グローバル管理 | 概要

Global Admin Console へのアクセスをリクエストする方法をご覧ください。

はじめに

Global Admin Console は、多くの Admin Console を持っているか、メインの Admin Console を複数のコンソールに分割したい複雑な組織構造を持つお客様に適しています。例えば、多国籍企業、教育コンソーシアム、大規模な学区、大規模な政府機関などです。既存の Admin Console を組織図のような階層構造にネストして、分散された企業全体に透明性を提供します。

Global Admin Console は、既存の Admin Console の機能を置き換えたり変更したりはしません。ルート組織が最上位にあり、すべてのコンソールがそのルート組織の下にネストされている階層として機能します。Admin Console がルートコンソールとして動作する階層構造の作成と購入に焦点を当てた選択基準があります。

Global Admin Console の機能とメリットについて詳しくは、「Global Admin Console に関するホワイトペーパー」を参照してください。

注意:このビデオの内容と音声は、現在英語のみ利用できます。

主な利点

Global Admin Console が提供する主な利点は次のとおりです。

  • 管理の委任:アドビ製品の使用とクラウドストレージの一部の管理を部門、部署、または現場事務所に委任して、集中管理を避けることができます。
  • 組織の作成:事業体ごとに組織を作成し、組織階層を形成できます。組織を削除することもできます。
  • リソースの分配:リソースや製品ライセンスを組織に分配できます。製品リソースを組織に割り当てることができます。
  • 表示の制限:管理者権限によって表示できるユーザーから、管理者の直接の領域内にいるユーザーを表示できないように制限するなど、複数のグループの間での表示を制限できます。
  • セルフサービス制御:組織のディレクトリシステムに存在する構造を反映して、Adobe Admin Console の組織構造をセルフサービスで制御できます。これにより、組織階層を設定できます。
  • 管理センターの作成指定された管理者グループが、社内の組織コンポーネントまたはプロジェクトのアドビリソースを管理できる管理センターを作成できます。これにより、組織の管理者を管理できます。
  • ポリシーの定義:ポリシーを定義し、組織に適用することができます。
  • 作成、編集、削除:製品プロファイルやユーザーグループを作成、編集、削除できます。
  • 書き出し:組織に関する情報を書き出して、他のプロセスを推進するためのレポートを作成できます。
  • 読み込み:組織の更新情報や組織階層の構造を読み込むことができます。
  • 子組織内の ETLA 契約のステータスに関する通知を受け取ることができます。Global Admin Console のアプリ内バナーには、子組織の契約が期限切れ間近、期限切れ、または非アクティブになる時点が明確に示されます。詳しくは、「契約の期限切れ」を参照してください。

グローバル管理者の役割

Global Admin Console には、グローバル管理者の役割が導入され、これはシステム管理者とは異なり、次のことを実行できます。

  • Global Admin Console の階層に追加された Admin Console 全体にわたる、Adobe の総投資額のグローバルな状況を表示します。
  • 複数の Admin Console 間で、Adobe のライセンスとリソースの割り当て、および使用状況を監視します。
  • Admin Console または組織を作成します。
  • ルートまたは親の Admin Console から、階層内の下にある子の Admin Console に製品ライセンスを割り当てます。
  • 現在の日常業務を維持します。システム管理者は、引き続き Admin Console を管理できます。例えば、グローバル管理者は製品を子 Admin Console に割り当てることはできますが、ユーザーに割り当てることはできません。システム管理者は、Admin Console 内でシートを受け取り、製品をユーザーに割り当てます。
  • オプションで、階層内の任意の Admin Console に組織ポリシーを適用します。

基本的な管理タスク

Global Admin Console は、複数の組織および Admin Console 間で機能するように設計されています。次の表は、異なる機能と、それらを実行する場所(Admin Console または Global Admin Console)を示しています。

操作 Global Admin Console Admin Console
子組織の作成、親の変更、削除
複数の組織の操作
管理者の管理 1 つまたは複数の組織の場合

1 つの組織の場合


製品プロファイルとユーザーグループの管理

ポリシーの定義と管理
複数の組織に対する製品の割り当て
ユーザーへの製品の割り当て
ユーザーの管理
パッケージの管理
ドメインとディレクトリの設定
エンタープライズストレージと暗号化の管理

グローバル管理の導入

アドビでは、組織が次の基準の少なくとも 1 つを満たす場合、グローバル管理の導入を推奨しています。

  • 複数の Admin Console を整理、管理し、全体の可視性を高めたいと考えている。
  • Admin Console を個別に管理されるコンソールに分割することを検討している。
  • 複数の契約を管理している。
  • 子組織間で ID 構成を分配または一元管理する必要がある。
  • 購入したリソースを分割して、企業内の様々な場所ごとで別の担当者/管理者が管理を行うことを検討している。
  • 異なるアドビ製品、地域、または組織に特化した管理者がいて、お互いに干渉しない環境が構築されている。

 

Global Admin Console へのアクセスをリクエストするには、アドビ担当者に相談した後で、次の手順を実行してください。

  1. Admin Console で、サポート/サポートの概要に移動します。

    注意:

    ルートとなる Admin Console からサポートケースを送信することをお勧めします。

  2. ケースを作成をクリックします。ケースを作成ウィンドウが開きます。

  3. ユーザーとライセンスの管理」を選択します。

  4. 表示されるフォームに詳細を指定します。

    • 問題の優先度を選択する = P4 - 軽微
    • 問題の影響を定量化する = 中程度
    • 問題を要約する= <組織名> が Global Admin Console へのアクセスを要求しています
  5. 発生している問題の詳細を説明する」フィールドに、次の詳細情報を追加して、組織の Global Admin Console へのアクセスを希望していることを入力します。

    • ルート(最上位)組織として指定する Admin Console の名前とコンソール ID(URL に含まれる @AdobeOrg の前にある一連の数字と文字)。または新規としてリクエストする場合は、希望する名前を指定してください。
      • 新しいコンソールが優先パスである場合があります。これについては、アドビ担当者が詳しく説明します。このルート組織は後で変更することが難しいため、慎重に選択する必要があります。
    • 少なくとも 1 人の現在のシステム管理者にグローバル管理者の役割を割り当てます。管理者の追加は後からいつでも行うことができます。
    • アドビ担当者またはカスタマーサクセスマネージャーの名前とメールアドレス
    問題の詳細を説明する

次のステップ

Global Admin Console へのアクセス権を取得したら、まず組織構造を設定し、子組織にリソースを割り当てます。

組織の設定

製品の割り当て

組織の編集

アドビのロゴ

アカウントにログイン