警告:

このドキュメントで説明された手順は、アプリバージョン CC 2019 以降では使用できません。 詳細情報

パッケージの作成を自動化できます。パッケージの様々な設定やオプションを指定する入力 XML ファイルを使用して、Creative Cloud Packager でのパッケージの作成を自動化できます。

  1. Packager にログインして、エンドユーザー使用許諾契約書(EULA)に同意します。自動化プロセスの使用中はログアウトしないでください。 

  2. 次のオプションを指定して XML ファイルを作成します。

    XML ファイルは、添付された XSD スキーマファイル(pkgConfigFile.zip)に準拠している必要があります。 

    ダウンロード

    注意:

    入力 XML ファイルで、appsPanelEnabled フラグを false に設定した場合は、adminPrivilegesEnabled フラグも false に設定する必要があります。

    例 1: 次の XML ファイルでは、すべての対象となる最新のアップデートを含むシリアル化されたパッケージの作成を自動化します。

    <CCPPackage>
      <CreatePackage>
    	<packageName>AllLatestUpdates Package</packageName>
    	<outputLocation>C:\Temp\CCPPkg.9a137bb2-d7b4-4302-bf90-e9f89c502afa\WIN32\mul</outputLocation>
    	<is64Bit>true</is64Bit>
    	<customerType>enterprise</customerType>
    	<organizationName>Adobe Production Validation: GAR</organizationName>
    	<matchOSLanguage>true</matchOSLanguage>
    	<rumEnabled>true</rumEnabled>
    	<updatesEnabled>false</updatesEnabled>
    	<appsPanelEnabled>true</appsPanelEnabled>
    	<adminPrivilegesEnabled>false</adminPrivilegesEnabled>
    	<serialNumber>11111111111111111111111</serialNumber>
    	<ProductCategory>AllLatestUpdates</ProductCategory>
    	<IncludeUpdates>true</IncludeUpdates>
        <Language>
          <id>en_US</id>
        </Language>
      </CreatePackage>
    </CCPPackage>

    例 2: 次の XML ファイルでは、すべての最新のアップデートを含むグループのデバイスプールパッケージを作成します。

    <CCPPackage>
      <CreatePackage>
    	<packageName>All Product Package</packageName>
    	<outputLocation>C:\Temp\CCPPkg.9a137bb2-d7b4-4302-bf90-e9f89c502afa\WIN32\mul</outputLocation>
    	<is64Bit>true</is64Bit>
    	<customerType>team</customerType>
    	<organizationName>Adobe Production Validation: GAR</organizationName>
    	<matchOSLanguage>true</matchOSLanguage>
    	<rumEnabled>true</rumEnabled>
    	<updatesEnabled>false</updatesEnabled>
    	<appsPanelEnabled>true</appsPanelEnabled>
    	<adminPrivilegesEnabled>false</adminPrivilegesEnabled>
    	<devicePoolName>Complete</devicePoolName>
    	<ProductCategory>AllLatestProducts</ProductCategory>
    	<IncludeUpdates>true</IncludeUpdates>
        <Language>
          <id>en_US</id>
        </Language>
      </CreatePackage>
    </CCPPackage>

    例 3: 次の XML ファイルでは、製品およびアップデートのカスタムリストを含むエンタープライズ版のユーザー指定パッケージを作成します。 

    <CCPPackage>
      <CreatePackage>
    	<packageName>Custom Package</packageName>
    	<outputLocation>C:\Temp\CCPPkg.9a137bb2-d7b4-4302-bf90-e9f89c502afa\WIN32\mul</outputLocation>
    	<is64Bit>true</is64Bit>
    	<customerType>enterprise</customerType>
    	<organizationName>Adobe Production Validation: GAR</organizationName>
    	<matchOSLanguage>true</matchOSLanguage>
    	<rumEnabled>true</rumEnabled>
    	<updatesEnabled>false</updatesEnabled>
    	<appsPanelEnabled>true</appsPanelEnabled>
    	<adminPrivilegesEnabled>false</adminPrivilegesEnabled>
    	<ProductCategory>Custom</ProductCategory>
    	<IncludeUpdates>true</IncludeUpdates>
        <Language>
          <id>en_US</id>
        </Language>
    //Add the products tag for a custom list of products to be deployed. Inside the Products tag add a Product tag for each of the products to be deployed and specify its sap code and version in it
        <Products>
            <Product>
                <sapCode>AEFT</sapCode>
                <version>12.0</version>
            </Product>
        </Products>
    //Add the HDUpdates tag for a list of updates to be deployed for products that can be installed without their base versions. Inside the HDUpdates tag add an HDUpdate tag for each of the updates to be deployed and specify its sap code and version in it
        <HDUpdates>
            <HDUpdate>
                <sapCode>AEFT</sapCode>
                <version>13.8.1</version>
            </HDUpdate>
        </HDUpdates>
    //Add the Updates tag for a list of updates to be deployed for products other than the products that can be installed without their base versions. Inside the Updates tag add an Update tag for each of the updates to be deployed and specify the update's refId in it
        <Updates>
            <Update>
                <refId>AdobePhotoshopCC2015-16.0/16.1.2</refId>
            </Update>
        </Updates>
      </CreatePackage>
    </CCPPackage>

    XML ファイルでデプロイする製品のカスタムリストを指定するには、Products タグを追加します。デプロイする製品ごとに Product タグを追加し、そのタグ内にデプロイする製品ごとの SAP コード(<sapCode>)とバージョン(<version>)を指定します。基本バージョンがなくてもデプロイできるアプリケーションの SAP コードとバージョンは、こちらのページに記載されています。それ以外のアプリケーションについては、CCP アプリケーション画面で SAP コードとバージョンを確認できます。

    XML ファイルでアップデートのカスタムリストを指定するには、次のいずれかを入力する必要があります。

    • 基本バージョンがなくてもデプロイできるアプリケーションのアップデートについては、XML 設定ファイルに HDUpdates タグを追加する必要があります。HDUpdates タグ内には、対象のアップデートごとに HDUpdate タグを入力し、そのタグ内にアップデートの SAP コード(<sapCode>)とバージョン(<version>)を指定する必要があります。アップデートの SAP コードは、こちらのページで関連製品について示しているものと同じです。アップデートのバージョンは、関連製品の Creative Cloud Packager 画面で確認できます。 
    HDProductVersioninPackager

     

    • それ以外のアプリケーションのアップデートについては、Updates タグを入力する必要があります。アップデートごとに Update タグを指定し、アップデートの refID のみを入力します。アップデートの refID を作成するには、製品のチャネル ID とバージョンを "ChannelID/version" の形式で追加します。例:AdobePhotoshopCC2015-16.0/16.1.2。様々な製品のチャネル ID については、こちらのページで確認できます。製品アップデートのバージョンについては、Creative Cloud Packager で確認できます。
    ProductVersioninPackager
  3. 必要に応じて、XML で次のカスタマイズを使用できます。

    • ProductCategory として Custom を指定した場合は、XML ファイルで製品とアップデートの SAP コードとバージョン、およびアップデートの refID を正確に指定する必要があります。
    • serialNumber タグはオプションであり、customerType として Enterprise を指定する場合にのみ必要になります。Serialnumber タグがあり、XML ファイル内に指定されている場合は、自動化プロセスによってシリアル番号ライセンスパッケージが作成されます。それ以外の場合は、自動化プロセスによってユーザー指定ライセンスパッケージが作成されます。
    • devicePoolName はオプションであり、customerType として Team を指定する場合のみ必要になります。devicePoolName タグがあり、XML ファイル内に指定されている場合は、自動化プロセスによってデバイスライセンスパッケージが作成されます。それ以外の場合は、自動化プロセスによってユーザー指定ライセンスパッケージが作成されます。
  4. 次のパラメーターを指定して PDApp を実行します。

    パラメーター
    PDApp 実行可能ファイルのパス

    コンピューターで PDApp 実行可能ファイルのパスを二重引用符で囲んで指定します

    Mac の場合: アプリケーション/ユーティリティ/Adobe Application Manager/core/Adobe Application Manager.app/Contents/MacOS/PDApp

    Windows の場合: C:/Program Files/Common Files/Adobe/OOBE/PDApp/Core/PDApp.exe

    --appletID CCP_UI
    --appletVersion 1.0
    --workflow ccp
    --automationMode ccp_automation
    --pkgConfigFile 手順 1 で作成した XML パッケージ設定ファイルの名前とパス。

    次に示すのは、Windows のコマンド例です。 

    "C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\OOBE\PDApp\core\PDapp.exe" --appletID=CCP_UI --appletVersion=1.0 --workflow=ccp --automationMode=ccp_automation --pkgConfigFile="<path of input XSD>"

    パッケージが作成されます。入力 XML ファイルと同じパスに、別の XML ファイルが [pkgConfigFileName]_result.xml という名前で作成されます。

    エラーが発生した場合は、[pkgConfigFileName]_result.xml ファイルでエラーの詳細を確認し、デバッグできます。PDApp およびその他のログは通常どおりに作成されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー