iPhone や iPad で Adobe Shape CC を使用して、オブジェクト、デザインまたはシェイプを写真に撮り、簡単な少しの操作でベクトルシェイプに変換できます。生成されたベクトルを Creative Cloud Libraries に保存すれば、Illustrator や Photoshop でそれらのベクトルにアクセスしたり、仕上げを行ったりすることができます。

詳しくは、Adobe Shape CC アプリを参照してください。

魅力満載の Adobe Shape CC アプリは iTunes App ストアからダウンロードできます(iPhone および iPad に対応)。


既存のアートワークの一部を基にして新規のアートワークを描画するには、既存のアートワークをトレースします。例えば、紙に鉛筆で描いたスケッチに基づいて、グラフィックを作成できます。別のグラフィックプログラムで保存したラスタライズ画像を読み込んで、トレースすることもできます。

アートワークをトレースする最も簡単な方法は、Illustrator でファイルを開くか読み込んで、画像トレースコマンドを使用してアートワークを自動的にトレースする方法です。

一部のトレースプリセットには、特定の種類のアートワークを対象とした、あらかじめ設定されたトレースオプションが用意されています。例えば、図面として使用する画像をトレースする場合は、図面用のプリセットを選択します。これにより、すべてのトレースオプションが図面のトレースを最適化するように切り替わります。

詳細のレベルを設定したり、トレースがどのように塗られるかをコントロールすることもできます。後で使用できるように、設定をカスタムプリセットとして保存することもできます。

トレースに関するビデオについては、Illustrator CS6 の画像トレース(英語)をご覧ください。

ライブトレースの使用を参照してください。

ビットマップ画像をトレースする前と後
画像トレースコマンドでビットマップ画像をトレースする前と後

画像のトレース

  1. トレース用の画像として使用するビットマップ画像を開く、または読み込みます。

  2. その画像を選択した状態で、次のいずれかの操作を行います。

    • 初期設定のパラメーターを使用してトレースするには、オブジェクト/画像トレース/作成を選択します。
    • 初期設定のプリセットのいずれかを使用してトレースするには、ウィンドウ/画像トレースを選択してから、パネルの上部にあるアイコンをクリックして、目的のプリセットを選択します。
    • トレースオプションを設定してトレースするには、ウィンドウ/画像トレースを選択してから、既存のプリセットを選択するか、トレースオプションを指定します。画像トレースパネルで「プレビュー」を有効にして、オプションの変更結果を表示します。

     

    注意:

    コントロールパネルの画像トレースボタンをクリックしても、トレースを開始できます。また、トレースプリセットボタン からも、プリセットを選択できます。

  3. (オプション)画像トレースパネル(ウィンドウ/画像トレース)でトレース結果を調整します。

  4. ベクトルアートワークを手動で編集するには、オブジェクト/画像トレース/拡張を選択し、トレースオブジェクトをパスに変換します。

トレースオプション

プリセット

トレースプリセットを指定します。プリセットの管理アイコンをクリックして、現在の設定を新しいプリセットとして保存、既存のプリセットを削除、既存のプリセットの名前を変更します。

注意:

初期設定のプリセットを編集または削除することはできません(初期設定のプリセットは角括弧 [ ] で囲んで表示されます)。ただし、プリセットを選択して、「新規プリセットとして保存」をクリックすると、初期設定プリセットの編集可能なコピーを作成できます。

表示

トレースしたオブジェクトの表示を指定します。トレースオブジェクトは、元画像とトレース結果(ベクトルアートワーク)の 2 つの構成要素で構成されます。表示は「トレース結果」、「元の画像」、「アウトライン」などのオプションから選択できます。目のアイコンをクリックすると、選択した表示が元の画像にオーバーレイされます。

カラーモード

トレース結果のカラーモードを指定します。

パレット

元の画像からカラーまたはグレースケールのトレースを生成するためのパレットを指定します (このオプションは、「カラーモード」を「カラー」または「グレースケール」に設定した場合にのみ利用することができます)。

トレース結果のカラーが自動的に決定されるようにするには、「自動」を選択します。ドキュメントのスウォッチをトレース結果のパレットとして使用するには、「ドキュメントライブラリ」を選択します。

カラー設定

カラー設定が「カラーモード」と「パレット」のオプションの設定に基づいて表示されます。

カラー

カラーのトレース結果で使用するカラー数を指定します。ドキュメントライブラリをパレットとして選択した場合は、スウォッチを選択できます(このオプションは、「カラーモード」を「カラー」に設定した場合にのみ使用できます)。

グレー

グレースケールのトレース結果で使用するグレー数を指定します(このオプションは、「カラーモード」を「グレースケール」に設定した場合にのみ使用できます)。

しきい値

元の画像から白黒のトレース結果を生成するための値を指定します。「しきい値」の値より明るいピクセルはすべて白に、しきい値より暗いピクセルはすべて黒に変換されます(このオプションは、「カラーモード」を「白黒」に設定した場合にのみ利用できます)。

パス

トレースされた形状とオリジナルのピクセル形状との間の距離を設定します。小さな値を設定すると低精度になります。大きな値を設定すると高精度となります。

コーナー

コーナーの強調を指定します。大きい値を指定するほど、コーナーが多くなります。

ノイズ

トレース中に無視する領域をピクセル単位で指定します。大きい値を指定するほど、ノイズが少なくなります。

方式

トレース方式を指定します。「隣接」を選択すると、切り抜かれたパスが作成されます。「重なり」を選択すると、重なり合ったパスが作成されます。

塗り

塗りが適用された領域をトレース結果に作成します。

トレース結果に線幅のあるパスを作成します。

元の画像に含まれているなぞることができる線の最大幅を指定します。なぞった線が最大幅より大きい場合は、トレース結果ではアウトライン化された領域となります。

曲線を直線にスナップ

わずかに曲がった線を直線に置き換えるかどうかを指定します。

ホワイトを無視

白で塗りつぶされた領域を塗りつぶしなしの領域に置き換えるかどうかを指定します。

注意:

現在の設定の結果をプレビューするには、画像トレースパネルで「プレビュー」を有効にします。

トレースオブジェクトの解除

トレースは破棄するが、元の画像はそのまま保持する場合は、トレースオブジェクトを解除します。

  1. トレースオブジェクトを選択します。

  2. オブジェクト/画像トレース/解除を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー