After Effects プロジェクトを読み込む

After Effects プロジェクトを別の After Effects プロジェクトに読み込むことができます。読み込んだプロジェクトのフッテージファイル、コンポジションおよびフォルダーをなどのすべてが、現在のプロジェクトパネルの新規フォルダー内に表示されます。  

プロジェクト内のすべてのファイルについて、ファイルの名前、フォルダーの名前、および絶対パスまたは相対パス(フォルダーの位置)が維持されている限り、異なるオペレーティングシステムから After Effects プロジェクトを読み込むことができます。相対パスを維持するには、ソースフッテージファイルをプロジェクトファイルと同じボリューム上に置く必要があります。ファイル/ファイルを収集コマンドを使って、特定のプロジェクトまたはコンポジションの全ファイルのコピーを 1 つの場所に集めます(クロスプラットフォームプロジェクトに関して考慮すべき点を参照)。

  1. ファイル/読み込み/ファイルを選択します。
  2. 読み込む After Effects プロジェクトを選択し、「開く」をクリックします。

ファイルの形式が現在のオペレーティングシステムでサポートされていない場合やファイルが見つからない場合、または参照リンクが壊れている場合は、カラーバーを含んだプレースホルダーアイテムが代わりに使われます。プロジェクトパネルのプレースホルダーをダブルクリックしソースファイルをナビゲートすることによって、プレースホルダーを正しいファイルにリンクし直すことができます。通常、1 つのフッテージファイルをリンクし直すだけで済みます。同じ場所にある他のアイテムも同様にリンクされます。

注意:

ムービーをレンダリングして QuickTime(MOV)、Video for Windows(AVI)形式で書き出す場合、 プロジェクトへのリンクをコンテナファイルに埋め込むことができます。プロジェクトを読み込むには、MOV または AVI ファイルを読み込み、ファイルの読み込みダイアログボックスの読み込みの種類メニューで「プロジェクト」を選択します。別の場所に移動したプロジェクトへのリンクがファイルに含まれている場合は、プロジェクトを検索して参照できます。

Adobe Premiere Pro プロジェクトを読み込む

注意:

Adobe Premiere Pro プロジェクトを After Effects に読み込む場合、Dynamic Link は使用しません。After Effects は、Premiere Pro プロジェクト内の 1 つまたは複数のシーケンスが After Effects に動的にリンクされている場合、その Premiere Pro プロジェクトを読み込むことはできません(Adobe Premiere Pro と After Effects の使用を参照)。

Adobe Premiere Pro プロジェクトを読み込むと、Adobe Premiere Pro の各クリップをレイヤーとして含む新規コンポジションと、各クリップを個別のフッテージアイテムとして含むフォルダーの両方が、プロジェクトパネルに読み込まれます。Adobe Premiere Pro プロジェクトに含まれるビンは、Adobe Premiere Pro プロジェクトフォルダー内のフォルダーに変換されます。ネスト化されたシーケンスは、ネスト化されたコンポジションに変換されます。

Adobe Premiere Pro プロジェクトを After Effects に読み込んだ場合、一部の機能が保持されません。Premiere Pro プロジェクトを After Effects に読み込んだ場合、Premiere Pro と After Effects 間でコピー&ペーストする場合と同じ機能が保持されます(After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込みを参照)。

After Effects は、タイムラインのクリップの順序、フッテージのデュレーション(トリムされたすべてのインポイントとアウトポイントを含む)、およびマーカーとトランジションの位置を維持します。タイムラインパネルのレイヤーの配置は、Adobe Premiere Pro タイムラインパネルのクリップ配置に基づいて行われます。Adobe Premiere Pro クリップは、Adobe Premiere Pro タイムラインに表示されている順序(下から上、左から右)で、タイムラインパネルにレイヤーとして追加されます。クリップ/速度コマンドなどによるクリップ速度の変更を保持され、これらの変更は After Effects タイムラインパネルの伸縮列に値として表示されます。

After Effects は、Adobe Premiere Pro と After Effects に共通のエフェクトを読み込み、これらのエフェクトのキーフレームを維持します。

Adobe Premiere Pro プロジェクトに含まれるトランジションとタイトル(ディゾルブを除く)は、After Effects のコンポジション内に平面レイヤーとして表示され、元の場所とデュレーションは保持されます。

オーディオレベルキーフレームは保存されます。

  1. ファイル/読み込み/ファイルまたはファイル/読み込み/Adobe Premiere Pro プロジェクトを選択します。

    読み込み/Adobe Premiere Pro プロジェクトを選択した場合は、Adobe Premiere Pro プロジェクトだけが表示されます。

  2. プロジェクトを選択して、「OK」をクリックします。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つのシーケンスのみを読み込む場合は、ポップアップメニューからいずれかのシーケンスを選択します。

    • オーディオを読み込む場合は、「オーディオを読み込み」を選択します。

    注意:

    Adobe Premiere Pro プロジェクトのトラックからアイテムを 1 つだけ追加するには、Adobe Premiere Pro で目的のアイテムをコピーして、After Effects で編集/ペーストを選択します。

After Effects と Adobe Premiere Pro 間のコピーとペースト

  • After Effects のタイムラインパネルから、オーディオまたは平面を含むビデオ映像のアイテムを基にしたレイヤーをコピーして、Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルにペーストできます。

  • Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルから、アセット(トラック内のアイテム)をコピーして、After Effects のタイムラインパネルにペーストできます。

  • After EffectsAdobe Premiere Pro のどちらからでも、もう一方のプロジェクトパネルにフッテージアイテムをコピー&ペーストすることができます。

注意:

ただし、After Effects のプロジェクトパネルから Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルにフッテージアイテムをペーストすることはできません。

Adobe Premiere Pro のプロジェクトからすべてのクリップまたはシーケンス単位で処理したい場合は、「読み込み」コマンドを使用してプロジェクトを After Effects に読み込みます。

注意:

Adobe Dynamic Link を使用すると、レンダリングせずに、After Effects の新規または既存のコンポジションと Adobe Premiere Pro との間にダイナミックリンクを作成できます(Dynamic Link についてを参照)。

After Effects から Adobe Premiere Pro へのコピー

After Effects のコンポジションからフッテージアイテムを基にしたレイヤーをコピーして、Adobe Premiere Pro のシーケンスにペーストできます。Adobe Premiere Pro では、これらのレイヤーはシーケンス内のクリップに変換され、ソースフッテージがプロジェクトパネルにコピーされます。レイヤーに Adobe Premiere Pro でも使用されているエフェクトが含まれている場合、Adobe Premiere Pro はエフェクトとそのすべての設定およびキーフレームを継承します。

ネスト化されたコンポジション、Photoshop レイヤー、平面レイヤーおよびオーディオレイヤーをコピーすることもできます。Adobe Premiere Pro では、ネスト化されたコンポジションはネストされたシーケンスに、平面レイヤーはカラーマットに変換されます。シェイプ、テキスト、カメラ、ライトまたは調整レイヤーを Adobe Premiere Pro にコピーすることはできません。

  1. Adobe Premiere Pro を起動します(After Effects でレイヤーをコピーする前に Adobe Premiere Pro を起動する必要があります)。
  2. After Effects のタイムラインパネルでレイヤー(複数可)を選択します。

    注意:

    After Effects で時間軸上で重なっていない複数のレイヤーを選択しコピーした場合、レイヤーは Adobe Premiere Pro では同じトラックに配置されます。一方、After Effects でレイヤーが重なっている場合、Adobe Premiere Pro では、選択した順序に従ってトラックに配置されます。各レイヤーは別々のトラックに配置され、最後に選択したレイヤーがトラック 1 に表示されます。例えば、前面から背面へ順にレイヤーを選択した場合、Adobe Premiere Pro では逆の順序で表示され、最も背面のレイヤーがトラック 1 に表示されます。

  3. 編集/コピーを選択します。
  4. Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルでシーケンスを開きます。
  5. 現在の時間インジケーターを目的の位置に移動し、編集/ペースト、または編集/インサートペーストを選択します。

Adobe Premiere Pro へのペーストの結果

Adobe Premiere Pro のシーケンスにレイヤーをペーストする場合、コピーされたレイヤーに含まれるキーフレーム、エフェクトおよびその他のプロパティは、次のように変換されます。

After Effects のアイテム

Adobe Premiere Pro で変換されたアイテム

注意

オーディオレベルプロパティ

チャンネルボリュームエフェクト

描画モード

Adobe Premiere Pro でサポートされる描画モードに変換

エフェクトプロパティとキーフレーム

エフェクトプロパティとキーフレーム(エフェクトが Adobe Premiere Pro にも存在する場合)

Adobe Premiere Pro では、サポートされていないエフェクトはエフェクトコントロールパネルにオフラインとしてリスト表示されます。After Effects のエフェクト名と Adobe Premiere Pro のエフェクト名が同じ場合がありますが、実際には異なるエフェクトなので、これらは変換されません。

エクスプレッション

変換されません

レイヤーマーカー

クリップマーカー

マスクとマット

変換されません

ステレオミキサーエフェクト

チャンネルボリュームエフェクト

タイムリマッププロパティ

タイムリマップエフェクト

時間伸縮プロパティ

速度プロパティ

速度と時間伸縮は反比例します。例えば、After Effects での 200 %の伸縮は Adobe Premiere Pro では 50 %の速度に変換されます。

トランスフォームプロパティの値とキーフレーム

モーションまたは不透明度の値とキーフレーム

ベジェ、自動ベジェ、連続ベジェまたは停止などのキーフレームの種類は保持されます。

R3D ソースファイル用のソース設定

R3D ソースファイル用のソース設定

Adobe Premiere Pro から After Effects へのコピー

Adobe Premiere Pro のシーケンスからビデオまたはオーディオアセットをコピーして、After Effects のコンポジションにペーストできます。After Effects ではアセットがレイヤーに変換され、ソースフッテージのアイテムがプロジェクトパネルにコピーされます。アセットに After Effects でも使用されているエフェクトが含まれている場合、After Effects はエフェクトとそのすべての設定およびキーフレームを変換します。

カラーマット、静止画、ネストされたシーケンスおよびオフラインファイルもコピーできます。After Effects では、カラーマットは平面レイヤーに、ネストされたシーケンスはネスト化されたコンポジションに変換されます。Photoshop の静止画を After Effects にコピーした場合、After Effects では Photoshop のレイヤー情報が保持されます。After EffectsAdobe Premiere Pro タイトルをペーストすることはできませんが、Adobe Premiere Pro のタイトルから属性のあるテキストを After Effects にペーストすることはできます。

  1. Adobe Premiere Pro のタイムラインパネルでアセットを選択します。
  2. 編集/コピーを選択します。
  3. After Effects のタイムラインパネルでコンポジションを開きます。
  4. タイムラインパネルがアクティブになっている状態で、編集/ペーストを選択します。アセットがタイムラインパネルの最上層のレイヤーとして表示されます。

    注意:

    アセットを現在の時間インジケーターの位置にペーストするには、現在の時間インジケーターの位置を合わせ、Ctrl+Alt+V キー(Windows)または Command+Option+V キー(Mac OS)を押します。

After Effects でのペーストの結果

After Effects のコンポジションにアセットをペーストする場合、コピーされたアセットに含まれるキーフレーム、エフェクトおよびその他のプロパティは、次のように変換されます。

Adobe Premiere Pro のアセット

After Effects で変換されたアイテム

注意

オーディオトラック

オーディオレイヤー

5.1 サラウンドまたは 16 ビットを超えるオーディオトラックはサポートされていません。モノラルおよびステレオオーディオトラックはレイヤーとして読み込まれます。

カラーバー&トーン

変換されません

 

描画モード

変換されます

 

クリップマーカー

レイヤーマーカー

 

カラーマット

平面レイヤー

 

クロップエフェクト

マスクレイヤー

 

フレームの保持

タイムリマッププロパティ

 

マスク 変換されます Premiere Pro のすべてのマスクのプロパティ(例えば、ぼかし、不透明度、拡張など)は、マスクを After Effects コンポジションにコピーすると、After Effects にコピーされます。

モーションまたは不透明度の値とキーフレーム

トランスフォームプロパティの値とキーフレーム

ベジェ、自動ベジェ、連続ベジェまたは停止などのキーフレームの種類は保持されます。

シーケンスマーカー

新規平面レイヤー上のマーカー

シーケンスマーカーをコピーするには、シーケンス自体をコピーするか、または Adobe Premiere Pro のプロジェクト全体をコンポジションとして読み込む必要があります。

速度プロパティ

時間伸縮プロパティ

速度と時間伸縮は反比例します。例えば、Adobe Premiere Pro での 50 %の速度は After Effects では 200 %の伸縮に変換されます。

タイムリマップエフェクト

タイムリマッププロパティ

 

タイトル

変換されません

 

カウントダウンマーク

変換されません

 

ビデオとオーディオのトランジション

クロスディゾルブのみ不透明度キーフレームまたは平面レイヤー

 

ビデオエフェクトプロパティとキーフレーム

エフェクトプロパティとキーフレーム(エフェクトが After Effects にも存在する場合)

After Effects では、サポートされていないエフェクトはエフェクトコントロールパネルに表示されません。

ボリュームおよびチャンネルボリュームオーディオエフェクト

ステレオミキサーエフェクト

その他のオーディオエフェクトは変換されません。

R3D ソースファイル用のソース設定

R3D ソースファイル用のソース設定

 

注意:

Premiere Pro プロジェクトを After Effects に読み込む際は、Premiere Pro から After Effects にコピーする場合と同様の方法で機能の変換が行われます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー