アクションについて

アクションとは、単一または複数のファイルに対して実行される、メニューコマンド、パネルオプション、ツールアクションなどの一連の作業です。例えば、画像のサイズを変更し、画像に効果を適用し、ファイルを目的の形式で保存するアクションを作成できます。

ペイントツールを使用する作業のような、アクションに記録できない作業を途中で実行する手順を挿入することもできます。また、アクションを実行しながらダイアログボックスに値が入力できるように、モードコントロールを挿入することもできます。

Photoshop では、アクションは、ドロップレットの基になります。ドロップレットとは、ファイルを自動処理する小さなアプリケーションであり、ドロップレットアイコンにドラッグされたすべてのファイルを処理します。

Photoshop と Illustrator には、あらかじめ定義済みのアクションがインストールされており、繰り返し作業を実行する際に役に立ちます。これらの定義済みのアクションはそのまま使用できます。また、必要に応じてカスタマイズしたり、新しいアクションを作成することもできます。アクションは、編成しやすいようにセットで保存されます。

アクションは、記録、編集、カスタマイズおよびバッチ処理が可能です。アクションセットを操作して、アクションのグループを管理できます。

アクションパネルの概要

アクションを記録、実行、編集および削除するには、アクションパネル(ウィンドウ/アクション)を使用します。このパネルは、アクションファイルの保存や読み込みにも使用できます。

Photoshop アクションパネル
Photoshop アクションパネル

A. アクションセット B. 機能 C. 記録されたコマンド D. コマンドの実行を切り替え E. モードコントロール(ダイアログボックスの表示を切り替え) 

セット、アクション、コマンドの展開と折りたたみ

  1. アクションパネルのセット、アクションまたはコマンドの左側にある三角形をクリックします。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら三角形をクリックすると、セット内のすべてのアクションまたはアクション内のすべてのコマンドを、展開したり、折りたたんだりできます。

アクションの名前のみの表示

  1. アクションパネルメニューの「ボタンモード」を選択します。リストモードへ戻るには、もう一度「ボタンモード」を選択します。

    注意:

    個々のコマンドやセットをボタンモードで表示することはできません。

アクションパネル内のアクションの選択

  1. アクション名をクリックします。複数の隣接しているアクションを選択するには、Shift キーを押しながら、アクション名をクリックします。複数の隣接していないアクションを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、アクション名をクリックします。

ファイルに対するアクションの実行

アクションを実行すると、アクションの記録されたコマンドがアクティブなドキュメント内で実行されます。アクションには、実行する前に対象を選択する必要があるものと、ファイル全体に対して実行できるものがあります。アクション内の特定のコマンドだけを除外したり、1 つのコマンドだけを実行したりすることもできます。アクションにモードコントロールが挿入されている場合は、アクションが一時停止したときに、ダイアログボックスに値を指定したり、ツールを使用することができます。

注意:

ボタンモードでは、ボタンをクリックすると、除外されたコマンド以外のアクション全体が実行されます。

  1. 必要に応じて、アクションを実行する対象のオブジェクトを選択するか、ファイルを開きます。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • (Illustrator)アクションのセットを実行するには、セット名を選択してから、アクションパネルの選択項目を実行ボタン をクリックするか、パネルメニューから「実行」を選択します。

    • 単一のアクション全体を実行するには、アクション名を選択してから、アクションパネルの選択項目を実行ボタン(Photoshop は選択項目を再生ボタン)をクリックするか、パネルメニューから「実行」(Photoshop は「再生」)を選択します。

    • アクションにショートカットキーを割り当てた場合は、そのキーの組み合わせを押すと、アクションが自動的に実行されます。

    • アクションの一部のみを実行するには、開始するコマンドを選択します。次に、アクションパネルの選択項目を実行ボタン(Photoshop は選択項目を再生ボタン)をクリックするか、パネルメニューから「実行」(Photoshop は「再生」)を選択します。

    • 単一のコマンドを実行するには、コマンドを選択してから、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、アクションパネルの選択項目を実行ボタン、あるいは選択項目を再生ボタン(Photoshop)をクリックします。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、実行するコマンドをダブルクリックすることもできます。

ヒント:Photoshop でアクションを取り消すには、アクションを実行する前にヒストリーパネルでスナップショットを作成してから、そのスナップショットを選択してアクションを取り消します。

アクションを記録して作業を自動化

新しいアクションを作成すると、記録を中止するまで、使用するコマンドとツールがアクションに追加されます。

ヒント:エラーを防ぐために、ファイルのコピーを作成してから作業します。アクションを開始して他のコマンドを適用する前に、ファイル/複製を保存コマンド(Illustrator)を記録するか、ファイル/別名で保存コマンドを記録して、複製を保存(Photoshop)を選択します。Photoshop では、ヒストリーパネルの「新規スナップショット」ボタンをクリックして、アクションを記録する前に画像のスナップショットを作成することもできます。

  1. ファイルを開く.
  2. アクションパネルの新規アクションを作成ボタン をクリックするか、パネルメニューの「新規アクション」を選択します。
  3. アクション名を入力し、アクションセットを選択し、追加のオプションを設定します。

    ファンクションキー

    アクションにショートカットキーを割り当てます。例えば、Ctrl+Shift+F3 のように、ファンクションキー、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)および Shift キーを自由に組み合わせることができます。ただし、例外もあります。Windows では、F1 キーを使用できません。また、Ctrl キーと一緒に F4 キーまたは F6 キーを使用することもできません。

    注意:コマンドで既に使用されているショートカットキーをアクションに割り当てた場合、そのショートカットキーはコマンドではなくアクションに適用されます。

    カラー

    ボタンモードで表示するカラーを選択します。

  4. 記録ボタンをクリックします。アクションパネルの記録開始ボタンが赤 に変わります。

    注意:

    別名で保存」コマンドを記録するとき、ファイル名を変更しないでください。新しいファイル名を入力すると、その新しいファイル名が記録され、アクションを実行するたびにその名前が使用されます。別のフォルダーを開いている場合は、保存する前に、ファイル名を指定せずに別の場所を指定することができます。

  5. 記録する操作とコマンドを実行します。

    すべての作業を直接記録できるわけではありません。ただし、記録できない作業のほとんどは、アクションパネルメニューのコマンドを使用して挿入できます。

  6. 記録を中止するには、再生 / 記録を中止ボタンをクリックするか、アクションパネルメニューの「記録中止」を選択します。Photoshop では、Esc キーを押すこともできます。

注意:

同じアクションの記録を再開するには、アクションパネルメニューの「再記録」を選択します。

記録できない作業のアクションへの挿入

すべての作業をアクションに直接記録できるわけではありません。 例えば、効果メニューと表示メニューのコマンド、パネルの表示と非表示を切り替えるコマンド、選択、ペン、ブラシ、鉛筆、グラデーション、メッシュ、スポイト、ライブペイント、はさみの各ツールの使用は記録できません。

どの作業が記録できないかを判断するには、アクションパネルの表示を確認します。 作業を実行した後、コマンド名またはツール名が表示されない場合でも、アクションパネルメニューのコマンドを使用して、作業を追加できることがあります。

注意:

記録できない作業をアクション作成後に挿入するには、まずアクション内の項目を選択します。作業はこの項目の後に挿入されます。アクションパネルメニューから適応するコマンドを選択します。

記録できないメニューコマンドの挿入

  1. アクションパネルメニューの「メニュー項目を挿入」を選択します。

  2. メニューからコマンドを選択するか、テキストボックスにコマンド名の最初の部分を入力して「検索」をクリックします。 「OK」をクリックします。

パスの挿入

  1. パスを選択して、アクションパネルメニューの「選択したパスを挿入」を選択します。

選択したオブジェクトの挿入

  1. アクションを記録し始める前に、属性パネルの「メモ」ボックスにオブジェクトの名前を入力します (「メモ」ボックスを表示するには、属性パネルメニューの「メモを表示」を選択します)。

  2. アクションの記録時に、アクションパネルメニューの「オブジェクトを選択」を選択します。

  3. オブジェクトの名前を入力し、「OK」をクリックします。

Web およびデバイス用に保存ダイアログボックスを使用した複数スライスの最適化オプションの記録

  1. アクションを記録し始める前にスライス最適化オプションを設定します。次に、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、Web 用に保存ダイアログボックスの「一時保存」をクリックします。

    一時保存した設定を使用して、アクションが記録されます。

中止の挿入

アクションに中止の動作を挿入すると、記録できない作業(ペイントツールの使用など)を、ユーザーが途中で実行できます。必要な作業をおこなった後、アクションパネルの選択項目を再生ボタンをクリックして作業を完了します。

アクションを続行する前に、必要な作業を思い出せるように、アクションが中止されたときに短いメッセージを表示することもできます。作業を実行する必要がない場合のために、メッセージボックスに「続行」ボタンを表示できます。

  1. 次のいずれかの操作をおこなって、どこに中止を挿入するかを決めます。
    • アクション名を選択すると、アクションの最後に中止が挿入されます。

    • コマンドを選択すると、そのコマンドの直後に中止が挿入されます。

  2. アクションパネルメニューの「中止を挿入」を選択します。
  3. 表示するメッセージを入力します。
  4. アクションを中止せずに続行することを選択できるようにするには、「続行許可」を選択します。
  5. 「OK」をクリックします。

注意:

中止は、アクションの記録中でも、記録した後でも挿入できます。

アクション実行時の設定の変更

デフォルトでは、アクションが最初に記録されたときに指定された値を使用してアクションを完了します。アクション内のコマンドの設定を変更する場合は、モードコントロールを挿入できます。モードコントロールを使用すると、アクションが一時停止するので、ダイアログボックスに値を指定したりモードツールを使用することができます。モードツールでは、Enter キーまたは Return キーを押して、効果を適用する必要があります。Enter キーまたは Return キーを押すと、アクションの作業が再開されます。

モードコントロールは、アクションパネルのコマンド名、アクション名またはセット名の左側に表示される、ダイアログボックスの表示を切り替えアイコン で表示されます。一部のコマンドだけにモードコントロールが設定されているアクションとセットは、赤いダイアログボックスアイコン で表示されます。ボタンモードでモードコントロールを設定することはできません。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • アクション内のコマンドのモードコントロールを有効にするには、コマンド名の左側のボックスをクリックします。もう一度クリックすると、モードコントロールが無効になります。

    • アクションに含まれるすべてのコマンドのモードコントロールを有効または無効にするには、アクション名の左側のボックスをクリックします。

    • セットに含まれるすべてのアクションのモードコントロールを有効または無効にするには、セット名の左側のボックスをクリックします。

アクションからのコマンドの除外

コマンドを除外すると、そのコマンドは、記録したアクションの一部として実行されなくなります。ボタンモードでコマンドを除外することはできません。

  1. 必要に応じて、アクションパネル内のアクション名の左側にある三角形をクリックして、アクション内のコマンドのリストを展開します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 単一のコマンドを除外するには、コマンド名の左側にあるチェックマークをオフにします。もう一度クリックするとチェックマークが表示され、コマンドが実行されるようになります。

    • アクションまたはセットに含まれているすべてのコマンドまたはアクションを除外したり含めたりするには、アクション名またはセット名の左側のチェックマークをクリックします。

    • 選択したコマンド以外のすべてのコマンドを除外したり含めたりするには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらチェックマークをクリックします。

      アクション内のコマンドの一部が除外されていることを示すために、Photoshop では、親アクションのチェックマークが赤に変わります。Illustrator では、親アクションのチェックマークが淡色表示になります。

実行速度の指定

アクションの実行速度を調整したり、アクションを一時停止してアクションをデバッグすることができます。

  1. アクションパネルメニューの「再生オプション」を選択します。
  2. 速度を指定して、「OK」をクリックします。

    高速

    通常の速度でアクションを実行します(初期設定値)。

    注意:アクションを高速で実行する場合、アクションをより高速で実行できるように、アクションの実行中に画面が更新されないことがあります。例えば、ファイルを開く、変更、保存および閉じるなどの操作は、画面に表示されないことがあります。アクションの実行中にファイルを画面に表示するには、ステップごとを指定します。

    ステップごと

    アクションのコマンドを 1 つずつ実行し、画像を再描画してから次のコマンドに移ります。

    一時停止

    アプリケーションでアクションのコマンドを 1 つ実行するたびに一時停止します。このオプションでは停止時間を指定します。

アクションの編集と再記録

アクションの編集とカスタマイズは簡単におこなえます。 アクション内の特定のコマンドの設定を調整したり、既存のアクションにコマンドを追加したり、アクション全体を確認して設定の一部または全部を変更したりできます。

アクションへのコマンドの追加

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • アクションの名前を選択すると、そのアクションの最後に新しいコマンドが追加されます。

    • コマンドの名前を選択すると、そのコマンドの直後に新しいコマンドが挿入されます。

  2. 記録開始ボタンをクリックするか、アクションパネルメニューの「記録開始」を選択します。
  3. 追加のコマンドを記録します。
  4. 完了したときに、アクションパネルの再生 / 記録を中止ボタンをクリックするか、パネルメニューの「記録中止」を選択します。

アクション内のコマンドの並べ替え

  1. アクションパネルで、並べ替えたいコマンドを、同じアクション内または別のアクション内の新しい位置にドラッグします。目的の場所の境界線がハイライト表示されたときに、マウスボタンを放します。

アクションの再記録

  1. アクションを選択し、アクションパネルメニューから「再記録」を選択します。
  2. モードツールが表示された場合は、モードツールを使用して別の結果を作成してから Enter キーまたは Return キーを押すか、単に Enter キーまたは Return キーを押して同じ設定を保持します。
  3. ダイアログボックスが表示された場合は、設定を変更し、「OK」をクリックして値を記録するか、「キャンセル」をクリックして同じ値を使用します。

単一の作業の再記録

  1. アクションを再記録するオブジェクトと同じ種類のオブジェクトを選択します。 例えば、作業がベクターオブジェクトにしか使用できない場合は、再記録をおこなうときにもベクターオブジェクトを選択します。

  2. アクションパネルで、再記録するコマンドをダブルクリックします。

  3. 新しい値を入力し、「OK」をクリックします。

アクションセットの管理

関連したアクションセットを作成して整理し、ディスクに保存して別のコンピューターに転送することができます。

注意:

作成するすべてのアクションは、アクションパネルに自動的に表示されますが、アクションを確実に保存し、環境設定ファイル(Illustrator)またはアクションパネルの初期設定ファイル(Photoshop)を削除した場合でもアクションが失われないようにするには、アクションをアクションセットの一部として保存する必要があります。

アクションのセットの保存

  1. セットを選択します。

    注意:

    単一のアクションを保存する場合は、まずアクションセットを作成し、アクションを新しいセットに移動します。

  2. アクションパネルメニューの「アクションの保存」を選択します。
  3. セット名を入力し、保存フォルダーを選択して「保存」ボタンをクリックします。

    ファイルは任意の場所に保存できます。 ここでは、アクションパネルで選択したセットの全アクションが保存されます。セット内のアクションを別々に保存することはできません。

    注意:

    (Photoshop のみ)プリセットフォルダー内のアクションフォルダーに保存アクションセットファイルを配置すると、アプリケーションを再起動した後に、アクションパネルメニューの一番下にアクションのセットが表示されます。

    注意:

    (Photoshop のみ)アクションをテキストファイルとして保存するときは、Ctrl+Alt キー(Windows)または Command+Option キー(Mac OS)を押したまま「アクションの保存」コマンドを選択します。このファイルは、アクション内容の確認やプリントに使用できます。ただし、テキストファイルを Photoshop に再び読み込むことはできません。

アクションのセットの読み込み

初期設定では、あらかじめ定義済みのアクションとユーザー作成のアクションがアクションパネルに表示されます。アクションパネルには、その他のアクションを読み込むこともできます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • アクションパネルメニューの「アクションを読み込み」(Photoshop)または「アクションの読み込み」(Illustrator)を選択します。アクションセットファイルを探して選択し、「読み込み」(Photoshop)または「開く」(Illustrator)をクリックします。

    • (Photoshop のみ)アクションパネルメニューの下から、定義済みのアクションセットを選択します。

    Photoshop のアクションセットファイルの拡張子は .atn です。Illustrator のアクションセットファイルの拡張子は .aia です。

アクションの初期設定のセットへの復元

  1. アクションパネルメニューで「初期設定に戻す」を選択します。
  2. アクションパネルの現在のアクションを初期設定のセットに置き換えるには、「OK」をクリックします。現在のアクションに初期設定のアクションセットを追加するには、「追加」をクリックします。

アクションセットの整理

アクションを分かりやすいように管理するには、アクションのセットを作成し、ディスクに保存します。アクションのセットは、プリントメディアまたはオンラインメディア用の画像作成など、作業の種類別に整理して他のコンピューターに転送できます。

  • アクションのセットを新規作成するには、アクションパネルの新規セットを作成ボタン をクリックするか、パネルメニューから「新規セット」を選択します。セットの名前を入力し、「OK」をクリックします。

    注意:アクションを新規に作成して新規のセットにグループ化する場合は、セットの方を先に作成してください。そうすると、アクションを新規に作成するときに、新規セットがセットポップアップメニューに表示されるようになります。

  • アクションを別のセットに移動するには、アクションを移動先のセットにドラッグします。目的の場所の境界線がハイライト表示されたときに、マウスボタンを放します。

  • アクションのセットの名前を変更するには、アクションパネル内のセットの名前をダブルクリックするか、アクションパネルメニューから「セットオプション」を選択します。セットの新しい名前を入力し、「OK」をクリックします。

  • アクションパネル内のすべてのアクションを新しいセットに置き換えるには、アクションパネルメニューの「アクションの置き換え」を選択します。アクションファイルを選択し、「読み込み」(Photoshop)または「開く」(Illustrator)をクリックします。

    注意:「アクションの置き換え」コマンドを使用すると、作業中のドキュメントの全アクションセットが置き換えられます。このコマンドを使用する前に、「アクションの保存」コマンドで現在のアクションセットを保存しておいてください。

複数のファイルに対するアクションのバッチ再生

バッチコマンドを使用すると、フォルダーおよびサブフォルダーのファイルに対してアクションを実行できます。 バッチコマンドを使用すると、データ駆動型グラフィック用のテンプレートに別のデータセットを反映させることもできます。

  1. アクションパネルメニューの「バッチ」を選択します。

  2. 「実行」で実行するアクションを選択します。

  3. 「ソース」で「フォルダー」を選択して、アクションの実行対象となるフォルダーを選択します。または「データセット」を選択して、現在のファイルの各データセットに対してアクションを実行します。

    フォルダーを選択した場合は、アクション実行時の追加オプションを設定できます。

  4. 「保存先」で処理対象ファイルに対しておこなう処理を指定します。 「なし」は変更を保存しないでファイルを開いたままにします。「保存して閉じる」は現在の場所にファイルを保存して閉じます。「フォルダー」は別の場所にファイルを保存します。

    「保存先」オプションの選択に応じて、ファイル保存の追加オプションを設定できます。

  5. バッチ処理中のエラー処理方法を指定します。 「エラーをファイルに記録」を選択した場合は、「別名で保存」ボタンをクリックして、エラーファイルの名前を指定します。

  6. 「OK」をクリックします。

    注意:

    バッチコマンドオプションを使用してファイルを保存すると、ファイルは常に元のファイルと同じ形式で保存されます。 新しい形式でファイルを保存するバッチ処理を作成するには、元のアクションの一部として、「閉じる」コマンドの前に「別名で保存」または「複製を保存」コマンドを記録します。バッチ処理の設定時に「保存先」で「なし」を選択します。

    注意:

    複数のアクションを使用してバッチ処理を実行するには、新しいアクションを作成し、使用する各アクションに対してバッチコマンドを記録します。 この方法を使用して、1 つのバッチで複数のフォルダーを処理することもできます。 複数のフォルダーをバッチ処理するには、1 つのフォルダー内にその他のフォルダーのショートカット(Windows)またはエイリアス(Mac OS)を作成します。

バッチ処理のオプション

「ソース」で「フォルダー」を選択した場合は、以下のオプションを設定できます。

アクションの開くコマンドを無視

指定したフォルダーのファイルを開き、元のアクションに記録された開くコマンドをすべて無視します。

サブディレクトリをすべて含める

指定したフォルダー内のすべてのファイルとフォルダーを処理します。

アクションに保存または書き出しコマンドが含まれる場合は、以下のオプションを設定できます。

アクションの保存コマンドを無視

処理対象ファイルを指定の保存先フォルダーに保存し、アクションに記録された場所には保存しません。 「選択」ボタンをクリックして、保存先のフォルダーを指定します。

アクションの書き出しコマンドを無視

処理対象ファイルを指定の保存先フォルダーに書き出し、アクションに記録された場所には書き出しません。 「選択」ボタンをクリックして、保存先のフォルダーを指定します。

「ソース」で「データセット」を選択した場合は、保存およびデータ書き出し用のコマンドを無視したときのファイル名生成オプションを設定できます。

ファイル + 番号

元のドキュメントのファイル名から拡張子を削除した後、データセットに対応する 3 桁の数を追加したファイル名が生成されます。

ファイル + データセット名

元のドキュメントのファイル名から拡張子を削除し、アンダースコア(_)およびデータセット名を付加して、ファイル名を生成します。

データセット名

データセットの名前をファイル名とします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー