この文書では、Creative Cloud グループ版からエンタープライズ版に移行する方法を説明しています。

移行前の注意事項

移行前に以下をご確認ください。

  • 一時的に Creative Cloud が利用できなくなります。(利用できなくなる時間は一時間くらいの見込みです。対象となるお客様が少ない場合は、停止時間が短くなります。対象のお客様の退社後に作業をすることでより短くすることができます。)
  • 必ず Creative Cloud デスクトップアプリからサインアウト・ログアウトをしてください。
  • サインアウトについては Creative Cloud デスクトップアプリケーションからログアウトをご覧ください

コンプリートプラン - 2 GB のストレージを利用するお客様の場合

  • ストレージが 100GB から 2GB へ減少します。必要なデータはストレージの同期を行いパソコンのローカルにファイルを保存してください。
  • ストレージに利用しているローカルのフォルダー「Creative Cloud Files」は同期後に空にしてください。ファイルはフォルダー外で保持してください。
  • エンタープライズ版の利用が可能になった時に 2GB 以内のファイルをフォルダー「Creative Cloud Files」にコピーして、同期を行います。
  • サービスとアプリは引き続き利用が可能です。

カスタムプラン - 0 GB のストレージを利用するお客様の場合

  • ストレージが 100GB から 0GB になります。必要なデータはストレージの同期を行いパソコンのローカルにファイルを保存してください。
  • ストレージに利用しているローカルのフォルダー「Creative Cloud Files」は同期後に空にしてください。ファイルはフォルダー外で保持してください。
  • エンタープライズ版の利用が可能になった場合でも、ストレージは利用でません。
  • サービスは利用できなくなります。
  • アプリは引き続き利用が可能です。

移行の手順

  1. 事前にグループ版のアドミンコンソールから削除するお客様を CSV ファイルに書き出しておきます。

  2. 対象のお客様が Creative Cloud デスクトップアプリケーションからサインアウトしたと思われる時刻後に、お客様を削除します。

    詳細はCreative Cloud グループ版のメンバーシップの管理をご覧ください。

  3. Admin Console でお客様を招待するグループを作成します。

    グループには製品&サービスタブでプランを選択します(コンプリートプラン - 2 GB のストレージ、カスタムプラン - デザイン- 0 GB のストレージなど)。

    詳細はグループの追加と編集をご覧ください。

  4. お客様を招待します。

    複数ユーザーの追加(招待)をお勧めします。

    • CSV ファイルを利用して招待が行われるとレポートが作成されます。エラーがなければ成功です。
    • 招待が成功すると[保留中の招待]にお客様が表示されます。
    • 招待のメールは通常のメール配信のスピードで届きます。
  5. お客様に以下のメールが届くので、メール本文にある「招待を承認」をクリックします。

  6. グループ版のお客様は既に Adobe ID を持っているので、「ログインして継続」が表示されます。

    パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。(グループ版を使っていなかったお客様は Adobe ID を持っていないので、「新規登録して継続」が表示されます。必要事項の入力を行ってから「ADOBE IDを取得」ボタンをクリックします。)

  7. 完了画面が表示されます。

  8. お客様のメールボックスに「Adobe Creative Cloud エンタープライズ版にアクセスできるようになりました」という件名のメールが届きます。

    メール本文の「ご自身でインストールする」をクリックすると Creative Cloud デスクトップアプリのインストーラーをダウンロードする Web ページが表示されます。

    ※ グループ版のお客様はすでにインストールされているのでこの作業は不要です。

    この時点で Admin Console のお客様は「アクティブなユーザー」と表示され、グループにも登録されます。

  9. Creative Cloud デスクトップアプリからサインインし、作業完了となります。

エラーが表示された場合

注意:

以下の操作には、オペレーティングシステムの初期設定で非表示になっているファイルやフォルダーへのアクセスが含まれています。詳細については、以下の文書を参照してください。

グループ版からエンタープライズ版への移行時に、まれにエラーとなる場合があります。これはローカルに保存されたライセンス情報が正しく書き変わらないときに発生します。ライセンス情報の書き換えは Creative Cloud デスクトップアプリのサインアウトとサインインのタイミングでインターネットに接続して行われます。

エラーが発生した場合は、以下の操作を行てください。

Windows の場合

以下のファイルおよびフォルダーを削除します。

  • C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\OOBE\opm.db
  • C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\AAMUpdater\1.0

以下のフォルダー内のファイルを全て削除します。

  • 64 ビット版 Windows : C:\Program Files(x86)\Common Files\Adobe\SLCache
  • 32 ビット版 Windows : C:\Program Files\Common Files\Adobe\SLCache

以下の OOBE フォルダーのフォルダー名を変更します。(例: OOBE.old など)

  • 64 ビット版 Windows : C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\OOBE
  • 32 ビット版 Windows : C:\Program Files\Common Files\Adobe\OOBE

Mac OS の場合

以下のファイルおよびフォルダーを削除します。

  • Macintosh HD/ユーザー/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/OOBE/opm.db
  • Macintosh HD/ユーザー/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/AAMUpdater/1.0

以下のフォルダー内のファイルを全て削除します。

  • Macintosh HD/Library/Application Support/Adobe/SLCache

以下の OOBE フォルダーのフォルダー名を変更します。(例: OOBE.old など)

  • Macintosh HD/Library/Application Support/Adobe/OOBE

以下の場所に Adobe Application Manager フォルダーが存在する場合は、フォルダーごと削除します。

  • Macintosh HD/Application//Utility/Adobe Application Manager

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー