タブパネル(ウィンドウ/書式/タブ)を使用すると、段落またはテキストオブジェクトにタブ位置を設定できます。タブの使用と設定について詳しくは、Web ヘルプを参照してください。

タブパネルの概要

タブパネル(ウィンドウ/書式/タブ)を使用すると、段落またはテキストオブジェクトにタブ位置を設定できます。

タブパネル
タブパネル

A. タブ揃えボタン B. タブの位置 C. リーダーボックス D. 揃え文字 E. パネルメニュー F. タブ定規 G. 磁石アイコン(テキスト上にパネルを配置) 

追加のコマンドやオプションはタブパネルメニューから使用できます。 このメニューを使用するには、パネルの右上隅にある三角形をクリックします。

タブパネルと選択したテキストオブジェクトとの整列

タブパネルは作業エリア内のどこにでも移動できますが、通常はテキストオブジェクトと並べて置くのが便利です。

  1. 磁石アイコン をクリックします。 タブパネルは選択したテキストオブジェクトのすぐ上に移動し、ゼロ原点が左端に整列されます。 必要に応じて、パネルの右下の角をドラッグして、定規を伸縮することができます。

定規の単位へのタブ位置のスナップ

初期設定では、タブ定規の任意の位置にタブを配置できます。

  1. パネルメニューから「単位にスナップ」を選択するか、Shift キーを押したままタブ位置をドラッグします。

タブ定規の測定単位の変更

タブ定規の測定単位は、環境設定ダイアログボックスの「単位」で「一般」に指定した単位はすべてのファイルに使用され、ドキュメント設定ダイアログボックスで指定した単位は現在のファイルに使用されます。

  • すべてのファイルの測定単位を変更するには、「単位」環境設定の「一般」で新しい単位を指定します。
  • 現在のファイルの測定単位を変更するには、ドキュメント設定ダイアログボックスで新しい単位を指定します。

タブの設定

タブは段落全体に適用されます。 最初のタブを設定すると、そのタブより左側にある初期設定のタブはすべて削除されます。 続けてタブを設定すると、設定したタブの間にある初期設定のタブはすべて削除されます。

  1. 段落内にカーソルを置きます。または、テキストオブジェクト内のすべての段落にタブを設定する場合は、テキストオブジェクトを選択します。
  2. タブパネルで、タブ揃えボタンをクリックして、タブ位置を基準としたテキスト揃えの方法を指定します。

    左揃えタブ

    横組みテキストの左側がタブに揃えられ、右端は不揃いになります。

    中央揃えタブ

    テキストがタブ間の中央に揃えられます。

    右揃えタブ

    横組みテキストの右側がタブに揃えられ、左端は不揃いになります。

    下揃えタブ

    縦組みテキストの下端がタブに揃えられ、上端は不揃いになります。

    上揃えタブ

    縦組みテキストの上端がタブに揃えられ、下端は不揃いになります。

    小数点揃えタブ

    テキストが小数点やドル記号などの特定の文字の位置で揃えられます。 このオプションは数字を縦に配置する場合に便利です。

    各タブ揃えの方法は、タブを選択してタブ揃えボタンの 1 つをクリックするだけで変更できます。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • タブ定規上で新しくタブを設定する位置をクリックします。

    • 「位置」ボックスに数値を入力して、Enter キーまたは Return キーを押します。「位置」ボックスが選択されている場合は、上向き矢印キーまたは下向き矢印キーを押すと、タブの値が 1 ポイントずつ増減します。

      注意:タブ定規を使用するときは、1 より小さい単位でタブ位置を設定することはできません。ただし、「位置」ボックスで位置を指定した場合は、0.01 ポイント単位でタブ位置を設定できます。

  4. 手順 2 ~ 3 を繰り返して、さらにタブを追加します。

注意:

タブパネルを使用したインデントの設定について詳しくは、テキストのインデントを参照してください。

タブの繰り返し

「繰り返し」(InDesign)、または「タブの繰り返し」(Illustrator)コマンドを使用すると、左インデントまたは 1 つ前のタブから現在のタブまでの距離に基づいて、複数のタブが作成されます。

  1. 段落にテキスト挿入点を置きます。
  2. タブパネルで定規上のタブ位置を選択します。
  3. パネルメニューの「繰り返し」(InDesign)、または「タブの繰り返し」(Illustrator)を選択します。
    繰り返して作成されたタブ
    繰り返して作成されたタブ

    A. タブ揃えボタン B. 定規上のタブ位置 C. パネルメニュー 

タブの移動

  1. タブパネルで定規上のタブ位置を選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 「位置」テキストボックスに移動先の位置を入力して、Enter キーまたは Return キーを押します。

    • タブを新しい位置にドラッグします。

    • すべてのタブをまとめて移動するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

      タブの移動中は、選択したテキスト内にガイドが表示されます。

タブの削除

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • タブをタブ定規の外にドラッグします。

    • タブを選択して、パネルメニューの「タブを削除」を選択します。

    • すべてのタブを消去するには、パネルメニューの「すべてのタブを消去」を選択します。

小数点揃えタブの文字の指定

小数点揃えタブは、小数点やドル記号などの指定した文字を基準にしてテキストを整列するときに使用します。

  1. タブパネルのタブ定規上で、小数点揃えタブ を作成するか選択します。
  2. 「揃え文字」ボックスで、整列の基準となる文字を入力します。 任意の文字を入力またはペーストできます。 整列する段落に指定した文字が含まれていることを確認してください。
    小数点揃えタブを使用して整列したテキスト
    小数点揃えタブを使用して整列したテキスト

タブリーダーの追加

タブリーダーとは、タブと次のテキストまでの間に表示させるドットやダッシュなどの文字の繰り返しのことです。

  1. タブパネルで定規上のタブ位置を選択します。
  2. ボックスに、最大 8 文字までの文字のパターンを入力して、Enter キーまたは Return キーを押します。 入力した文字が、タブの幅内で繰り返されます。
  3. タブリーダーのフォントまたはその他の書式を変更するには、テキストエリアでタブ文字を選択して、文字パネルまたは書式メニューを使用して書式を設定し、適用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー