マニュアル キャンセル

エンベロープを使用した変形

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツール
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
        5. アートボード
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. ズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

エンベロープについて

エンベロープとは、選択したオブジェクトを変形またはリシェイプするオブジェクトです。アートボード上のオブジェクトからエンベロープを作成したり、既成のワープシェイプまたはメッュオブジェクトをエンベロープとして使用できます。エンベロープは、グラフ、ガイド、リンクされたオブジェクト以外の任意のオブジェクトで使用できます。

メッシュグリッドエンベロープ
メッシュグリッドエンベロープ

別のオブジェクトから作成されたエンベロープ
別のオブジェクトから作成されたエンベロープ

レイヤーパネルには、エンベロープが <エンベロープ> と表示されます。エンベロープを適用した後も、元のオブジェクトを引き続き編集できます。また、エンベロープはいつでも編集、削除、拡張できます。エンベロープのシェイプや、エンベロープを適用したオブジェクトを編集することができます。両方を同時に編集することはできません。

エンベロープを使用したオブジェクトの変形

  1. オブジェクトを選択します。
  2. 以下の方法のいずれかを使用してエンベロープを作成します。
    • エンベロープ用にプリセットされたワープシェイプを使用するには、オブジェクト/エンベロープ/ワープで作成を選択します。ワープオプションダイアログボックスで、ワープスタイルを選択し、オプションを設定します。

    • エンベロープ用の長方形グリッドを使用するには、オブジェクト/エンベロープ/メッシュで作成を選択します。エンベロープメッシュの設定ダイアログボックスで、行数と列数を設定します。

    • エンベロープのシェイプとしてオブジェクトを使用するには、選択したオブジェクトの重なり順の一番上にそのオブジェクトがあることを確認します。一番上にない場合は、レイヤーパネルまた重ね順コマンドを使用して一番上に移動した後、すべてのオブジェクトをもう一度選択します。オブジェクト/エンベロープ/最前面のオブジェクトで作成を選択します。

  3. 次の操作を必要に応じて実行して、エンベロープの形状を変更します。
    • ダイレクト選択ツールまたはメッシュツールを使用して、エンベロープ上の任意のアンカーポイントをドラッグします。

    • メッシュ上のアンカーポイントを削除するには、ダイレクト選択ツールまたはメッシュツールでアンカーポイントを選択して、Delete キーを押します。

    • メッシュにアンカーポイントを追加するには、メッシュツールでメッシュオブジェクト内をクリックします。

      ヒント:エンベロープに線と塗りを適用するには、アピアランスパネルを使用します。

エンベロープ内のオブジェクトの編集

  1. エンベロープを選択し、次のいずれかを実行します。
    • コントロールパネルのオブジェクトを編集ボタン をクリックします。

    • オブジェクト/エンベロープ/オブジェクトを編集を選択します。

      注意:エンベロープがパスのグループで構成されている場合は、レイヤーパネルの <エンベロープ> エントリの左にある三角形をクリックして、編集するパスを表示し、ターゲットに設定します。

  2. 必要な編集を加えます。
    注意:

    エンベロープ内のオブジェクトを変更すると、変更結果に応じてエンベロープの中心が移動します。

  3. オブジェクトをエンベロープ内の状態に戻すには、次のいずれかの操作を行います。
    • コントロールパネルのエンベロープを編集ボタン をクリックします。

    • オブジェクト/エンベロープ/エンベロープを編集を選択します。

エンベロープの設定変更

  1. エンベロープを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • プリセットのワープスタイルにリセットしたり切り替えたりするには、コントロールパネルで新しいワープスタイルを選択し、オプションを設定します。必要に応じて、エンベロープオプションボタン をクリックしてダイアログボックスを開き、その他のオプションを設定します。

    • メッシュグリッドのエンベロープに切り替えるには、オブジェクト/エンベロープ/メッシュの設定を選択します。メッシュの行数と列数を指定します。ワープの形状を変更しない場合は、「エンベロープの形状を保持」を選択します。

エンベロープの削除

エンベロープを解除または拡張して、エンベロープを削除することができます。エンベロープを解除すると、元の状態のオブジェクトと、エンベロープシェイプの 2 つのオブジェクトが作成されます。エンベロープを拡張すると、エンベロープシェイプは削除されますが、オブジェクトの変形状態は保持されます。

  • エンベロープを解除するには、エンベロープを選択し、オブジェクト/エンベロープ/解除を選択します。
  • エンベロープを拡張するには、エンベロープを選択し、オブジェクト/エンベロープ/拡張を選択します。

エンベロープオプション

エンベロープオプションは、アートワークを変形してエンベロープに合わせる方法を指定します。エンベロープオプションを設定するには、エンベロープオブジェクトを選択し、コントロールパネルのエンベロープオプションボタン をクリックするか、オブジェクト/エンベロープ/エンベロープオプションを選択します。

アンチエイリアス

エンベロープを使用して変形したときにラスタライズ画像を滑らかにします。「アンチエイリアス」の選択を解除すると、ラスタライズ画像の変形にかかる時間が短縮されます。

シェイプの保持に使用

非長方形エンベロープによって変形したときにラスタライズ画像のシェイプをどのように保持するかを指定します。「クリッピングマスク」を選択すると、ラスタライズ画像に対してクリッピングマスクが使用されます。「透明」を選択すると、ラスタライズ画像にアルファチャンネルが適用されます。

精度

エンベロープにオブジェクトをどの程度合わせるかを指定します。「精度」のパーセント値を増やすと、変形されたパスにポイントが追加されて、オブジェクトの変形に時間がかかることがあります。

アピアランスを変形

オブジェクトのシェイプと共にアピアランス属性(適用された効果やグラフィックスタイルなど)を変形します。

線形のグラデーションを変形

オブジェクトのシェイプと共に線形のグラデーションを変形します。

パターンを変形

オブジェクトのシェイプと共にパターンを変形します。

注意:変形オプションが選択された状態でエンベロープを拡張すると、該当するプロパティが個別に拡張されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン