カラーの選択について

オブジェクトに適用するカラーは、Illustrator の様々なツール、パネルおよびダイアログボックスを使用して選択できます。カラーを選択する方法は、オブジェクトの要件によって決まります。例えば、企業が承認した特定のカラーを使用する場合は、その企業が承認したスウォッチライブラリからカラーを選択します。現在のオブジェクトのカラーと他のオブジェクトのカラーを一致させる必要がある場合は、スポイトツールまたはカラーピッカーを使用して正確なカラー値を入力できます。

次のいずれかの機能を使用してカラーを選択できます。

スウォッチパネルとスウォッチライブラリパネル

個々のカラーおよびカラーグループを選択できます。既存のスウォッチおよびスウォッチライブラリを使用できるだけではなく、独自のスウォッチおよびスウォッチライブラリを作成することもできます。また、スウォッチライブラリを読み込むこともできます。

カラーピッカー

カラーを視覚的に選択するためのカラースペクトル、手作業でカラーを設定するためのカラー値テキストボックスおよびカラースウォッチを使用できます。

スポイトツール

クリックしてオブジェクトからカラーを抽出できます。

カラーパネル

カラースペクトル、個々のカラー値スライダー(シアンスライダーなど)、カラー値テキストボックスを使用できます。塗りのカラーと線のカラーはカラーパネルで指定できます。また、カラーパネルメニューを使用して、現在の塗りのカラーまたは線のカラーの反転色や補色を作成したり、選択したカラーからスウォッチを作成したりできます。

カラーガイドパネル

特定のベースカラーに基づいてカラーグループを作成するときに使用するハーモニールールを選択できます。色合いと陰影、暖色と寒色またはビビッドとソフトといったバリエーション効果を適用してカラーバリエーションを作成できます。カラーガイドパネルでは、カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックス内のカラーグループを開くことができます。

カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックス

カラーグループやオブジェクトのカラーを正確に設定または調整することができます。カラーグループのカラーを使用したオブジェクトの再配色や、出力に合わせたカラーの削減や変換をおこなうこともできます。

選択したカラーを追加コマンドまたは新規カラーグループボタン

選択したオブジェクトのカラーから成るカラーグループを作成します。このコマンドおよびボタンは、どちらもスウォッチパネルにあります。

カラーピッカーの概要

カラーピッカーでは、カラーフィールドまたはカラースペクトルから選ぶか、カラー値を指定するか、スウォッチをクリックして、オブジェクトの塗りまたは線のカラーを選択できます。

カラーピッカー
カラーピッカー

A. カラーフィールド B. HSB カラー値 C. 新しいカラー D. 元のカラー E. カラースライダー F. カラースペクトル G. RGB カラー値 H. 16 進カラー値 I. CMYK カラー値 

カラーピッカーの表示

  1. ツールパネルまたはカラーパネルで、塗りのカラーまたは線のカラーを選択するためのボックスをダブルクリックします。

カラーピッカーに表示されるカラースペクトルの変更

  1. 「H」(色相)、「S」(彩度)、「B」(明度)、「R」(レッド)、「G」(グリーン)または「B」(ブルー)をクリックします。

Web セーフカラーのみの表示

Web セーフカラーは、プラットフォームに関係なくすべてのブラウザーで再現されるカラーです。

  1. 「Web セーフカラーのみに制限」をオンにします。

カラースペクトルからカラースウォッチへの切り替え

  1. 「スウォッチ」をクリックします。カラースペクトルに戻すには、「カラーモデル」をクリックします。

カラーピッカーを使用したカラーの選択

次のいずれかの操作をおこないます。

  1. カラースペクトルの内側をクリックまたはドラッグします。円形のマーカーはスペクトル内のカラーの位置を示します。

  2. カラースライダーの三角形のマークをドラッグするか、カラースライダー内をクリックします。

  3. テキストボックスに値を入力します。

  4. 「スウォッチ」をクリックして、スウォッチを選択し、「OK」をクリックします。

カラーパネルの概要

カラーパネル(ウィンドウ/カラー)を使用して、オブジェクトの塗りと線にカラーを適用したり、カラーの編集および混合をおこないます。カラーパネルでは、異なるカラーモデルのカラー値を表示できます。初期設定では、カラーパネルにはよく使用されるオプションだけが表示されています。

カラーパネル
カラーパネル

A. 塗りのカラー B. 線のカラー C. パネルメニュー D. なしボックス E. カラースペクトルバー F. カラースライダー G. カラー構成要素のテキストボックス 

カラーモデルの変更

  1. パネルメニューから「グレースケール」、「RGB」、「HSB」、「CMYK」または「Web セーフ RGB」を選択します。

パネルのすべてのオプションの表示

  1. パネルメニューから「オプションを表示」を選択します。パネルのタブの上下の三角形をクリックして、オプション表示を順番に切り替えることもできます。

カラーパネルを使用したカラーの選択

  1. パネルメニューで使用するカラーモードを選択します。カラーモードの選択は、カラーパネル上の表示だけに影響します。ドキュメントのカラーモードは変更されません。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • スライダーをドラッグまたはクリックします。

    • Shift キーを押しながらカラースライダーをドラッグすると、他のスライダーも比例して移動されます(ただし、HSB スライダーの場合は無効です)。この機能を使用すれば、基本の色を変えずに、濃度や輝度だけを変更することができます。

    • テキストボックスに値を入力します。

    • パネル下部にあるカラースペクトルバーをクリックします。カラーを何も適用しない場合は、カラーバーの左にあるカラーなしボックスをクリックします。ホワイトを選択するには、カラーバーの右上隅にあるホワイトのスウォッチをクリックします。ブラックを選択するには、カラーバーの右下隅にあるブラックのスウォッチをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー