カラーライブラリの定義済みのテーマを使用してアートワークを再配色する方法、カラーホイールを使用して独自のカラーテーマを作成する方法、または、カラーテーマピッカーを使用してアートワークまたは画像からカラーテーマを選択する方法を説明します。

Illustrator では、カラーバランスホイール、キューレーションカラーライブラリ、またはカラーテーマピッカーツールを使用してすぐにカラーバリエーションを無限に作成することができます。カラーとテーマを使用して再生して最良の方法を選択し、ボタンをクリックしてアートワークを再配色します。

オブジェクトを再配色

再配色の基本を学ぶ

アートワークの再配色を開始するには、

  1. アートワークを選択します。
  2. コントロールパネルで  をクリックするか、編集カラーを編集オブジェクトを再配色をクリックします。
  3. プロパティパネルの「クイック操作」セクションで「オブジェクトを再配色」ボタンをクリックします。

ダイアログに次の再配色オプションが表示されます。

  • 取り消し:アートワークのカラーに加えられた直前の変更をキャンセルします。
  • やり直し:「取り消し」を使用して元に戻した変更を復元します。
  • リセット:カラー調整をオフにして、デフォルトのダイアログ設定に戻します。
  • カラーライブラリ:事前定義されたカラーライブラリからカラーテーマを選択します。
  • カラー:アートワークに表示するカラーの数を選択します。
  • カラーテーマピッカー:1 つまたは複数の画像、アートワーク、またはその選択範囲からカラーテーマを選択して、アートワークで使用します。
  • カラーホイール:カラー、その配列、明るさ、彩度、色相を表示して調整します。
  • カラー配列:カラーの配列をランダムに変更する場合にクリックします。
  • 目立つカラー :色相やその他のプロパティに基づいて、アートワーク内で目立つカラーがすべて表示されます。
  • 「彩度と色相」および「明度と色相」:スライダーの値を調整するか、カラーホイールの横にあるボタンを使用してランダムに値を変更します。
  • 保存:カラーテーマを保存するには、このボタンをクリックします。
  • 詳細オプション:詳細な再配色オプションを表示するには、このボタンをクリックします。
オブジェクトを再配色
再配色オプションを使用して、アートワークで多くのカラーを試す

カラーライブラリを使用して再配色

カラーライブラリドロップダウンリストの下にある定義済みのカラーテーマを使用して、アートワークを再配色することができます。カラーグループ、ドキュメントスウォッチ、またはプリセットカラーテーマを選択できます。定義したテーマはすべてカラーグループとしてスウォッチパネルに追加され、再配色に使用できます。

カラーライブラリを使用して再配色
カラーライブラリを使用して再配色

カラーテーマピッカーを使用して再配色

この機能は Adobe Sensei の技術を活用しています。

カラーテーマピッカーを使用すると、カンバス上または選択部分にある 1 つまたは複数のアートワークや画像からカラーを選択して抽出し、そのカラーを使用して現在のアートワークを再配色することができます。カラーのインスピレーションを選択するアートワークまたは画像がカンバス上に配置されていることを確認します。カンバス上のベクターオブジェクトとラスタライズオブジェクトの両方からカラーを抽出できます。

次の操作を実行します。

  1. オブジェクトを再配色ダイアログで、「カラーテーマピッカー」をクリックしてカラーピッカーを有効にします。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • カラーテーマを選択するカンバス上のオブジェクトをクリックします。
    • 複数のオブジェクトからカラーを選択するには、Shift キーを押しながらオブジェクトをクリックします。 
    • 選択範囲をドラッグして、アートワークの特定の部分を選択し、カラーを選択します。
カラーテーマピッカーを使用して再配色
カラーピッカーを使用して再配色する

カラーホイールを使用して再配色

カラーホイールには、アートワークに含まれるすべてのカラーのカラー分岐点が表示されます。カラーホイールを使用してアートワークを再配色するには、次の操作を行います。

  1. ホイールの中央に表示されているカラーハンドルを移動します。
  2. カラーピッカーダイアログでカラーを選択するには、ホイールの任意の場所をダブルクリックするか、カラーハンドルを右クリックして「カラーピッカー」を選択します。
  3. 濃淡を選択するには、カラーハンドルを右クリックして、「濃淡を選択」を選択します。
カラープロパティを変更する
カラーホイールを使用して再配色

複数のカラー分岐点を追加および移動

新しいカラー分岐点を追加するには、カラーホイールの任意の場所を右クリックし、「新規カラーを追加」を選択します。次に、この新しいカラー分岐点を移動して、選択したカラーを選択します。

デフォルトでは、すべてのカラー分岐点が一緒に移動します。カラーハーモニーのリンクを解除してカラー分岐点を個別に移動するには、アイコンをクリックします。もう一度クリックすると、カラーハーモニーが再リンクされます。

カラーの重み付けとプロパティを変更

アートワーク内のカラーの重み付けは、再配色ダイアログの下部にある「目立つカラー」セクションに表示されます。目立つカラーは、カラーの色相と濃淡に基づいて分類されます。アートワーク内のカラーの重み付けを調整するには、カラーパッチの端を押したままドラッグします。

カラー配列をランダムに変更するには、カラーホイールの横にあるをクリックします。

オブジェクトを再配色
「目立つカラー」スライダーを使用してカラーの重み付けを変更

カラーの彩度と色相を変更

デフォルトでは、カラーホイールにカラーの彩度と色相が表示されます。カラーの彩度と色相を調整するには、一番下のスライダーをドラッグします。


カラーの明度および色相を変更

カラーの明度と色相を調整するには、次の操作を行います。

  • ボタンをクリックします。
  • スライダーをドラッグして、最適な値を選択します。

彩度、色相、明度をランダムに変更するには、カラーホイールの横にあるボタンをクリックします。値は自動的に調整され、カラーホイールに表示されます。

カラーテーマを保存

カラーテーマを後で使用できるように保存するには、スウォッチパネルに保存します。次の操作を実行します。

をクリックし、「すべてのカラーを保存」を選択してスウォッチパネルにカラーをすべて保存するか、「目立つカラーに保存」を選択して「目立つカラー」セクションに表示されているカラーのみを保存します。保存したカラーはカラーグループとして保存され、カラーライブラリドロップダウンリストで選択することもできるようになります。

カラーを保存
カラーテーマを保存

詳細オプションを使用して再配色

詳細な再配色オプションを表示するには、「詳細オプション」ボタンをクリックします。詳しくは、オブジェクトを再配色ダイアログボックスの概要を参照してください。

次回、現在の設定で詳細な再配色ダイアログを直接開く場合は、「起動時に「詳細オブジェクトを再配色」ダイアログを開く」を選択します。

目立つカラー
詳細な再配色オプションを表示する

ご質問またはアイデアの共有

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Illustrator コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。