直線の描画

一度に 1 つの直線セグメントを描画する場合、直線ツールを使用します。直線ツールの使い方を学べる学習ゲームについて詳しくは、直線ツールの使い方を参照してください。

  1. 直線ツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ポインターを直線の始点に置き、終点までドラッグします。

    • 直線を開始したい場所をクリックします。ダイアログボックスで、直線の長さ角度を指定します。現在の塗りのカラーで直線を塗りつぶす場合は、「線の塗り」を選択します。「OK」をクリックします。

    直線ツールオプション

円弧の描画

  1. 直線ツール()をクリックしたままにします。円弧ツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ポインターを円弧の始点に置き、終点までドラッグします。

    円弧を配置したい場所をクリックします。ダイアログボックスで、基準点の位置を示すアイコン 上の正方形をクリックして、円弧を描画する始点を決定します。次のオプションを設定して、「OK」をクリックします。

    X 軸の長さ:円弧の幅を指定します。

    X 軸の長さ:円弧の高さを指定します。

    種類:オブジェクトをオープンパスにするかクローズパスにするかを指定します。

    基準:円弧の勾配の方向を指定します。円弧を横(x)軸と縦(y)軸のいずれに沿って描くかに応じて、X 軸または Y 軸を選択します。

    勾配:円弧の勾配の方向を指定します。凹形にするには、負の値を入力します。凸形にするには、正の値を入力します。勾配が 0 の場合は直線になります。

    円弧の塗り:現在の塗りのカラーで円弧を塗りつぶします。

    注意:オプションを設定するときに、その円弧のプレビューを動的に表示するには、ツールパネルの円弧ツールをダブルクリックします。

    円弧ツールオプション

シェイプツールの使用に関するビデオについては、基本的なシェイプを描画する方法を参照してください。

スパイラルの描画

  1. 直線ツール()をクリックしたままにします。スパイラルツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 作成する位置にポインターを置き、目的のサイズになるまでドラッグしてスパイラルを描画します。弧を描くようにポインターをドラッグすると、スパイラルを回転できます。

    • スパイラルを配置したい場所をクリックします。ダイアログボックスで次のオプションを設定し、「OK」をクリックします。

      半径:中心からスパイラルオブジェクトの外側のアンカーポイントまでの距離を指定します。

      円周に近づく比率:1 つ前のスパイラルに近づく比率を指定します。

      セグメント数:スパイラルに設定するセグメント数を指定します。4 つのセグメントでスパイラルが 1 周します。

      スタイル:スパイラルの方向を指定します。

    スパイラルツールオプション

シェイプツールの使用に関するビデオについては、基本的なシェイプを描画する方法を参照してください。

グリッドの描画

長方形グリッドと同心円グリッドをすばやく描画するには、グリッドツールを使用します。長方形グリッドツールでは、指定したサイズと分割線を持つ長方形グリッドが作成されます。同心円グリッドツールでは、指定したサイズと分割線を持つ同心円が作成されます。

長方形グリッドの描画

  1. 直線ツール()をクリックしたままにします。長方形グリッドツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 作成する位置にポインターを置き、目的のサイズになるまでドラッグしてグリッドを描画します。

    • グリッドの基準点を設定するためにクリックします。ダイアログボックスで、基準点の位置を示すアイコン 上の正方形をクリックして、グリッドを描画する始点を決定します。次のオプションを設定して、「OK」をクリックします。

      サイズ:グリッド全体の幅と高さを指定します。

      水平方向の分割:グリッドの上端と下端の間に表示する水平分割線の数を指定します。「分布」の値は、水平分割線の上方向または下方向への分布度を指定します。

      垂直方向の分割:グリッドの左端と右端の間に表示する垂直分割線の数を指定します。「分布」の値は、垂直分割線の左方向または右方向への分布度を指定します。

      外枠に長方形を使用グリッドの外側の上下、左右の線分が 1 つの長方形オブジェクトになります。

      グリッドの塗り:現在の塗りのカラーでグリッドを塗りつぶします(指定しない場合、塗りは「なし」に設定されます)。

    長方形グリッドツールオプション

同心円グリッドの描画

  1. 直線ツール()をクリックしたままにします。同心円グリッドツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 作成する位置にポインターを置き、目的のサイズになるまでドラッグしてグリッドを描画します。

    • グリッドの基準点を設定するためにクリックします。ダイアログボックスで、基準点の位置を示すアイコン 上の正方形をクリックして、グリッドを描画する始点を決定します。次のオプションを設定して、「OK」をクリックします。

      サイズ:グリッド全体の幅と高さを指定します。

      同心円の分割:グリッドに表示する同心円の分割線の数を指定します。「分布」の値により、同心円の分割線の内側または外側への分布度を指定します。

      円弧の分割:グリッドの中心と円周の間に表示する放射状の分割線数を指定します。「分布」の値により、同心円の円弧の分割線がグリッドで時計回りまたは、反時計回りの分布度を指定します。

      楕円形から複合パスを作成:同心円を個別の複合パスに変換し、1 つおきに円が塗りつぶされます。

      グリッドの塗り:現在の塗りのカラーでグリッドを塗りつぶします(指定しない場合、塗りは「なし」に設定されます)。

    同心円グリッドツールオプション

長方形と正方形の描画

  1. 長方形ツール または角丸長方形ツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 長方形を描画するには、長方形が希望のサイズになるまで、斜めにドラッグします。

    • 正方形を描画するには、正方形が希望のサイズになるまで、Shift キーを押しながら斜めにドラッグします。

    • 値を指定して正方形または長方形を作成するには、正方形または長方形の左上角を配置する場所をクリックします。幅と高さを指定して、「OK」をクリックします。角丸長方形の場合は角丸の半径も指定します。

    長方形ツールオプション

シェイプツールの使用に関するビデオについては、基本的なシェイプを描画する方法を参照してください。

角丸長方形の角丸の半径の指定

角丸長方形の角の丸みは、角丸の半径によって決まります。新規に作成する角丸長方形の初期設定の半径を変更したり、描画する際に角丸長方形の半径を個別に変更したりすることもできます。

  • 角丸の半径の初期設定値を変更するには、編集環境設定一般(Windows)または Illustrator環境設定一般(macOS)を選択し、「角丸の半径」に新しい値を入力します。または角丸長方形ツールを選択し、ドキュメントウィンドウ内をクリックして、角丸長方形ダイアログの「角丸の半径」に新しい値を入力します。初期設定の半径は、新しい角丸長方形を作成した場合にのみ適用されます。既存の角丸長方形には適用されません。

  • 角丸長方形ツールを使ってドラッグしているときに角丸の半径を変更するには、上向き矢印キーまたは下向き矢印キーを押します。角が目的の丸みになったら、キーを放します。

  • 角丸長方形ツールを使ってドラッグしているときに左向き矢印キーを押すと、角丸の半径が 0 になります。

  • 角丸長方形ツールを使ってドラッグしているときに右向き矢印キーを押すと、角丸の半径が最も大きくなります。

角丸長方形ツールオプション

注意:

角丸長方形を描画した後で角丸の半径を変更することはできません。角丸の半径を変更する必要がある場合は、通常の長方形を描画し、効果形状に変換角丸長方形を選択して、角丸長方形のパラメーターを指定します。角丸の半径やその他のパラメーターを変更するには、アピアランスパネルで効果のパラメーターを変更します。

楕円の描画

  1. 長方形ツール()をクリックしたままにします。楕円形ツール を選択します。

    ツールの選択について詳しくは、ツールの選択を参照してください。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 作成する位置にポインターを置き、目的のサイズになるまで斜めにドラッグして楕円を描画します。

    • 楕円のバウンディングボックスの左上隅となる位置をクリックします。楕円の幅と高さを指定して、「OK」をクリックします。

      注意:正円を作成するには、Shift キーを押しながらドラッグします。特定の大きさの円を作成する場合には、「幅」に値を入力した後、「高さ」をクリックして「高さ」ボックスにその値をコピーします。

    楕円形ツールオプション

シェイプツールの使用に関するビデオについては、基本的なシェイプを描画する方法を参照してください。

多角形の描画

  1. 長方形ツール()をクリックしたままにします。多角形ツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 作成する位置にポインターを置き、目的のサイズになるまでドラッグして多角形を描画します。弧を描くようにポインターをドラッグすると、多角形を回転できます。多角形に角を追加するには上向き矢印を、多角形の角を削除するには下向き矢印を押します。

    • 作成する多角形の中心をクリックします。多角形の角の半径および数を指定して、「OK」をクリックします。

    多角形ツールオプション

注意:

三角形も多角形です。三角形も、他の多角形と同じように描画できます。

シェイプツールの使用に関するビデオについては、基本的なシェイプを描画する方法を参照してください。

星形の描画

  1. 長方形ツール()をクリックしたままにします。スターツール を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 作成する位置にポインターを置き、目的のサイズになるまでドラッグして星形を描画します。弧を描くようにポインターをドラッグすると、星形オブジェクトを回転できます。星形に頂点を追加するには上向き矢印キーを、星形の頂点を削除するには下向き矢印キーを押します。

    • 作成する星形の中心をクリックします。「第 1 半径」に、星形の中心から内側のアンカーポイントまでの距離を指定します。「第 2 半径」に、星形の中心から外側のアンカーポイントまでの距離を指定します。「点の数」に、星形に設定する頂点の数を指定します。「OK」をクリックします。星形の頂点の数は、星形の描画中に上下矢印キーを使用して増減することもできます。

    スターツールオプション

    シェイプツールの使用に関するビデオについては、基本的なシェイプを描画する方法を参照してください。

フレアの描画

フレアツールを使用すると、明度の中心、光輪、光線およびリングを持つフレアオブジェクトを作成できます。写真のレンズフレアと同様の効果を与えるときに、このツールを使用します。

フレアには、中心ハンドルと終点ハンドルがあります。これらのハンドルを使用して、フレアとそのリングを配置します。中心ハンドルはフレアの明度の中心であり、この位置がフレアパスの開始点となります。

フレアの構成要素

A. 中心ハンドル B. 終点ハンドル C. 光線(わかりやすくするために黒で表示) D. 光輪 E. リング 

フレアの作成

初期設定のフレアの作成

  1. 長方形ツール()をクリックしたままにします。フレアツール を選択します。

  2. Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながら、フレアの中心ハンドルを配置する場所をクリックします。

    ヒント:通常、フレアは既存のオブジェクトの上に作成します。

フレアの描画

  1. フレアツールを選択します。

  2. マウスボタンを押してフレアの中心ハンドルを配置し、続けてドラッグして中心のサイズと光輪のサイズを設定し、光線を回転します。

    マウスボタンを放す前に Shift キーを押すと、光線が設定されている角度に固定されます。光線を追加する場合には上向き矢印キーを、光線を減少させる場合には下向き矢印キーを押します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながらドラッグすると、フレアの中心を固定できます。

  3. 中心、光輪および光線が希望の形に変形されたら、マウスボタンを放します。

  4. もう一度マウスボタンを押してドラッグし、フレアにリングを追加して、終点ハンドルを配置します。

    マウスボタンを放す前に上向き矢印キーを押すとリングが追加し、下向き矢印キーを押すとリングが減少します。@ キーを押すと、リングがランダムに配置されます。

  5. 終点ハンドルを希望の位置に配置したら、マウスボタンを放します。

    フレアの各要素(中心、光輪、リングおよび光線)は、不透明度がそれぞれ異なる同じカラーで塗りつぶされています。

フレアツールオプションダイアログボックスを使用したフレアの作成

  1. フレアツールを選択して、フレアの中心ハンドルを配置する位置をクリックします。

  2. フレアツールオプションダイアログボックスで、必要に応じて次のオプションを設定し、「OK」をクリックします。

    • フレアの中心の直径、不透明度および明るさを指定します。
    • 光輪の増加を全体のサイズに対する割合で指定し、光輪のぼかしを 0(鮮明)~ 100(ぼやけ)の範囲で指定します。
    • フレアに光線を設定する場合は、「光線」を選択し、光線の数、最長の長さ、ぼかしを指定します。光線のぼかしを、0(鮮明)~ 100(ぼやけ)の範囲で指定します。
    • フレアにリングを設定する場合は、「リング」を選択し、光輪の中心点(中心ハンドル)と、最も離れた位置にあるリングの中心点(終点ハンドル)間のパスの距離を指定し、リングの数、最大リングの大きさ(平均リングに対する割合)、およびリングの方向または角度を指定します。
    フレアツールオプション

フレアの編集

次のいずれかの操作を行います。

  • フレアを選択し、フレアツールのアイコンをダブルクリックして、フレアツールオプションダイアログボックスを表示します。ダイアログボックスの設定を変更します。

ヒント:フレアを初期設定値に戻すには、Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながら、「リセット」をクリックします。

  • フレアとフレアツールを選択します。中心ハンドルまたは終点ハンドルをドラッグして、フレアの長さまたは向きを変更します。
  • フレアを選択し、オブジェクト分割・拡張を選択します。ブレンドの要素のように、フレアの構成要素を編集できるようになります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー