Creative Cloud Packager に対応していないアプリ

Creative Cloud では通常、最新とその一つ前のバージョンのみインストール可能です。
 

※2022年7月現在、インストール可能なバージョンは Creative Cloud 2022 及び 2021 となります。

Creative Cloud Packager を起動すると、Creative Cloud 2019 以降のバージョンは、Admin Console でのみ利用可能というメッセージが表示されます。これは、Creative Cloud Packager を使用して、Creative Cloud 2019 アプリまたはそれ以降のバージョンを含むパッケージを作成できないことを示します。Creative Cloud Packager のアプリケーションとアップデート画面には、これらのアプリは表示されません。また、Creative Cloud アプリバージョン 2019 以降では、デバイスライセンスまたはシリアル番号ライセンスをサポートしません。

解決方法

最新の Creative Cloud アプリのユーザー指定パッケージを作成するには、Admin Console で「パッケージ」タブに移動することをお勧めします。パッケージの作成のサポートについては、「Admin Console でのアプリのパッケージ化」を参照してください。詳しくは、「アプリとアップデートのデプロイと提供」を参照してください。

Admin Console を使用して、ほとんどのシナリオのパッケージを作成できます。ただし、Creative Cloud Packager は、一部のレガシーユースケースおよびワークフローのライセンスパッケージを作成するためにも使用されます。

詳細情報

Creative Cloud 教育機関向けデバイスライセンス

Creative Cloud 2019 アプリ以降は デバイスライセンスをサポートしません。教育機関がデバイスライセンスを使用している場合は、以前のバージョンのアプリを引き続き使用できます。

デバイスライセンスを継続して使用するには、エンドユーザーがアプリを Creative Cloud 2019 バージョンにアップグレードせず、現在のバージョンのままで使用する必要があります。

  • Creative Cloud Packager を使用してアップデートをパッケージ化する場合、アクションは不要で、2018 バージョンの製品を引き続き使用する必要があります。
  • クリエイティブユーザーが Creative Cloud デスクトップアプリにアクセスでき、製品を自分でインストールできる場合は、更新を無効にすることをお勧めします。詳しくは、「Creative Cloud アプリケーションとサービス | カスタマイズ」を参照してください。

ユーザーが Creative Cloud デスクトップアプリを使用してアプリをアップグレードし、古いバージョンを削除する場合は、Creative Cloud Packager を使用して Creative Cloud 2018 デバイスライセンスパッケージを再デプロイします。

Creative Cloud グループ版

Creative Cloud Packager または Admin Console を使用して Creative Cloud 2019 アプリをパッケージ化することはできません。

Creative Cloud 2019 アプリまたはそれ以降のバージョンをエンドユーザーにデプロイするには、エンドユーザーが自分でアプリをダウンロードしてインストールする必要があります。 

Creative Cloud デスクトップアプリのみのパッケージを作成することができます。次の手順に従ってください。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのみが入ったパッケージを作成します。
  2. 「権限昇格」オプションを選択します。
  3. パッケージをデプロイします。
  4. これにより、エンドユーザーが、Creative Cloud デスクトップアプリを使用して、Creative Cloud 2019 アプリまたはそれ以降のバージョンをインストールできるようになります。

詳しくは、この記事を参照してください。

シリアル番号ライセンス

最新の Creative Cloud アプリケーションは、シリアル番号をサポートしていません。教育機関または組織がシリアル番号を使用してアプリをライセンス認証している場合は、以前のバージョンのアプリを引き続き使用してください。シリアル番号ライセンスを引き続き使用するには、アプリを Creative Cloud 2019 バージョン以降にアップグレードしないように注意する必要があります。

お使いのアプリを継続して使用するには、エンドユーザーがアプリを Creative Cloud 2019 バージョンにアップグレードせず、現在のバージョンのままで使用する必要があります。

  • Creative Cloud Packager を使用してアップデートをパッケージ化する場合、アクションは不要で、2018 バージョンの製品を引き続き使用する必要があります。
  • クリエイティブユーザーが Creative Cloud デスクトップアプリにアクセスでき、製品をインストールできる場合は、更新を無効にすることをお勧めします。「エンドユーザーがアプリやアップデートをデプロイできないようにする」を参照してください。

ユーザーが Creative Cloud デスクトップアプリを使用してアプリをアップグレードし、古いバージョンを削除する場合は、Creative Cloud Packager を使用して Creative Cloud 2018 シリアルライセンスパッケージを再デプロイします。

Creative Cloud アプリをデプロイするには、ユーザー指定ライセンスの使用をお勧めします。これにより、ID 設定ユーザーの追加を迅速に完了して、最新のアプリやサービスへのアクセスを提供できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン