グローバル管理 | 製品の割り当て

Global Admin Console へのアクセスをリクエストする方法をご覧ください。

Global Admin Console では、リソースは分配して子組織が管理し、組織内のユーザーに割り当てることができます。

アドビ製品を組織全体に分配し管理するプロセスの一部には、購入したリソースを管理対象の組織全体のリソース配分に分割することがあります。製品リソースの管理は、リソースのすべてまたは一部を提供することにより、他の組織に分配できます。すべての製品のすべてのリソースをそのように割り当てることができるわけではありません。製品が他の組織に分配できない場合があります。このような製品は「製品割り当て」タブに一覧表示されますが、それらを他の組織に追加するためのコントロールはありません。

警告:

契約が期限切れの場合、または組織が非アクティブ状態の場合、子組織に製品を割り当てることはできません。契約の期限切れについて詳しくは、「契約の期限切れ」を参照してください。また、子組織のユーザーがアドビアプリやサービスにアクセスできなくなるのを防ぐため、貴社の管理者に協力を依頼してください。

プールされたストレージ

現在、お客様を新しいプールされたストレージモデルに移行中です。組織が移行されると、次の点が変更されます。

  • グローバル管理者は、階層全体のストレージクォータと使用状況にアクセスし、Global Admin Console にある「製品割り当て」タブを使用して、組織にストレージを割り当てることができます。
  • システム管理者とストレージ管理者は、組織全体のストレージについての完全なコントロールと可視性を持っています。Adobe Admin Console の「ストレージ」タブを使用してストレージを追跡および管理できます。

Adobe Creative Cloud ストレージのアップデートによって、ストレージ容量に対する柔軟性が増し、エンドユーザーは組織が購入したストレージ量まで使用できます。詳細情報

製品の割り当て

Global Admin Console の「製品割り当て」タブには、組織階層全体で購入した製品の割り当て単位が表示されます。グローバル管理者は、これらの製品リソースを組織ツリー内の別の組織に、割り当てる数量を指定して割り当てることができます。グローバル閲覧者は、データを表示およびエクスポートすることはできますが、更新を行うことはできません。

製品を組織に割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. Global Admin Console にログインし、「製品の割り当て」に移動します。

  2. ドロップダウンリストから製品を選択して、様々な組織にどのように割り当てられているかを確認します。

    組織が現在製品を持っていない場合、「+」が表示されます。

    注意:

    子組織が既に購入契約を結んでいる場合、親からこの子組織への製品の割り当ては制限される場合があります。詳細情報

  3. 製品を割り当てるには、該当する組織の「+」をクリックします。

    一部の製品には複数の割り当て可能なリソースが含まれています。その場合、ダイアログボックスに複数のリソースが一覧表示され、それぞれに値を指定する必要があります。例えば、Adobe Stock には、Adobe Stock Image クレジットとプレミアムクレジットを含めることができます。

    製品の割り当て -Adobe Stock

  4. 表示されるダイアログボックスで、製品の数量を指定します。

  5. 保存」をクリックします。

  6. 割り当て超過リソースを許可または禁止するには、該当するトグルをクリックします。

    割り当て超過

  7. リソースの割り当てが完了したら、「保留中の変更を確認」をクリックします。変更内容を確認した後、「変更を送信」をクリックしてそれらを実行します。

注意:

製品のタイプとシステム全体の負荷に応じて、製品の割り当てには数分から数時間にわたる範囲で時間がかかる場合があります。

  

Adobe Acrobat Sign ユーザーライセンスまたはトランザクションの割り当てと配布

Global Admin Console では、Acrobat Sign ユーザーライセンスまたはトランザクションを組織階層全体に割り当てて配布する機能を提供しています。Acrobat Sign のライセンスまたはトランザクションが割り当てられている、階層内の各組織は、それぞれ個別の Acrobat Sign アカウントを作成します。

  • 作成された各 Acrobat Sign アカウントは独立しており、管理とコンテンツの点でサイロ化されています。
  • 各 Acrobat Sign アカウントでは、親/姉妹組織など作成された他の Acrobat Sign アカウントの存在を認識しません。

詳しくは、「Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理」をご参照してください。

ナレッジベース認証(KBA)や電話認証(PA)などの認証アドオンを管理するには、アドビ担当者またはカスタマーサクセスマネージャーにご連絡ください。

  

製品割り当ての制限

親組織から子組織への割り当ては、次の場合に制限されます。

  • 両方の組織が割り当てようとしているどちらにも存在する製品で異なる契約がある場合、契約間で同じオファーを混在させることは許可されていません。
  • 両方の組織が同じ契約を結んでいる場合、アドビ担当者に連絡して、製品の割り当てを許可するように要求できます。または、サポートケースを提出して Global Admin Console での製品の割り当てがブロックされていることを明記します。

割り当て超過

グローバル管理者は、リソースの割り当て超過を許可することができます。

割り当てポリシー製品と組織に関連付けられているのは、過剰割り当てが許可されているかどうかを示します。

割り当て超過により、親組織で使用できるよりも多くの製品リソースを子組織に付与できます。これは、割り当てが概算であり、管理者がリソース割り当てを継続的に集計する負担を抱え込みたくない場合に役立ちます。

組織内の製品リソースに対して割り当て超過が無効になっている場合は、子への付与の合計が親の付与を超えることはできません。割り当て超過が無効としてマークされたリソースの割り当て超過の要求は、実行されません。

割り当て超過トグルが有効から無効に切り替えられた際に、リソースの付与量に割り当て超過状況が存在する場合は、付与の更新を実行する前に、付与値を調整して割り当て超過をなくす必要があります。

割り当て超過

製品割り当てデータの読み込みと書き出し

グローバル管理者は、製品割り当てデータを JSON または CSV ファイルとして書き出しできます。次に、そのデータを操作してからアップロードし直し、変更を読み込むことができます。

変更された可能性のあるデータがアップロードされると、新しいデータが現在のデータと比較され、変更が製品割り当てデータに適用されます。次に、保留中の変更を確認して送信し、変更を有効にすることができます。

注意:

このセクションでは、Global Admin Console の「製品の割り当て」タブで使用できる読み込みと書き出しの機能について説明します。「組織」タブの読み込みと書き出し機能ついて詳しくは、「組織構造の読み込みと書き出し」を参照してください。

製品割り当てモデルの書き出し

製品割り当てモデルを書き出すには、次の手順を実行します。
  1. Global Admin Console にログインし、「製品の割り当て」タブに移動します。
  2. をクリックし、「CSV の書き出し」、または「JSON の書き出し」を選択します。ファイルがダウンロードされます。書き出し形式について詳しくはこちらを参照してください。

製品割り当てモデルの読み込み

グローバル管理者は、データを書き出して変更してから、変更したファイルを読み込むことがきます。製品割り当てモデルを読み込むには、次の手順を実行します。
  1. Global Admin Console にログインし、「製品の割り当て」タブに移動します。
  2. をクリックして、「読み込み」を選択します。
  3. 読み込む JSON または CSV ファイルを選択します。
  4. 保留中の変更点を確認」をクリックします。変更内容を確認した後、「変更を送信」をクリックしてそれらを実行します。

製品割り当ての読み込みと書き出しの形式

読み込みの形式と書き出しの形式は同じです。CSV 形式で読み込む場合、フィールドの順序は任意ですが、常にヘッダー行と一致する必要があります。JSON 形式で読み込んでいる場合は、フィールドは任意の順序で表示できます。

製品割り当てデータを読み込んでいるときは、操作を指定する必要があります。操作は次のいずれかです。

  • アップデート:編集を示します(grantedQuantity 値、allowOverAllocation 値への変更)。
  • 作成:指定された組織に製品リソースを追加することを示します。
  • 削除:製品の削除を示します。

操作が指定されていない場合、CSV のその行または JSON のオブジェクトのデータが読み込まれても、変更は実行されません。

書き出されたファイルには、製品リソースごとに 1 つの行またはレコードがあります。一部の製品には複数のリソースがあります。

製品に複数のリソースがある場合、アップデート操作は独立したリソースに適用できます。削除操作では、組織からすべてのリソースを含む製品が削除されます。作成操作では、インポートファイル内の各リソースのレコードが必要です。これにより、各リソースの適切な数量を指定できます。「 allowOverAllocation」フィールドは、製品全体に対するもので、このフィールドのアップデートがどのリソースのものであるかは関係ありません。

フィールド名 説明 使用方法
productName 製品の名前。例えば、コンプリートプラン。 読み取り専用
licenseId

製品の ID(組織内の製品に固有)。

新しい製品を追加する場合は、空にするか、プレースホルダー識別子(new_product_1 など)を設定します。このプレースホルダー識別子は、他の読み込まれたエントリがこの製品を参照する必要がある場合に使用されます。作成後、実際のライセンス ID が割り当てられて、使用されているすべてのプレースホルダーライセンス ID が置き換えられます。

operation=Create の場合に設定可能
sourceLicenseId 親製品の ID。これが割り当てではなく購入を表す場合は、空または null です。 operation=Create の場合に設定可能
productId この製品クラスを識別する ID。この ID は同じタイプの製品間で共有され、この製品のインスタンスを識別する licenseId とは異なります。 読み取り専用
resourceName この製品リソースの名前。例えば、ユーザー指定ライセンス。 読み取り専用
resourceId この製品リソースを識別する ID。 operation=Create の場合に設定可能
orgPathName この製品リソースが属する組織のパス名。「/」で区切られたセグメント。 読み取り専用
orgName この製品リソースを含む組織のシンプル名。これは orgPathName の最後のセグメントです。 読み取り専用
orgId この製品リソースを含む組織の組織 ID。 operation=Create の場合に設定可能
grantedQuantity

親によってこの組織に付与されたリソース数量の単位数、またはこの製品リソースエントリが購入を表す場合は購入金額。

このフィールドは、グローバル管理者が変更する権限を持たない購入済みの製品またはルート割り当てを除いて、更新可能です。

operation = アップデート、または operation = 作成

のときに

更新できます

unit リソース単位の名前。例えば、ユーザー。 読み取り専用
totalAllocations この製品リソースに対する、この組織から子組織への付与の合計。この値には、直接の子への直接の付与と、それらの組織からの割り当て超過が含まれます。例えば、この組織が子に 10 を付与し、子がその子に 25 を割り当てた場合、totalAllocations は 25 になります。つまり、子に付与された 10 と、その子の超過分の 15 の合計です。 読み取り専用
grantOverage totalAllocations が grantedQuantity を超える量。totalAllocations が grantedQuantity を超えない場合、この値は null またはゼロです。 読み取り専用
localLicensedQuantity この組織に付与されたこのリソースの量は、子に割り当てられた量が差し引かれた後、その組織での使用のために残されます。これは Admin Console に表示される量です。この値はゼロにすることができますが、この組織がその子にリソースを過剰に割り当てている場合でも、負の値になることはありません。 読み取り専用
localUsage この組織で使用されているリソースの単位数。例えば、ユーザー指定ライセンスをユーザーに委任すると、1 使用単位としてカウントされます。 読み取り専用
totalUsage この組織と子で使用されているリソースの単位数。これは、この組織にルートされた組織階層の一部での、このリソースの使用を示しています。 読み取り専用
useOverage 組織の付与を超える合計使用量(組織と子は、使用可能なリソースよりも多くのリソースを使用しています)。totalUsage が localLicensedQuantity を超えると、これはゼロ以外の値を示します。 読み取り専用
allowOverAllocation 付与するリソースがなくなった場合でも、ユーザーが子にさらにリソースを付与できる(付与が超過していても付与が可能)かどうかを示します。この値は、この製品のすべてのリソースに適用されます。同じ製品の複数のリソースの allowOverallocation を異なる値に更新しようとすると、結果はランダムになります。 operation = アップデートのときに更新できます
isPurchasedProduct 製品が購入製品(親によって割り当てられていない)の場合は、true。これは、値が空の sourceLicenseId と同等です。 読み取り専用
redistributable 製品を子に割り当てることができる場合は true、製品が表示されている組織でのみ使用可能であり、リソースを別の組織に割り当てることができない場合は、false です。 読み取り専用
operation 空白、Create、Update、Delete のいずれか。データの読み込み時に実行するアクション。  

データ検証

  • 操作フィールドには有効な操作が必要です。
  • 製品のインポートデータには、必須フィールドのプロパティと値が必要です。
  • 製品のインポートデータのプロパティは正しいタイプである必要があります。
  • 製品ポリシーフィールド(overAllocation)は、異なるリソースには提供できません。
  • grantedQuantity フィールド:
    • 無制限になっていない場合は、無制限に変更することはできません。
    • 負でない整数または文字列値 unlimited である必要があります。

権限/アクセス可能な検証

  • インポートデータに関連付けられている組織が存在している必要があります。更新する場合は、インポートデータに関連付けられている製品とリソースが実際に存在することを確認してください。

製品検証の追加

  • SourceLicenseId が存在する必要があります。
  • 新しい製品に関連付けられている組織が存在している必要があります。
  • 作成中の製品(同じ licenseId を持つ製品)が存在することはできません。
  • 作成中の製品に関連付けられているリソースには、その製品と一致する対応する productId が必要です。

階層内に表示された期限切れの契約

期限切れの ETLA 契約から子組織に製品を割り当てることはできません。1 つまたは複数の子組織の契約が期限切れ間近、期限切れ、または非アクティブになると、概要ページおよび製品の割り当てページの次のようなアプリ内バナーと通知によって明確に示されます。

Global Admin Console に表示された契約期限切れの通知

警告:

階層内の ETLA 契約が非アクティブになると、その製品は概要ページと製品の割り当てページから削除されます。

契約の期限切れについて詳しくは、「契約の期限切れ」を参照してください。また、子組織のユーザーがアドビアプリやサービスにアクセスできなくなるのを防ぐため、貴社の管理者に協力を依頼してください。

その他の関連ヘルプ

組織の編集と設定に戻ることができます。それでも Global Admin Console にアクセスできない場合は、Admin Console を使用してサポートケースを提出し、アクセスを要求してください。

組織の設定

製品の割り当て

組織の編集

アドビのロゴ

アカウントにログイン