マニュアル キャンセル

3D アニメーション設定

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 選択可能なトラックマットレイヤー(ベータ版)
      3. ネイティブの H.264 エンコード(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

次の機能を使用して、3D アニメーションコンポジションに対してその他の操作を行います。

3D 環境設定ダイアログ

3D 環境設定ダイアログ
3D 環境設定ダイアログ

3D 環境設定は、After Effects/環境設定/3D メニューから変更できます。

  • カメラのナビゲーション:1/2/3 キーを使用して、各カメラツール/制御オプションを切り替えます。
    • カメラおよび変形ギズモナビゲーション用ホットキーのオプションをオフにします。このオプションをオフにすると、キーをショートカットとして使用してマーカーが追加されます。これらのホットキーによってカメラツールの優先順位が付けられます。ホットキーが有効になっていると、マーカーコマンドは無効になります。
    • Alt キーまたは option キーが押されている場合に、左/中央/右クリックによるカメラの操作を無効にするにはオフにします。オフにすると、これらのマウスクリックはワイヤフレームで使用されます。
      • カメラの操作ポイント:「なし」、「インジケーター」または「方向インジケーター」から選択します。
  • カメラナビゲーション - ドリー:
    • マウススクロールホイールの動作: 「コンポジションを拡大」、「ドリーカメラ」および「ドリーカメラの反転」から選択します。
    • 方向をドラッグ: 「標準」または「反転」から選択します。

改善されたコンポジションパネルのツールバーを使用した、シームレスな 3D 編集と作成

3D がオフ(上)とオン(下)のコンポジションツールバー
3D がオフ(上)とオン(下)のコンポジションツールバー

After Effects では、現在のデザイン作業に応じた適切なコントロールのみが表示され、3D デザイン間でシームレスに作業をおこなうことができます。 切り替え時に多数の設定有効または無効にする必要がないため、時間と手間を節約できます。

3D デザインをさらに便利にし時間を節約するために、コンポジションパネルの下部にあるボタン列を簡素化し再編成して、頻繁に使用される機能のみを表示するようにしました。 3D オプションは状況に応じて表示されるようになり、コンポジションに 3D レイヤーがない場合は表示されなくなりました。 以前のバージョンとは異なり、ピクセル縦横比の補正などツールバーから利用できない設定があります。ただし、コンポジションウィンドウメニューからは引き続きアクセスすることができます。

これにより、2D と 3D の両方でシームレスに作業を行え、適切な UX を使用してデザイン作業をガイドできます。この機能を使用すると、切り替えのたびに多数の設定を何度も有効にしたり無効にしたりする必要がなくなります。

詳しくは、3D デザイン向けに改善されたコンポジションツールバーを参照してください。

キーボードショートカットを編集

キーボードショートカット
キーボードショートカットを編集

キーボードショートカットをカスタマイズして、様々なカメラナビゲーションや変形ギズモに使用することができます。例えば、フレームの中心からオブジェクトの周りやオブジェクト自体の周りにカメラを周回させたい場合などです。キーボードショートカットを編集する方法について詳しくは、「ビジュアルキーボードショートカットエディター」を参照してください。

3D レイヤーのビニングインジケーター

3D レイヤーのビニングインジケーターは、同じ 3D スペースで一緒にレンダリングされる 3D レイヤーを表示します。これにより、レイヤー同士を交差させたり、シャドウを投影したりできるようになります。3D レイヤーのグループは「ビン」と呼ばれます。

3D アイコンを囲むアウトラインは、どのレイヤーが同じ 3D ビンにあり、一緒にレンダリングされるかを示しています。

これらの 3D ビニングインジケーターにより、After Effects での 2D レイヤーと 3D レイヤーの合成方法を視覚的に確認できます。コンポジションに 2D レイヤーと 3D レイヤーの両方が含まれている場合は、レイヤースタックでの順序が重要になります。隣接する 3D レイヤーは、2D レイヤーと合成される前に、同じ 3D スペースに一緒にレンダリングされます。

ビンブレーカー

ビンを分割するタイプのレイヤーにはいくつかの種類があり、これらはビンブレーカーと呼ばれます。

  • 2D レイヤー(ヌルレイヤーを除く)
  • 3D 調整レイヤー
  • レイヤースタイル付きの 3D レイヤー
  • 次の条件を持つネスト化したコンポジションレイヤー。
    • 3D レイヤースイッチが有効になっている
    • 折りたたみ変換スイッチが有効になっている
    • レイヤーにレイヤーマスクまたはトラックマットが含まれている

ビンブレーカー以外

他の 3D レイヤーの間に配置されているヌルレイヤー、カメラライトなど、一部のレイヤーには、3D アイコンの周囲に点線が表示されます。この点線が示しているのは、このレイヤーはビンには関与しないがビンを分割しないということです。例えば、カメラやライトは元々 3D であり、コンポジション内の 3D レイヤーに影響を与えるので、ビンには直接関与しません。

3D レイヤーの表示を無効にする、つまりレイヤーの表示/非表示を切り替える眼球スイッチをオフにすると、そのレイヤーがビンから削除されます。 上下の内容によって、ビンを分割することになる場合もあれば、単にビンに関与しない場合もあります。

ベストプラクティス

2D レイヤーを 3D レイヤー間で積み重ねると、複数の 3D ビンが作成できます。異なるビン内のレイヤー同士の交差やシャドウの投影は行われません。この経験を踏まえて、3D ビンを作成してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン