マニュアル キャンセル

Creative Cloud Packager について

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Kivuto のよくある質問
      7. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure Connector と Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure Connector の FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. 既存のドメインとディレクトリの管理
      8. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      9. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション
警告:

Creative Cloud Packager は開発を終了しており、今後アップデートは提供されません。また Creative Cloud Packager は、Creative Cloud 2019 以降のアプリケーションを含むパッケージの作成には使用できません。 詳細情報

Adobe Admin Console で用意されているパッケージ作成ワークフローの使用をお勧めします。

ユーザー指定ライセンスパッケージと共有デバイスライセンスパッケージの作成方法を参照してください。

Adobe® Creative Cloud™ Packager を使用すると、Adobe Creative Cloud 製品とアップデートが含まれるパッケージを簡単に作成できます。作成したパッケージは、組織のクライアントコンピューターにデプロイできます。

Creative Cloud Packager は Adobe Creative Cloud グループ版と Adobe Creative Cloud エンタープライズ版の両方のワークフローを提供します。

管理者は Creative Cloud Packager を使用して Windows または macOS 用パッケージ(MSI または PKG ファイル)を作成し、ネイティブインストーラーのデプロイに対応している任意のサードパーティ製デプロイメントツール(Microsoft SCCM、Apple ARD、JAMF Casper Suite など)を使用して、パッケージをクライアントコンピューターにデプロイします。

Creative Cloud Packager のダウンロード

次の手順で Creative Cloud Packager をダウンロードします。

  • Creative Cloud グループ版をご利用の場合、Admin Console から Adobe Creative Cloud Packager をダウンロードします。
  • Creative Cloud エンタープライズ版をご利用の場合、アドビライセンス Web サイト(LWS)または Admin Console から Adobe Creative Cloud Packager をダウンロードします。エンタープライズ版のライセンスキーも LWS から取得できます。
注意:

Creative Cloud Packager は、Creative Suite 製品または Creative Cloud Manager 製品がインストールされているシステムにはインストールしないでください。

Adobe Application Manager 3.1 および Creative Cloud Packager は同一コンピューターにインストールして使用できます。ただし、同時に実行してパッケージを作成することはできません。

デプロイパッケージの利点

Adobe Creative Cloud Packager は、Creative Cloud アプリケーションを大規模な組織全体にデプロイする際に、いくつかの利点を提供します。

サイレントなカスタムインストール

デプロイパッケージを使用するとサイレントインストールが可能になります。サイレントインストールでは、インストールが実行されるシステムでエンドユーザーによる情報入力が必要ありません。つまり、インストールの内容、およびインストール方法に影響するすべての選択は、インストールの実行前に行われます。選択内容はパッケージに保存されます。

デプロイパッケージを作成するときに、パッケージを作成する製品から、インストールするアプリケーションおよびコンポーネントを選択する必要があります。Windows での配布用に製品をパッケージするときは、32-bit と 64-bit のいずれかのバージョンのアプリケーションを選択します。ユーザーがアプリケーションを直接インストールするときに使用できないインストールオプションも簡単に選択できます。例えば、インストール中に、インストールプログラムが競合するプロセスを無視するように設定できます。

パッケージの容易な作成

Creative Cloud Packager を使用すれば、パッケージの作成は簡単です。使いやすい GUI でデプロイパッケージを簡単に作成できます。。

Creative Cloud Packager で作成されるパッケージは、SCCM および ARD と互換性のある業界標準の形式(Windows の場合は MSI、macOS の場合は PKG)です。

わずかな必要システム構成

Creative Cloud Packager の必要システム構成は最小限に抑えられています。

パッケージとインストール

Creative Cloud Packager でインストールを行うことはできません。Creative Cloud Packager でできることは、事前に決定したインストールに関する設定を記録したデプロイパッケージの作成です。

Creative Cloud Packager を使用してパッケージを作成する場合は、製品とそのアップデートをダウンロードします。次に、エンタープライズ環境での製品オプションを設定し、ネイティブインストーラー形式(MSI または PKG)で出力を生成します。

作成されるパッケージはエンタープライズ向けデプロイメントツールでデプロイするパッケージとして最適化されます。

Creative Cloud Packager のガイドライン

  • アドビデプロイパッケージはスナップショットインストールをサポートしていません。
  • アドビデプロイパッケージを使用して、このドキュメントで明示的に説明されている項目以外のシステム設定情報またはアプリケーション設定情報をデプロイすることはできません。特に、アプリケーション固有の環境設定をデプロイすることはできません。
  • Creative Cloud Packager を使用してパッケージを作成できるのは、Creative Cloud に含まれるツールおよびサービスのみです。このツールで Creative Suite アプリケーションやその他のデスクトップ版スイートをパッケージすることはできません。
  • Windows で 32-bit および 64-bit システムの両方にインストールする場合は、32-bit 用のパッケージと 64-bit 用のパッケージを作成する必要があります。
  • Creative Cloud Packager は管理者用インストールポイントをサポートしていません。
  • Creative Cloud Packager は NFS または SMB をサポートしていません。
  • Application Manager で作成したパッケージファイル(MSI または PKG)は編集しないでください。唯一の例外は、macOS でのインストール先をユーザーに指定させる場合です。この場合は、生成された PKG の Info.plist ファイルを、ARD によるアドビパッケージのデプロイの説明に従って編集します。
注意:

PKG パッケージを使用して Windows システムへのインストールを試みないでください。

必要システム構成

  Windows macOS
オペレーティングシステム Windows 7 以降(32-bit および 64-bit)
Mac OS X v10.9 以降
ハードディスク容量 450 MB の空き容量(インストール時に必要) 265 MB の空き容量(インストール時に必要)
RAM 1024 MB 1024 MB
ディスプレイ 1,024 x 768(最低)または 1,280 x 800(推奨)の画面解像度をサポートするディスプレイ、および 16-bit のビデオカード
管理者権限

Creative Cloud Packager をインストールするシステムに必要

パッケージのデプロイ先システムに必要

(パッケージの作成では必要ありません)

インターネットアクセス パッケージの作成先システムに必要

Creative Cloud Packager で使用されるサイト/ポート情報

Adobe ID でログインし、Creative Cloud Packager を使用してアプリケーションをダウンロード、インストール、パッケージ化するときに、許可されている必要のあるホスト/ポートの組み合わせについて詳しくは、Adobe Creative Cloud ネットワークエンドポイントに関するドキュメントの非ブラウザーベースのサービスに関するセクションを参照してください。

その他の Creative Cloud Packager ツール

Adobe Creative Cloud Packager をインストールすると、次のコンポーネントも利用できます。コンポーネントはすべて utilities または toolkit フォルダーに格納されます。

Adobe Update Server Setup Tool

Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)は、独自の内部 Adobe Update Server を設定するときに使用する、プラットフォーム別のコマンドラインツールです。1 つのサーバーで Mac と Windows の両方のアップデートをホストできます。

詳しくは、Adobe Update Server Setup Tool の使用を参照してください。

Adobe Exceptions Deployer アプリケーション

Adobe Exceptions Deployer アプリケーションを使用すると、Exceptions フォルダーのパッケージを自動的にデプロイできます。このアプリケーションを使用しない場合は、メインの MSI または PKG ファイルのデプロイ前やデプロイ後に、個別にパッケージをデプロイする必要があります。

詳しくは、Adobe Exceptions Deployer の使用を参照してください。

Adobe Remote Update Manager

Adobe Remote Update Manager では、コマンドラインのインターフェイスを使用して Adobe Update Manager をリモートで実行し、管理者権限でアップデートをインストールできます。

管理者権限を持つユーザーのみが Remote Update Manager を実行できます。

詳しくは、Adobe Remote Update Manager の使用を参照してください。

Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition

Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition は、企業内にデプロイしたアドビ製品のライセンスを追跡および管理するためのサポート対象プラットフォームのコマンドラインツールです。

注意:エンタープライズ版、政府機関または教育機関のユーザーが、以前に作成した体験版パッケージをシリアライズするには、Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition を使用してください。使用方法は、この記事の体験版パッケージのシリアライズの項目に記載されています。

詳しくは、Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用を参照してください。

Adobe IT Tools Uninstaller

Adobe IT Tools Uninstaller は、Creative Cloud Packager およびその他の関連 IT ツールをアンインストールするための簡単なユーティリティを提供します。

IT 部門向けのアドビリソース

アドビには、Creative Suite と Creative Cloud のデプロイに関するトピックを扱っている専用のフォーラムである、Creative Cloud の企業への導入(英語)があります。

IT 部門を対象とするアドビのブログは定期的に更新されています。このブログには、アドビソフトウェアの管理に関する様々なトピックが掲載されています:(英語)http://blogs.adobe.com/oobe/.

アプリケーションによって行われたネットワーク呼び出しの一覧、およびサービスの制御方法に関する説明をこちらでご覧ください。

アドビチームの多くは Twitter アカウントを所有しています。また、IT ツールおよびデプロイに関するトピックに特化した Twitter アカウント、@Adobe_ITToolkit もあります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン