パス、セグメントおよびアンカーポイントの選択

Illustrator および InDesign で、パスをリシェイプしたり編集したりするには、パスのアンカーポイント、セグメント、またはその両方をあらかじめ選択しておく必要があります。

アンカーポイントの選択

次の操作を行います。

  • アンカーポイントが表示されている場合は、アンカーポイントをダイレクト選択ツール でクリックして選択します。複数のアンカーポイントを選択するには、Shift キーを押しながらアンカーポイントをクリックします。
  • ダイレクト選択ツールを選択し、アンカーポイントを囲むようにドラッグします。他のアンカーポイントを選択するには、Shift キーを押しながら囲むようにドラッグします。
  • アンカーポイントは選択されているパスからだけでなく、選択されていないパスからも選択できます。ダイレクト選択ツールをアンカーポイントに置くと、パスが未選択の場合は矢印の横に白抜きのボックス、パスが選択されている場合は塗りつぶされたボックスが表示されるので、そのアンカーポイントをクリックします。他のアンカーポイントを選択するには、Shift キーを押しながらアンカーポイントをクリックします。
  • なげなわツールを選択して、アンカーポイントを囲むようドラッグします。他のアンカーポイントを選択するには、Shift キーを押しながら囲むようにドラッグします。

パスセグメントの選択

次のいずれかの操作を行います。

  • ダイレクト選択ツール を選択してから、セグメントの周囲 2 ピクセル以内をクリックするか、セグメントの一部を囲むようにドラッグします。他のパスセグメントを選択するには、Shift キーを押しながらパスセグメントをクリックするか、Shift キーを押しながらパスセグメントを囲むようにドラッグします。
  • なげなわツール を選択して、パスセグメントの一部を囲むようにドラッグします。他のパスセグメントを選択するには、Shift キーを押しながら囲むようにドラッグします。

パス内のすべてのアンカーポイントおよびセグメントの選択

  1. ダイレクト選択ツール またはなげなわツール(Illustrator)を選択します。
  2. パス全体を囲むようドラッグします。

    パスに塗りが適用されている場合は、ダイレクト選択ツールでパスの内側をクリックしてすべてのアンカーポイントを選択することもできます。

パスのコピー

選択ツールまたはダイレクト選択ツールを使用してパスまたはセグメントを選択し、次のいずれかの操作を行います。

  • 通常のメニュー機能を使用して、アプリケーション内またはアプリケーション間でパスをコピー&ペーストします。
  • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらパスを目的の位置までドラッグし、Alt キーまたは Option キーとマウスボタンを放します。

アンカーポイントの追加および削除

アンカーポイントを追加すると、パスを細かく調整したり、オープンパスを延長したりできます。ただし、必要以上にアンカーポイントを追加することはお勧めしません。パスのアンカーポイントが少なければ少ないほど、編集、表示および印刷が容易になります。不要なアンカーポイントを削除することで、パスを簡素化することができます。アンカーポイントの追加と削除は、他のアドビアプリケーションと同様に行うことができます。

ツールパネルには、ペンツール 、アンカーポイントの追加ツール およびアンカーポイントの削除ツール という、アンカーポイントの追加や削除を行うための 3 つのツールが用意されています。また、コントロールパネルで、選択したアンカーポイントを削除ボタン を使用できます。

初期設定で、ペンツールは、選択したパスの上に置くとアンカーポイントの追加ツールに変わり、アンカーポイントの上に置くとアンカーポイントの削除ツールに変わります。

注意:

アンカーポイントを削除するために、Delete キーおよび Backspace キーや、編集/カットまたは編集/消去の各コマンドを使用しないでください。これらのキーやコマンドを使用すると、アンカーポイントだけでなく、アンカーポイントに接続する直線セグメントも削除されます。

アンカーポイントの追加または削除

  1. 変更するパスを選択します。

  2. アンカーポイントを追加するには、ペンツールまたはアンカーポイントの追加ツールを選択し、ポインターをパスセグメント上に置いてクリックします。

  3. アンカーポイントを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ダイレクト選択ツールを使用してアンカーポイントを選択し、コントロールパネルで選択したアンカーポイントを削除ボタン をクリックします。

    • ペンツールまたはアンカーポイントの削除ツールを選択し、ポインターをアンカーポイント上に置いてクリックします。

余分なアンカーポイントの検索と削除

余分なアンカーポイントとは、他のアンカーポイントに接続されていない孤立したアンカーポイントです。余分なアンカーポイントは、検索して削除することをお勧めします。

  1. すべてのオブジェクトの選択を解除します。

  2. 選択/オブジェクト/余分なポイントを選択します。

  3. 編集/カットまたは編集/消去を選択するか、キーボードの Delete キーまたは Backspace キーを押します。

ペンツールの自動切り替え機能の無効化または一時的な無効

アンカーポイントの追加ツールまたはアンカーポイントの削除ツールへの自動切り替え機能は、完全に無効化することも、一時的に無効にすることもできます。

  • 切り替えを一時的に無効にするには、Shift キーを押しながら、選択されているパスまたはアンカーポイントにペンツールを置きます。この機能は、既存のパスの上から新しいパスを開始するときに便利です。ペンツールの角度が 45 度単位で固定されないようにするには、Shift キーを放してからマウスボタンを放します。

  • 切り替えを無効化するには、編集/環境設定/一般(Windows)または Illustrator/環境設定/一般(Mac OS)を選択し、「自動追加 / 削除しない」を選択します。

パスのスムーズ処理と単純化

余分なアンカーポイントを削除すると、パスのアピアランスを平滑化できるほか、パスを単純化できます。

パスの平滑化

  1. オブジェクトを選択します。

  2. スムーズツール を選択します。

  3. 滑らかにするパスのセグメントに沿ってツールをドラッグします。

  4. 線やパスが目的の形になるまで、スムーズ処理を続けます。

    スムーズツールの使用
    スムーズツールの使用

    A. オリジナルのパス B. スムースツールをパスに沿ってドラッグ C. 効果 
  5. 滑らかさを変更するには、スムーズツールをダブルクリックして、次のオプションを設定します。

    精度

    マウスまたはペンを移動したとき、新しいアンカーポイントをパスに追加する距離を指定します。例えば、「精度」を 2.5 にすると、ツールの移動距離が 2.5 ピクセル未満の場合は新しいアンカーポイントは追加されません。「精度」には 0.5 ~ 20 ピクセルまでの値を指定できます。大きい値を指定するほど、パスが滑らかで単純になります。

    滑らかさ

    ツールの使用時に適用される滑らかさを指定します。「平滑度」には 0 ~ 100%までの値を指定できます。大きい値を指定するほど、滑らかで単純なパスになります。

注意:

これにより、もう一方の曲線は保持したまま、滑らかな曲線を作ることができます。アンカーポイントツールを選択し、Option(macOS)または Alt(Windows)キーを押して、いずれかのハンドルをクリックすると、向かい合ったハンドルがペアになり、ポイントがスムーズポイントになります。

アンカーポイントツールを使用して向かい合ったハンドルをペアにする

A. ペアになっていないハンドルを持つコーナーポイント B. 向かい合ったハンドルがペアになり、曲線が滑らかに 

パスの単純化

パスの単純化を実行すると、パスの形状を変更させることなく余分なアンカーポイントを削除できます。余分なアンカーポイントを削除するとアートワークが単純化され、ファイルサイズが小さくなるので、表示およびプリントが快適になります。

  1. オブジェクトを選択します。

  2. オブジェクト/パス/単純化を選択します。

  3. 「曲線の精度」で、単純化したパスとオリジナルのパスの近似度を設定します。

    注意:

    「プレビュー」を選択すると、単純化されたパスのプレビューおよび、オリジナルパスと単純化されたパスのポイント数が表示されます。

  4. 以下に示すその他のオプションを選択して「OK」をクリックします。

    曲線の精度

    0 ~ 100%の値を入力して、単純化したパスとオリジナルのパスの近似度を設定します。値が大きいほどポイント数は多くなり、近似度も高くなります。既存のアンカーポイントは、曲線の端点とコーナーポイントを除いて無視されます(「角度のしきい値」に値を入力していない場合)。

    角度のしきい値

    0 ~ 180° の範囲で値を入力し、角の滑らかさを設定します。コーナーポイントの角度が「角度のしきい値」の値より小さい場合、コーナーポイントは変化しません。このオプションを使用すると、「曲線の精度」が低い場合でも角を鋭角的に保つことができます。

    直線

    オブジェクトのオリジナルのアンカーポイント間に直線を作成します。コーナーポイントの角度が「角度のしきい値」で設定した値より大きい場合、コーナーポイントは削除されます。

    オリジナルを表示

    単純化されたパスの背面にオリジナルのパスを表示します。

アンカーポイントの位置の平均化

  1. 同一パスまたは異なるパス上の 2 つ以上のアンカーポイントを選択します。

  2. オブジェクト/パス/平均を選択します。

  3. 「水平軸」(X 軸)、「垂直軸」(Y 軸)または「2 軸とも」を選択し、「OK」をクリックします。

スムーズポイントとコーナーポイントの切り換え

パス上にあるアンカーポイントは、コーナーポイントとスムーズポイントに切り換えることができます。コントロールパネルのオプションを使用すると、複数のアンカーポイントをすばやく切り換えることができます。アンカーポイントの切り換えツールを使用すると、アンカーポイントの変換方法によって、アンカーポイントの片側のセグメントのみを曲線にしたり、両側のセグメントをそれぞれ個別に調整したりして、様々な形状の曲線に変更できます。

コントロールパネルを使用したアンカーポイントの切り換え

コントロールパネルのアンカーポイント切り換えオプションを使用するには、オブジェクト全体ではなく、目的のアンカーポイントのみを選択します。複数のオブジェクトのアンカーポイントを切り換える場合も同様です。オブジェクト全体を選択すると、コントロールパネルのオプションは、オブジェクト全体に影響を与えるオプションに切り替わります。

  1. コーナーポイントをスムーズポイントに切り換えるには、ポイントを選択して、コントロールパネルの「選択したアンカーをスムーズポイントに切り換え」 をクリックします。

  2. スムーズポイントをコーナーポイントに切り換えるには、ポイントを選択して、コントロールパネルの「選択したアンカーをコーナーポイントに切り換え」 をクリックします。

アンカーポイントの切り換えツールを使用したアンカーポイントの正確な切り換え

  1. 変更するパス全体を選択して、パスのアンカーポイントを表示します。

  2. アンカーポイントの切り換えツール を選択します。

  3. 変換するアンカーポイント上にアンカーポイントの切り換えツールを置き、次のいずれかの操作を行います。

    • コーナーポイントをスムーズポイントに変換する場合は、方向点をコーナーポイントの外にドラッグします。

    アンカーポイントの切り換えツール
    方向点をコーナーポイントの外にドラッグしてスムーズポイントを作成

    • スムーズポイントを方向線のないコーナーポイントに変換する場合は、スムーズポイントをクリックします。

    アンカーポイントの切り換えツール
    スムーズポイントをクリックしてコーナーポイントを作成

    • スムーズポイントを独立した方向線を持つコーナーポイントに変換する場合は、いずれかの方向点をドラッグします。

    アンカーポイントの切り換えツール
    スムーズポイントからコーナーポイントへの変換

    • 方向線のないコーナーポイントを、独立した方向線を持つコーナーポイントに変換する場合は、まず方向点をコーナーポイントの外にドラッグします(方向線のあるスムーズポイントに変わります)。マウスボタンだけを放します(アンカーポイントの切り換えツールを有効にするために押したキーはそのまま押し続けます)。次に、いずれかの方向点をドラッグします。

アートワークの消去

パス消しゴムツール、消しゴムツールまたは Wacom スタイラスペンの消しゴムを使用すると、アートワークの一部を消去できます。パス消しゴムツール を使用すると、パスに沿って描画することによってパスの一部を消去できます。このツールは、消去対象を制限して、三角形の一辺のパスセグメントだけを消去する場合などに便利です。消しゴムツール と Wacom スタイラスペンの消しゴムを使用すると、アートワークの構造にかかわらず、その任意の領域を消去できます。消しゴムツールは、パス、複合パス、ライブペイントグループ内部のパスおよびクリッピングパスで使用できます。

アートワークの消去
パス消しゴムツールを使用してパスの一部を消去(左)、消しゴムツールを使用してグループオブジェクトの一部を消去(右)

パス消しゴムツールを使用したパスの一部の消去

  1. オブジェクトを選択します。

  2. パス消しゴムツール を選択します。

  3. 消去するパスセグメントに沿ってドラッグします。消しゴムツールでパスを消去するときは、1 回でスムーズにドラッグしてください。

消しゴムツールを使用したオブジェクトの消去

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 特定のオブジェクトを消去するには、オブジェクトを選択するか、編集モードでオブジェクトを開きます。

    • アートボード上のいずれかのオブジェクトを消去するには、すべてのオブジェクトを未選択のままにします。

    何も選択しないでおくと、選択されているレイヤーに関係なく、すべてのレイヤーのオブジェクトが消去の対象になります。

  2. 消しゴムツール  を選択します。

  3. (オプション)消しゴムツールをダブルクリックし、オプションを指定します。

  4. 消去する領域上をドラッグします。消しゴムツールは次の方法で制御できます。

    • 消しゴムツールの移動方向を垂直方向、水平方向または 45 度方向に制限するには、Shift キーを押しながらドラッグします。

    • 特定の領域を囲み、その領域内のすべてのオブジェクトを消去するには、Alt キーを押しながらドラッグするか(Windows)、Option キーを押しながらドラッグします(Mac OS)。選択領域を正方形に制限するには、Alt+Shift キーを押しながらドラッグするか(Windows)、Option+Shift キーを押しながらドラッグします(Mac OS)。

Wacom スタイラスペンの消しゴムを使用したオブジェクトの消去

ペンをひっくり返すと、消しゴムツールが自動的にアクティブになります。ペンをもう一度ひっくり返すと、最後に使用したツールが再びアクティブになります。

  • ペンをひっくり返して、消去する領域内をドラッグします。消去するパスの幅を広げるには、ペンを強く押します(最初に消しゴムツールオプションダイアログボックスの「圧縮」オプションを選択してください)。

消しゴムツールのオプション

ツールパネルのツールをダブルクリックすると、消しゴムツールのオプションを変更できます。

注意:

直径はいつでも変更できます。直径を大きくするには ] キーを押し、小さくするには [ キーを押します。

角度

ツールの回転角度を設定します。プレビューボックス内の矢印をドラッグするか、「角度」テキストボックスに値を入力します。

真円率

ツールの丸みを設定します。プレビューボックス内で黒い点を外側または内側にドラッグするか、「真円率」テキストボックスに値を入力します。この値を大きくするほど、ペン先が丸くなります。

直径

ツールの直径を設定します。直径スライダーを使用するか、値を「直径」テキストボックスに入力します。

各オプションの右側にあるポップアップメニューで、ツールの形状の変位を調整します。次のいずれかのオプションを選択します。

固定

決められた角度、丸みまたは直径を使用します。

ランダム

角度、丸みまたは直径がランダムに変位します。ブラシの特性の変化する範囲を指定する値を「変位」テキストボックスに入力します。例えば、「直径」を 15 に設定して、変位を 5 に設定した場合、ブラシの直径は 10 ~ 20 の範囲で変化します。

筆圧

描画するペンの筆圧に基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。このオプションは、直径とあわせて使用すると便利です。グラフィックタブレットが利用できる場合にのみ使用可能です。オリジナルの値に対してブラシの特性がどのように変化するかを指定する値を「変位」テキストボックスに入力します。例えば、「真円率」を 75%に設定して、「変位」を 25%に設定した場合、最低筆圧で 50%、最高筆圧で 100%の真円率が適用されます。筆圧が低いほど、ブラシストロークが鋭くなります。

スタイラスホイール

スタイラスホイールの操作に基づいて直径が変化します。

傾き

描画するペンの傾きに基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。このオプションは、真円率とあわせて使用すると便利です。ペンの傾きの方向を検出できるグラフィックタブレットがある場合にのみ使用できます。

方位

描画するペンの筆圧に基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。このオプションは、カリグラフィブラシの角度を制御するために使用すると便利です。特にペイントブラシに類似したブラシを使用している場合に便利です。ペンの垂直に対する近さを検出できるグラフィックタブレットがある場合にのみ使用できます。

回転

描画するペンの先端の回転方法に基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。このオプションは、カリグラフィブラシの角度を制御するために使用すると便利です。特にフラットペンに類似したブラシを使用している場合に便利です。このタイプの回転を検出できるグラフィックタブレットがある場合にのみ使用できます。

パスの分割

任意のアンカーポイントで、または任意のセグメントに沿ってパスを分割できます。パスを分割する際は、以下を考慮に入れてください。

  • クローズパスを 2 つのオープンパスに分割するには、パス上の 2 箇所で切断する必要があります。クローズパスを 1 箇所だけ切断すると、1 つのオープンパスになります。

  • 分割した後にできたパスは、線幅や塗りのカラーなど、元のパスの設定をそのまま引き継ぎます。線の整列は、自動的に中央にリセットされます。

  1. (オプション)パスを選択して、現在のアンカーポイントを表示します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • はさみツールを選択して、パスを分割する場所でクリックします。セグメントの途中でパスを切断すると、2 つの新しい端点が重なって表示され、その一方が選択されます。
    • ナイフツールを選択し、ポインターをオブジェクト上に合わせます。ナイフツールを使用して作成された切り抜きが、オブジェクトの線として表示されます。
    • パスを分割する場所でアンカーポイントを選択し、コントロールパネルの選択したアンカーポイントでパスを切断ボタン をクリックします。アンカーポイント上でパスを切断すると、新しいアンカーポイントがオリジナルのアンカーポイントの上に作成され、その一方が選択されます。

    詳しくは、オブジェクトのカット、分割、およびトリムを参照してください。

  3. ダイレクト選択ツールを使用して、作成されたアンカーポイントやパスセグメントを調整します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー