シンボルについて

シンボルは、ドキュメントの中で何度でも使用できるアートオブジェクトです。例えば、花のシンボルを作成すると、作成したシンボルのインスタンス(コピー)をアートワークに何度でも追加できます。複雑なオブジェクトを何回も作成する必要はありません。各シンボルインスタンスは、シンボルパネルまたはシンボルライブラリ内のシンボルにリンクしています。シンボルを使用すると時間の節約になるだけでなく、ファイルサイズを大幅に削減できます。

ダイナミックシンボルではマスターシェイプを共有できますが、シンボルの各インスタンスの外観を動的に変更できます。マスターシェイプが変更されると、シンボルのインスタンスは新しい変更を受け取る一方で、個々の変更も維持されます。

シンボルは、SWF および SVG の書き出しにも対応しています。Flash に書き出す場合は、シンボルの種類をムービークリップに設定できます。Flash ファイルに変更した後で、必要に応じて別の種類を選択することもできます。Illustrator で 9 スライスの拡大・縮小機能を有効にしておくと、ユーザーインターフェイス要素として使用するシンボルを正しく拡大または縮小できるようになります。

ダイナミックシンボルについて

ここでは、プロジェクトまたはアートワーク全体でシンボルが一貫して表示される必要がありますが、一部のシンボルは異なる属性または外観を表す必要がある場合があります。

:アパレルデザイナーは、様々な配色で、または複数の色を組み合わせる必要のある新しいシャツをデザインするとします。このシャツをダイナミックシンボルとして定義し、配色を表すのに必要なカラーを適用しました。シャツの襟の形状を変えるなど、シャツのデザインを更新する必要がある場合、シャツのシンボルを編集すると、シャツのすべてのインスタンスは自動的に更新される一方で、個別に適用された独自の配色はそのまま維持されます。

ダイナミックシンボル機能は、マスターシンボルとの関連付けを維持しつつ、インスタンスで外観のオーバーライドを使用できるようにすることで、シンボルをより強化することを目的としています。外観の編集には、カラー、グラデーション、パターンが含まれます。

ダイナミックシンボルを使用する利点

  • ダイナミックシンボルのインスタンスは、ダイレクト選択ツールを使用して変更できます。
  • インスタンスの外観が変更されても、その変更はマスターシンボルとの関係に影響しません。
  • マスターシンボルの外観に対する変更は、すべてのインスタンスに反映されます。ただし、インスタンスに対する個々の編集も維持されます。
  • ダイナミックシンボル内のネストされたシンボルを別のシンボルに置き換えることができます。このため、より柔軟にシンボルをカスタマイズできます。
  • 選択/共通コマンドを使って、ドキュメントで使用できるすべてのダイナミックシンボルを選択することができます。

注意:

ダイナミックシンボルを以前のバージョンの Illustrator で開くと、シンボルが分割・拡張されます。

シンボルを配置した後、アートボード上で配置したシンボルのインスタンスを編集することができます。必要であれば、編集したインスタンスを使用して元のシンボルを再定義することもできます。シンボルツールを使用すると、複数のシンボルインスタンスを一度に追加したり操作したりできます。

シンボルインスタンスを使用したアートワーク

シンボルの配置または作成

シンボルの配置

  1. シンボルパネルまたはシンボルライブラリでシンボルを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • シンボルパネルのシンボルインスタンスを配置ボタン  をクリックして、ドキュメントウィンドウの現在の表示可能領域の中央にインスタンスを配置します。

    • アートボード上の目的の位置にシンボルをドラッグします。

    • シンボルパネルメニューの「シンボルインスタンスを配置」を選択します。

      注意:アートワークに配置された 1 つのシンボルのことをインスタンスと呼びます(パネルにのみ存在するシンボルはインスタンスと呼びません)。

シンボルの作成

  1. シンボルとして使用するアートワークを選択します。

    注意:

    ダイナミックシンボルを作成するとき、テキスト、配置された画像、メッシュオブジェクトは含めないでください。

  2. 次のいずれかの操作を実行します。

    • シンボルパネルの新規シンボルボタンをクリックします。

    • 選択したアートワークをシンボルパネルにドラッグします。

    • パネルメニューの「新規シンボル」を選択します。

    注意:

    初期設定では、選択されたアートワークが新規シンボルのインスタンスになります。アートワークをインスタンスにしない場合は、Shift キーを押しながら新規シンボルを作成します。また、新規シンボルの作成時に新規シンボルダイアログボックスを表示しない場合は、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら新規シンボルを作成します。これにより、Illustrator では、「新規シンボル 1」などが初期設定のシンボル名として使用されます。

  3. シンボルオプションダイアログボックスで、シンボル名を入力します。

  4. シンボルの種類に「ムービークリップ」または「グラフィック」を選択します。

  5. 作成するシンボルの種類(ダイナミックまたはスタティック)を選択します。デフォルト値はダイナミックです。

  6. (オプション)シンボルを Flash に書き出す場合は、次の操作を行います。

    • 「ムービークリップ」を種類として選択します。ムービークリップは、Flash および Illustrator のデフォルトのシンボルの種類です。

    • シンボルのアンカーポイントを設定する基準点の場所を指定します。基準点の場所は、スクリーン座標におけるシンボルの位置に影響を与えます。

    • Flash で 9 スライスの拡大・縮小機能を利用するには、「9 スライスの拡大・縮小用ガイドを有効にする」を選択します。

  7. シンボルにピクセル整合プロパティを適用するには、「ピクセルグリッドに整合」オプションを選択します。詳しくは、ピクセルグリッドへのシンボルの整合を参照してください。

注意:

シンボルパネルで、ダイナミックシンボルは、アイコンの右下隅に小さいプラス記号が表示されます。

シンボルは、パス、複合パス、テキストオブジェクト、ラスタライズ画像、メッシュオブジェクト、グループ化されたオブジェクトなど、Illustrator のほとんどのオブジェクトから作成できます。ただし、リンクされたアートや一部のオブジェクトグループ(グラフのグループなど)からシンボルを作成することはできません。

注意:

Illustrator と Flash の間でシンボルを効果的に使用する方法に関するビデオについては、www.adobe.com/go/vid0198_jp を参照してください。

シンボルのサブレイヤーの追加

シンボルにシンボル固有のレイヤー階層構造が使用されるようになりました。この階層構造はシンボルを拡張しても維持されます。シンボルの編集モードでシンボルのサブレイヤーを作成できます。

編集モードでシンボルのサブレイヤーを作成する機能

シンボルの編集モードでコンテンツをペーストするときは、「コピー元のレイヤーにペースト」オプションが適用されます。

9 スライスの拡大・縮小機能の使用

9 スライスの拡大・縮小(Scale9)機能を使用して、グラフィックスタイルシンボルおよびムービークリップシンボルのコンポーネントスタイルの拡大・縮小を指定できます。このタイプの拡大や縮小は、グラフィックやデザイン要素に一般的に適用される拡大・縮小機能と異なり、ユーザーインターフェイス要素として使用するのに適したムービークリップシンボルを作成できます。

シンボルは、グリッド状のオーバーレイで 9 つのセクションに分割され、各領域が個別に拡大または縮小されます。画像内のコーナー以外の領域は必要に応じて拡大または縮小(伸縮ではない)されますが、シンボルの視覚的な整合性を損なわないように、コーナーの領域は拡大や縮小はされません。

9 スライスの拡大・縮小用グリッドは、編集モードでのみ表示されます。初期設定では、グリッドのガイドは、シンボルの幅と高さそれぞれの両端から 25 %(つまり 4 分の 1)の箇所に配置され、シンボルに自動的に添付された点線として表示されます。

注意:

Flash で 9 スライスの拡大・縮小を使用する方法の詳細については、Flash のヘルプを参照してください。Illustrator で 9 スライスの拡大・縮小を使用する方法に関するビデオについては、www.adobe.com/go/lrvid5210_ai_jp をご覧ください。

Illustrator では、回転、シアーおよび複雑な変形が適用されたシンボルに 9 スライスのグリッドを作成できます。シンボルを拡大または縮小する場合、シンボルの 9 つの領域はすべて個別に拡大・縮小できます。

9 スライスの拡大・縮小機能の有効化

  1. アートボードまたはシンボルパネルでシンボルを選択して、パネルメニューの「シンボルオプション」を選択します。

  2. シンボルオプションダイアログボックスで、種類として「ムービークリップ」または「グラフィック」を選択し、「9 スライスの拡大・縮小用ガイドを有効にする」を選択します。

注意:

このオプションは、新規シンボルの作成時にシンボルオプションダイアログボックスで有効にすることもできます。

シンボルの 9 スライスの拡大・縮小用グリッドの編集

  1. シンボルの拡大・縮小用グリッドを編集するには、次のいずれかの操作を行って、シンボルを編集モードで開きます。

    • シンボルパネルでシンボルをダブルクリックします。

    • シンボルパネルでシンボルを選択して、パネルメニューの「シンボルを編集」を選択します。

  2. シンボルインスタンスの拡大・縮小用グリッドを編集するには、次のいずれかの操作を行って、インスタンスを編集モードで開きます。

    • アートボード上のシンボルインスタンスをダブルクリックします。

    • アートボード上のシンボルインスタンスを選択して、コントロールパネルの「シンボルを編集」をクリックします。

  3. 4 つのガイドのうちいずれかのガイド上にポインターを移動します。ポインターが移動ポインターに変わったら、ガイドをドラッグします。

    注意:

    ガイドをシンボルの境界線から遠ざけると(結果、シンボルが 8 個以下のスライスに分割され)、拡大や縮小が行われます。シンボルの拡大や縮小は、そのシンボルが含まれているスライスに基づいて行われます。

  4. アートボードの左上隅またはコントロールパネル にある編集モードを解除ボタン をクリックして、編集モードを終了します。

シンボルインスタンスの操作

他のオブジェクトと同じように、シンボルインスタンスに対しても移動、拡大や縮小、回転、シアー(歪み)を適用できます。また、透明やアピアランス、およびグラフィックスタイルの各パネルからの操作の実行や、効果メニューのどんな効果も適用することができます。ただし、シンボルインスタンスの個々のコンポーネントを編集する場合は、先にシンボルインスタンスを分割・拡張する必要があります。分割・拡張を行うと、シンボルとシンボルインスタンス間のリンクが切断され、インスタンスが通常のアートワークに切り替わります。

シンボルを含む、オブジェクトの選択、整列に関するビデオについて、www.adobe.com/go/vid0034_jp および www.adobe.com/go/vid0035_jp をご覧ください。

注意:

シンボルパネルで、ダイナミックシンボルは、アイコンの右下隅に小さいプラス記号が表示されます。

注意:

別のシンボルによるシンボルインスタンスの置き換えシンボルインスタンスの分割・拡張時のリンク解除、および変形のリセットのオプションは、遠近描画のシンボルでは動作しません。

シンボルインスタンスの編集

インスタンスを編集した後で、シンボルパネルにある元のシンボルを再定義できます。シンボルを再定義すると、既存のすべてのシンボルインスタンスに新しい定義が反映されます。

  1. シンボルのインスタンスを選択します。

  2. シンボルパネルまたはコントロールパネルのシンボルへのリンクを解除ボタン  をクリックします。

  3. アートワークを編集します。

    注意:

    ダイナミックシンボルを編集するとき、テキスト、配置された画像、メッシュオブジェクトは含めないでください。

  4. (オプション)次のいずれかの操作を行います。

    • 親シンボルを編集後のシンボルで置き換えるには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、編集後のシンボルをシンボルパネルの古いシンボルの上にドラッグします。シンボルパネルのシンボルが置き換えられ、現在のファイルのシンボルが更新されます。

    • 編集後のシンボルを使用して新規のシンボルを作成するには、編集したシンボルをシンボルパネルにドラッグするか、シンボルパネルの新規シンボル  をクリックします。

シンボルインスタンスの分割・拡張

  1. 1 つまたは複数のシンボルインスタンスを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • シンボルパネルのシンボルへのリンクを解除ボタン  をクリックするか、パネルメニューの「シンボルへのリンクを解除」を選択します。

    • オブジェクト/分割・拡張を選択し、分割・拡張ダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    シンボルインスタンスが拡張され、それぞれの構成要素がグループ化された状態になり、分割・拡張したアートワークを編集できます。

注意:

ダイナミックシンボルを以前のバージョンの Illustrator で開くと、シンボルが分割・拡張されます。

アートボード上のシンボルインスタンスの複製

シンボルインスタンスに対して拡大や縮小、回転、シアー(歪み)またはリフレクトを行った後で、それと同じ編集を加えたインスタンスを追加する場合は、編集後のインスタンスを複製します。

  1. シンボルインスタンスを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、アートボード上の別の位置までシンボルインスタンスをドラッグします。

    • シンボルインスタンスをコピー&ペーストします。

注意:

シンボルパネルでシンボルを複製する場合、例えば既存のシンボルに基づいて新規シンボルを作成する場合は、インスタンスでなくシンボルを複製します (シンボルパネルの概要を参照してください)。

別のシンボルによるシンボルインスタンスの置き換え

  1. アートボード上のシンボルインスタンスを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • コントロールパネルの置換メニューから新規シンボルを選択します。

    • シンボルパネルで新規シンボルを選択して、シンボルパネルメニューの「シンボルを置換」を選択します。

注意:

このオプションは遠近描画のシンボルでは動作しません。詳しくは、遠近描画へのテキストとシンボルの追加を参照してください。

ドキュメント内のシンボルのすべてのインスタンスの選択

シンボルパネルでシンボルを選択し、パネルメニューの「すべてのインスタンスを選択」を選択します。

変形のリセット

変形をシンボルにリセットするには、シンボルを選択してコントロールパネルの「リセット」ボタンをクリックします。シンボルパネルメニューから「変形をリセット」オプションを選択することもできます。

 

シンボルの編集または再定義

シンボルのアートワークを変更してシンボルを編集するか、シンボルを新しいアートワークで置き換えてシンボルを再定義できます。シンボルの編集と再定義を行うと、シンボルパネルのシンボルだけでなく、アートボード上のシンボルの全てのインスタンスに変更が適用されます。

シンボルの編集

  1. 次のいずれかの操作を行って、シンボルを編集モードで開きます。

    • シンボルのインスタンスを選択し、コントロールパネルの「シンボルを編集」をクリックします。警告ボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。

    • シンボルのインスタンスをダブルクリックします。警告ボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。

    • シンボルパネルでシンボルをダブルクリックします。アートボードの中央にシンボルの一時的なインスタンスが表示されます。

  2. アートワークを編集します。

  3. アートボードの左上隅またはコントロールパネル にある編集モードを解除ボタン をクリックするか、Esc キーを押して、編集モードを終了します。

    シンボルにピクセル整合プロパティを適用することもできます。詳しくは、ピクセルグリッドへのシンボルの整合を参照してください。

別のアートワークを使用したシンボルの再定義

  1. 既存のシンボルの再定義に使用するアートワークを選択します。シンボルインスタンスではなく元になるアートワークを選択します。

  2. シンボルパネルで、再定義するシンボルをクリックし、パネルメニューの「シンボルを再定義」を選択します。

注意:

選択したアートワークが自動的にシンボルのインスタンスになります。選択したアートワークをシンボルインスタンスにしないようにするには、Shift キーを押しながら、パネルメニューの「シンボルを再定義」を選択します。

注意:

パネルメニューについて詳しくは、パネルメニューの使用を参照してください。

シンボルライブラリ

シンボルライブラリは、プリセットシンボルの集まりです。シンボルライブラリを開くと、シンボルパネルとは別の新しいパネルが表示されます。

シンボルライブラリでは、シンボルパネルと同じようにシンボルを選択、並べ替え、表示することができます。ただし、シンボルライブラリでは、シンボルの追加、編集、削除を行えません。

シンボルライブラリを開く

  • 次のいずれかの操作を行います。

    • ウィンドウ/シンボルライブラリ/[シンボル名] を選択します。

    • シンボルパネルメニューで「シンボルライブラリを開く」を選択し、表示された一覧からライブラリを選択します。

    • シンボルパネルのシンボルライブラリメニューボタンをクリックし、表示された一覧からライブラリを選択します。

    注意:

    Illustrator を起動したときライブラリを自動的に開くには、ライブラリのパネルメニューで「固定」を選択します。

ライブラリからシンボルパネルへのシンボルの移動

ドキュメント内でシンボルを使用すると、そのシンボルがシンボルパネルに自動的に追加されます。

  • ライブラリでシンボルをクリックします。

シンボルライブラリの作成

  1. ライブラリからすべてのシンボルを追加するには、Shift キーを押してすべてのシンボルを選択して、シンボルライブラリオプションメニューから「シンボルに追加」を選択します。ライブラリ内の必要なシンボルをシンボルパネルに追加し、不要なシンボルを削除します。

    注意:

    ドキュメントで使用されていないシンボルをすべて選択するには、シンボルパネルメニューの「未使用項目を選択」を選択します。

  2. 次に、シンボルパネルメニューの「シンボルライブラリを保存」を選択します。

  3. 新しいライブラリを初期設定のシンボルフォルダーに保存します。シンボルライブラリメニューおよびシンボルライブラリを開くメニューのユーザー定義サブメニューにライブラリ名が自動的に表示されます。

    ライブラリを初期設定のシンボルフォルダー以外のフォルダーに保存した場合は、シンボルパネルメニューのシンボルライブラリを開く/その他のライブラリを選択して、ライブラリを開くことができます。この方法で開いたライブラリは、他のライブラリとともにシンボルライブラリサブメニューに表示されます。

別のドキュメントからのシンボルライブラリの読み込み

  1. ウィンドウ/シンボルライブラリ/その他のライブラリを選択するか、シンボルパネルメニューのシンボルライブラリを開く/その他のライブラリを選択します。

  2. 読み込むシンボルを含んだファイルを選択し、「開く」をクリックします。

    シンボルが、シンボルパネルではなくシンボルライブラリパネルに表示されます。

シンボルパネルの概要

シンボルパネル(ウィンドウ/シンボル)またはコントロールパネルを使用すると、ドキュメントのシンボルを管理できます。シンボルパネルには、様々なプリセットシンボルが用意されています。シンボルライブラリからシンボルを追加することも、作成したライブラリを追加することもできます。プリセットシンボルの使用について詳しくは、シンボルライブラリを参照してください。

パネルでのシンボル表示の変更

  1. パネルメニューから表示オプションを選択します。「サムネール表示」を選択するとサムネールが表示されます。「リスト(小)を表示」を選択すると小さなサムネールとシンボル名の一覧が表示され、「リスト(大)を表示」を選択すると大きなサムネールとシンボル名の一覧が表示されます。

  2. シンボルを別の場所にドラッグします。黒の線が目的の位置に表示されたら、マウスボタンを放します。

  3. パネルメニューの「名前順」を選択すると、シンボルがアルファベット順に表示されます。

パネルでのシンボルの複製

シンボルパネルでシンボルを複製、つまりコピーすると、既存のシンボルインスタンスを使用して新規のシンボルを簡単に作成できます。

シンボルのコピーを作成するには、シンボルパネルのシンボルを選択して、パネルメニューから「シンボルを複製」を選択するか、シンボルを新規シンボルボタンにドラッグします。

注意:

アートボード上のシンボルインスタンスを複製する場合、例えばシンボルを拡大や縮小、回転した後で、同じ変更を加えたインスタンスを追加する場合は、この編集したインスタンスを複製します(シンボルインスタンスの操作を参照してください)。

シンボルの名前変更

  1. シンボルの名前を変更するには、シンボルパネルでシンボルを選択し、パネルメニューの「シンボルオプション」を選択します。次に、シンボルオプションダイアログボックスで新しい名前を入力します。

  2. シンボルインスタンスの名前を変更するには、アートワーク内のシンボルインスタンスを選択し、コントロールパネルの「インスタンス名」テキストボックスに新しい名前を入力します。

シンボル基準点

Illustrator のシンボル基準点は、Adobe Flash Professional のものと似ています。基準点は、シンボルアートの原点です。この機能により、Illustrator と Flash 間の相互運用性が向上しました。

シンボルを作成するときに、シンボルバウンディングボックスの境界上の 8 つの点または中心のいずれかから基準点を選択できます。シンボルの編集モードと標準モードでは、シンボルインスタンスが選択されていると、基準点が十字の図形で表示されます。編集モードでは、アートワークを基準点のマークにスナップできます。

変形パネルメニューの「シンボル基準点を使用」オプションはデフォルトで選択されています。シンボルインスタンスが選択されていると、変形パネルでは基準点の座標系が表示されます。シンボルインスタンスの変形操作はすべて、シンボルアートの基準点を基準にします。

シンボルインスタンスに適用された変形は、「変形をリセット」オプションを使用してリセットできます。詳しくは、変形のリセットを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー