エンタープライズ版環境で ETLA 製品を導入する方法

包括ライセンス契約(ETLA)製品では、エンタープライズ環境での ETLA 製品のインストール準備にさまざまなツールを使用します。  アドビ製品の導入向けツールの詳細については、以下の情報をご覧ください。 導入する製品については、以下のセクションを展開してください。

Creative Cloud 製品

注意: 例外とマークされている製品には Creative Cloud インストーラーを使用しません。そのため、特別に考慮する必要があります。 サービスとマークされている製品は物理的なマシンにはインストールされず、名前付きライセンスを介してオンラインで使用できます。 サービス対応の Creative Cloud コンプリートプランメンバーシップを割り当てられたお客様のみがこれらの機能にアクセスできます。

  • Acrobat XI Pro (例外)
  • Edge Inspect (例外)
  • InDesign
  • Adobe Media Encoder
  • Edge Reflow (例外)
  • Lightroom (例外)
  • Adobe Muse (例外)
  • ExtendScript Toolkit
  • PhoneGap Build (サービス)
  • After Effects
  • Extension Manager
  • Photoshop
  • Audition
  • Fireworks
  • Prelude
  • Bridge
  • Flash Builder
  • Prelude Live Logger (サービス)
  • Dreamweaver
  • Flash Professional
  • Premiere Pro
  • Edge Animate (例外)
  • Gaming SDK
  • Scout
  • Edge Code (例外)
  • Illustrator
  • SpeedGrade

 

  • InCopy
  • Story Plus (サービス)

Creative Cloud Packager は、Creative Cloud ソフトウェアからインストールファイルを作成するために使用します。  Creative Cloud Packager を使用してインストールファイルを取得する必要があります。  Creative Cloud ソフトウェアは一般に、このツールを使用して簡単にパッケージ化できます。 両方のプラットフォームで Creative Cloud シリアル番号を使用できますが、それぞれで別々にソフトウェアパッケージを作成する必要があります。  さらに、Windows 32 ビットおよび 64 ビットは、別々のパッケージが必要です。  このツールは、アドビのネイティブインストーラーを Windows では MSI ファイルに、Mac では PKG ファイルにラップして導入プロセスを簡素化します。  ソフトウェアのインストール準備のクイックリファレンスガイドとして、以下の情報を参照してください。

Acrobat Professional については、Creative Cloud Windows 版の一環としての導入に特別の配慮が用意されています。 以下の情報では Acrobat のインストールを Creative Cloud ソフトウェアの一環として説明します。ただし、サポートとしては、Acrobat Professional を Adobe Customization ウィザードでパッケージ化することをお勧めします。 Adobe Customization ウィザードを使用すると、追加のインストールオプションも環境設定のカスタマイズも行えます。

Acrobat Professional Mac 版は例外ではなく、Creative Cloud Packager を使用してパッケージ化できます(Adobe Customization ウィザードの追加機能を使用しない場合)。 Acrobat Professional の個別パッケージ化については、Acrobat Professional と Standard のセクションを参照してください。

  • Lightroom および Muse では、以下の情報を使用した起動時に EULA 情報とサインイン情報が表示されます。 これらの通知を無効にするには、以下のプロセスを完了してから、追加の手順を実行する必要があります。 詳細については、製品を Exceptions フォルダーにインストールするを参照してください。

Creative Cloud ソフトウェアのパッケージ化

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    注意:  Creative Cloud Packager をダウンロードするには 2 つの方法があります。 お客様に該当するセクションを参照してください。不明な場合は、ライセンス Web サイトを参照してください。

    Creative Cloud Packager にライセンス Web サイトからアクセスする

    1. ライセンス Web サイト: licensing.adobe.com にログインします。
    2. ライセンス/「ダウンロード」を選択します。
    3. エンドユーザー/展開先 ID ドロップダウンから所属会社の ETLA 契約の展開先 ID を選択します。
    4. 製品名ドロップダウンから Creative Cloud Pckgr を選択します。
    5. プラットホームに対応する Creative Cloud Pkgr リンクをクリックします。
    Creative Cloud Pkgr リンクをクリックします。
    1. ダウンロードし、「同意する」をクリックして続行します。
    2. CCPLaunch install をローカルに保存してからインストールします。
    3. 画面上の指示に従います。

    Creative Cloud Packager にAdmin Consoleから アクセスする

    1. Admin Console: https://adminconsole.adobe.com/enterprise にログインします。
      メモ:
      この方法でソフトウェアを入手する前に、Admin Consoleで設定しておく必要があります。
    2. 「デプロイメント」タブをクリックし、「Download for Win」または「Download for Mac」プラットホームリンクをクリックします。
    3. CCPLaunch install をローカルに保存してからインストールします。
    4. 画面上の指示に従います。
    「Download for Win」または「Download for Mac」リンクをクリックします。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Creative Cloud ENT シリアル番号を取得します。 名前付きライセンスデプロイメントについては、次のステップに進みます。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    1. ライセンス Web サイト: licensing.adobe.com にログインします。
    2. ライセンス/シリアル番号の検索の順に選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」フィールドまたは「展開先 ID」フィールドからの所属会社の ETLA 契約の展開先 ID を選択して「検索」をクリックします。
    4. 製品名ドロップダウンから Creative Cloud ENT を選択します。
    5. 以下にビデオとしてリストされたバンドルまたは製品については、追加テキストフィールドで Creative Cloud ENT シリアル番号(VIDEO 付き)を使用します。
    シリアル番号へのアクセス

    ビデオ製品には以下があります

    After Effects

    Adobe Premiere Pro

    Audition

    SpeedGrade

    Prelude

    1. その他のバンドルまたは製品については、NONVIDEO シリアル番号を使用します。
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。Creative Cloud Packager の使用に関する詳細は、Creative Packager のヘルプを参照してください。

    • シリアル番号ライセンスには、オフラインアクティベーションファイルが入っています。これを使用すると、オフライン環境でインストールを実行できます。
    • 名前付きライセンスでは、ログインユーザーのライセンス付与にインターネット接続する必要があります。
    • Creative Cloud デスクトップアプリケーションにはログインが必要です。 製品のインストールやアップデートをユーザーが自己管理する場合を除き、アドビでは、シリアライズされたパッケージでこのアプリケーションをインストールすることはお勧めしません。
    • 製品はアプリケーション&アップデート画面で選択します。
    • ビデオ、Web、デザインのカスタムバンドルは、アプリケーション&アップデート画面で手動で選択します。  オリエンテーションパッケージには、搭載製品の詳細情報が記載された PDF が入っています。 PDF が見つからない場合は、ecs@adobe.com まで連絡の上、新たに PDF をお求めください。
    • 以前のバージョンについては、アーカイブバージョンの表示を選択してお選びください。
    アプリケーション&アップデート画面で製品を選択します。
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    重要: Creative Cloud Packager で作成されたフォルダーは、UI インストール(インストーラーをダブルクリック)またはサイレントインストール(展開ツールを使用)の実行に使用できます。 Mac OS には現在、例外はありません。そのため、Mac OS の Exceptions フォルダーに関する手順は削除されています。

    UI またはデスクトップインストールの実行

    いずれのパッケージにも Build フォルダー、Exceptions フォルダー、.ccp ファイルが入っています。 Build フォルダーと Exceptions フォルダーは、製品のフルインストールに使用する必要があります。

    • Windows
      重要:
      Exceptions Deployer は、個々のコマンドを実行せずに Exceptions フォルダーにある製品をインストールできるようにアドビが開発したユーティリティです。  Exceptions Deployer はサイレントモードでのみ実行できます。  アドビでは、Exceptions フォルダーに入れてコマンドを入力せずに Exceptions Deployer を実行できる簡単なバッチファイルを作成しました。 以下の手順は、これらのバッチファイルを使用していることを前提とします。 バッチファイル名を BeforeSetup.bat と AfterSetup.bat に置き換えてください。バッチファイルの作成に関するヘルプについては、バッチファイルとスクリプトの作成... を参照してください。
      • Acrobat が含まれているパッケージ
        注意:
        アドビサポートでは、Adobe Customization ウィザードを使用して Acrobat をパッケージするようお勧めします。
      1. BeforeSetup.bat ファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選んで、Exceptions フォルダーにある Exceptions Deployer をプリモードで実行します。
      2. 次のセクション「Acrobat が含まれていないパッケージ」に進みます。
      • Acrobat が含まれていないパッケージ
      1. setup.exe をダブルクリックして、Build フォルダーにある setup.exe を実行します。
      2. AfterSetup.bat ファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選んで、Exceptions フォルダーにある Exceptions Deployer をポストモードで実行します。
    UI またはデスクトップインストールの実行
    • Mac OS
    1. Install.pkg ファイルをダブルクリックして、Build フォルダーにある Mac OS install を実行します。

    サイレントまたは展開インストールの実行

    以下の手順はすべて、展開ツールを使用して、または管理者特権のコマンドラインを使用して実行する必要があります。 Windows では、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択できます。  Mac OS では、上記のコマンドを sudo で実行できます。 詳細については、パッケージの展開を参照してください。

    • Windows
      注意:
      アドビサポートでは、Adobe Customization ウィザードを使用して Acrobat をパッケージするようお勧めします。
      • Acrobat を含むパッケージ
      1. 次のコマンド ExceptionDeployer --workflow=install --mode=pre を入力して、Exceptions Deployer をプリモードで実行します。
      2. 次のセクション「Acrobat が含まれていないパッケージ」に進みます。
      • Acrobat が含まれていないパッケージ
      1. 次のコマンド msiexec /i <製品名>.msi /quiet を入力して、Build フォルダーから <Product Name>.msi を実行します。
      2. 次のコマンド ExceptionDeployer --workflow=install --mode=post
        を入力して、Exceptions フォルダーから Exceptions Deployer を実行します。
    • Mac OS
    1. 次のコマンド sudo installer -pkg -target を入力して、Build フォルダーから Install.pkg を実行します。

Adobe Acrobat Professional と Standard

Adobe Customization ウィザードは、導入環境でインストールを行うために Acrobat のインストール準備をします。  Acrobat Professional および Acrobat Standard のインストールファイルは、このツールを使用することでカスタマイズせずに実行できるとともに、Acrobat Enterprise ID シリアル番号を受け入れます。 インストールパッケージを作成するプラットフォームで Acrobat インストーラー、Adobe Customization ウィザード、およびシリアル番号をダウンロードする必要があります。  Creative Cloud 製品とは異なり、Acrobat には Windows 版と Mac 版に別々のシリアル番号があります。

Acrobat Windows 版では Microsoft Windows Installer (MSI)を使用し、標準 MSI コマンドをサポートします。  Adobe Customization ウィザード Windows 版を使用して、Acrobat インストールファイルをカスタマイズする MST を作成できます。  このツールで、Acrobat のインストール時にインストールパッケージや環境設定を様々にカスタマイズできます。  Adobe Customization ウィザードのバージョン番号は Acrobat のバージョンと同じでなければなりません。  ソフトウェアのインストール準備のクイックリファレンスガイドとして、以下の情報を参照してください。

重要: パッケージツール、パッケージマシン、シリアル番号、および製品インストーラーでは同じプラットフォームを使用する必要があります。

このツールは次の製品をサポートします。

  • Adobe Acrobat Pro
  • Adobe Acrobat Standard
  • Reader
  1. Adobe Customization ウィザードをダウンロードしてインストールします。

    重要:  Adobe Customization ウィザードのバージョン番号はインストールする製品と一致する必要があります。

    • Windows
    1. Adobe Customization ウィザード XI Windows 版ページで「ダウンロードに進む」をクリックします。
    2. 「今すぐダウンロード」をクリックし、CustWiz11003_en_US 実行ファイルを保存します。
    3. この実行ファイルを実行し、画面の指示に従って Adobe Customization ウィザード 11 をインストールします。
    • Mac OS
    1. Adobe Customization ウィザード XI Mac 版ページで「ダウンロードに進む」をクリックします。
    2. 「今すぐダウンロード」をクリックし、「AdobeCustomizationWizard11000.dmg」をクリックします。
    3. Adobe Customization ウィザードドライブを開きます。
  2. 該当するプラットホーム版の Adobe Acrobat Professional または Adobe Acrobat Standard ソフトウェアをダウンロードします。

    1. ライセンス Web サイト – licensing.adobe.com にログインします。
    2. ライセンス/「ダウンロード」を選択します。
    3. エンドユーザー/展開先 ID ドロップダウンから所属会社の ETLA 契約の展開先 ID を選択します。
    4. 製品名ドロップダウンから Acrobat Professional または Acrobat Standard を選択します。
    5. ソフトウェアをインストールするプラットフォームの Acrobat Professional または Acrobat Standard のリンクをクリックします。
      注意: 説明フィールドには、「Acrobat Professional 11.0 WIN ESD MUN FLP」など、製品に関するテキスト(Customization ウィザードでなく)があります。
    Adobe Acrobat Professional または Adobe Acrobat Standard を選択します。
    1. ダウンロードし、「同意する」をクリックして続行します。
    2. Acrobat インストーラーをローカルに保存して実行し、ファイルを抽出します。
      注意: Mac では、抽出は DMG のマウントにあたります。 Windows では、インストールファイルがある指定場所にフォルダーが作成されます。
    3. Windows のみ:画面上の指示に従って、ファイルを抽出する場所を選択します。
      注意: Acrobat を起動しないでください。次の手順で、展開するソフトウェアのパッケージ化に進みます。
  3. ライセンス Web サイトから Acrobat Professional または Acrobat Standard のシリアル番号を取得します。

    1. ライセンス Web サイト – licensing.adobe.com にログインします。
    2. ライセンス/シリアル番号の検索の順に選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」フィールドまたは「展開先 ID」フィールドからの所属会社の ETLA 契約の展開先 ID を選択して「検索」をクリックします。
    4. 製品名ドロップダウンから Acrobat Professional または Acrobat Standard を選択します。
    5. ソフトウェアをパッケージ/インストールするプラットフォーム版のシリアル番号が必要です。
      注意: この Web サイトからツールにシリアル番号をコピー&ペーストできます。  残りの手順を後ほど実行する場合は、シリアル番号を保存します。
    Acrobat シリアル番号の取得
  4. Adobe Customization ウィザードを起動します。

    • Windows
    1. スタート/すべてのプログラム/「Adobe Customization ウィザード XI」をクリックします。
    • Mac OS
    1. Adobe Customization ウィザードアプリケーションをダブルクリックし、「開く」を選択します。
      注意:正体不明のプロバイダーに関する注意事項が表示された場合は、必ず Ctrl キーを押しながら「開く」をクリックしてください。
    Adobe Customization ウィザードエラー
    1. アプリケーションの実行を確認するプロンプトが表示されたら、「開く」をクリックします。
  5. Adobe Customization ウィザードを使用して、変更をパッケージに適用します。

    重要: パッケージツール、パッケージマシン、シリアル番号、および製品インストーラーでは同じプラットフォームを使用する必要があります。 以下の手順に従って、パッケージの選択から変更の保存までを行ってください。 既にダウンロードして抽出したパッケージを選択します。 必要に応じて別の変更を適用します。

    • Windows
    1. ファイル/「パッケージを開く」を選択します。
    2. 抽出したインストールフォルダーにある AcroPro.msi に移動し、「開く」をクリックします。
    AcroPro.msi を開く
    1. 「パーソナライゼーションオプション」タブで、シリアル番号と会社情報を入力します。
    2. 必要に応じて Customization ウィザードにある別の機能を選択します。
    パーソナライゼーションオプションタブ
    1. カスタマイズを終了したら、ファイル/「パッケージを保存」を選択します。

    重要: Administrative Installation Points (AIP)または pure MSI コマンドを使用するお客様は、トランスフォーム/「トランスフォームの生成」を選択します。  この操作で、setup.exe を使用するトランスフォームが生成されます(Setup.ini ファイルは更新しません)。  AIP でファイル/「パッケージを保存」を選択するとインストールにはトランスフォームを使用する必要があるため、エラーが生成されます。

    • Mac
    1. インストーラーの検索フィールドで、「開く」をクリックします。
    2. デスクトップにマウントされている Acrobat PKG を参照し、「開く」をクリックします。
    Acrobat PKG を開く
    1. シリアル番号を入力し、その他の変更を選択し、「OK」をクリックします。
    シリアル番号を入力する
    1. 終了したインストーラーの名前を入力し、Acrobat dmg 以外の場所(デスクトップなど)を選択します。
    2. 「OK」をクリックします。
  6. Adobe Customization ウィザードで作成したインストーラーを使用して、製品を展開します。

    UI またはデスクトップインストールの実行

    • Windows
    1. 抽出した Acrobat インストールフォルダーにある Setup.exe をダブルクリックします。
      注意: Adobe Customization ウィザードで、「対話式」を選択するとインストーラーの UI が表示されます。
    • Mac OS
    1. Adobe Customization ウィザードで作成された <PackageName>.pkg をダブルクリックします。

    サイレントまたは展開インストールの実行

    • Windows
      重要:
      Acrobat Windows 版の展開には 2 つの方法があります。  Setup.exe を使用する、または MSI を使用する。  デプロイメントエンジンに応じて、いずれかのツールが必要になります。  Acrobat では、パッチチェーン化、ロギング、サイレントスイッチをはじめ、多くの MSI コマンドのアップデートを行います。  以下に、最も単純なワークフローについて説明します。詳細については、Adobe Customization ウィザードのヘルプを参照してください。
      • Setup.exe を使用して、次のコマンド Setup.exe を入力してセットアップを実行します。
        重要: Customization ウィザードで、インストーラーを非対話型モードで実行することを選択しておく必要があります。そうでない場合、画面に UI が表示されます。
      • MSI を使用し、次のコマンド msiexec /i AcroPro.msi TRANSFORMS="AcroPro.mst" /qn
        を入力して MSI セットアップコマンドを実行します。
    • Mac OS
      • 次のコマンド sudo installer -pkg <CustomizationWizardInstaller.pkg> -target /Applications
        を入力し、Adobe Customization ウィザードで作成した CustomizationWizardInstaller.pkg を実行します。

Technical Communication Suite

注意: 例外とマークされている製品には Creative Cloud インストーラーを使用しません。そのため、特別に考慮する必要があります。  これについては、Creative Cloud 製品セクションで説明します。 この製品については、一般に「Creative 以外の製品」と称しています。

  • Acrobat Professional (例外)
  • Captivate (例外)
  • FrameMaker
  • Illustrator
  • Photoshop
  • Presenter
  • RoboHelp

Creative Cloud Packager は、Windows での Technical Communication Suite 5 のインストール準備に使用します。  このソフトウェアについては、インストールに使用できる Mac 版はありません。  以下の手順で、Creative Cloud 製品のパッケージ化との違いを概説します。  Illustrator と Photoshop は、Technical Communications Suite 製品の一部と統合できます。  Illustrator と Photoshop はお手持ちのライセンスには組み込まれていないため、個別に購入してインストールする必要があります。  インストールすると、追加の機能は有効になります。

重要: 以下の手順は、Creative Cloud 製品セクションと同じ内容です。 この製品(Creative Cloud 製品ではなく)のパッケージ化には、以下の情報を使用してください。 Creative Cloud エンタープライズ版(ETLA)の展開方法をクリックして 2 番目のコピーを開き、Creative Cloud 製品と Technical Communications Suite のセクションを展開します。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Technical Communications Suite (TCS)シリアル番号を取得します。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Adobe TechnicalSuite を選択します。
    • TCS については、ビデオ製品と非ビデオ製品間の違いはありません。 Creative Cloud Packager でプロンプトが表示されたら、Adobe TechnicalSuite 5.0 シリアル番号を使用してください。
    シリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデート画面で製品を選択します。
    アプリケーション&アップデート画面で製品を選択します。
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

eLearning Suite

注意: 例外とマークされている製品には Creative Cloud インストーラーを使用しません。そのため、特別に考慮する必要があります。 これについては、Creative Cloud 製品セクションで説明します。 この製品については、一般に「Creative 以外の製品」と称しています。

  • Acrobat Professional (例外)
  • Audition CS6
  • Bridge CS6
  • Captivate (例外)
  • Dreamweaver CS6
  • Flash Professional CS6
  • Photoshop CS6
  • Presenter 8

インストールプロセスを完了するには、3 つのシリアル番号タイプすべてにパッケージを作成してインストールする必要があります。

重要: 以下の手順は、Creative Cloud 製品セクションと同じ内容です。 この製品(Creative Cloud 製品ではなく)のパッケージ化には、以下の情報を使用してください。 Creative Cloud エンタープライズ版(ETLA)の展開方法をクリックして 2 番目のコピーを開き、Creative Cloud 製品と eLearning Suite のセクションを展開します。

eLearning Suite 第 1 シリアル番号 - Acrobat Pro、Audition、Bridge、Dreamweaver、Flash Professional および Photoshop Package

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Creative Cloud ENT シリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Creative Cloud ENT を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには ELS NON-VIDEO シリアル番号(追加のテキストフィールドに表示されます)が必要です。
    ELS NON-VIDEO シリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • 「アーカイブバージョンの表示」を選択し、アプリケーション&アップデート画面で Bridge CC、Audition CS6、Dreamweaver CS6、Flash Professional CS6、および Photoshop CS6 を選択します。
    アプリケーション&アップデート画面で製品を選択します。
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

eLearning Suite 第 2 シリアル番号 - Captivate

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Captivate シリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Captivate を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには、該当するプラットホームの Captivate 8 シリアル番号が必要です。
    Captivate 8 シリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデートで Captivate を選択します。
    アプリケーション&アップデートで Captivate を選択する
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

eLearning Suite 第 3 シリアル番号 - Presenter Package

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Presenter ライセンスシリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Presenter Licensed を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには、該当するプラットホームの Presenter Licensed シリアル番号が必要です。
    Presenter Licensed シリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデートで Presenter を選択します。

     

    アプリケーション&アップデートで Presenter を選択する
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

Captivate

注意: Captivate は例外製品であるため、Creative Cloud インストーラーを使用しません。  Creative Cloud 製品セクションでは例外製品について説明しますが、アドビドキュメントではこの製品を Creative 以外の製品と称しています。

重要: 以下の手順は、Creative Cloud 製品セクションと同じ内容です。 この製品(Creative Cloud 製品ではなく)のパッケージ化には、以下の情報を使用してください。 Creative Cloud エンタープライズ版(ETLA)の展開方法をクリックして 2 番目のコピーを開き、Creative Cloud 製品と Captivate のセクションを展開します。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。


  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Captivate シリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    • Captivate ではシリアライズされたデプロイメントが必要です。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Captivate を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには、該当するプラットホームの Captivate 8 シリアル番号が必要です。
    Captivate 8 シリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデートで Captivate を選択します。
    アプリケーション&アップデートで Captivate を選択する
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

FrameMaker

注意: FrameMaker は例外製品であるため、Creative Cloud インストーラーを使用しません。 Creative Cloud 製品セクションでは例外製品について説明しますが、アドビドキュメントではこの製品を Creative 以外の製品と称しています。

重要: 以下の手順は、Creative Cloud 製品セクションと同じ内容です。 この製品(Creative Cloud 製品ではなく)のパッケージ化には、以下の情報を使用してください。 Creative Cloud エンタープライズ版(ETLA)の展開方法をクリックして 2 番目のコピーを開き、Creative Cloud 製品と FrameMaker のセクションを展開します。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションをダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから FrameMaker ライセンスシリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、FrameMaker を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには、該当するプラットホームの Packager シリアル番号が必要です。
    FrameMaker シリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデートで FrameMaker を選択します。
    アプリケーション&アップデートで FrameMaker を選択する
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

Presenter

注意: Presenter は例外製品であるため、Creative Cloud インストーラーを使用しません。 Creative Cloud 製品セクションでは例外製品について説明しますが、アドビドキュメントではこの製品を Creative 以外の製品と称しています。

重要: 以下の手順は、Creative Cloud 製品セクションと同じ内容です。 この製品(Creative Cloud 製品ではなく)のパッケージ化には、以下の情報を使用してください。 Creative Cloud エンタープライズ版(ETLA)の展開方法をクリックして 2 番目のコピーを開き、Creative Cloud 製品と Presenter のセクションを展開します。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Presenter シリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Presenter Licensed を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには、該当するプラットホームの Presenter Licensed シリアル番号が必要です。

     

    Presenter Licensed シリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデートで Presenter を選択します。
    アプリケーション&アップデートで Presenter を選択する
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

Premiere と Photoshop Elements 13

重要: 以下の手順は、Creative Cloud 製品セクションと同じ内容です。 この製品(Creative Cloud 製品ではなく)のパッケージ化には、以下の情報を使用してください。 Creative Cloud エンタープライズ版(ETLA)の展開方法をクリックして 2 番目のコピーを開き、Creative Cloud 製品と Presenter のセクションを展開します。 

  • さらに、Premiere Elements 12 Windows 版(のみ)は、以下の手順に従ってパッケージ化できます。
  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。
  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Photoshop または Premiere Elements 13 のシリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Presenter Licensed を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには、該当するプラットフォームの Photoshop または Premiere Elements 13 のシリアル番号が必要です。
    Photoshop または Premiere Elements のシリアル番号にアクセスする
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデートで Photoshop または Premiere Elements を選択します。
    アプリケーション&アップデートで Photoshop または Premiere Elements を選択する
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

     

Premiere と Photoshop Elements 12

注意: Photoshop と Premiere Elements 12 では、Windows および Macintosh で展開準備する必要があります。  以下の手順に従って、ソフトウェア、シリアル番号を取得し、ソフトウェアのインストール準備をします。 ここで紹介する他の 3 製品とは異なり、Premiere Elements 12 Windows 版は Creative Cloud Packager を使用して準備してください。 詳細については、「Premiere と Photoshop Elements 13」セクションを参照してください。

  1. ソフトウェアのダウンロードします。

    ライセンス Web サイトでソフトウェアにアクセスする。

    1. Licensing Website にログインします – licensing.adobe.com
    2. ライセンス/「ダウンロード」を選択します。
    3. エンドユーザー/展開先 ID ドロップダウンから所属会社の ETLA 契約の展開先 ID を選択します。
    4. 製品名ドロップダウンから Photoshop または Premiere Elements を選択します。
    5. プラットホームに対応する Photoshop または Premiere Elements のリンクをクリックします。
    6. ダウンロードし、「同意する」をクリックして続行します。
    7. ファイルを両方ともローカルに保存し、実行ファイルを実行して製品インストーラーを抽出します。
    8. 画面上の指示に従います。
    • 画面の指示に従い、ファイルが抽出されたらインストールをキャンセルします。
    Photoshop または Photoshop Elements ソフトウェアにアクセスする
  2. Acrobat シリアル番号を取得します。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    1. Licensing Website にログインします – licensing.adobe.com
    2. ライセンス/シリアル番号の検索の順に選択します。
    3. 「エンドユーザー ID」フィールドまたは「展開先 ID」フィールドからの所属会社の ETLA 契約の展開先 ID を選択して「検索」をクリックします。
    4. 製品名ドロップダウンから Photoshop または Premiere Elements を選択します。

     

    Photoshop または Photoshop Elements のシリアル番号にアクセスする
    1. 後の使用に備えて、Photoshop または Premiere Elements 12 のシリアル番号をテキストファイルにコピーします。
  3. ソフトウェアのインストール準備をします。

    UI またはデスクトップインストールの実行

    重要:  エンドユーザーはダウンロードしたインストーラーを使用して UI インストールを実行できます(ただし、エンドユーザーはシリアル番号とオプションを選択します)。  エンドユーザーは管理者権限が必要です。

    1. 手順 1 で取得したインストーラーをエンドユーザーに提供します。
    2. エンドユーザーまたは技術者に、製品のインストールフォルダーにあるセットアップを実行するように伝えてください。
    3. 画面の指示に従い、手順 2 で取得したシリアル番号を入力します。

    サイレントまたは展開インストールの実行

    以下のドキュメントを用いてソフトウェアをパッケージするには、手順 1 で取得したソフトウェアと、手順 2 で取得したシリアル番号を使用してください。

    注意: Premiere Elements 12 Windows 版は Creative Cloud Packager を使用して準備してください。 詳細については、「Premiere と Photoshop Elements 13」セクションを参照してください。

Flash Builder Premium

重要: 以下の手順は、Creative Cloud 製品セクションと同じ内容です。 この製品(Creative Cloud 製品ではなく)のパッケージ化には、以下の情報を使用してください。 Creative Cloud エンタープライズ版(ETLA)の展開方法をクリックして 2 番目のコピーを開き、Creative Cloud 製品と Presenter のセクションを展開します。

  1. Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールします。

    • Creative Cloud 製品について、このツールの取得に違いはありません。


  2. シリアライズされたデプロイメントについては、ライセンス Web サイトから Flash Builder Premium シリアル番号を取得してください。 この製品については、名前付きライセンスオプションはありません。

    ライセンス Web サイトでシリアル番号にアクセスする

    • 製品名ドロップダウンから製品を選択するときに、Flash Builder Premium を選択します。
    • 上記の製品をパッケージするには、該当するプラットホームの Flash Builder Premium シリアル番号が必要です。
  3. Creative Cloud Packager を起動し、画面の指示に従って、ソフトウェアのインストール準備をします。

    • パッケージ構成画面からライセンスタイプでシリアル番号ライセンスを選択します。
    • アプリケーション&アップデートで Flash Builder Premium を選択します。
  4. お使いの環境でソフトウェアをインストールするには、Creative Cloud Packager で作成されるフォルダーを使用してください。

    • 上記の Build フォルダーと Exceptions フォルダーを必ずインストールしてください。そうでない場合、一部の製品はインストールされません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー