Illustrator には、アートワークの作成と操作を行うための各種のツールがあります。ここでは、各ツールについてイラストを使って簡単に説明します。

Illustrator では、次の選択ツールを使用することができます。



選択ツール(V)はオブジェクト全体を選択します。詳しくは、選択ツールによるオブジェクトの選択
を参照してください。



ダイレクト選択ツール(A)はオブジェクトのアンカーポイントやパスセグメントを選択します。詳しくは、パス、セグメントおよびアンカーポイントの選択
を参照してください。



グループ選択ツールはグループ内のオブジェクトやグループを選択します。詳しくは、グループ選択ツールによるオブジェクトとグループの選択
を参照してください。



自動選択ツール(Y)は共通する属性を持つオブジェクトを選択します。詳しくは、自動選択ツールによるオブジェクトの選択
を参照してください。



なげなわツール(Q)はオブジェクトのアンカーポイントやパスセグメントを選択します。詳しくは、なげなわツールによるオブジェクトの選択
を参照してください。



アートボードツールによって、プリントまたは書き出しを行うための個別のアートボードを作成します。詳しくは、アートボードの作成
を参照してください。

Illustrator では、次の描画ツールを使用することができます。



ペンツール(P)は直線や曲線を描いてオブジェクトを作成します。詳しくは、ペンツールを使用した描画
を参照してください。



アンカーポイントの追加ツール(+)は、パスにアンカーポイントを追加します。詳しくは、アンカーポイントの追加と削除
を参照してください。



アンカーポイントの削除ツール(-)は、パスからアンカーポイントを削除します。詳しくは、アンカーポイントの追加と削除
を参照してください。



アンカーポイントの切り換えツール(Shift + C)は、スムーズポイントをコーナーポイントにまたはコーナーポイントをスムーズポイントに変換します。詳しくは、スムーズポイントとコーナーポイントの切り替え
を参照してください。



直線ツール(¥)は直線セグメントを描きます。詳しくは、直線ツールを使用した直線の描画
を参照してください。



円弧ツールは曲線セグメントを描きます。詳しくは、円弧の描画
を参照してください。



スパイラルツールは時計回りまたは反時計回りのスパイラルを描きます。詳しくは、スパイラルの描画
を参照してください。



長方形グリッドツールは長方形のグリッドを描きます。詳しくは、長方形グリッドの描画
を参照してください。



同心円グリッドツールは同心円のグリッドを描きます。詳しくは、同心円グリッドの描画
を参照してください。



長方形ツール(M)は正方形や長方形を描きます。詳しくは、長方形と正方形の描画
を参照してください。



角丸長方形ツールは角の丸い正方形や長方形を描きます。詳しくは、長方形と正方形の描画
を参照してください。



楕円形ツール(L)は正円や楕円を描きます。詳しくは、楕円の描画
を参照してください。



多角形ツールは正多角形を描きます。詳しくは、多角形の描画
を参照してください。



スターツールは星形を描きます。詳しくは、星形の描画
を参照してください。



フレアツールはレンズや太陽の閃光に似た効果を作成します。詳しくは、フレアを使用した描画
を参照してください。



鉛筆ツール(N)は自由な線を描画および編集します。詳しくは、鉛筆ツールを使用した描画
を参照してください。



スムーズツールは、ベジェパスを滑らかにします。詳しくは、パスの平滑化
を参照してください。



パス消しゴムツールは、オブジェクトのパスやアンカーポイントを消去します。詳しくは、アートワークの消去
を参照してください。



遠近グリッドツールを使用すると、遠近描画でアートワークを作成およびレンダリングできます。詳しくは、遠近グリッドについて
を参照してください。



遠近図形選択ツールを使用すると、オブジェクト、テキストおよびシンボルを遠近描画したり、遠近描画のオブジェクトを移動したり、現在の位置に対して垂直にオブジェクトを移動したりできます。詳しくは、遠近グリッドについて
を参照してください。

.

Illustrator では、次の文字ツールを使用することができます。



文字ツール(T)は文字列やテキストエリアを作成し、テキストを編集します。詳しくは、エリア内への文字の入力
を参照してください。



エリア内文字ツールはクローズパスをテキストエリアに変換し、そのエリア内にテキストを入力、編集できるようにします。詳しくは、エリア内への文字の入力
を参照してください。



パス上文字ツールはパスをテキスト入力用のパスに変換し、パスに沿ってテキストを入力、編集できるようにします。詳しくは、パステキストの作成
を参照してください。



文字(縦)ツールは縦書きの文字列やテキストエリアを作成し、縦書きテキストを編集します。詳しくは、エリア内への文字の入力
を参照してください。



エリア内文字(縦)ツールはクローズパスを縦書き用のテキストエリアに変換し、そのエリア内に縦書きテキストを入力、編集できるようにします。詳しくは、エリア内への文字の入力
を参照してください。



パス上文字(縦)ツールはパスを縦書きテキスト入力用に変換し、パスに沿って縦書きテキストを入力、編集できるようにします。詳しくは、パステキストの作成
を参照してください。

Illustrator には、次のペイントツールがあります。



ブラシツール(B)は、自由な線を描き、カリグラフィ、アート、パターン、絵筆ブラシストロークなどをパスに適用します。詳しくは、ブラシツールでのパスの作成
を参照してください。



メッシュツール(U)は、メッシュやメッシュエンベロープを作成および編集します。詳しくは、メッシュオブジェクトの作成
を参照してください。



グラデーションツール(G)は、オブジェクト内のグラデーションの開始点、終了点および角度を調整するか、グラデーションをオブジェクトに適用します。詳しくは、オブジェクトへのグラデーションの適用
を参照してください。



スポイトツール(I)は、オブジェクトのカラー、文字、アピアランスの属性を抽出し、適用します。詳しくは、スポイトツールを使用したアピアランス属性のコピー
を参照してください。



ライブペイントツール(K)は、現在のペイント属性でライブペイントグループの面および輪郭線をペイントします。詳しくは、ライブペイントツールを使用したペイント
を参照してください。



ライブペイント選択ツール(Shift + L)は、ライブペイントグループ内の面および輪郭線を選択します。詳しくは、ライブペイントグループの項目の選択
を参照してください。



ものさしツールは 2 点間の距離を測ります。詳しくは、オブジェクト間の距離の測定
を参照してください。



塗りブラシツール(Shift + B)は、同じカラーを共有し、重なり順が隣接しているカリグラフィブラシパスを自動的に拡張して結合するパスを描画します。詳しくは、塗りブラシツールを使用したパスの描画と結合
を参照してください。

Illustrator では、オブジェクトの変形に次のツールを使用できます。



回転ツール(R)は固定点を中心にしてオブジェクトを回転します。詳しくは、オブジェクトの回転
を参照してください。



リフレクトツール(O)は固定軸を基準にしてオブジェクトを反転します。詳しくは、オブジェクトのリフレクトまたは反転
を参照してください。



拡大/縮小ツール(S)は固定点を基準にしてオブジェクトのサイズを変更します。詳しくは、オブジェクトの拡大/縮小
を参照してください。



シアーツールは固定点を基準にしてオブジェクトを傾けます。詳しくは、シアーツールを使用したオブジェクトのシアー
を参照してください。



変形ツールは、パスのすべての詳細を維持したまま、選択されたアンカーポイントを調整します。詳しくは、全体の形状を変形させることなくパスの一部を伸縮
を参照してください。



自由変形ツール(E)は選択部分のサイズ変更、回転、歪み変形を行います。



ブレンドツール(W)は複数のオブジェクト間で色と形状を変化させた一連のオブジェクトを作成します。詳しくは、ブレンドの作成
を参照してください。



線幅ツール(Shift + W)は、可変線幅で線を作成できるようにします。詳しくは、線幅ツールの使用
を参照してください。



ワープツール(Shift + R)はカーソルの動きに応じて、オブジェクトを粘土のように伸ばします。詳しくは、リキッドツールを使用したオブジェクトの変形
を参照してください。



うねりツールはオブジェクトを旋回して変形します。詳しくは、リキッドツールを使用したオブジェクトの変形
を参照してください。



収縮ツールはコントロールエリアをカーソルの方向に移動することで、オブジェクトを収縮させます。詳しくは、リキッドツールを使用したオブジェクトの変形
を参照してください。



膨張ツールはコントロールエリアをカーソルから離れた位置に移動することで、オブジェクトを膨張させます。詳しくは、リキッドツールを使用したオブジェクトの変形
を参照してください。



ひだツールは、オブジェクトのアウトラインに細かい滑らかな曲線をランダムに追加します。詳しくは、リキッドツールを使用したオブジェクトの変形
を参照してください。



クラウンツールは、先の尖ったディテールを、オブジェクトのアウトラインにランダムに追加します。詳しくは、リキッドツールを使用したオブジェクトの変形
を参照してください。



リンクルツールは、オブジェクトのアウトラインに細かいしわのような効果を追加します。詳しくは、リキッドツールを使用したオブジェクトの変形
を参照してください。



シェイプ形成ツールは、単純なシェイプを結合して、複雑なカスタムシェイプを作成します。Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
を参照してください。

シンボルツールを使用すると、シンボルインスタンスセットを作成したり、変更したりできます。 シンボルセットは、シンボルスプレーツールを使用して作成します。 シンボルセットを作成した後、その他のシンボルツールを使用して、セットのインスタンスの密度、カラー、位置、サイズ、回転、透明度およびスタイルを変更できます。



シンボルスプレーツール(Shift + S)は、アートボードに複数のシンボルインスタンスをセットとして配置します。詳しくは、シンボルセットの作成
を参照してください。



シンボルシフトツールでは、シンボルインスタンスを移動したり、重なり順を変更したりできます。詳しくは、セット内のシンボルインスタンスの重なり順の変更
を参照してください。



シンボルスクランチツールは、シンボルインスタンスを集中または拡散するように移動します。詳しくは、シンボルインスタンスの収集または散布
を参照してください。



シンボルリサイズツールは、シンボルインスタンスのサイズを変更します。詳しくは、シンボルインスタンスのサイズ変更
を参照してください。



シンボルスピンツールは、シンボルインスタンスを回転します。詳しくは、シンボルインスタンスの回転
を参照してください。



シンボルステインツールは、シンボルインスタンスに色を付けます。詳しくは、シンボルインスタンスの彩色
を参照してください。



シンボルスクリーンツールは、シンボルインスタンスに透明を適用します。詳しくは、シンボルインスタンスの透明度の調整
を参照してください。



シンボルスタイルツールは、選択したスタイルをシンボルインスタンスに適用します。詳しくは、シンボルインスタンスへのグラフィックスタイルの適用
を参照してください。

Illustrator には 9 種類のグラフツールが用意されており、ツールごとに異なる種類のグラフを作成できます。 選択するグラフの種類は、伝えたい情報によって異なります。詳しくは、グラフの作成を参照してください。



棒グラフツール(J)は、垂直の棒を使用して値を比較するグラフを作成します。



積み上げ棒グラフツールは、棒グラフのようなグラフを作成しますが、それぞれの棒は横に並ぶのではなく、上に積み重なります。このグラフは、全体に対する割合を示す場合に便利です。



横向き棒グラフツールは、棒グラフに似たグラフを作成しますが、棒を垂直方向ではなく水平方向に配置します。



横向き積み上げ棒グラフツールは、積み上げ棒グラフに似たグラフを作成しますが、積み上げた棒を垂直方向ではなく水平方向に表示します。



折れ線グラフツールは、点を使用して値の組を表すグラフを作成します。値の組ごとに点を結ぶ線の種類が変わります。 このグラフは、一定期間における対象項目の傾向を表すときによく使用されます。



階層グラフツールは、折れ線グラフに似たグラフを作成しますが、値の変動に加え、合計を強調します。



散布図ツールは、X 軸と Y 軸の座標値でデータポイントを示すグラフを作成します。散布図は、データの傾向や動向を把握する場合に便利です。 また、変数が影響し合っているかどうかを表すときにも使用します。



円グラフツールは、円形のグラフを作成します。円を扇形に区切り、比較する値の相対的な割合を示します。



レーダーチャートツールは、ある時点または特定のカテゴリーの値の組を比較して円形で表示するグラフを作成します。 網グラフとも呼ばれます。

Illustrator には、アートボード内を移動し、アートボードの表示を制御する次のツールが用意されています。



手のひらツール(H)はアートワークウィンドウ内でアートボードを移動します。



プリント分割ツールはページグリッドを調整して、プリントページ上でのアートワークの位置を決めます。



ズームツール(Z)はドキュメントウィンドウ内の表示倍率を調整します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー