファイルをクライアントにデプロイします。

詳しくは、Adobe Customization Wizard ドキュメント(Windows | Mac OS)を参照してください。

注意:

Windows パッケージの場合、MST ファイル(変換ファイルとも呼ばれます)がパッケージ内の Acrobat サブディレクトリに保存されると、ターゲットシステムへのソフトウェアのデプロイを開始できます。独自の MSI(Windows)または PKG(macOS)ファイルを使用して Acrobat をインストールすることができますが、この方法では、ライセンス情報とパッケージに依存するすべてのもの(ある場合)はインストールされません。パッケージに依存するこれらのもの(マイクロソフトの Visual C++ 再頒布可能パッケージなど)もインストールするには、「ビルド」ディレクトリの setup.exe を使用して、Acrobat DC を含む Creative Cloud Packager で作成したパッケージをインストールすることをお勧めします。インストールの詳細については、以下を参照してください。

MSI インストーラーを使用した場合は、インストールされる Acrobat のバージョン(PDFMaker など)に関連する Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージなどの依存関係は処理されません。

詳しくは、Windows cmd line and msiexec(英語)を参照してください。

Windows での Acrobat のインストール

注意:

ハードディスクのクローンなどのテクノロジーを使用する場合は、オペレーティングシステムのイメージが作成された後にソフトウェアをインストールする必要があります。

Acrobat DC

Acrobat DC を含むパッケージをインストールするには、コマンドラインを使用するか、それをダブルクリックして(「ビルド」ディレクトリの)setup.exe を呼び出すことができます。

パッケージのインストール言語は 3 つの要因によって決まります。

  • パッケージを作成する際に「OS の言語に合わせる」が選択されているかどうか。
  • パッケージをデプロイする際にコマンドで指定した言語。
  • パッケージの作成に使用した言語。

これらの要因がパッケージのインストール言語にどのような影響を与えるかを次の表に示します。 

OS の言語に合わせる

パッケージをデプロイする際にコマンドラインまたは Info.plist ファイルを使用して明示的に指定した言語

パッケージのインストール言語...

選択済み

ない

OS 言語

選択済み

ある

パッケージをデプロイする際にコマンドラインで明示的に指定した言語

未選択

未選択

ない

パッケージの作成言語

選択済み

ある、ただし指定した言語は使用不可

パッケージの作成言語

未選択

注意:

インストーラーが実行されたときに、ユーザーレベルではなくシステムレベルで設定されているロケールがあるかどうかをチェックします。この設定について詳しくは、「OS の言語に合わせる」オプションを使って Creative Cloud パッケージをインストールするを参照してください。

コマンドラインでは追加のパラメーターが必要です。これは、ダブルクリックしてパッケージ Setup.exe を実行した場合にデフォルトの値が使用されるためです。

コマンドで次の項目を指定します。

  • [INSTALLDIR] は、Acrobat のインストール先となる、クライアントコンピューター上のインストールディレクトリです。
  • [installLanguage] は、Acrobat をインストールするロケールです。Acrobat はすべての言語で使用できるわけではありません。特定のメディアの Acrobat でサポートされているロケールのみを指定できます。例えば、Acrobat を英語(米国)ロケールでインストールするには、コマンドでロケールとして en_US と指定します。特定のスイートで利用可能な Acrobat のロケールのリストについては、異なる Acrobat 設定のロケールを参照してください。
 
構文
 
setup [--silent] [--ADOBEINSTALLDIR=] [--INSTALLLANGUAGE=] 
 
構文例:
 
setup.exe --silent --ADOBEINSTALLDIR="C:¥InstallDir" --INSTALLLANGUAGE=fr_CA
 
setup.exe の場所
 
[Package]¥Build
 
 

Windows での Acrobat DC のアンインストール

パッケージを使用してデプロイした Acrobat は、msiパッケージをアンインストールする通常のプロセスでアンインストールできます。スタンドアロンパッケージの場合は、アンインストールが必要な MSI パッケージが 2 つあります。 

Acrobat Pro MSI パッケージと、Creative Cloud Packager で作成したライセンス認証用の MSI パッケージです。 

Acrobat Pro MSI パッケージは Acrobat DC の次のパスにあります。

[CCPPackage]¥Build¥Setup¥APRO18.0¥[locale-set]¥AdobeAcrobat¥AcroPro.msi

注意:

Acrobat ライセンスを削除するために、パッケージ MSI をアンインストールモードで実行することをお勧めします。ただし、必要となる他のアプリケーションをコンピューターにまだインストールしている場合は、DC のアンインストールにパッケージ MSI を実行しないでください。実行すると、他のアプリケーションのライセンスも削除されます。

Acrobat をアンインストールするためのコマンドライン構文は次のとおりです。

構文例:

msiexec.exe /x <Acrobat msi ファイルのパス> /qn

Creative Cloud Packager のライセンスパッケージをアンインストールするためのコマンドライン構文は次のとおりです。

構文例:

msiexec.exe /uninstall <CCP msi ファイルのパス> /quiet

 

Mac OS での Acrobat Professional のインストール

Mac OS の場合、Acrobat は Creative Cloud Packager の製品リストの一部として表示されます。リストに Acrobat を含めると、作成されるパッケージファイルに Acrobat が含まれます。

異なる Acrobat 設定のロケール

次の表に、--installLanguage オプションに指定するロケールの値を示します。

スイートの地域
スイートのロケール
Acrobat DC のロケール Acrobat のバンドル
英語
英語(北米) en_US Acro LS1
  英語(各国共通)
   
en_US
   
 
  ドイツ語
   
de_DE  
  フランス語
   
fr_FR  
  フランス語(カナダ)
   
fr_FR  
日本語
日本語
ja_JP Acro LS2
アメリカ/ヨーロッパ
(中央ヨーロッパ)
英語(北米)
en_US Acro LS1
  英語(各国共通)
   
en_US  
  ドイツ語
   
de_DE  
  フランス語
   
fr_FR  
  フランス語(カナダ)
   
fr_FR  
  スペイン語
   
es_ES Acro LS6
   
  スペイン語(北アメリカ)(es_MX)
es_ES  
  スペイン語(南アメリカ)(es_LA)
es_ES  
  イタリア語
   
it_IT  
  オランダ語
   
nl_NL  
  ポルトガル語(ブラジル)
pt_BR  
  スウェーデン語
   
sv_SV Acro LS7
   
  デンマーク語
   
da_DK  
  フィンランド語
   
fi_FI  
アジア
韓国語
ko_KR Acro LS5
  簡体字中国語
   
zh_CN Acro LS3
   
  繁体字中国語
   
zh_TW Acro LS4
   
東ヨーロッパ
   
ロシア語
   
ru_RU  
  トルコ語
   
tr_TR  
  ウクライナ語
   
uk_UA  
  チェコ語 cs_CZ Acro LS8
  ポーランド語 pl_PL  
  ハンガリー語 hu_HU  
  フランス語(北アフリカ) fr_FR Acro LS1
  中東英語アラビア語 en_US  
  中東英語ヘブライ語 en_US  

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー