デバイスライセンスから共有デバイスライセンスへの移行

警告:

デバイスライセンスから共有デバイスライセンスへの移行は、更新期間の最後の 5 日間は実行できません。

はじめに

共有デバイスライセンスは、複数のエンドユーザーが共有デバイスを使ってアドビの製品とサービスにアクセスできるライセンス認証方法です。

Admin Console を使用すると、IT 管理者はデバイスライセンスから共有デバイスライセンスにシームレスに移行できます。ユーザーが移行されると、それらのユーザーは購入した Adobe 製品とサービスにアクセスできるようになります。

共有デバイスライセンスに移行する

  1. Admin Console にログインします。

    製品ページに、組織が購入したライセンスが表示されます。移行が必要なライセンスには、「i」アイコンが付いて表示されます。このアイコンをクリックすると、ポップアップウィンドウが開きます。

    移行を促す

  2. 移行」をクリックして、移行プロセスを開始します。

    または、製品ページに移動し、表示されるメッセージで「開始」をクリックします。

  3. 開始画面で、「次へ」をクリックします。

    移行開始画面

  4. 組織ページで、次のオプションから組織の種類を選択します(使用しているライセンスの種類によって異なります)。利用条件に同意した後、「確認して続行」をクリックします。

    組織が Admin Console でまだサブセグメントを指定していない場合

    保有しているライセンスの種類

    必要な操作

    結果

    小中高校

    「小中高校(小中高校、教育委員会など)」オプションのチェックボックスをオンにします。

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス、小中高校」に変換されます。

    高等教育機関

    「高等教育機関(2 年制 & 4 年制大学、専門学校など)」オプションのチェックボックスをオンにします。

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス、HED」に変換されます。

    小中高校と高等教育機関の両方

    以下の両方のボックスをオンにします。

    • 小中高校(例:小中高校、教育委員会など)
    • 高等教育機関(2 年制 & 4 年制大学、専門学校など)

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス、小中高校」に変換されます。

    教育機関以外の非営利組織

    • 「教育機関以外の非営利組織(慈善団体など)」のオプションをオンにします。 
    • 次に、「はい」をクリックして、非営利団体が小中高校生にサービスを提供していることを確認します。

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス、小中高校」に変換されます。

    組織が Admin Console で既にサブセグメントを指定している場合:

    保有しているライセンスの種類

    必要な操作

    結果

    小中高校または高等教育機関

    組織の種類を確認するには、アドビカスタマーサポートにお問い合わせください。

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス、小中高校」に変換されます。

    小中高校と高等教育機関の両方

    組織の種類を変更するには、アドビカスタマーサポートにご連絡ください。

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス、小中高校」に変換されます。

    教育機関以外の非営利組織

    小中高校のユーザーにサービスを提供しているかどうかを確認します。次に、アドビカスタマーサポートに連絡して、組織の種類を変更してください。

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス、小中高校」に変換されます。

    複数のデバイスライセンス製品

    特別な操作は必要ありません。

    すべてのデバイスライセンス製品は、「Creative Cloud コンプリートプラン:共有デバイスライセンス」に変換されます。

    アドビカスタマーサポートに問い合わせるには、Admin Console の「サポート」にアクセスしてください。 詳細情報

  5. レビューページでは、移行後に有効になるすべてのライセンス変更の概要、現行ライセンスと新しいライセンスに関する情報、および価格変更に関する情報が提供されます。

    ページの情報を確認した後、「移行する」をクリックします。

    移行のレビュー用画面

  6. 次の画面で、「はい」をクリックして移行に進みます。

  7. Admin Console の概要ページに、以降のステータスが表示されます。

    プロセスが完了すると、移行を確認するメールが届きます。その後、30 日以内に共有デバイスライセンスを設定してデプロイしてください。

パッケージの再デプロイ

デバイスライセンスを共有デバイスライセンスに移行するプロセスを完了したら、デバイスライセンスが以前にデプロイされていた教育機関内のデバイスにこれらの新しいライセンスを再デプロイする必要があります。

これには、最初に新しい共有デバイスライセンスパッケージを作成してから、必要に応じてこれらの新しいパッケージをデバイスにデプロイします。

上記の手順について詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

  1. 既存のデバイスライセンスをアンインストールする
  2. 共有デバイスライセンスパッケージを作成する
  3. パッケージをデプロイする

共有デバイスライセンスを設定して開始する詳しい手順については、導入ガイドを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン