グラフィックスタイル

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツールデフォルトのキーボードショートカット | Illustrator
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. 3D カメラをズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. 画像を操作
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. アートワークの書き出し
      2. アセットの収集と一括書き出し
      3. ファイルのパッケージ
      4. Adobe PDF ファイルの作成
      5. CSS の抽出 | Illustrator CC
      6. Adobe PDF オプション
      7. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. 起動時にクラッシュが起こる問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

グラフィックスタイルについて

グラフィックスタイルとは、再利用可能なアピアランス属性のセットです。グラフィックスタイルを使用すると、オブジェクトのアピアランスをすばやく変更できます。例えば、オブジェクトの塗りと線のカラーの変更、透明度の変更、効果の適用を一度に行うことができます。グラフィックスタイルを使用して適用したすべての変更は、完全に元に戻すことができます。

グラフィックスタイルは、オブジェクト、グループおよびレイヤーに適用できます。グループやレイヤーにグラフィックスタイルを適用すると、そのグループやレイヤーのすべてのオブジェクトにグラフィックスタイルの属性が適用されます。例えば、不透明度 50 %のグラフィックスタイルがあるとします。このグラフィックスタイルをレイヤーに適用すると、そのレイヤー上のすべてのオブジェクト、およびそのレイヤーに後から追加するすべてのオブジェクトが 50 %の不透明度で表示されます。ただし、オブジェクトをそのレイヤーの外に移動すると、オブジェクトのアピアランスは以前の不透明度に戻ります。

注意:

グループまたはレイヤーに適用したグラフィックスタイルの塗りのカラーがアートワークに表示されない場合は、アピアランスパネルで、その塗り属性を内容エントリの上にドラッグします。

グラフィックスタイルパネルの概要

グラフィックスタイルパネル(ウィンドウ/グラフィックスタイル)を使用すると、アピアランス属性のセットを作成して、名前を付けて保存し、適用することができます。ドキュメントを作成した場合は、パネルに初期設定のグラフィックスタイルが表示されます。ドキュメントがアクティブであるときに保存したグラフィックスタイルは、その後、そのドキュメントを開いてアクティブにしたときにパネルに表示されます。

スタイルに塗りと線がない場合(例えば、効果のみのスタイル)は、黒いアウトラインに白塗りのオブジェクトのシェイプの中にサムネールが表示されます。また、赤い小さなスラッシュが表示され、塗りと線がないことを示します。

文字のスタイルを作成している場合は、グラフィックスタイルパネルメニューの「プレビューにテキストを使用」を選択して、正方形ではなく文字に適用されたスタイルのサムネールを表示します。

スタイルを明確に表示したり、選択したオブジェクトのスタイルをプレビューしたりするには、グラフィックスタイルパネルでスタイルのサムネールを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)すると、ポップアップサムネールが表示されます。

スタイルのサムネールを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して大きなポップアップサムネールを表示する
スタイルのサムネールを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)すると、大きなポップアップサムネールが表示されます。効果のみのスタイルが選択されています。

グラフィックスタイルのリストをパネルに表示する方法の変更

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • パネルメニューからビューサイズのオプションを選択します。「サムネール表示」を選択するとサムネールが表示されます。「リスト(小)を表示」を選択すると小さなサムネールとスタイル名が表示されます。「リスト(大)を表示」を選択すると大きなサムネールとスタイル名が表示されます。

    • パネルメニューから「プレビューに四角形を使用」を選択すると、正方形のスタイル、またはそのスタイルが正方形に適用されたオブジェクトの形状が表示されます。

    • グラフィックスタイルを別の位置までドラッグすると順序を変更できます。黒の線が目的の位置に表示されたら、マウスボタンを放します。

    • アルファベット順または数字順(Unicode 順)にグラフィックスタイルを一覧表示するには、パネルメニューから「名前順」を選択します。

    • パネルメニューから「プレビューにテキストを使用」を選択すると、T の文字でスタイルが表示されます。これにより、テキストに適用されたスタイルを視覚的により正確に確認できます。

       

    プレビューにテキストを使用したグラフィックスタイル
    プレビューにテキストを使用したグラフィックスタイル

グラフィックスタイルの作成

アピアランス属性をオブジェクトに適用して新規のグラフィックを作成することも、他のグラフィックスタイルを基盤としたスタイルを作成することもできます。また、既存のグラフィックスタイルを複製することもできます。

グラフィックスタイルの作成

  1. オブジェクトを選択し、塗りと線、効果、透明度の設定など、任意のアピアランス属性を組み合わせて適用します。

    アピアランスパネルを使用して、アピアランス属性の調整、順序の変更、および複数の塗りと線の作成を行うことができます。例えば、不透明度と描画モードの異なる 3 種類の塗りをグラフィックスタイルに指定し、各カラーが互いにどのように作用するかを確認できます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • グラフィックスタイルパネルの新規グラフィックスタイルボタン をクリックします。

    • パネルメニューから「新規グラフィックスタイル」を選択し、「スタイル名」ボックスに名前を入力して「OK」をクリックします。

    • アピアランスパネルからサムネールを(またはアートワークウィンドウからオブジェクトを)グラフィックスタイルパネルにドラッグします。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら新規グラフィックスタイルボタンをクリックし、グラフィックスタイルの名前を入力して、「OK」をクリックします。

    アピアランスパネルからグラフィックスタイルパネルにサムネールをドラッグし、グラフィックスタイルを保存します。
    アピアランスパネルからグラフィックスタイルパネルにサムネールをドラッグし、グラフィックスタイルを保存します。

2 つ以上の既存のグラフィックスタイルに基づくグラフィックスタイルの作成

  1. Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックして、結合するグラフィックスタイルをすべて選択し、パネルメニューの「グラフィックスタイルを結合」を選択します。

    新しいグラフィックスタイルには、選択したグラフィックスタイルのすべての属性が含まれます。結合したグラフィックスタイルは、グラフィックスタイルパネルのグラフィックスタイルリストの一番最後に追加されます。

グラフィックスタイルの複製

  1. パネルメニューから「グラフィックスタイルを複製」を選択するか、グラフィックスタイルを新規グラフィックスタイルボタンにドラッグします。

    新しいグラフィックスタイルが、グラフィックスタイルパネルの一番最後に追加されます。

グラフィックスタイルの適用

  1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

  2. 1 つのスタイルをオブジェクトに適用するには、次のいずれかの操作を行います。

    • コントロールパネルのスタイルメニュー、グラフィックスタイルパネルまたはグラフィックスタイルライブラリからスタイルを選択します。

    • グラフィックスタイルをドキュメントウィンドウのオブジェクト上にドラッグします(先にオブジェクトを選択しておく必要はありません)。

  3. オブジェクトの既存のスタイル属性をスタイルと結合したり、オブジェクトに複数のスタイルを適用したりするには、次のいずれかの操作を行います。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、スタイルをグラフィックスタイルパネルからオブジェクトにドラッグします。

    • オブジェクトを選択して、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、グラフィックスタイルパネルのスタイルをクリックします。

    注意:

    グラフィックスタイルの適用時に文字カラーを保持するには、グラフィックスタイルパネルメニューの「文字カラーを無視」の選択を解除します。

グラフィックスタイルライブラリの使用

グラフィックスタイルライブラリは、プリセットのグラフィックスタイルの集まりです。グラフィックスタイルライブラリを開くと、グラフィックスタイルパネルではなく、新しいパネルに表示されます。グラフィックスタイルライブラリの項目は、グラフィックスタイルパネルの項目と同じように、選択したり、並べ替えたり、表示したりできます。ただし、グラフィックスタイルライブラリの場合、項目の追加、削除、編集は行うことができません。

グラフィックスタイルライブラリを開く

  1. グラフィックスタイルパネルのメニューで、ウィンドウ/グラフィックスタイルライブラリサブメニューまたはグラフィックスタイルライブラリを開くサブメニューからライブラリを選択します。

注意:

Illustrator を起動したときライブラリを自動的に開くには、ライブラリのパネルメニューで「固定」を選択します。

グラフィックスタイルライブラリの作成

  1. グラフィックスタイルパネルに必要なグラフィックスタイルを追加し、不要なグラフィックスタイルを削除します。

    注意:

    ドキュメントで使用されていないグラフィックスタイルをすべて選択するには、グラフィックスタイルパネルメニューの「未使用項目を選択」を選択します。

  2. グラフィックスタイルパネルメニューから「グラフィックスタイルライブラリを保存」を選択します。

    ライブラリは任意の場所に保存できます。ただし、ライブラリファイルをデフォルトの場所に保存する場合は、グラフィックスタイルライブラリメニューのユーザー定義サブメニューおよびグラフィックスタイルライブラリを開くメニューにライブラリ名が表示されます。

ライブラリからグラフィックスタイルパネルへのグラフィックスタイルの移動

  • グラフィックスタイルライブラリからグラフィックスタイルパネルにグラフィックスタイルをドラッグします。

  • 追加するグラフィックスタイルを選択し、ライブラリのパネルメニューの「グラフィックスタイルに追加」を選択します。

  • グラフィックスタイルをドキュメント内のオブジェクトに適用します。グラフィックスタイルが自動的にグラフィックスタイルパネルに追加されます。

グラフィックスタイルの操作

グラフィックスタイルパネルでは、グラフィックスタイルの名前変更または削除、グラフィックスタイルへのリンクの解除、グラフィックスタイル属性の置き換えなどを行うことができます。

グラフィックスタイルの名前の変更

  1. パネルメニューの「グラフィックスタイルオプション」を選択して、ファイル名を変更し、「OK」をクリックします。

グラフィックスタイルの削除

  1. パネルメニューの「グラフィックスタイルを削除」を選択して「はい」をクリックするか、スタイルを削除アイコン上にドラッグします。

    グラフィックスタイルを削除しても、そのグラフィックスタイルを使用しているオブジェクト、グループまたはレイヤーのアピアランス属性は変わりません。ただし、それらの属性とグラフィックスタイルとの関連付けは解除されます。

  1. グラフィックスタイルが適用されたオブジェクト、グループまたはレイヤーを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • グラフィックスタイルパネルメニューの「グラフィックスタイルへのリンクを解除」を選択するか、パネルでグラフィックスタイルへのリンクを解除ボタン をクリックします。

    • 選択したオブジェクト、グループまたはレイヤーのアピアランス属性(塗り、線、不透明度、効果など)を変更します。

      オブジェクト、グループ、レイヤーは同じアピアランス属性を保持したまま、独立して編集できるようになります。属性を変更した場合、グラフィックスタイルへの関連付けは解除されています。

グラフィックスタイル属性の置き換え

  • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、現在のグラフィックスタイルの上に新しく使用するグラフィックスタイルをドラッグします。

  • 使用する属性を持つオブジェクトまたはグループを選択します(またはレイヤーパネルでレイヤーをターゲットとして指定します)。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、アピアランスパネルの上にあるサムネールを、グラフィックスタイルパネル上の置き換えるスタイルにドラッグします。

  • 置き換えるグラフィックスタイルを選択します。次に、使用する属性を持つアートワークを選択し(またはレイヤーパネルで使用する属性を持つ項目をターゲットにし)、アピアランスパネルメニューの「グラフィックスタイルを更新 "スタイル名"」を選択します。

    置き換えたグラフィックスタイルは元の名前のままですが、新しいアピアランス属性が適用されます。Illustrator ドキュメント内で、そのグラフィックスタイルが使用されているすべての部分が新しい属性に更新されます。

別のドキュメントからのすべてのグラフィックスタイルの読み込み

  1. ウィンドウ/グラフィックスタイルライブラリ/その他のライブラリを選択するか、グラフィックスタイルパネルメニューのグラフィックスタイルライブラリを開く/その他のライブラリを選択します。

  2. グラフィックスタイルを読み込むファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

    読み込んだグラフィックスタイルは、グラフィックスタイルライブラリパネルに表示されます(グラフィックスタイルパネルには表示されません)。

アドビのロゴ

アカウントにログイン