概要

このドキュメントでは、以下の操作で発生する可能性がある様々なエラーの詳細とデバッグの手順を説明します。

  • Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションまたは Adobe Setup Utility のインストール時
  • Creative Cloud Packager を使用してパッケージ化されたアプリケーションまたはアップデートのインストールまたはアンインストール時

本ドキュメント内でエラーの解決策や回避策を見つける方法を確認するには、エラー診断を参照してください。

エラー診断

インストールエラー診断

パッケージをインストールするには、3 ステップ必要です。

  1. Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションまたは(Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションを無効にしている場合は) Adobe Setup Utility アプリケーションのインストール(Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションはブロックされても、Adobe Setup Utility はインストールされます)
  2. 次の製品のインストール
    1. インストール対象として選択した主要な製品
    2. 基本バージョンがなくてもデプロイできる製品。そのようなアプリケーションは、アイコン()で識別できます。アプリケーションの一覧については、基本バージョンがなくてもデプロイできるアプリケーションを参照してください。

            
  3. アプリケーションのアップデートのインストール

同様に、インストールエラーが発生した場合は、次の 3 ステップでエラーを診断し、それに対処します。

 

注意:

MSI ログに表示される MSI エラーコード 1603 は一般的なコードであり、パッケージのデプロイメントエラーを特定できません。エラー 1603 が発生した場合に、パッケージのデプロイメントエラーの根本原因を調べるには、次の表で説明されている診断の手順に従ってください。

注意:

アドビインストーラーの処理中にリターンコード 33(アンインストール対象なし)が返された場合、製品がインストールされていないこと、アンインストールするものがないことを意味します。エラー 33 が発生した場合に、問題の根本原因を調べるには、エラーメッセージは無視して次の診断の手順に従ってください。

  診断の手順 この種類のエラーの兆候 解決策
1 エラーが Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションまたは Adobe Setup Utility をインストール中に発生したかどうかをチェックします

PDApp ログで次の文字列を確認します:

Stopping the installation process.

見つかったら、上の文字列に付随する次の文字列を探します:

Bootstrapper プロセスのリターンコードは (XX) です。

解決策として、本ドキュメントの一般的な Bootstrapper エラーコードで関連するエラーコードを探します。
2 エラーが製品のインストール中に発生したかどうかを確認します

PDApp ログで次の文字列を確認します:
Stopping the installation process.

見つかったら、上の文字列に付随する次の文字列を探します。

「The return code from the Adobe Installer Process is (XX).」

または

「Product Media (XXXX, XX.X) installation failed...」

 

 

エラーコードが 6 または 7 の場合、製品別インストーラーログにインストールが失敗した製品の名前が表示されます。

エラーコードが 6、7 以外の場合、本ドキュメントの製品のインストールエラー/終了コードで関連するエラーコードを確認します。

 

基本バージョンがなくてもデプロイできるアプリケーションについては、製品別のインストーラーログは作成されません。PDApp ログ自体でログ情報を確認できます。

3 エラーが製品のアップデートのインストール中に発生したかどうかを確認します

PDApp.log ファイルに失敗したアップデートが、「10 個のアップデート中 7 個が適用されました」のように表示されます。これにより、3 つのアプリケーションのアップデートが失敗したことがわかります。

このシナリオでは、パッケージでエラーは発生せず、PDApp ログに失敗したアップデートの数が表示されます。


アップデートを適用するアプリケーションが(1)インストールされていること、(2)アップデートの適用時に実行されていないことを確認します。

アンインストールエラー診断

アプリケーションのインストールおよびアップデートエラーとは別に、アプリケーションのアンインストール中にエラーが発生することがあります。エラーの診断、解決について詳しくは、製品のアンインストールエラーに関するページを参照してください。

ログの分析

Creative Cloud PDapp ログの分析

PDApp.log には、インストール、アンインストール、またはアプリケーションのアップデート中に発生した可能性のある潜在的なエラーの概要が示されます。原因および考えられる解決策については、このドキュメントに記載されているログを参照してください。

  1. 次のいずれかのフォルダーにある PDapp.log ファイルに移動します。

    プラットフォーム

    ログインデプロイメント

    ログアウトデプロイメント

    Win

    %temp%

    C:¥Windows¥Temp

    Mac

    ~/Library/Logs

    /private/var/root/Library/Logs

    注意:

    上のフォルダーはデフォルトで非表示になっています。必要に応じて、フォルダーオプション(Windows)またはターミナル(Mac OS)を使用して、非表示のファイルを表示します。

  2. ワードパッド(Windows)または TextEdit(Mac OS)などのテキストエディターで PDapp.log ファイルを開きます。

    PDapp.log では、一連のインストール試行が記録されます。ログの各行は、日時スタンプで始まり、インストールの試行日時を示します。各試行は、ビルドバージョン番号で開始します。

    注意:

    PDApp ログをチェックする際、必ず下部のエントリを確認してください。これは、最新のエントリがログの下部に追加されるためです。以前のエントリは以前の問題に関するものであり、既に解決済みである可能性があります。どのビルド試行が最新かを特定できない場合は、PDapp.log を削除し、もう一度インストーラーを実行してください。

エラーのログエントリが「Bootstrapper プロセスのリターンコードは (XX) です。Stopping the installation process.」のように表示される場合は、エラーが Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションまたは Adobe Setup Utility をインストール中に発生しています。このような場合には、エラー、その原因および推奨される回避策や修正方法について、一般的な Bootstrapper エラーコードを参照してください。

一般的な Bootstrapper エラーコード

以下は、PDApp ログに表示された Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション / Adobe Setup Utility インストールエラーのサンプルです。

12/04/15 05:41:38:850 | [WARN] |  | ASU | DeploymentManager | DeploymentManager |  |  | 5044 | Bootstrapper プロセスのリターンコードは (42) です。インストールプロセスを停止します。

エラーコード

推奨事項

根本原因

-1

管理モードで起動します。

管理モードで起動されていない。

1

これは一般エラーです。個々のエラーの詳細については、PDApp.log を参照してください。  これは一般エラーなので、個々のエラーの原因については PDApp.log を参照してください。

 

62

クライアントコンピューターの PDApp フォルダーの名前を変更してから、パッケージをインストールします。

インストールした Adobe Setup Utility の破損。

pim SQLite データベース初期化エラー

50

クライアントコンピューターのすべての Adobe プロセスを終了し、インストールをやり直します。

それでも問題が解消されない場合は、PDApp フォルダーの名前を変更してから、インストールします。

インストール中にシステムで既存のアセットをバックアップできない。 

81

すべてのアドビのプロセスを閉じて、PDApp フォルダーの名前を変更します。

別のアドビインストーラーが実行されている。

 

82

すべてのアドビのプロセスを閉じて、PDApp フォルダーの名前を変更します。

AAM が実行されている。

1001 パッケージの権限を確認してください(任意のフォルダーまたはファイルの場合)をクリックします。 パッケージでの権限の問題

そのほか、エラーログエントリに次のようなメッセージが含まれている場合もあります。

The return code from the Adobe Installer Process is (XX). Stopping the installation process.

または

「Product Media (XXXX,XX.X) installation failed...」

 

製品のインストールエラー/終了コード

PDApp ログに表示されるインストールエラーのサンプルを以下に示します。

ログの太字部分は次のことを示しています。

  • メディア(アプリケーションのインストール)に失敗したのは、Dreamweaver(例 1)と Illustrator(例 2)です。
  • パッケージはアンインストールされます。

例 1:

12/04/15 04:45:50:991 | [FATAL] |  | ASU | DeploymentManager | DeploymentManager |  |  | 3316 | アドビインストーラープロセスのリターンコードは (XX) です。インストールプロセスを停止します。

12/04/15 04:45:50:991 | [ERROR] |  | ASU | DeploymentManager | DeploymentManager |  |  | 3316 | メディアが失敗しました (DRWV16.0.0en_US)
12/04/15 04:45:50:991 | [INFO] |  | ASU | DeploymentManager | DeploymentManager |  |  | 3316 | 一部インストール済みのペイロードのクリーンを開始します。

例 2: 

06/08/16 01:27:05:278 | [ERROR] |  | ASU | DeploymentManager | HDPIMWrapper |  |  | 3512 | Failed to deploy HD media (ILST, 20.0.0), library returned error (103)...06/08/16 01:27:05:278 | [ERROR] |  | ASU | DeploymentManager | DeploymentManager |  |  | 3512 | Product Media (ILST, 20.0.0) installation failed ... 

このような場合、コードが 6 または 7 の場合は、製品別エラーコードを参照してください。それ以外の場合は、次の表の詳細について、「製品のインストールエラー/終了コード」を参照してください。

終了コードで表示される文字列

終了コード

考えられる解決策

コマンドラインを解析できません。

 1

コマンドライン引数を適切に渡したことを確認してください。

エラーが発生してサイレントワークフローが終了しました。

6

必要なコンポーネントの一部が失敗しました。

インストーラーログで特定の理由についてエラーがないか調べてください。

サイレントワークフローを完了できません

7

重要なコンポーネントの一部が失敗しました。

インストーラーログで特定のの理由についてエラーがないか調べてください。

オペレーティングシステムのバージョンがサポートされていません

9

OS のバージョンがサポートされていることを確認します

サポートされていないファイルシステムです

10

システム(/Applications)、ユーザー(~)、インストーラーの場所が正しいことを確認します。

ファイルシステムの大文字小文字が正しいことを確認します。

別のインスタンスが実行中です。一度に実行できるインスタンスの数は 1 つのみです。

11

a)Adobe Application Manager の実行中のインスタンスがあれば終了します

b)コンピューターを再起動してみます

権限が不十分であるために失敗しました。

14

インストーラーが管理モードで実行されていることを確認します

メディア DB の同期に失敗しました。

15

インストーラーメディアDB とローカルメディアDB とのマージに失敗しています

a)インストーラーのこれらのデータベースが破損していないこと(DB のサイズがゼロでないこと)を確認します

b)OS を更新します

c)再起動して、再試行します

d)ローカルメディアDB の権限を確認します

e)クリーナーツールを使用して、古いインストールを削除します

デプロイメントファイルの読み込みに失敗しました。

16

 

Adobe Application Manager のブートストラップに失敗しました。

18

 

競合するプロセスが実行されています。

19

a)競合するすべてのプロセスを終了します

b)再起動して、再試行します

インストール元のパスが存在しません。

20

a)インストーラーが破損していないこと

(メディアDBがペイロードのフォルダーにあること)を確認します

b)インストーラーのローカルコピーを作成してから、再試行します。

これは、ネットワークアクセスの問題が発生している場合に表示される可能性があります

INSTALLDIR の確認に失敗しました。

22

別のインストール先を選択します

一部のペイロードで必要システム構成のチェックに失敗しました。

23

必要なシステム構成を満たしていることを確認します

インストーラーが MAX_ PATH 上限を超えています。

25

短いパスでインストールしてみてください

一部のペイロードが見つかりません。インストーラーを確認してください。

26

a)AAMEE の場合は、インストーラーパッケージを再作成して、すべての

ペイロードがペイロードフォルダーにあることを確認します

b)メディアから実行した場合は、インストーラーのローカルコピーを作成し、再試行します

(ディスクにアクセスできない可能性があります)

c)インストーラーが壊れている可能性があります。インストーラーの新しいコピーをダウンロードしてみます

d)複数ディスクの場合 - ディスク 2 からディスク 1 のローカルコピーにすべてのペイロードをコピーしていることを確認します

基本製品がインストールされていません。

28

このパッチは、基本製品がコンピューターにインストールされている場合にのみ実行できます。

基本製品を最初にインストールしてください。

基本製品が移動されています。

29

 

ディスク容量不足によりインストールがエラーで終了しました。

30

インストールされている必須コンポーネントの空き領域を解放します

ディスク容量不足によりインストールが失敗しました。

31

選択したインストール場所の容量を増やし、重要なコンポーネントを正常にインストールできるようにシステムのボリュームにも十分な空き容量を確保します。

既にパッチが適用されています。

32

a)製品は最新であるため、パッチを実行できません。 

b)アップデーターのインベントリに関連する問題を解決するには、製品を再インストールしてから、パッチを再度実行します。

ペイロード情報が Media_db に見つかりませんでした。

34

AdobeCS6_PR_HotFixV1

一部のインストーラーファイルがないか、無効です。

35

 

別の MSI インストールが既に進行中です。

(他のmsiが進行中の場合は Windows のみ)

36

a)別のmsiインストールを先に完了します
b)再起動して、再試行します

検証に失敗しました。(パッケージのバイナリが破損している可能性があります)

37

パッケージを作成し直します。

ARP エントリの作成に失敗しました。

39

コンピューターを再起動してから、再試行します

壊滅的なエラーが発生しました。

9999

 

hdpim.db データベースの読み取り/書き込みエラー

105

インストール中に次のエラーコードのエラーが発生した場合は、パッケージのインストールを再試行してください。

データベース読み取り/書き込みエラー (インストールの破損/不正な権限)。

この問題が解決しない場合は、カスタマーサポートへご連絡ください。

競合するプロセスが実行されています

131

競合するプロセスの名前をエラーログで確認します。
競合するプロセスを終了して再試行します。

パッケージ署名チェックに失敗しました。

128

パッケージが破損しているようです。パッケージを作成し直して再試行します。 

ユーザーのコンピューターのディスク容量不足です 133 ディスク領域を解放してからパッケージのデプロイを再試行します。

一般的なインストール エラーです

136

製品をインストールできません。インストールを再試行してください。

システムのメモリ不足のため、メモリ割り当てに失敗しました

138

システムのメモリが不足しているために製品をインストールできません。

一部のアプリケーションを終了して、再起動してから、インストールを再試行してください。

インストール ディレクトリ内部の権限がありません

140

指定した場所に対する権限がないために製品をインストールできません。

権限の問題を解決するか、別のインストール場所を選択します。

パッケージ zip 内にソース ファイルのパスが存在しません

143

ファイルをコピーできません。
権限を確認し、インストールを再試行してください。

ユーザー コンピューターの 1 つまたは複数のファイルが他のいくつかのプロセスによってロックされています  146 再起動してからパッケージのデプロイを再試行します。

インストール/アンインストール中はファイルをコピーできません

147

ファイルをコピーできません。権限を確認し、再試行してください。

製品別ログの分析

  1. 該当のフォルダーのログファイルに移動します。

    • Windows 32 ビット: ¥Program Files¥Common Files¥Adobe¥Installers¥
    • Windows 64 ビット: ¥Program Files(x86)¥Common Files¥Adobe¥Installers
    • Mac OS: /Library/Logs/Adobe/Installers/

    ログファイル名には製品名とインストール日を含め、「.log.gz.」と続けます。拡張子 .gz は圧縮形式を示します。 

    注意:

    上のフォルダーはデフォルトで非表示になっています。必要に応じて、フォルダーオプション(Windows)またはターミナル(Mac OS)を使用して、非表示のファイルを表示します。

  2. Winzip、StuffIt などの圧縮解除ユーティリティを使用して、.gz ファイルを解凍します。回答すると、ログファイルはプレーンテキストファイルになります。

  3. ワードパッド(Windows)または TextEdit(Mac OS)を使用して .log ファイルを開きます。

    注意:

    デフォルトでは、ログファイルは Mac OS のコンソールに開きます。続行する前に、Command+A キーを押してすべてのテキストを選択してコピーし、テキストエディターにペーストします。

  4. ログの下部までスクロールします。ERROR: または FATAL で始まる行を --- Summary --- セクションで調べ、インストールプロセス中のエラーを特定します。

    注意:

    「Warning」とマークされたセクションはエラーを意味しないため、それらは無視できます。

    重要:ERROR または FATAL で始まる一部のエントリは、対処不可能なエラーです。一部の ERROR および FATAL メッセージは、エラーの原因ではなく、失敗したコンポーネントのみを示す場合があります。詳しくは、ERROR および FATAL 情報エントリを参照してください。


    複数のエラーが存在する場合があります。エラーメッセージは次のようになります。

    ERROR: 1 Error rolling back command ARKCreateDirectoryCommand
    ERROR: 2 Unable to create directory "E:ProgramFilesAdobeAdobe Contribute CC"

ERROR および FATAL 情報エントリ

Windows ユーザー向けの次のエントリは、64-bit コンポーネントをインストールできなかったこと、また 32-bit システムでは無視できることを示します。

  • エラー : AdobeCode を持つペイロード : {1E0B4F40-6DC4-4C09-B889-F595D34B4B86} に以下に対する依存関係が必要です :
  • エラー : ファミリ : CoreTech 
  • エラー : ProductName: Adobe Player for Embedding x64 
  • エラー : MinVersion: 0.0.0.0 
  • エラー : このペイロードは x64 で、このコンピュータでサポートされていないため、この依存関係は成立していません。

次のエントリは、インストールコンポーネントでエラーが発生したことを示しますが、エラーの原因は特定されていません。次のようなエントリは無視できます。

  • エラー : この依存関係を一覧から削除します。製品が適切に機能しない可能性があります。 
  • エラー : - AdobeColorJA CC: インストールに失敗しました。 
  • エラー : - Adobe ReviewPanel CC: インストールに失敗しました 
  • エラー : - Photoshop Camera Raw (64 bit): インストールに失敗しました 
  • エラー : - Adobe Photoshop CC Core_x64: 言語パックのインストールエラーにより失敗しました

アンインストールエラーについて Creative Cloud PDApp ログを分析する

アプリケーションをアンインストールしようとすると、エラーが発生する場合があります。 

注意:

アプリケーションがパッケージによってインストールされておらず、アプリケーションをアンインストールしようとすると、エラーが発生する場合があります。このような場合は、エラーを無視してください。

アンインストールエラーのサンプル

アドビインストーラープロセスのリターンコード(16) です。アンインストールプロセスを停止します。

PDApp エラーログのサンプル文字列

12/04/15 04:45:53:830 | [FATAL] | | ASU | DeploymentManager | DeploymentManager |  |  |3316 | アドビインストーラープロセスのリターンコードは (16) です。アンインストールプロセスを停止します。 製品インストール/アンインストールエラー中のリターンコードの詳細は次のとおりです

一般的なエラー/終了コード

終了コードで表示される文字列

終了コード

考えられる解決策

発生原因

ユーザーはインストール/アンインストール/再インストールから取り消されました。

24

 

ユーザーは、アンインストールプロセスを取り消した可能性があります。

製品がインストールされていません。アンインストールできません。

33

A)現在インストールされていない製品をアンインストールしようとしています。 

B)ARP エントリのみが存在する場合、製品を再インストールしてから、アンインストールしてください。

通常、このエラーは、アプリケーションのエンドユーザーによって報告されます。
不明な原因によりアンインストールに失敗しました 135
アンインストールを再試行します。  

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー