ユーザーがアップデートを適用すると、Creative Cloud アプリケーションが体験版として表示されます

問題:ユーザーが Creative Cloud アプリケーションのメジャーアップデートを実行すると、ライセンスが体験版に戻る

Creative Cloud がシリアル化されたパッケージでデプロイされており、管理者ユーザーが自分でアップデートを適用できるようにするオプションが Creative Cloud Packager で選択されている環境では、ライセンスエラーが発生し、アプリケーションが体験版として表示されることがあります。これは、ユーザーがメジャーアップデートの適用を選択した場合に発生する可能性があります。例えば、CC 2014 を CC 2015 にアップデートすると、これらのアップデートは体験版として表示されます。

解決策:ライセンスファイルを使用して、影響を受けるワークステーションを再シリアル化する

Creative Cloud Packager を使用して、アップデートされたライセンスファイルを作成します。このライセンスファイルを影響を受けるワークステーションに適用します。実行手順の概要は、こちらで説明しています。

注意:アプリケーション全体を再デプロイする必要はありません。管理者権限でライセンスファイルを適用すると、製品のアクティベーションが修復されます。 

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン