Creative Cloud チャート(プレビュー)は、新しいサービスに対するユーザーからの生のフィードバックを集めるためのテクノロジープレビューとして、Illustrator CC の 2015 年 6 月リリースで導入されました。そこから得たフィードバックを参考にして、Illustrator チームはチャートサービスを一時停止し、機能のデザインの改善に努めることにしました。チャートプレビューは、Illustrator の 2015 年 11 月リリースには含まれない予定です。

2015 年 11 月 30 日以降は、チャートを含む Illustrator ドキュメントを開くと、チャートが Illustrator の標準的なベクターグラフィックに変換されます。既存のチャートデータを保存するには 2016 年 1 月 15 日までに Creative Cloud チャートサービスにアクセスして、データをデスクトップに保存可能なスプレッドシートの形式にコピーしておく必要があります。詳しくは、Creative Cloud チャートに関する FAQ を参照してください。

Creative Cloud の新しいサービスである Creative Cloud チャート(CC チャート)では、説得力のあるチャートやインフォグラフィックを作成できます。

Illustrator でサポートされているチャートの種類は、次のとおりです。

値による拡大・縮小チャート

カスタムアートを使用して、データ値をチャートのデザインで表現できるようになりました。チャート要素の操作性や柔軟性はかつてなく充実し、視覚的にアピールするようにスタイル調整や処理を行い、基本データへのリンクを破損することなく美しいチャートを作成することがきます。

棒チャート

数値データを棒チャート(ヒストグラム)で表します。CC チャートの Web ビューで、データやチャートのレイアウトを編集できます。

一般的なワークフローは次のようになります。

  1. CC チャートツールを使用して棒チャートを作成するか、ライブラリパネルのライブラリにあるチャートをアートボードにドラッグします。
  2. (値による拡大・縮小チャートについて)Illustrator で次の操作を実行します。
  3. チャートオブジェクトのコンテキストメニューで、「Creative Cloud で編集」をクリックします。ブラウザーに新しいタブかウィンドウが開きます。
  4. ブラウザーのインターフェイスで、

新しいチャートの作成
今すぐ始めましょう

Creative Cloud チャート Web ビュー

すべてのアクションはここで発生します

チャートレイアウトの変更 
要素を動かしてカスタマイズしましょう

チャートオプション
レイアウトの変更 - カスタマイズしましょう

チャートの外観を編集
外観の変更 - カスタマイズしましょう

チャートデータの読み込みと定義

数値を入力しましょう

チャートデータの編集
数値を意味あるものにしましょう

ご意見をお寄せください
アドビのサービスに関する簡単なアンケートにご協力ください。


新しいチャートの作成

  1. ツールパネルで CC チャートツールを選択します(ショートカットキー:J)。

  2. アートボード上でクリック&ドラッグして必要なサイズのチャートを作成します。

    注意:

    縦チャートが表示されない場合、次の手順に説明されている CC チャートのコンテキストメニューを使用して、チャートの種類を棒チャートに変更します。

  3. チャートをクリックして、CC チャートのコンテキストメニューを表示します。

    CC チャートコンテキストメニュー
    CC チャートコンテキストメニュー

    チャートメニューを使用して、次の操作を行えます。

    1. チャートの種類を変更します。
      注意:現在、Illustrator では、値による拡大・縮小チャート  と棒チャート  がサポートされています。
    2. 現在のチャート  を複製します。
    3. Creative Cloud チャート Web ビューでチャートのデータとレイアウトを編集します。

Creative Cloud チャート Web ビュー

チャートのレイアウトを操作する、またはデータを読み込むまたは変更するために棒チャートのオブジェクトを作成するとき、チャートを Creative Cloud でオンラインで編集する必要があります。

Creative Cloud でチャートを編集する際に、チャートのデータとアピアランスを変更するほかに、追加のアクションを実行できます。

  • 詳細の確認。リンクをクリックしてチャートの詳細を確認します。
  • ズーム。「チャート」タブで、ズーム値を指定するか、チャートの大きさを空いたスペースに合わせて調整する、またはリアルな 1:1 スケールで表示します。
    注意:ズーム値は表示にのみ影響し、実際のチャートのアートワークの寸法には影響しません。
  • 共有。共有/リンクを送信をクリックしてチャートの画像のリンクをメールの宛先に転送します。
  • アクション。次のアクションから選択します。
    • 名前を変更。チャートに新しい名前を付けます。
    • 削除。チャートを削除します。

状況依存型棒チャートのオプション

棒チャートでは、次のレイアウトを変更できます。

  • チャート全体
  • 値(Y)の座標軸
  • 項目(X)の座標軸
  • チャートのデータ

縦チャートの各部分で使用できるオプションはセクションに固有です。これらのオプションについて詳しくは、この記事の次のセクションを参照してください。

チャート全体

(初期設定)棒チャートの任意の場所をクリックします

値(Y)の座標軸:

Y 軸をクリックします。軸線や、軸に表示される値も含みます。

値(Y)の座標軸

項目(X)の座標軸:

X 軸をクリックします。軸線や、軸に表示される項目も含みます。

Illustrator の項目(X)の座標軸

チャートのデータ:

チャートデータの値をクリックします。

Illustrator のチャートのデータ

チャートレイアウトの変更

  1. Illustrator でチャートを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • チャートのコンテキストウィジェットをクリックし、「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
    • コントロールパネルで、「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
    • チャートを右クリックして「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
  2. 表示されるブラウザーウィンドウで、「チャート」タブにいることを確認します。

    チャートの種類別に多数の構成可能なオプションが含まれています。以下に示されたチャートの各種類のタブをクリックします。

  3. 「保存」をクリックしてレイアウトの変更を保存します。

チャートオプション

値による拡大・縮小チャート

チャートのアピアランスを編集するオプションは次のとおりです。

拡大・縮小
  • エリア:データに応じてアートワークのサイズが拡大、縮小されます。
  • サイズに合わせて伸縮:「方向」設定で指定した方向にアートワークが伸縮します。
アートワークの伸縮

拡大・縮小」が「サイズに合わせて伸縮」の場合に選択できるオプション:

  • 垂直方向:アートワークが垂直方向に伸縮してデータ値を表現します。
  • 水平方向:アートワークが水平方向に伸縮してより大きいデータ値を表現します。
レイアウト
  • フロー:「方向」、「整列」、「間隔」の設定を使用して指定した順序にアートワークが配置されます。
  • フリーフォーム:アートワークを手動で移動できます。
方向

レイアウト」が「フロー」の場合に選択できるオプション:

  • 左から右
  • 上から下
行揃え

レイアウト」が「フロー」の場合に選択できるオプション:

  • 下揃え:
  • 中央揃え:
  • 上揃え:
間隔

レイアウト」が「フロー」の場合に選択できるオプション:

スライダーを使用して連続するアートワーク間の間隔を変更します。

棒チャート

デフォルトでは、チャートの編集オプションが表示されます。

注意:

一部のオプションは、棒チャートの個別の部分で共通です。わかりやすくするため、共通のオプションは繰り返し表示されません。

チャート要素

チャート
  • データラベル:代表的な各列のデータラベル
項目(X)の座標軸
  • 軸線:X 軸の線
  • 軸ラベル:X 軸に表示された項目のラベル
  • 目盛り:X 軸から軸ラベルへのポインター
値(Y)の座標軸
  • 目盛線:Y 軸の値を示すチャート線インジケーター
  • 補助目盛線:Y 軸の中間の値を示すチャート線インジケーター

間隔

  • 列の間隔:1 セット内のチャートの列間の間隔。チャートの列幅を%で示します。
  • セットの間隔:列セット間の間隔

チャートのサイズ

  • W:チャートの幅(ピクセル単位)
  • H:チャートの高さ(ピクセル単位)
  • :幅または高さを変更すると、他の寸法も比例して更新されます。ロック解除を選択すると、個々の寸法を個別に変更できます。

値(Y)または項目(X)座標軸固有のオプションを変更するには、Y または X 軸をクリックします。

軸スケール(Y 軸)

Y 軸のデータや目盛線のスケールを変更します

優先スケール
  • 最小値:Y 軸上のデータの最小値
  • 最大値:Y 軸上のデータの最大値
目盛線
  • 目盛線:Y 軸の目盛線のスケール
  • 補助目盛線:Y 軸の補助目盛線のスケール

軸位置(Y および X 軸)

位置
  • :(デフォルト)Y 軸線をチャートの左に配置します
  • :Y 軸線をチャートの右に配置します

目盛り(Y および X 軸)

位置
  • 外側:(デフォルト)チャートの目盛りを Y 軸の外側に配置します
  • 内側:チャートの目盛りを Y 軸の内側に配置します

データラベルのオプションを変更するには、チャートのデータラベルをクリックします

軸位置

位置
  • 外側:(デフォルト)データラベルをチャート列の上に配置します
  • 中央:データラベルをチャート列の中央に配置します

ラベルの形式

形式

データラベルの形式を選択する

  • 数値:データラベルを数値で表示します。小数点以下の桁数や桁区切り記号を選択します。
  • 通貨:データラベルを通貨で表示します。小数点、桁区切り記号、通貨の数を選択します。
  • :データラベルをパーセンテージで表示します。小数点以下の桁数や桁区切り記号を選択します。
  • 指数:データラベルを指数表記で表示します。小数点以下の桁数を選択します。

チャートのアピアランスを編集する

グラフの外観を変更することができます。例えば、値による拡大・縮小チャートのアートワークや、棒チャートの棒の色などを変更できます。

値による拡大・縮小チャート

チャートのアートワークの置き換え

  1. Illustrator でチャートを選択します。

  2. ドキュメント内で新しいアートワークを描画するか、使用可能なアートワークをカンバスにドロップします。

    注意:

    グラデーションのメッシュやラスタライズオブジェクトなどの複雑なアートワークはサポートされていません。

    チャートにアートワークをドラッグ&ドロップして現在のチャートオブジェクトを置き換える
    チャートにアートワークをドラッグ&ドロップして現在のチャートオブジェクトを置き換える

チャートのアートワークの編集

  1. Illustrator でチャートを選択し、ダイレクト選択ツール(A)をクリックします。

  2. 1 つ以上のデータ表現を選択し、オブジェクトのアピアランスを変更します。

    個々のオブジェクトのアピアランスを変更して、データポイントを強調表示します。
    個々のオブジェクトのアピアランスを変更してデータポイントを強調表示する

    注意:

    効果、複数の塗りなど一部の複雑なアピアランスは、Creative Cloud でチャートを編集している間は表示されませんが、Illustrator 内に保持されます。

棒チャート

チャート全体、チャートのすべての棒、棒グループ、または単一の棒の外観を変更できます。チャートの特定のコンポーネントの外観を変更するには、棒チャートでチャート選択機能を使用します。

選択ツールを使用したチャートの構成要素の選択

棒チャートには様々なレベルの選択機能が含まれています。Illustrator には、チャートのコンポーネントを様々なレベルで続けて選択できるドリルダウン機能が用意されています。

棒チャートの場合、ドリルダウン機能は、チャート内の棒、グリッド線、および軸線で機能します。

チャート内の棒をドリルダウンするには:

  1. 棒チャート全体を選択するには、チャート領域の棒を 1 回クリックします。
  2. チャートのすべての棒を選択するには、棒をもう一度クリックします。
  3. チャートのすべての棒グループを選択するには、棒をもう一度クリックします。
  4. 1 つの棒を選択するには、棒をもう一度クリックします。

グリッド線をドリルダウンするには:

  1. 棒チャート全体を選択するには、チャート領域を 1 回クリックします。
  2. チャートのすべてのグリッド線を選択するには、グリッド線をクリックします。
  3. 1 つの棒を選択するには、棒をもう一度クリックします。

軸をドリルダウンするには:

  1. 棒チャート全体を選択するには、チャート領域を 1 回クリックします。
  2. 軸やその目盛りを選択するには、軸またはその目盛り上をクリックします。
  3. 軸線を選択するには、軸線をクリックします。
    または
    目盛りを選択するには、軸の目盛りをクリックします。

ダイレクト選択ツールを使用してチャートの構成要素を選択する

チャートのドリルダウン機能を使用して、チャート内の構成要素を連続してドリルダウンできます。最下位の構成要素を直接選択するには、ダイレクト選択ツールを使用できます。

1 つの棒を選択するには、ダイレクト選択ツール(A)を選択し、棒をクリックします。

同様に、1 つのグリッド線または軸線を選択するには、ダイレクト選択ツール(A)を選択し、線をクリックします。

棒チャートの構成要素の外観を変更する

チャート用の構成要素選択機能を使用して、チャートの特定の構成要素の外観を変更することができます。

棒のグループの色を変更するには:

  1. ドリルダウン機能を使用します。棒のグループを選択します。
  2. Illustrator の塗り機能を使用して、棒に適用する色を選択します。
棒チャートの構成要素の外観を変更する

同様に、他の棒グループの色を変更します。また、グリッド線の外観を変更することもできます。

  1. もう一度、ドリルダウン機能を使用して、グリッド線を選択します。
  2. Illustrator の線機能を使用して、線を点線に変更します。
棒チャートの構成要素の外観を変更する

チャート上のテキストの外観(フォントファミリー、フォントサイズなど)を変更することもできます。

チャート全体を選択します。

  1. 文字パネル(ウィンドウ/書式/文字)を開きます。
  2. 文字パネルからテキストの外観を変更するオプションを選択します。

チャート内の特定のテキストオブジェクトを選択するには、ダイレクト選択ツールを使用する必要があります。

チャートデータの読み込みと定義

注意:

「チャート」タブでデータを変更する際には、「適用」、「保存」とクリックして、Illustrator でチャートが確実に更新されるようにします。

  1. Illustrator でチャートを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • チャートのピンをクリックし、「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
    • コントロールパネルで、「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
    • チャートを右クリックして「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
  2. 表示されるブラウザーウィンドウで、「データ」タブをクリックします。

  3. 「ファイルを選択」をクリックして、データを読み込むコンマ区切り値(.csv)またはMicrosoft Excel(.xls または .xlsx)ファイルを選択します。

    注意:

    データを読み込むと、チャートの既存のデータは常に上書きされます。

  4. 重要)有効な行と列で、チャートに表示するデータセルの上にマウスをクリック&ドラッグし、「適用」()をクリックします。

    チャートプレビューページ領域が、チャートで選択した値の表現に更新されます。

  5. データを追加、変更、修正して、「保存」をクリックします。

    「保存」をクリックするたびに Illustrator でチャートが更新されます。

    注意:

    Illustrator でチャートが更新される速度は、インターネット接続の速度によって異なります。すぐに反映される場合もあれば、最大で 12 ~ 15 秒かかる場合もあります。

チャートデータの編集

注意:

「チャート」タブでデータを変更する際には、「適用」、「保存」とクリックして、Illustrator でチャートを確実に更新します。

  1. Illustrator でチャートを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • チャートのピンをクリックし、「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
    • コントロールパネルで、「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
    • チャートを右クリックして「Creative Cloud チャートで編集」をクリックする
  2. 表示されるブラウザーウィンドウで、「データ」タブをクリックします。

  3. データが含まれるセルをクリックするか、セルの範囲を選択します。

    状況に応じたピン()が表示されます。

  4. 選択したデータで使用できる追加のオプションを確認するには、ピンで 3 つの点()をクリックします。

  5. コンテキストメニューに表示される、セルを挿入、削除、並び替えるオプションからオプションを選択します。

    オプションを使用して、読み込まれたまたは有効なデータで作業を続行します。
    オプションを使用して読み込まれたまたは有効なデータで作業を続行する

  6. 完了したら、「適用」、「保存」とクリックして、Illustrator で変更を確実に反映します。

Creative Cloud チャート(プレビュー)アンケート

アドビはお客様からのフィードバックを重視しています。ご意見をお寄せください。

Creative Cloud チャート(プレビュー)機能に関するお客様の満足度を知るための簡単なアンケートにご協力ください。可能であれば、なるべく詳しく書いていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートのリンク:https://www.surveymonkey.com/s/CC_Charts_Feedback

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー