カラーグループについて

カラーグループとはカラーを管理する機能の 1 つで、関連する複数のカラースウォッチをスウォッチパネルのグループにまとめます。また、カラーグループは、カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスまたはカラーガイドパネルで作成するカラーハーモニーのコンテナとしても使用できます。カラーグループに含めることができるのは、特色、プロセスカラー、グローバルカラーなどの単色のみです。グラデーションとパターンはグループ化できません。

カラーガイドパネルまたはカラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスでカラーの調和が取れたカラーグループを作成できます。カラーガイドパネルまたはカラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスのどちらでも、ハーモニールールを選択することで、任意のカラーに基づいたカラースキームを即座に生成することができます。例えば、モノクロマティックハーモニールールを選択すると、色相は同じで彩度レベルが異なるカラーグループが作成されます。また、ハイコントラストハーモニールールまたはペンタードハーモニールールを選択すると、対照的なカラーで構成され、より強い視覚的インパクトを与えるカラーグループが作成されます。

カラーハーモニーを共有したり、Illustrator 外でカラーグループを作成するには、ウィンドウ/エクステンション/Kuler を選択し、様々なカラーハーモニーをクリックして表示し、参考にしてください。

詳しくは、Kuler の Web サイト(/http://kuler.adobe.com/)を参照してください。

カラーガイドパネルの概要

カラーガイドパネルは、オブジェクトの作成中にカラーを選択する際に参考にできるツールです。カラーガイドパネルは、ツールパネルの現在のカラーと調和するカラーを提案します。これらのカラーを使用して、カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスでオブジェクトへのカラーの適用や編集をしたり、スウォッチやスウォッチグループとしてスウォッチパネルに保存したりすることができます。

カラーガイドパネルで生成されるカラーは様々な方法で操作できます。例えば、ハーモニールールを変更したり、バリエーション効果の種類(色合いと陰影、ビビッドとソフトなど)や表示するカラーバリエーションの数を調整したりすることができます。

注意:オブジェクトを選択し、カラーバリエーションをクリックすると、スウォッチパネルでスウォッチをクリックするのと同様に、選択したオブジェクトのカラーが変更されます。

カラーガイドパネル
A. ハーモニールールメニューとアクティブなカラーグループ B. 現在のカラーをベースカラーに設定 C. 選択中のカラー D. カラーバリエーション E. カラーグループをスウォッチライブラリのカラーに制限 F. 選択内容に応じて「カラーを編集」または「カラーを編集または適用」(カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスでカラーを表示) G. カラーグループをスウォッチパネルに保存 

注意:

選択したカラーグループを編集するには、アートワークを何も選択していないことを確認し、カラーを編集ボタン をクリックします。選択したカラーグループを編集し、編集した内容を選択したオブジェクトに適用するには、カラーを編集または適用ボタン  をクリックします。詳しくは、カラーを編集ダイアログボックスでのカラーの編集を参照してください。

カラーガイドパネルを使用してカラーを検索および作成する方法については、www.adobe.com/go/vid0058 のビデオを参照してください。

パネルに表示するカラーバリエーションの種類を指定します。

  • カラーガイドパネルメニューから次のいずれかのバリエーション効果を選択します。

    色合い・陰影を表示

    左側のカラーバリエーションにブラックを追加し、右側のカラーバリエーションにホワイトを追加します。

    暖色・寒色を表示

    左側のカラーバリエーションにレッドを追加し、右側のカラーバリエーションにブルーを追加します。

    ビビッド・ソフトを表示

    左側のカラーバリエーションの彩度を減らしてグレーに近づけ、右側のカラーバリエーションの彩度を増やして純色に近づけます。

    注意:

    特色を使用している場合、バリエーション効果は「色合い・陰影を表示」のみを使用し、バリエーショングリッドの色合い側(右側)からカラーを選択してください。「暖色・寒色を表示」または「ビビッド・ソフトを表示」を使用すると、特色はプロセスカラーに変換されます。

パネルに表示されるカラーバリエーションの数と範囲の指定

  1. カラーガイドパネルメニューから「バリエーションオプション」を選択します。

  2. 生成されたカラーグループの各カラーの左側と右側に表示するカラーバリエーションの数を指定します。例えば、6 と指定すると、各カラーの 6 段階暗いカラーバリエーションと 6 段階明るいカラーバリエーションが表示されます。

    元のカラーは常にパネルの中央の列に表示され、その上に三角の印が付きます。カラーバリエーションは元のカラーの左側と右側に表示されます。

  3. カラーバリエーションの範囲を小さくするには範囲スライダーを左にドラッグし、大きくするには右にドラッグします。

    カラーバリエーションの範囲を小さくすると、元のカラーにより近いカラーバリエーションが生成されます。

    カラーバリエーションの範囲の調整
    カラーバリエーションの範囲の調整

カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスの概要

このダイアログボックスの名前は、状況に応じて変わります。

オブジェクトを選択してコントロールパネル、スウォッチパネルまたはカラーガイドパネルの ボタンをクリックするか、または編集/カラーを編集/オブジェクトを再配色を選択すると、オブジェクトを再配色ダイアログボックスが開き、「指定」タブと「編集」タブが表示されます。

オブジェクトを選択しないでコントロールパネル、スウォッチパネルまたはカラーガイドパネルの ボタンをクリックした場合は、カラーを編集ダイアログボックスが開き、「編集」タブのみが表示されます。

いずれのダイアログボックス名が表示された場合でも、ダイアログボックスの右側には現在のドキュメントに含まれているカラーグループと 2 つの初期設定カラーグループ(「プリントカラー」と「グレースケール」)が表示されます。これらのカラーグループは、いつでも選択して使用できます。

カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスでのカラーグループの作成または編集およびカラーの指定
カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスでのカラーグループの作成または編集およびカラーの指定

A. 編集タブでカラーグループを作成および編集 B. 指定タブでカラーを指定 C. カラーグループリストからカラーグループを選択 

ダイアログボックスの下部にある「オブジェクトを再配色」オプションでは、選択したオブジェクトのカラーをプレビューし、ダイアログボックスを閉じるときにオブジェクトの再配色をおこなうかどうかを指定できます。

このダイアログボックスは、次の主要な領域で構成されています。

編集

「編集」タブでは、新規カラーグループの作成や既存のカラーグループの編集をおこなうことができます。ハーモニールールメニューとカラーホイールを使用して、カラーハーモニーを試作することができます。カラーホイールではカラーハーモニーのカラーの相関関係を確認でき、カラーバーでは個々のカラー値を確認および操作できます。さらに、明度の調整、カラーの追加と削除、カラーグループの保存および選択されているオブジェクトのカラーのプレビューをおこなうこともできます。

指定

「指定」タブでは、カラーグループのカラーがオブジェクトの元のカラーにどのように置き換わるかを確認および制御できます。カラーを指定するには、ドキュメントでオブジェクトが選択されている必要があります。現在のどのカラーをどの新規カラーに置き換えるか、特色を保持するかどうかおよびどのようにカラーを置き換えるか(例えば、カラーを完全に置き換える、明度は保持したまま色相だけを置き換えるなど)を指定できます。「指定」タブを使用して、現在のカラーグループでどのようにオブジェクトの再配色をおこなうかを指定したり、現在のオブジェクトのカラーの数を減らしたりします。

カラーグループ

開かれているドキュメント用として保存されているすべてのカラーグループを一覧表示します(スウォッチパネルにも同じカラーグループが表示されます)。ダイアログボックスで作業しながら、カラーグループリストでカラーグループの編集、削除および新規作成をおこなうことができます。変更はすべてスウォッチパネルにも反映されます。選択されているカラーグループが、現在編集されているカラーグループを示します。任意のカラーグループを選択して、編集したり、選択されているオブジェクトの再配色をおこなったりできます。カラーグループを保存すると、そのカラーグループはこのリストに追加されます。

カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスでカラーグループを作成、編集または試用する方法については、www.adobe.com/go/lrvid4019_ai を参照してください。カラーハーモニーと Photoshop および InDesign のスマートオブジェクトを統合する方法については、www.adobe.com/go/vid0191 を参照してください。カラーのイラストレーションをグレースケールに変換する例については、www.adobe.com/go/learn_ai_tutorials_depth_en を参照してください。

カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスを開く

  • カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスは、次のいずれかの方法で開くことができます。

    編集/カラーを編集/オブジェクトを再配色またはプリセットで再配色コマンド

    これらのコマンドは、選択したオブジェクトのカラーを編集するときに使用します。

    コントロールパネルのオブジェクトを再配色ボタン

    このボタンは、選択されているカラーを、オブジェクトを再配色ダイアログボックスで編集するときに使用します。このボタンは、選択されているオブジェクトに 2 つ以上のカラーが含まれている場合にのみ使用できます。

    注意:このボタンを使用して編集する方法は、オブジェクトの作成においてグローバルカラーが使用されなかった場合にオブジェクトのカラーを一括調整するのに便利です。

    カラーガイドパネルのカラーを編集または適用ボタン

    このボタンは、カラーガイドパネルでカラーを編集するとき、またはカラーを編集してそのカラーを選択されているオブジェクトに適用するときに使用します。

    スウォッチパネルのカラーグループを編集または適用ボタン

    このボタンは、選択したカラーグループのカラーを編集するとき、またはカラーを編集してそのカラーを選択したオブジェクトに適用するときに使用します。スウォッチパネルでカラーグループをダブルクリックしてダイアログボックスを開くこともできます。

カラーグループリストの操作

  • カラーグループリストの表示と非表示を切り替えるには、カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスの右側にあるカラーグループリストを隠すアイコン をクリックします。リストを再表示するには、このアイコンをもう一度クリックします。

  • 新規カラーグループをこのリストに追加するには、カラーグループを作成または編集し、新規カラーグループボタン をクリックします。新規カラーグループがリストに表示されます。

  • カラーグループを編集するには、編集するカラーグループをリストでクリックして選択します。「編集」タブでカラーグループに変更を加えてから、カラーグループの変更を保存ボタン をクリックします。

  • カラーグループを削除するには、削除するカラーグループを選択し、カラーグループを削除ボタン をクリックします。

カラーグループの作成

カラーグループは、カラーガイドパネルまたはカラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスを使用して作成できます。カラーグループを作成して Adobe Kuler Web サイト(www.Kuler.adobe.com)で共有することもできます。

カラーガイドパネルを使用してカラーを検索および作成する方法については、www.adobe.com/go/vid0058 のビデオを参照してください。ライブカラーダイアログボックスでカラーグループを作成、編集または試用する方法については、www.adobe.com/go/lrvid4019_ai を参照してください。

カラーガイドパネルでのカラーグループの作成

ベースカラーを設定する前に、オブジェクトを何も選択していないことを確認します。選択されているオブジェクトがあると、そのオブジェクトのカラーがベースカラーに変わってしまいます。

  1. カラーガイドパネルを開き、次のいずれかの操作をおこなって、カラーハーモニーのベースカラーを設定します。

    • スウォッチパネルでカラースウォッチをクリックします。

    • カラーパネルでカラーをクリックします。カラーパネルとカラーガイドパネルはいっしょに使用できるように並べて配置することをお勧めします。

    • ツールパネルの塗りボックスをダブルクリックし、カラーピッカーでカラーを選択します。

    • スポイトツールを使用して、目的のカラーを含むオブジェクトをクリックします。

    • 目的のカラーを含むオブジェクトを選択し、現在のカラーをベースカラーに設定ボタン をクリックします。

    • カラーガイドパネルでカラーバリエーションをクリックし、現在のカラーをベースカラーに設定ボタン をクリックします。

  2. ハーモニールールメニューからハーモニールールを選択します。

    注意:

    カラーを特定のスウォッチライブラリのカラーに制限するには、カラーグループをスウォッチライブラリのカラーに制限ボタン をクリックし、リストからスウォッチライブラリを選択します。

  3. スウォッチパネルにカラーグループまたは個々のカラーを保存するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • カラーガイドパネルの現在のカラーグループを保存するには、カラーグループをスウォッチパネルに保存ボタン をクリックします。

    • 1 つまたは複数のカラーバリエーションを個別のスウォッチとして保存するには、カラーガイドパネルからスウォッチパネルにカラーバリエーションをドラッグします。

    • 複数のカラーバリエーションをグループとして保存するには、カラーガイドパネルでカラーバリエーションを選択し、カラーグループをスウォッチパネルに保存ボタン をクリックします。

    新規カラーグループに名前を付けるには、スウォッチパネルでカラーグループを選択し、パネルメニューから「カラーグループオプション」を選択します。

    注意:

    カラーグループスウォッチを Kuler Web サイトにアップロードするには、そのスウォッチを選択してウィンドウ/エクステンション/Kuler を選択します。Kuler パネルで、スウォッチパネルから Kuler コミュニティにアップロードボタン をクリックします。スウォッチをアップロードする前に、Kuler で登録する必要があります。

  4. カラーグループのカラーでオブジェクトを彩色するには、そのオブジェクトを選択してカラーガイドパネルのカラーをクリックします。

    注意:

    グループ化したオブジェクト内のすべてのオブジェクトを彩色するには、まずオブジェクトを選択します。次に、編集/オブジェクトを再配色を選択し、オブジェクトを再配色ダイアログボックスでオプションを指定します(オブジェクトへのカラーの指定を参照してください)。

カラーを編集ダイアログボックスでのカラーグループの作成

カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスでカラーグループを作成するには、ベースカラーとハーモニールールを選択します。カラーグループのカラーは、選択したハーモニールールにより、選択したベースカラーに基づいて生成されます。例えば、ブルーのベースカラーと補色ハーモニールールを選択すると、ベースカラーであるブルーとブルーの補色であるレッドでカラーグループが作成されます。

選択したハーモニールールは、カラーホイールでカラーを操作する間も適用され、それに基づいてカラーグループのカラーが生成されます。ハーモニールールを無視してカラーを自由に編集するには、ハーモニーカラーのリンクを解除ボタン をクリックします。

  1. 必要に応じて、カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスを開き、ハーモニールールメニューからカラーハーモニーを選択します。

    注意:

    カラーを特定のスウォッチライブラリのカラーに制限するには、カラーグループをスウォッチライブラリのカラーに制限ボタン をクリックし、リストからスウォッチライブラリを選択します。

  2. カラーバーが表示されている場合にカラーホイールを表示するには、カラーホイールアイコンをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作をおこなって、ベースカラーを設定します。

    • カラーホイールでベースカラーマーカー(最も大きい二重の輪のカラーマーカー)をドラッグして目的のベースカラーを設定します。

    • ダイアログボックスの下部にあるカラースライダーを調整します。

  4. 必要に応じて、新しいハーモニールールを選択したり、カラーマーカーを移動したりします。

  5. 選択されているオブジェクトで新規カラーをプレビューするには、「オブジェクトを再配色」をオンにします。

    注意:

    「オブジェクトを再配色」をオンにし、「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じると、選択されているオブジェクトの再配色がおこなわれます。選択されているオブジェクトの再配色をおこなわない場合は、「OK」をクリックする前に、このオプションがオフになっていることを確認します。

  6. ハーモニールールメニューの右側にある「名前」ボックスに名前を入力し、新規カラーグループボタン をクリックします。

    注意:

    新規カラーグループボタンが表示されていない場合は、カラーグループリストを表示アイコン をクリックします。

  7. 新規カラーグループをスウォッチパネルに保存するには、「OK」をクリックしてカラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスを閉じます。

注意:

カラーガイドパネルを使用してカラーグループを作成することもできます(カラーガイドパネルでのカラーグループの作成を参照してください)。

カラーを編集ダイアログボックスでのカラーの編集

カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスでカラーを編集する方法は、選択されているオブジェクトのカラーを一括調整する場合に便利です。特に、アートワークの作成でグローバルカラーが使用されなかった場合に便利です。カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスを使用して、カラーおよびカラーグループを編集して選択されているオブジェクトに適用したり、編集したカラーを後で他の目的に使用するために保存したりできます。

カラーは、スムーズカラーホイール、色相分割カラーホイールまたはカラーバーを使用して編集します。

スムーズカラーホイールでカラーマーカーを移動してカラーを編集
スムーズカラーホイールでカラーマーカーを移動してカラーを編集

スムーズカラーホイール

スムーズな、ひと続きの円に色相、彩度および明度を表示します。カラーホイール上のカラーマーカーの中心が現在のカラーグループのカラーの位置を示します。このカラーホイールでは、多くのカラーをきわめて正確に選択できますが、1 ピクセルごとにカラーが異なるため、個々のカラーを識別することが難しい場合があります。

色相分割カラーホイール

カラーを色相別に分割して表示します。このカラーホイールでは、個々のカラーを識別することは簡単ですが、スムーズカラーホイールほど多くのカラーを選択できません。

カラーバー 

カラーグループに含まれるカラーのみを表示します。個別に選択して編集できる単色のバーです。カラーバーを左右にドラッグ&ドロップして、表示されたカラーを再編成することができます。カラーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して選択し、カラーの削除、ベースカラーとしての設定、陰影の変更、またはカラー自体の変更をカラーピッカーでおこなうことができます。

カラーグループを作成、編集または試用する方法については、www.adobe.com/go/lrvid4019_ai を参照してください。カラーのイラストレーションをグレースケールに変換する例については、www.adobe.com/go/learn_ai_tutorials_depth_en を参照してください。

カラーオプション
A. ハーモニールールメニューに表示されるベースカラー B. カラーホイールに表示されるベースカラー C. カラー表示オプション D. 選択したカラーマーカーまたはカラーバーのカラー E. 彩度と色相をカラーホイールに表示 F. カラーの追加または削除 G. ハーモニーカラーのリンクを解除 

カラーグループへの変更の保存

お気に入りのカラーグループを誤って上書きしないように、カラーグループの編集を開始する前に、編集したカラーグループを保存する方法について必ず確認しておいてください。カラーグループへの変更を保存するには 2 つの方法があります。 1 つは元のカラーグループを、変更したカラーグループで上書きする方法です。もう 1 つは、変更したカラーグループを新しいカラーグループとして保存し、元のカラーグループをそのまま残す方法です。

  • 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 元のカラーグループをそのまま残して編集後のカラーグループを新しいカラーグループとして保存するには、カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスの上部にある新規カラーグループボタン をクリックします。

    • 元のカラーグループに変更を保存する(編集後のカラーグループで上書きする)には、カラーグループへの変更を保存ボタン をクリックします。

カラーホイールを使用したカラーグループの編集

  1. 必要に応じて、カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、カラーグループリストから目的のカラーグループを選択します。

  2. アートボード上のオブジェクトを選択した場合は、「オブジェクトを再配色」をオンにしてオブジェクト上のカラーをプレビューします。オブジェクトへの再配色をおこなわない場合は、ダイアログボックスを閉じる前に「オブジェクトを再配色」をオフにするか、「キャンセル」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    注意:

    選択されているオブジェクトのカラーを編集するには、選択したオブジェクトからカラーを取得ボタン をクリックします。

  3. カラーを特定のスウォッチライブラリのカラーに制限するには、カラーグループをスウォッチライブラリのカラーに制限ボタン をクリックし、リストからスウォッチライブラリを選択します。

  4. ベースカラーを現在のグループ内の異なるカラーに変更するには、カラーホイール上のカラーマーカーまたはカラーバーのカラーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「ベースカラーとして設定」を選択します。または、「選択中のカラー」ボックスでカラーをクリックし、このボックスの左にある現在のカラーをベースカラーに設定ボタン をクリックします。

  5. カラーホイール上でカラーマーカーをドラッグしてそのカラーを変更します。ハーモニーカラーがリンクされている場合、カラーマーカーをドラッグすると、その他すべてのカラーマーカーもハーモニールールに基づいて移動します。ハーモニーカラーのリンクが解除されている場合は、ドラッグするカラーマーカーだけが移動します。

    編集中、次の操作をおこなうことができます。

    1. 色相を変更するには、カラーホイールを回すようにカラーマーカーを移動します。彩度または明度を変更するには、カラーホイールの中心または外側に向けてカラーマーカーを移動します。

    2. カラーを追加するには、カラーホイールでカラーの追加先を右クリックし、「新規カラーを追加」を選択します。

    3. カラーを削除するには、カラーホイールでカラーマーカー(またはカラーマーカーの線)を右クリックし、「カラーを削除」を選択します。

    4. カラーピッカーを使用してカラーを変更するには、そのカラーピッカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「カラーピッカー」を選択します.

    5. カラーマーカーが移動する方向を 1 つに制限するには、Shift キーを押しながらドラッグします。

    6. カラーホイールに色相と明度ではなく色相と彩度を表示するには、カラーホイールの真下にある彩度と色相をホイールに表示ボタン をクリックして 2 つのビューを切り替えます。

    7. カラー値を手動で変更するには、カラーマーカーをクリックするか、「選択中のカラー」ボックスでカラーをクリックします。カラーホイールの下にあるスライダーまたはカラー値を入力するテキストボックスを使用してカラー値を編集します。

    8. カラーホイール上でカラーの彩度と明度を変更するには、カラーマーカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「濃淡を選択」を選択し、表示されたボックスで目的のカラーをクリックします。

  6. 変更を保存するには、新規カラーグループボタン をクリックし、元のカラーグループをそのまま残して編集後のカラーグループを新しいカラーグループとして保存します。または、カラーグループへの変更を保存ボタン をクリックし、元のカラーグループを編集後のカラーグループで上書きします。

注意:

カラーを色域内または Web セーフカラーに補正するには、各カラーマーカーを選択し、色域外警告 または Web カラー範囲外警告 をクリックします。

カラーグループ内のカラーの並べ替え

  • 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 「選択中のカラー」のボックスで、カラーを左または右にドラッグします。

    • カラーバービューで、カラーバーを左または右にドラッグします。

カラーグループのカラーの個別編集

初期設定では、ハーモニールールを使用してカラーグループを作成すると、自動的にカラーがリンクされます。カラーグループのカラーがリンクされているときに 1 つのカラーを編集すると、他のカラーもハーモニールールに基づいて変更されます。他のカラーを変更することなく 1 つのカラーを編集するには、カラーマーカーのハーモニールールとのリンクを解除します。

カラーホイールおよびカラーバー
A. カラーホイールでのリンクされているカラーの表示 B. カラーホイールでのリンクが解除されているカラーの表示 C. カラーバーでのリンクされているカラーの表示 D. カラーバーでのリンクが解除されているカラーの表示 E. カラーがリンクされていることを示すアイコン(リンクを解除するにはこのアイコンをクリック) F. カラーのリンクが解除されていることを示すアイコン(再リンクするにはこのアイコンをクリック) 
  1. カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、編集するカラーグループを選択し、「編集」タブをクリックします。

  2. ハーモニーカラーのリンクを解除ボタン をクリックします。

  3. カラーホイールビューまたはカラーバービューで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 編集するカラーマーカーをドラッグして新規カラーを設定します。

    • 変更するカラーバーまたはカラーマーカーをクリックして、カラー値を手動で編集します。

    • カラーバーまたはカラーマーカーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、カラーピッカーで新規カラーを選択します。

    • カラーマーカーまたはカラーバーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、新規カラーを選択します。

  4. 新しく定義したハーモニールールに基づいて再びすべてのカラーマーカーが連動するようにカラーのリンクを再設定するには、ハーモニーカラーをリンクボタンをクリックします。

カラーピッカーを使用したカラーグループ内のカラーの編集

カラーピッカーを使用してカラーグループのカラーを変更できます。

  1. カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • ホイールマーカーをダブルクリックするか、ホイールマーカーを右クリックしてカラーピッカーを選択します。

    • カラーバーをダブルクリックします。

    • カラースライダーの左側にあるカラースウォッチをクリックします。

  2. 次のいずれかの操作をおこなって、編集したカラーを保存します。

    • 編集したカラーを新規カラーグループとして保存するには、ダイアログボックスの上部にある「名前」ボックスに名前を入力し、新規カラーグループボタン をクリックします。

    • 編集したカラーを元のカラーグループに保存するには、カラーグループへの変更を保存ボタン をクリックします。

カラー配列または彩度と明度のランダムな変更

カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、彩度と明度をランダムに変更ボタンとカラー配列をランダムに変更ボタンを使用して、現在のカラーグループのカラーをランダムに変更することができます。

  1. カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、カラーグループを選択します。

  2. 「編集」をクリックしてから「カラーバーを表示」をクリックするか、「指定」をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 現在のカラーグループの順序をランダムに変更するには、カラー配列をランダムに変更ボタン をクリックします。オブジェクトの再配色をおこなうときにこのボタンを使用すると、他にどのような方法で現在のカラーグループを使用してオブジェクトの再配色をおこなうことができるかをすばやく確認できます。

    • 現在のカラーグループの色相は保持したまま明度と彩度をランダムに変更するには、彩度と明度をランダムに変更ボタン をクリックします。

彩度、明度、色温度または輝度の一括編集

  1. カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、「編集」をクリックします。

  2. 調整スライダーのカラーモードを指定ボタン をクリックし、「色調調整」を選択します。

  3. 「彩度」、「明るさ」、「色温度」および「輝度」の値を変更します。

    注意:

    カラーが特定のスウォッチライブラリのカラーに制限されている場合、変更はスウォッチライブラリのカラーにのみ適用されます。

カラーグループのカラーの追加または削除

  1. カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、「編集」をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • カラーグループにカラーを追加するには、カラーホイールでカラーの追加先を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「新規カラーを追加」を選択します。既存のカラーマーカーの線をクリックすると、そのカラーマーカーと一緒に新しいカラーマーカーが移動します。

    • カラーを削除するには、カラーマーカーまたはカラーバーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「カラーを削除」を選択します。ベースカラーマーカーは削除できません。

      注意:カラーホイールで、カラー追加ツールボタン またはカラー削除ツールボタン を使用し、カラーホイールで追加または削除するカラーをクリックすることもできます。

    • カラーグループリストでカラーグループからカラーを削除するには、カラーグループを展開し、削除するカラースウォッチを右クリックして「カラーを削除」を選択します。

カラーグループの削除

  • カラーグループリストでカラーグループを選択し、カラーグループを削除ボタン をクリックします。または、右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「カラーグループを削除」を選択します。

オブジェクトへのカラーの指定

カラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスの「指定」タブでは、カラーグループのカラーをオブジェクトに指定することができます。カラーは、次の方法で指定することができます。

  • カラーグループリストに表示されているカラーグループを使用して新規カラーをオブジェクトに指定します。

  • ハーモニールールメニューから選択した新規カラーグループを使用して新規カラーをオブジェクトに指定します。

  • 現在のオブジェクトのカラーを再指定します。オブジェクトが元のカラーで表示されるようにカラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスをリセットするには、選択したオブジェクトからカラーを取得ボタン をクリックします。

「現在のカラー」列と「新規」列を使用して、カラーがどのように割り当てられるかを制御します。「再配色プレビュー」をオンにすると、「現在のカラー」列と「新規」列の割り当てに基づいて、有効なカラーグループを使用して、選択されているオブジェクトの再配色がおこなわれます。

オブジェクトの元のカラー(上)、カラーグループリストのカラーグループを選択して新規カラーを指定(中)、ハーモニールールメニューで新規カラーグループを作成して新規カラーを指定(下)
オブジェクトの元のカラー(上)、カラーグループリストのカラーグループを選択して新規カラーを指定(中)、ハーモニールールメニューで新規カラーグループを作成して新規カラーを指定(下)

再配色プレビューオプション
A. アクティブなカラーグループ B. 選択したオブジェクトからカラーを取得 C. 選択されているオブジェクトのカラー D. アクティブなカラーグループから生成された新規カラー E. 列全体を操作するオプション F. 再配色プレビュー 

カラーの指定についてのビデオについては、www.adobe.com/go/vid0061 を参照してください。

選択されているオブジェクトへの新規カラーの指定

  1. 再配色をおこなうオブジェクトを選択します。

  2. 編集/カラーを編集/オブジェクトを再配色を選択します。

    オブジェクトを再配色ダイアログボックスが開き、「指定」タブの「現在のカラー」列に元のオブジェクトのカラーが表示されます。

  3. カラーグループからカラーを割り当てる場合は、次のいずれかの操作をおこないます。

    1. カラーグループリストからカラーグループを選択します。

    2. ハーモニールールメニューからハーモニールールを選択して新規カラーグループを作成します。

      注意:

      カラーグループを作成する場合は、「指定」タブをクリックする前に「編集」タブをクリックしてカラーを微調整できます。選択されているオブジェクトの一部のカラーを調整するには、調整するカラーを選択し、カラースライダーで編集します。.

  4. オブジェクトのカラーの変更をプレビューするには、「オブジェクトを再配色」をオンにします。

  5. カラーの再配色をおこなうには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 現在のカラーを別の新規カラーに割り当てるには、現在のカラーを「現在のカラー」列で目的の新規カラーに隣接するまで上下にドラッグします。

      ヒント:1 つの行に複数のカラーが含まれており、それらをすべて移動するには、行の左側にあるセレクターバー をクリックし、上下にドラッグします。

    • 新規カラーを別の現在のカラーに割り当てるには、新規カラーを「新規」列で上下にドラッグします。「新規」列に対して新しいカラーの追加またはカラーの削除をおこなうには、リスト内を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「新規カラーを追加」または「カラーを削除」を選択します。

    • 「新規」列のカラーを変更するには、そのカラーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「カラーピッカー」を選択して新しいカラーを設定します。

    • 「現在のカラー」列の 1 つの行を再配色の対象から除外するには、列の間にある矢印 をクリックします。その行をもう一度含めるには、ハイフンをクリックします。

    • 現在のカラーを 1 つだけ再配色の対象から除外するには、そのカラーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「カラーを除外」を選択するか、 ボタンをクリックします。

    • カラーをランダムに再配色するには、カラー配列をランダムに変更ボタン をクリックします。新規カラーが「現在のカラー」列の他の行にランダムに移動します。

    • 「現在のカラー」列に行を追加するには、右クリックして「新規列を追加」を選択するか、 アイコンをクリックします。

  6. 「現在のカラー」列のカラーを分離または結合するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 複数のカラーを複数の行に分離するには、分離するカラーブロックを選択し、右クリックして「選択カラーを新規列として分離」を選択するか、 ボタンをクリックします。

    • 複数のカラーを 1 つの行に結合するには、Shift キーを押しながら複数のカラーをクリックして選択し、「カラーを 1 列に統合」を選択するか、 ボタンをクリックします。

  7. 新規カラーの色合いまたは陰影を変更するには、新規カラーの右側にあるボタンをクリックするか、カラーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「彩色方法」を選択して、オプションを選択します。同じオプションをカラーグループに含まれるすべての新規カラーに適用するには、「すべてに適用」をオンにします。

    注意:

    「色合いと陰影」と「色相のシフト」は、特色を保持しないように選択した場合にのみ使用できます。

  8. 「OK」をクリックしてオブジェクトの再配色をおこないます。オブジェクトの再配色をおこなわない場合は、「キャンセル」をクリックするか、「オブジェクトを再配色」をオフにして「OK」をクリックします。

すべてのカラーの彩度と明度のランダムな変更

  1. 必要に応じて、オブジェクトを選択し、編集/カラーを編集/オブジェクトを再配色を選択します。

  2. カラーを編集/オブジェクトを再配色ダイアログボックスの彩度と明度をランダムに変更ボタン をクリックします。

    注意:

    彩度と明度の変更は、カラーバー表示を使用してカラーグループを編集するときにおこなうこともできます。

新規カラーを再配色するときにオブジェクトの元のカラーを表示

選択したオブジェクトの再配色をおこなうと、元のカラーが選択したカラーグループのカラーで置き換えられます。カラーを置き換えると、別のカラーを割り当てる前に、「現在のカラー」列の元のカラーがオブジェクトのどこに使用されているかを確認するのに役立ちます。特に、非常に精密なオブジェクトや、多くのカラーが含まれているオブジェクトにおけるカラーの確認に役立ちます。

  1. 必要に応じて、オブジェクトを選択し、編集/カラーを編集/オブジェクトを再配色を選択します。

  2. オブジェクトを再配色ダイアログボックスで、アートボード上での場所を確認するには、上記のリストから該当するカラーをクリックボタン をクリックし、「現在のカラー」列のカラーをクリックします。

    そのカラーを使用するオブジェクトがアートボードにフルカラーで表示され、選択されているオブジェクトのその他すべての領域は薄く表示されます。

  3. アイコンをもう一度クリックしてオブジェクトをフルカラーに戻します。

オブジェクトのカラーの削減

一般的に、複数の種類の出力媒体が使用される可能性のあるオブジェクトを作成するとき、出力に最適なようにカラーを削減したり、カラーをグレースケールに変換したり、あるいはカラーを特定のカラーライブラリのカラーに制限したりする必要があります。オブジェクトのカラーの数は、オブジェクトを再配色ダイアログボックスで簡単に削減できます。カラーを削減するときにプリセットを使用するかどうかを選択できます。例えば、「グレースケールオブジェクト」を選択すると、選択されているオブジェクトがグレースケールにすばやく変換されます。

選択されているオブジェクトのカラーを 2 つに削減
選択されているオブジェクトのカラーを 2 つに削減

プリセットを使用したカラーの削減

カラーを削減するときにプリセットを使用すると、すばやく簡単にオブジェクトのカラーの数を制限したり、オブジェクトのカラーを特定のスウォッチライブラリのカラーに制限したりできます。

  1. カラーを削減するオブジェクトを選択します。

  2. 編集/カラーを編集/プリセットで再配色を選択し、プリセットオプションを選択します。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • カラーを特定のスウォッチライブラリのカラーに制限する場合は、ライブラリボタン をクリックし、使用するライブラリを選択して、「OK」をクリックします。

    • カラーを特定のスウォッチライブラリのカラーに制限しない場合は、「OK」をクリックします。

    オブジェクトを再配色ダイアログボックスが開きます。「新規」列にプリセットとして選択したカラー(およびブラック)の数が表示されます。新規カラーは、元のオブジェクトから抽出されます。

  4. 必要に応じて、元のカラーを新規カラーに割り当てます。

  5. 「オブジェクトを再配色」がオンになっているのを確認し、「OK」をクリックします。

カスタムオプションを使用したカラーの削減

  1. 再配色をおこなうオブジェクトを選択します。

  2. 編集/カラーを編集/オブジェクトを再配色を選択します。

    オブジェクトを再配色ダイアログボックスが開きます。「新規」列に選択されているオブジェクトのすべてのカラーが表示されます。

  3. 他のカラーを使用するには、既存のカラーグループを選択するか、カラーグループを作成します。

  4. カラーメニューから使用するカラーの数を選択します。

  5. 配色オプションボタン をクリックし、次のいずれかのオプションを指定して、「OK」をクリックします。

    プリセット

    プリセットカラージョブを指定します。このオプションでは、使用するカラーの数やそのジョブに最適な設定なども指定します。プリセットを選択してから他のオプションを変更すると、そのプリセットはカスタムプリセットになります。

    カラー

    使用する新規カラーの数を指定します。現在のカラーはこの数まで削減されます。

    ライブラリを限定

    使用するすべての新規カラーを含むスウォッチライブラリを指定します。

    ソート

    「現在のカラー」列で元のカラーを並べ替える方法を指定します。

    彩色方法

    新規カラーに適用できるバリエーション効果の種類を指定します。

    • 「変更しない」を選択すると、すべての現在のカラーが特定の新規カラーに置き換えられます。

    • 「色調をスケール」(初期設定)を選択すると、行内の最も暗い現在のカラーが特定の新規カラーに置き換えられます。行内の他の現在のカラーは、それに比例して、より明るい色調に置き換えられます。

    • 「色調を維持」を選択すると、非グローバルカラーに「色調をスケール」と同じ効果が適用されます。特色またはグローバルカラーの場合は、現在のカラーの色調が新規カラーに適用されます。行内のすべての現在のカラーがグローバルカラーと同じ色調またはグローバルカラーに似た色調である場合は、「色調を維持」を使用します。「色調を維持」を使用する場合に、「色合いをつける」も選択すると、最適な結果を達成できます。

    • 「色合いと陰影」を選択すると、明るさと暗さが平均的な現在のカラーが特定の新規カラーに置き換えられます。平均よりも明るい現在のカラーは、それに比例して、より明るい色調の新規カラーに置き換えられます。平均よりも暗い現在のカラーは、ブラックが追加された新規カラーに置き換えられます。

    • 「色相のシフト」を選択すると、「現在のカラー」列で最も典型的なカラーがキーカラーとして設定され、このキーカラーが新規カラーに置き換えられます。その他の現在のカラーは、明度、彩度および色相がキーカラーとその現在のカラーの差と同じ分だけ異なる新規カラーに置き換えられます。

    色合いをつける

    カラーが削減されない場合でも、1 つのグローバルカラーのすべての色合いを「現在のカラー」列の 1 つの行に統合します。このオプションは、選択されているオブジェクトにグローバルカラーまたは特色が 100 %未満の色合いで適用されている場合にのみ使用します。彩色方法として「色調を維持」を組み合わせて使用すると、最適な結果を達成できます。

    注意:「色合いをつける」が選択されていない場合でも、カラーを削減すると、1 つのグローバルカラーのすべての色合いが統合された後に、他の非グローバルカラーが統合されます。

    保持

    ホワイト、ブラックまたはグレーを最終的なカラーの削減において保持するかどうかを指定します。カラーを保持する場合、そのカラーは「現在のカラー」列に除外された行として表示されます。

  6. 必要に応じて、現在のカラーを新規カラーに割り当てます。

  7. 「オブジェクトを再配色」がオンになっているのを確認し、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー