Adobe Creative Suite 6 および Adobe Creative Cloud には、Adobe Application Manager および Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション(それぞれ)の一部である自動アップデートメカニズムが搭載されています。 デフォルトでは、このアップデートメカニズムはインターネット接続を使用して、インストール済みの CS6 または Creative Cloud アプリケーションに使用可能なアップデートの有無をチェックします。 ある特定の状況では、システム管理者はこれらのインターネット接続を無効にする必要があります。 これらのインターネット接続は Creative Cloud Packager に搭載された機能を使用して、展開時に無効にできます。

このドキュメントでは、展開した後に、または他の展開方法の使用時にインターネット接続を無効にする方法について説明します。

マシン全体で無効にする

特定のマシンの全ユーザーを対象にアップデートへのアクセスを無効にするため、管理者は管理者環境設定ファイルを作成できます。 (このファイルは、ヘルプ/アップデートメニューからも自動アップデートチェックからも、アップデートへのアクセスを無効にします。) 以下の内容の AdobeUpdaterAdminPrefs.dat という名前のプレーンテキストファイルを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
		
	<Preferences>
		
	<Suppressed>1</Suppressed>
		
	</Preferences>

このファイルを以下の場所に入れます。

Mac OS <Startup Disk>/Library/Application Support/Adobe/AAMUpdaterInventory/1.0/AdobeUpdaterAdminPrefs.dat 
Windows 7.0 以降(32 ビット)  C:\Program files\common files\adobe\AAMUpdaterInventory\1.0\AdobeUpdaterAdminPrefs.dat 
Windows 7.0 以降(64 ビット)  C:\Program files(x86)\common files\adobe\AAMUpdaterInventory\1.0\AdobeUpdaterAdminPrefs.dat 

注意:また、これにより管理者はアップデートのチェックも、このアップデートのチェックを介したアップデートのインストールもできなくなります。以上は、アップデートチェックおよびインストールを Adobe Application Manager で実行してから、このファイルをその元の名前に復元して、AdobeUpdaterAdminPrefs.dat ファイルを名前変更するだけで簡単に対処できます。

あるいは、システム全体でアップデートを無効にした状態で、管理者は「Adobe 製品アップデートページ」からアップデートをダウンロードしてインストールすることもできます。

ユーザーアカウントを無効にする

注意:この方法では、自動アップデートチェックと自動通知を無効にします。それでも、Adobe Creative Suite 6 または Creative Cloud アプリケーションのヘルプメニューの「アップデート」コマンドを使用して、アップデートのチェックとインストールを手動で開始できます。 アップデートのチェックとインストールを呼び出せないようにする必要がある場合は、上記のシステム全体でアップデートを無効にする方法を使います。

ユーザーアカウントに基づいてアップデートを無効にする方法は、無効化をインストール時に行うのか、またはインストール後もしくは製品使用後に行うのかによって異なります。 いずれの場合も、AdobeUpdaterPrefs.dat という名前のプレーンテキストファイルを作成しますが、その内容は以下の状況によって異なります。

インストール時に

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
		
	<Preferences>
		
	<UpdaterPrefSchedCheckFreq>3</UpdaterPrefSchedCheckFreq>
		
	<IsScheduledTaskAdded>0</IsScheduledTaskAdded>
		
	<IsScheduledTaskNeeded>0</IsScheduledTaskNeeded>
		
	</Preferences>

インストール後、製品使用後

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
		
	<Preferences>
		
	<UpdaterPrefSchedCheckFreq>3</UpdaterPrefSchedCheckFreq>
		
	<Automatic>3</Automatic>
		
	</Preferences>

上記のいずれの場合にも、作成するプレーンテキストファイルは以下の場所に入れます。後者の場合は既存のファイルを上書きします。

Mac OS /Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/AAMUpdater/1.0/AdobeUpdaterPrefs.dat 
Windows 7.0 以降  C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\AAMUpdater\1.0\AdobeUpdaterPrefs.dat  
Windows XP  C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Adobe\AAMUpdater\1.0\AdobeUpdaterPrefs.dat 

 

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー