ETLA 製品のデプロイメント方法

エンタープライズ環境で ETLA 製品をデプロイする方法

エンタープライズタームライセンス契約(ETLA)製品をエンタープライズ環境にインストールするための準備には、様々なツールが使用されます。以下では、アドビ製品をデプロイするためのツールを紹介します。以下で、デプロイする製品に対応するセクションを展開して参照してください。

注意:例外と記されている製品は、Creative Cloud インストーラーを使用しないため、特別な配慮が必要です。サービスと記されている製品は、物理的なマシンにはインストールされず、ユーザー指定ライセンスによりオンラインで利用されます。サービスが有効な Creative Cloud コンプリートプランのメンバーシップを割り当てられたユーザーのみが、これらの機能にアクセスできます。

  • Acrobat XI Pro(例外)

  • Fireworks

  • Photoshop

  • Adobe Media Encoder

  • Flash Builder

  • Prelude

  • Adobe Muse(例外)

  • Flash Professional

  • Prelude Live Logger(サービス)

  • After Effects

  • Gaming SDK

  • Premiere Pro

  • Audition

  • Illustrator

  • Scout

  • Bridge

  • InCopy

  • SpeedGrade

  • Dreamweaver

  • InDesign

  • Story Plus(サービス)

  • ExtendScript Toolkit

  • Lightroom(例外)

 

  • Extension Manager

  • PhoneGap Build(サービス)

 

Creative Cloud Packager は、Creative Cloud ソフトウェアからインストールファイルを作成するためのツールです。Creative Cloud Packager を使用して、インストールファイルを取得する必要があります。  ほとんどの Creative Cloud ソフトウェアは、このツールを使用して簡単にパッケージ化できます。Creative Cloud のシリアル番号は、両方のプラットフォームで使用できますが、それぞれに別のソフトウェアパッケージを作成する必要があります。さらに、Windows 32 ビットと 64 ビットは、パッケージを別にする必要があります。このツールは、アドビのネイティブインストーラーを Windows では MSI ファイル、Mac では PKG ファイルでラップすることで、デプロイメントプロセスを簡素化します。以下の情報は、ソフトウェアのインストールを準備するためのクイックリファレンスガイドです。

Acrobat Professional を Creative Cloud Windows 版の一部としてデプロイする場合は、特別な考慮事項があります。以下の説明では、主に Acrobat を Creative Cloud ソフトウェアの一部としてインストールする場合を想定していますが、サポートでは、Windows にインストールする場合、Customization Wizard を使用して Acrobat Professional を別途パッケージする方法を推奨しています。Customization Wizard を使用すると、インストールオプションや環境設定をより詳細にカスタマイズできます。

Mac 用の Acrobat Professional も例外ではありません。Creative Cloud Packager を使用してパッケージ化できますが、さらにカスタマイズするには、Customization Wizard の追加機能を使用する必要があります。Acrobat Professional を別途パッケージ化する方法については、Adobe Acrobat Professional および Standard のセクションを参照してください。

  • Lightroom と Muse は、起動時に以下の情報を用いて EULA とログイン情報を表示します。これらの通知を無効にするには、以下の手順を完了した後、別の手順を追加で実行する必要があります。詳しくは、「Exceptions フォルダーの製品をインストール」を参照してください。

Creative Cloud ソフトウェアのパッケージ化

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    注意:Creative Cloud Packager をダウンロードするには、以下の 2 つの方法があります。いずれかの手順を選択して使用してください。不明な場合は、ライセンス web サイトを使用してください。

    ライセンス web サイトから Creative Cloud Packager にアクセスする場合

    1. ライセンス web サイト(licensing.adobe.com)にログインします。
    2. ライセンス/ダウンロードを選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」または「デプロイ先 ID」ドロップダウンから、会社の ETLA デプロイ先 ID を選択します。
    4. 「製品名」ドロップダウンで「Creative Cloud Pckgr」を選択します。
    5. お使いのプラットフォームに対応する「Creative Cloud Pkgr」リンクをクリックします。

    1. 「ダウンロード」、「同意する」の順にクリックして次に進みます。
    2. CCPLaunch インストールファイルをコンピューター上に保存し、実行してインストールします。
    3. 画面上の指示に従います。

    Admin Console から Creative Cloud Packager にアクセスする場合

    1. Admin Console(https://adminconsole.adobe.com/enterprise)にログインします。
      注意:
      この方法でソフトウェアを入手する場合は、あらかじめ Admin Console で設定しておく必要があります。
    2. 「デプロイメント」タブをクリックし、お使いのプラットフォームに応じて、「Win 用にダウンロード」または「Mac 用にダウンロード」のリンクをクリックします。
    3. CCPLaunch インストールファイルをコンピューター上に保存し、実行してインストールします。
    4. 画面上の指示に従います。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Creative Cloud ENT シリアル番号を入手します。ユーザー指定ライセンス認証によるデプロイメントの場合は、次の手順に進みます。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    1. ライセンス web サイト(licensing.adobe.com)にログインします。
    2. ライセンス/シリアル番号を取得を選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」または「デプロイ先 ID」フィールドで会社の ETLA デプロイ先 ID を選択し、「検索」をクリックします。
    4. 「製品名」ドロップダウンで「Creative Cloud ENT」を選択します。
    5. 以下のビデオ製品のバンドルまたは製品を使用する場合は、「追加テキスト」フィールドに「VIDEO」と表示されている方の Creative Cloud ENT シリアル番号を使用します。

    ビデオ製品は以下のとおりです

    After Effects

    Adobe Premiere Pro

    Audition

    SpeedGrade

    Prelude

    1. 上記以外のバンドルまたは製品の場合は、「NONVIDEO」のシリアル番号を使用します。
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。Creative Cloud Packager の使用方法については、「Creative Packager ヘルプ」を参照してください。

    • シリアル番号ライセンスには、オフライン環境でのインストール操作を可能にするオフラインアクティベーションファイルが含まれています。
    • ユーザー指定ライセンスを使用するには、ログインしたユーザーにライセンスを付与するために、インターネット接続が必要です。
    • Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用するには、ログインが必要です。ユーザーが製品のインストールとアップデートを自己管理する場合を除き、このアプリケーションをシリアル番号パッケージでインストールすることはお勧めしません。
    • アプリケーションとアップデート画面で、製品が選択されます。
    • ビデオ、web、またはデザインのカスタムバンドルは、アプリケーションとアップデート画面で手動で選択します。含まれている製品については、オリエンテーションパッケージに、詳細を記載された PDF が同梱されています。PDF が見つからない場合は、ecs@adobe.com に連絡して新しいコピーを入手してください。
    • 以前のバージョンを選択するには、「以前のバージョンを表示」を選択します。

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    重要:Creative Cloud Packager によって作成されたフォルダーを使用して、UI インストール(インストーラーをダブルクリック)またはサイレントインストール(デプロイメントツールを使用)を行うことができます。Mac OS には現在、例外がないため、Mac OS 用の例外フォルダーを使用した手順は削除されています。

    UI インストールまたはデスクトップインストールを実行する場合

    すべてのパッケージには、Build フォルダー、Exceptions フォルダー、および .ccp ファイルが含まれています。製品を完全にインストールするには、Build フォルダーと Exceptions フォルダーを使用する必要があります。 

    • Windows
      重要:
      Exceptions Deployer はアドビが開発したユーティリティで、個別にコマンドを実行することなく、例外フォルダーにある製品をインストールできます。Exceptions Deployer は、サイレントモードでのみ実行できます。アドビでは、例外フォルダーに含めることで、コマンドを入力せずに Exceptions Deployer を実行できる簡単なバッチファイルをいくつか用意しています。これ以降の手順は、このようなバッチファイルの使用を前提として説明します。BeforeSetup.bat と AfterSetup.bat は実際のファイル名に読み替えてください。 バッチファイルの作成方法については、バッチファイルとスクリプトの作成に関するこちらのページを参照してください。
      • Acrobat を含むパッケージ
        注意:
        アドビサポートでは、Customization Wizard を使用して Acrobat をパッケージ化することを推奨しています。
      1. Exceptions フォルダーで BeforeSetup.bat ファイルを右クリックして「管理者として実行」を選択し、Exception Deployer を Pre モードで実行します。
      2. 次の「パッケージに Acrobat を含めない場合」のセクションに進みます。
      • パッケージに Acrobat を含めない場合
      1. Build フォルダーで setup.exe をダブルクリックして実行します。
      2. Exceptions フォルダーで AfterSetup.bat ファイルを右クリックして「管理者として実行」を選択し、Exception Deployer を Post モードで実行します。

    • Mac OS
    1. Build フォルダー内で Install.pkg ファイルをダブルクリックして、Mac OS 用のインストールを実行します。

    サイレントインストールまたはデプロイインストールを実行する場合

    以下のすべての手順は、デプロイメントツールを使用するか、管理者モードでコマンドラインを使用して実行する必要があります。Windows では、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。Mac OS では、sudo でこれらのコマンドを実行できます。詳しくは、「パッケージのデプロイ」を参照してください。

    • Windows
      注意:
      アドビサポートでは、Acrobat を Customization Wizard でパッケージ化することを推奨しています。
      • パッケージに Acrobat を含める場合
      1. 以下のコマンドを入力して、Exceptions Deployer を Pre モードで実行します。ExceptionDeployer --workflow = install --mode = pre
      2. 次の「パッケージに Acrobat を含めない場合」のセクションに進みます。
      • パッケージに Acrobat を含めない場合
      1. コマンド msiexec /i <製品名>.msi /quiet を入力して Build フォルダーから <製品名>.msi を実行します。
      2. 以下のコマンドを入力して、Exceptions フォルダーから Exceptions Deployer を実行します。ExceptionDeployer --workflow=install --mode=post
    • Mac OS
    1. 次のコマンドを入力して、Build フォルダーから Install.pkg を実行します。sudo installer -pkg -target

Customization Wizard は、デプロイされた環境にインストールできるように、Acrobat インストールフォルダーを準備します。このツールでは、Acrobat Professional と Standard のインストールファイルが呼び出され、カスタマイズなしに実行されて、Acrobat エンタープライズシリアル番号を受け付けます。インストール用にパッケージ化するプラットフォーム上に、Acrobat インストーラー、Customization Wizard、およびシリアル番号をダウンロードする必要があります。Acrobat は、Creative Cloud 製品とは異なり、Windows と Mac で別々のシリアル番号が設定されています。

Windows 版の Acrobat は、Microsoft Windows インストーラー(MSI)を使用し、標準の MSI コマンドに対応します。Customization Wizard Windows 版を使用すると、Acrobat インストールファイルをカスタマイズする MST を作成できます。このツールは、Acrobat をインストールする際に、インストールパッケージや環境設定を様々にカスタマイズすることができます。Customization Wizard のバージョン番号は、Acrobat のバージョンと同じである必要があります。以下の情報は、ソフトウェアのインストールを準備するためのクイックリファレンスガイドです。 

重要:パッケージングツール、パッケージングマシン、シリアル番号、および製品のインストールでは、同じプラットフォームを使用する必要があります。

このツールは、次の製品に対応しています。

  • Adobe Acrobat Pro
  • Adobe Acrobat Standard
  • Reader
  1. Customization Wizard をダウンロードしてインストールします。

    重要:Customization Wizard のバージョン番号は、インストールする製品と一致している必要があります。

    • Windows
    1. Customization Wizard XI Windows 版のページで、「Proceed To Download(ダウンロードに進む)」をクリックします。
    2. 「Proceed To Download(ダウンロードに進む)」をクリックして、ダウンロードしたファイルを実行します。
    3. 画面の指示に従って Customization Wizard 11 をインストールします。
    • Mac OS
    1. Customization Wizard XI Mac 版のページで、「Proceed To Download(ダウンロードに進む)」をクリックします。
    2. 「Proceed To Download(ダウンロードに進む)」をクリックして、ダウンロードしたファイルを実行します。
    3. Customization Wizard のドライブを開きます。
  2. 適切なプラットフォームの Adobe Acrobat Professional または Standard ソフトウェアをダウンロードします。

    1. ライセンス web サイト(licensing.adobe.com)にログインします。
    2. ライセンス/ダウンロードを選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」または「デプロイ先 ID」ドロップダウンから、会社の ETLA デプロイ先 ID を選択します。
    4. 「製品名」ドロップダウンから「Acrobat Professional」または「Acrobat Standard」を選択します。
    5. ソフトウェアをインストールするプラットフォームの「Acrobat Professional」または「Standard」リンクをクリックします。
      注意:「説明」フィールドには、「Acrobat Professional 11.0 WIN ESD MUN FLP」のように、Customization Wizard ではなく、製品に関するテキストが表示されています。

    1. 「ダウンロード」、「同意する」の順にクリックして次に進みます。
    2. Acrobat インストーラーをコンピューター上に保存し、実行してファイルを抽出します。
      注意:Mac の場合、抽出とは DMG をマウントすることを指します。Windows では、指定した場所にインストールファイルが入ったフォルダーが作成されます。
    3. Windows のみ:画面の指示に従って、ファイルの抽出先の場所を選択します。
      注意:Acrobat を起動しないでください。次の手順では、ソフトウェアをデプロイメント用にパッケージ化します。
  3. ライセンス web サイトで Acrobat Professional または Standard のシリアル番号を入手します。

    1. ライセンス web サイト(licensing.adobe.com)にログインします。
    2. ライセンス/シリアル番号を取得を選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」または「デプロイ先 ID」フィールドで会社の ETLA デプロイ先 ID を選択し、「検索」をクリックします。
    4. 「製品名」ドロップダウンから「Acrobat Professional」または「Acrobat Standard」を選択します。
    5. ソフトウェアのパッケージ化またはインストールを行うプラットフォームのシリアル番号が必要です。
      注意:この web サイトからシリアル番号をコピーしてツールにペーストすることができます。残りの手順を後で実行する場合は、シリアル番号を保存してください。

  4. Customization Wizard を起動します。

    • Windows
    1. スタート/すべてのプログラム/Customization Wizard XI をクリックします。
    • Mac OS
    1. Ctrl キーを押しながら Customization Wizard アプリをクリックし、「Open(開く)」を選択します。
      注意:不明なプロバイダーに関するメッセージが表示された場合は、Ctrl キーを推したまま「Open(開く)」をクリックします。

    1. アプリケーションの実行を確認するプロンプトが表示されたら、「Open(開く)」をクリックします。
  5. Customization Wizard を使用して、変更内容をパッケージに適用します。

    重要:パッケージングツール、パッケージングマシン、シリアル番号、および製品インストーラーは、同じプラットフォームを使用する必要があります。以下では、パッケージを選択して変更を保存する手順を説明します。以前にダウンロードして抽出したパッケージを選択します。必要に応じて追加の変更を加えます。

    • Windows
    1. File(ファイル)/Open Package(パッケージを開く)を選択します。
    2. 抽出したインストールフォルダーで AcroPro.msi に移動し、「Open(開く)」をクリックします。

    1. 「Personalization Options(パーソナライズオプション)」タブで、シリアル番号と会社情報を入力します。 
    2. Customization Wizard 内の追加機能を選択します。

    1. カスタマイズが完了したら、File(ファイル)/Save Package(パッケージを保存)を選択します。

    重要:管理インストールポイント(AIP)または純粋な MSI コマンドを使用している場合は、Transform(変換)/Transform(変換を生成)を選択します。  これにより変換が作成されますが、setup.exe を使用するための Setup.ini ファイルは更新されません。File(ファイル)/Save Package with a AIP(AIP とともにパッケージを保存)を選択すると、インストールに変換を使用する必要があるため、エラーが発生します。

    • Mac
    1. 「Locate Installer(インストーラーの検索)」フィールドで、「Open(開く)」をクリックします。
    2. デスクトップにマウントされている Acrobat PKG を参照し、「Open(開く)」をクリックします。

    1. シリアル番号を入力し、他の変更を選択して「OK」をクリックします。

    1. 完成したインストーラーの名前を入力し、Acrobat dmg 以外の場所(デスクトップなど)を選択します。
    2. 「OK」をクリックします。
  6. Customization Wizard で作成されたインストーラーを使用して、製品をデプロイします。

    UI インストールまたはデスクトップインストールを実行する場合

    • Windows
    1. 抽出した Acrobat インストールフォルダーにある Setup.exe をダブルクリックします。
      注意:Customization Wizard で、「Interactively(インタラクティブ機能)」を選択すると、インストーラーの UI が表示されます。
    • Mac OS
    1. Customization Wizard で作成した <PackageName>.pkg をダブルクリックします。

    サイレントインストールまたはデプロイインストールを実行する場合

    • Windows
      重要:
      Acrobat Windows 版をデプロイするには、2 つの方法があります。Setup.exe を使用する方法と、MSI を使用する方法です。デプロイメントエンジンによって、どちらかのツールが必須になる場合があります。Acrobat は、パッチチェーン、ロギング、その他のサイレントスイッチをはじめとする多数の MSI コマンドを更新します。以下の情報は、最も単純なワークフローを中心に説明します。詳しくは、Customization Wizard のヘルプを参照してください。
      • Setup.exe を使用する場合は、次のコマンドを入力してセットアップを実行します。Setup.exe
        重要:Customization Wizard で非インタラクティブモードでインストーラーを実行することを選択しておく必要があります。そうでない場合は、UI が画面に表示されます。
      • MSI を使用する場合は、次のコマンドを入力して MSI セットアップコマンドを実行します。msiexec /i AcroPro.msi TRANSFORMS="AcroPro.mst" /qn
    • Mac OS
      • 次のコマンドを入力して、Customization Wizard で作成した CustomizationWizardInstaller.pkg を実行します。 sudo installer -pkg <CustomizationWizardInstaller.pkg> -target /Applications

注意:例外と記されている製品は、Creative Cloud インストーラーを使用しないため、特別な配慮が必要です。詳しくは、Creative Cloud 製品のセクションを参照してください。以下の製品は、通常、非クリエイティブ製品と呼ばれます。

  • Acrobat Professional(例外)
  • Captivate(例外)
  • FrameMaker
  • Illustrator
  • Photoshop
  • Presenter
  • RoboHelp

Creative Cloud Packager は、Technical Communication Suite 5 を Windows にインストールするための準備に使用されます。このソフトウェアには Mac 版のインストールファイルはありません。以下の手順では、Creative Cloud 製品のパッケージ化との違いを説明します。Illustrator と Photoshop は、一部の Technical Communication Suite 製品と統合することができます。これらの製品はライセンスに含まれていないため、別途購入してインストールする必要があります。インストールすると、追加機能が有効になります。

重要:以下の手順は、「Creative Cloud 製品」セクションの手順に対応する代替の手順です。Creative Cloud 製品ではなく、上記の製品をパッケージ化するときは、以下の説明に従ってください。Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA 製品のデプロイメント方法をクリックして 2 つ目のコピーを開くと、Creative Cloud 製品と Technical Communications Suite のセクションが展開されます。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合、ライセンス web サイトで Technical Communications Suite(TCS)のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Adobe TechnicalSuite」を選択します。
    • TCS では、ビデオ製品と非ビデオ製品で操作の違いはありません。Creative Cloud Packager でプロンプトが表示されたら、Adobe TechnicalSuite 5.0 のシリアル番号を入力します。

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • パッケージ構成画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデート画面で製品を選択します。
    以前のバージョンの選択

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

注意:例外と記されている製品は、Creative Cloud インストーラーを使用しないため、特別な配慮が必要です。詳しくは、Creative Cloud 製品のセクションを参照してください。以下の製品は、通常、非クリエイティブ製品と呼ばれます。

  • Acrobat Professional(例外)
  • Audition CS6
  • Bridge CS6
  • Captivate(例外)
  • Dreamweaver CS6
  • Flash Professional CS6
  • Photoshop CS6
  • Presenter 8

インストール作業を完了するには、3 種類のシリアル番号すべてについてパッケージを作成してからインストールする必要があります。   

重要:以下の手順は、「Creative Cloud 製品」セクションの手順に対応する代替の手順です。Creative Cloud 製品ではなく、上記の製品をパッケージ化するときは、以下の説明に従ってください。Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA 製品のデプロイメント方法をクリックして 2 つ目のコピーを開くと、Creative Cloud 製品と eLearning Suite のセクションが展開されます。

eLearning Suite の最初のシリアル番号 - Acrobat Pro、Audition、Bridge、Dreamweaver、Flash Professional、および Photoshop パッケージ

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Creative Cloud ENT のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Creative Cloud ENT」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、「追加テキスト」フィールドに表示される ELS NON-VIDEO のシリアル番号が必要です。

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • パッケージ構成画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • 「以前のバージョンを表示」を選択し、アプリケーションとアップデート画面で Bridge、Audition CS6、Dreamweaver CS6、Flash Professional CS6、Photoshop CS6 を選択します。

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

eLearning Suite の 2 番目のシリアル番号 - Captivate

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Captivate のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Captivate」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、対応するプラットフォームの Captivate 8 のシリアル番号が必要です。

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • パッケージ構成画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデートで Captivate を選択します。

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

eLearning Suite の 3 番目のシリアル番号 - Presenter Package

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Presenter Licensed のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Presenter Licensed」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、対応するプラットフォームの Presenter Licensed のシリアル番号が必要です。

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • パッケージ構成画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデートで Presenter を選択します。

     

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

注意:Captivate は 例外的な製品で、Creative Cloud インストーラーを使用しません。例外的な製品については Creative Cloud 製品のセクションを参照してください。このドキュメントではこの製品を非クリエイティブ製品と呼んでいます。

重要:以下の手順は、「Creative Cloud 製品」セクションの手順に対応する代替の手順です。Creative Cloud 製品ではなく、上記の製品をパッケージ化するときは、以下の説明に従ってください。Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA 製品のデプロイメント方法をクリックして 2 つ目のコピーを開くと、Creative Cloud 製品と Captivate のセクションが展開されます。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Captivate のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。 

    • Captivate では、シリアル番号を使用したデプロイメントが必要です。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Captivate」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、対応するプラットフォームの Captivate 8 のシリアル番号が必要です。

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • 「パッケージ構成」画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデートで Captivate を選択します。

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

注意:FrameMaker は例外的な製品で、Creative Cloud インストーラーを使用しません。例外的な製品については Creative Cloud 製品のセクションを参照してください。このドキュメントではこの製品を非クリエイティブ製品と呼んでいます。

重要:以下の手順は、「Creative Cloud 製品」セクションの手順に対応する代替の手順です。Creative Cloud 製品ではなく、上記の製品をパッケージ化するときは、以下の説明に従ってください。Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA 製品のデプロイメント方法をクリックして 2 つ目のコピーを開くと、Creative Cloud 製品と FrameMaker のセクションが展開されます。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから FrameMaker のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「FrameMaker」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、対応するプラットフォームの FrameMaker のシリアル番号が必要です。

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • 「パッケージ構成」画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデートで FrameMaker を選択します。

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

注意:Presenter は 例外的な製品で、Creative Cloud インストーラーを使用しません。例外的な製品については Creative Cloud 製品のセクションを参照してください。このドキュメントではこの製品を非クリエイティブ製品と呼んでいます。

重要:以下の手順は、「Creative Cloud 製品」セクションの手順に対応する代替の手順です。Creative Cloud 製品ではなく、上記の製品をパッケージ化するときは、以下の説明に従ってください。Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA 製品のデプロイメント方法をクリックして 2 つ目のコピーを開くと、Creative Cloud 製品と Presenter のセクションが展開されます。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Presenter のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Presenter Licensed」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、対応するプラットフォームの Presenter Licensed のシリアル番号が必要です。

     

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • 「パッケージ構成」画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデートで Presenter を選択します。

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

重要:以下の手順は、「Creative Cloud 製品」セクションの手順に対応する代替の手順です。Creative Cloud 製品ではなく、上記の製品をパッケージ化するときは、以下の説明に従ってください。Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA 製品のデプロイメント方法をクリックして 2 つ目のコピーを開くと、Creative Cloud 製品と Presenter のセクションが展開されます。

  • さらに、Premiere Elements 12 Windows(限定)版は、以下の手順でパッケージ化できます。
  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。
  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Photoshop または Premiere Elements 13 のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Presenter Licensed」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、対応するプラットフォームの Photoshop または Premiere Elements 13 のシリアル番号が必要です。

  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • 「パッケージ構成」画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデートで Photoshop または Premiere Elements を選択します。

  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。

     

注意:Photoshop と Premiere Elements 12 では、Windows と Macintosh にデプロイするための準備が必要です。以下の手順で、ソフトウェア、シリアル番号を入手し、インストールの準備をしてください。ここで紹介されている他の 3 つの製品とは異なり、Premiere Elements 12 Windows 版は、Creative Cloud Packager を使用して準備する必要があります。詳しくは、Premiere and Photoshop Elements 13 のセクション参照してください。

  1. ソフトウェアをダウンロードします。

    ソフトウェアには、ライセンス web サイトでアクセスします。

    1. ライセンス web サイト(licensing.adobe.com)にログインします。
    2. ライセンス/ダウンロードを選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」または「デプロイ先 ID」ドロップダウンから、会社の ETLA デプロイ先 ID を選択します。
    4. 「製品名」ドロップダウンで「Photoshop」または「Premiere Elements」を選択します。
    5. 目的のプラットフォームの Photoshop または Premiere Elements のリンクをクリックします。
    6. 「ダウンロード」、「同意する」の順にクリックして次に進みます。
    7. 両方のファイルをコンピューター上に保存し、実行可能ファイルを実行して製品インストーラーを抽出します。
    8. 画面上の指示に従います。 
    • プロンプトが表示されたら、ファイルが抽出された時点でインストールをキャンセルします。

  2. シリアル番号を取得します。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    1. ライセンス web サイト(licensing.adobe.com)にログインします。
    2. ライセンス/シリアル番号を取得を選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」または「デプロイ先 ID」フィールドで会社の ETLA デプロイ先 ID を選択し、「検索」をクリックします。
    4. 「製品名」ドロップダウンで「Photoshop」または「Premiere Elements」を選択します。

     

    1. 後で使用できるように、Photoshop または Premiere Elements 12 のシリアル番号をテキストファイルにコピーします。
  3. ソフトウェアのインストールを準備します。

    UI インストールまたはデスクトップインストールを実行する場合

    重要:エンドユーザーはダウンロードしたインストーラーを使用して UI インストールを実行できますが、シリアル番号とオプションはエンドユーザーが選択します。エンドユーザーには管理者権限が必要です。

    1. 手順 1 で取得したインストーラーをエンドユーザーに提供します。
    2. エンドユーザーまたは技術者に、製品のインストールフォルダーでセットアップを実行するように依頼します。
    3. プロンプトが表示されたら、手順 2 で取得したシリアル番号を提供します。

    サイレントインストールまたはデプロイインストールを実行する場合

    手順 1 で入手したソフトウェアと手順 2 で入手したシリアル番号を使用し、以下のドキュメントに従ってソフトウェアをパッケージ化します。

    注意:Premiere Elements 12 Windows 版は、Creative Cloud Packager を使用して準備する必要があります。詳しくは、Premiere and Photoshop Elements 13 のセクション参照してください。

重要:以下の手順は、「Creative Cloud 製品」セクションの手順に対応する代替の手順です。Creative Cloud 製品ではなく、上記の製品をパッケージ化するときは、以下の説明に従ってください。Creative Cloud エンタープライズ版 ETLA 製品のデプロイメント方法をクリックして 2 つ目のコピーを開くと、Creative Cloud 製品と Presenter のセクションが展開されます。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • このツールの入手については、Creative Cloud 製品と異なる点はありません。


  2. シリアル番号を使用したデプロイメントの場合は、ライセンス web サイトから Flash Builder Premium のシリアル番号を入手する必要があります。この製品にはユーザー指定ライセンスのオプションはありません。

    ライセンス web サイトでのシリアル番号の入手

    • 「製品名」ドロップダウンで製品「Flash Builder Premium」を選択します。
    • これらの製品をパッケージ化するには、対応するプラットフォームの Flash Builder Premium のシリアル番号が必要です。
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールするために準備します。

    • 「パッケージ構成」画面の「ライセンスの種類」で「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • アプリケーションとアップデートで Flash Builder Premium を選択します。
  4. Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーを使用して、目的の環境にソフトウェアをインストールします。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを確実にインストールしてください。そうでない場合、一部の製品がインストールされません。