画像トレース

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツールデフォルトのキーボードショートカット | Illustrator
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. 3D カメラをズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. 画像を操作
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. アートワークの書き出し
      2. アセットの収集と一括書き出し
      3. ファイルのパッケージ
      4. Adobe PDF ファイルの作成
      5. CSS の抽出 | Illustrator CC
      6. Adobe PDF オプション
      7. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. 起動時にクラッシュが起こる問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

画像トレースを使用すると、ラスタライズ画像(JPEG、PNG、PSD など)をベクターアートワークに変換できます。この機能を使用すると、既存のアートワークの一部を基にして、これをトレースすることで、新規のアートワークを簡単に描画できます。例えば、紙に鉛筆で描いたスケッチの画像を、画像トレースを使用して、ベクターアートワークに変換できます。一連のトレースプリセットから選択して、目的の結果をすばやく得ることができます。

トレースプリセットを使用したラスタライズ画像のトレースの前後

A. 元の画像 B. 異なるプリセットを使用したトレースの結果 

画像のトレース

  1. Illustrator ドキュメントでラスタライズ画像を開くか配置します。

  2. その画像を選択した状態で、次のいずれかの操作を行います。

    • 初期設定のパラメーターを使用してトレースするには、オブジェクト画像トレース作成を選択します。Illustrator によって、画像がデフォルトで白黒のトレース結果に変換されます。
    • コントロールパネルまたはプロパティパネルの画像トレースボタンをクリックするか、トレースプリセットボタン()からプリセットを選択します。
    • ウィンドウ画像トレースを選択するか、トレースワークスペースに切り替えて、画像トレースパネルを開き、次のいずれかの操作を行います。
    注意:
    • 画像トレースパネルで「プレビュー」を有効にして、オプションの変更結果を表示します。
    • 配置された画像の解像度によって、トレースの速度が決まります。
  3. (オプション)画像トレースパネル(ウィンドウ画像トレース)でトレース結果を調整します。

  4. トレースオブジェクトをパスに変換し、ベクターアートワークを手動で編集するには、オブジェクト画像トレース拡張を選択します。

トレースの操作手順をビデオでご覧になるには、この Image Trace のビデオをご利用ください。

トレースオプションの指定

画像が選択されると、画像トレースパネルのオプションが使用可能になっていることがわかります。パネルの上部には基本的なオプションがあります。その他のオプションを表示するには、詳細ラベルの横にある三角形をクリックします。

基本コントロール

画像トレースパネルで基本オプションを指定して、目的のトレース結果を取得。

プリセット

トレースプリセットを指定します。パネルの上部にあるアイコンは、一般的なワークフローに従って名前が付けられたショートカットです。これらのプリセットのいずれかを選択すると、それに関連するトレース結果を生成するために必要なすべての変数が設定されます。

画像トレースパネルで使用できるトレースプリセットの例

アイコン

プリセットの名前

定義

自動カラー

写真またはアートワークからポスタリゼーション画像を作成します

ハイカラー

高い精度のフォトリアリスティックなアートワークを作成します

ローカラー

単純化されたフォトリアリスティックなアートワークを作成します

グレースケール

アートワークをグレー階調にトレースします

白黒

画像をモノクロのアートワークに単純化します

アウトライン

画像を黒いアウトラインに単純化します

その他のプリセットには、上部のドロップダウンメニューからアクセスできます。

プリセットドロップダウンメニューで利用できるトレースプリセットのサンプル

A. 3 カラー B. 6 カラー C. 高い精度の写真 

メニューアイコン()をクリックして、現在の設定を新しいプリセットとして保存、既存のプリセットを削除、既存のプリセットの名前を変更します。詳しくは、トレースプリセットの保存を参照してください。

表示

トレースしたオブジェクトの表示を指定します。トレースオブジェクトは、元画像とトレース結果(ベクターアートワーク)の 2 つの構成要素で構成されます。表示は「トレース結果」、「元の画像」、「アウトライン」などのオプションから選択できます。目のアイコンをクリックすると、選択した表示が元の画像にオーバーレイされます。

トレースしたオブジェクトの表示の選択
トレースしたオブジェクトの表示の選択

A. トレース結果 B. アウトラインを使用したトレース結果 C. アウトライン D. 元の画像を使用したアウトライン E. 元の画像 

モード

トレース結果のカラーモードを指定します。利用可能なオプションによって、トレースされたアートワークの基本カラーモードとグレースケールモードが定義されます。

次のカラー設定が「カラーモード」のオプションの設定に基づいて表示されます。

カラーのトレース結果で使用するカラー数を指定します。ドキュメントライブラリをパレットとして選択した場合は、スウォッチを選択できます(このオプションは、「カラーモード」を「カラー」に設定した場合にのみ使用できます)。

モードを「カラー」に設定したときのトレース結果のカラー数の調整

グレースケールのトレース結果で使用するグレー数を指定します(このオプションは、「カラーモード」を「グレースケール」に設定した場合にのみ使用できます)。

モードを「グレースケール」に設定したときのトレース結果のグレーの値の調整

元の画像から白黒のトレース結果を生成するための値を指定します。「しきい値」の値より明るいピクセルはすべて白に、しきい値より暗いピクセルはすべて黒に変換されます(このオプションは、モードを「白黒」に設定した場合にのみ利用できます)。

モードを「白黒」に設定した場合、トレース結果でピクセルを黒または白に変換するようにしきい値を調整

パレット

元の画像からカラーまたはグレースケールのトレースを生成するためのパレットを指定します (このオプションは、「カラーモード」を「カラー」または「グレースケール」に設定した場合にのみ利用することができます)。

次のいずれかのオプションを選択できます。

入力画像に応じて、トレースの制限されたパレットとフルトーン間で自動的に切り替わります。パレットに「自動」を選択した場合、カラースライダーを調整して、トレースのベクターの単純さと精度を変更できます。値 0 では正確さよりも単純さが優先され、値 100 は単純さよりも正確さまたはフォトリアリスティックが優先されます。

例:「自動」を選択した場合のトレース結果

トレースパレットに限られたカラーを使用します。カラースライダーを使用して、選択した色をさらに減らすことができます。

例:「限定」を選択した場合のトレース結果

トレースパレットにカラーセット全体を使用します。このオプションは、写真のトレースや、フォトリアリスティックなアートワークの作成に最適です。このオプションを選択した場合、カラースライダーによって塗り領域を構成するピクセルのばらつきが決定されます。カラースライダーを右に動かすと、ばらつきが小さくなり、より小さいカラー領域で定義されるパスの数が増えます。スライダーを左に動かすと、塗り領域は小さくなり、大きくなります。

例:「フル階調」を選択した場合のトレース結果

トレースパレットに既存のカラーグループを使用します。このオプションを使用すると、トレースされたアートワークに必要な正確な色を定義できます。スウォッチパネルから読み込んだ任意のカラーライブラリをトレースパレットに選択できます。

例:「ドキュメントライブラリ」を選択した場合のトレース結果

スウォッチライブラリからカラーライブラリをスウォッチパネルに追加する

  1. スウォッチパネルを開くには、ウィンドウスウォッチを選択します。
  2. スウォッチパネルの左下にあるスウォッチライブラリメニューアイコン()をクリックします。または、パネルメニューから「スウォッチライブラリを開く」を選択します。
  3. リストからライブラリを選択します。
  4. 目的のカラーグループをスウォッチパネルに追加するには、カラーグループをスウォッチパネルに保存ボタン()をクリックします。詳しくは、スウォッチライブラリの使用を参照してください。
スウォッチライブラリメニューからカラーライブラリをスウォッチパネルに追加します。

スウォッチパネルから読み込んだ任意のカラーライブラリをトレースパレットに選択します。

Adobe Color テーマパネルを使用してカラーライブラリをスウォッチパネルに追加する

  1. Adobe Color テーマパネルを開くには、ウィンドウColor テーマを選択します。
  2. 「検索」タブで利用できる多数のパブリックカラーテーマから検索するか、独自のカラーテーマを作成します。次に、選択したカラーテーマをスウォッチパネルに追加します。詳しくは、Adobe Color テーマパネルの使用を参照してください。
Adobe Color テーマパネルからカラーライブラリをスウォッチパネルに追加します。

Adobe Color テーマパネルから読み込んだ任意のカラーライブラリをトレースパレットに選択します。

Advanced(詳細)コントロール

画像トレースオプションの詳細オプションを使用して、トレース結果を微調整します。

パス

トレースされた形状とオリジナルのピクセル形状との間の距離を設定します。小さな値を設定すると低精度になります。大きな値を設定すると高精度となります。

コーナー

コーナーの強調と、鋭いカーブがコーナーポイントに変わる可能性を指定します。大きい値を指定するほど、コーナーが多くなります。

ノイズ

トレース中に無視する領域をピクセル単位で指定します。大きい値を指定するほど、ノイズが少なくなります。

ヒント:高解像度の画像の場合、「ノイズ」スライダーの値を高くして(例えば 20 ~ 50 の範囲)、効果を際立たせましょう。低解像度の画像の場合は、低く設定します(1 〜 10)。

方式

トレース方式を指定します。次のいずれかのオプションを選択できます。

アイコン

プリセットの名前

定義

Abutting(隣接)

切り抜かれたパスを作成します。あるパスの境は、その隣のパスの境とまったく同じになります。

Overlapping(重なり)

重なり合ったパスが作成されます。各パスは、その隣のパスとわずかに重なります。

塗り

塗りが適用された領域をトレース結果に作成します。

トレース結果に線幅のあるパスを作成します。

元の画像に含まれているなぞることができる線の最大幅を指定します。なぞった線が最大幅より大きい場合は、トレース結果ではアウトライン化された領域となります。

曲線を直線にスナップ

わずかに曲がった線を直線で置き換えるか、0 または 90 度に近い線を絶対 0 または 90 度にスナップするかどうかを指定します。

ヒント:このオプションは、幾何学的アートワークや、元の画像内のシェイプがわずかに回転している場合に最適です。

ホワイトを無視

白で塗りつぶされた領域を塗りつぶしなしの領域に置き換えるかどうかを指定します。

トレースの操作手順をビデオでご覧になるには、この Image Trace のビデオをご利用ください。

トレースプリセットの保存

  1. 画像トレースパネルを開くには、ウィンドウ画像トレースを選択します。

  2. 画像トレースパネルを使用して、プリセットのトレースオプションを設定します。

    注意:

    初期設定のプリセットを編集または削除することはできません(初期設定のプリセットは角括弧 [ ] で囲んで表示されます)。ただし、プリセットを選択して、「新規プリセットとして保存」をパネルメニューから選択すると、初期設定プリセットの編集可能なコピーを作成できます。

  3. メニューアイコン()をクリックし、「新規プリセットとして保存」を選択します。

  4. 名前 (プリセット用)を入力し、「OK」をクリックします。

  5. (オプション)保存したプリセットの名前を変更するには、メニューアイコン()をクリックし、「名前を変更」を選択します。 名前 (プリセット用)を入力し、「OK」をクリックします。

  6. (オプション)保存したプリセットを削除するには、メニューアイコン()をクリックし、「削除」を選択します。

トレース結果の編集

トレースの結果に満足した場合は、そのトレースオブジェクトをパスに変換することができます。この最後の手順を実行すると、トレース結果を他のベクターアートワークと同じように使用することができます。トレースオブジェクトを変換すると、トレースオプションは調整できなくなります。

  1. トレース結果を選択します。

  2. トレース結果をパスに変換するには、次のいずれかの操作を行います。

    • コントロールパネルまたはプロパティパネルで、「拡張」をクリックします。
    • オブジェクト画像トレース拡張を選択します。

    このようにして生成されるパスはグループ化されます。

  3. グループ化されたパスのグループを解除するには、プロパティパネルで「グループ解除」をクリックします。または、オブジェクトグループ解除を選択します。

  4. (オプション)余分なアンカーポイントを削除してパスを単純化するには、オブジェクトパス単純化を選択します。詳しくは、パスの単純化を参照してください。

    また、パスを再形成または編集することもできます。詳しくは、パスセグメントの調整を参照してください。

  5. トレース結果をカラーにするには、目的のパスを選択し、オブジェクトライブペイント作成を選択し、結果をライブペイントグループに変換します。詳しくは、ライブペイントグループを参照してください。

     

トレースオブジェクトの解除

トレースは破棄するが、元の画像はそのまま保持する場合は、トレースオブジェクトを解除します。

  1. トレースオブジェクトを選択します。

  2. オブジェクト画像トレース解除を選択します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン