マニュアル キャンセル

After Effects での VR 環境の作成

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. シェイプストロークにテーパーをつける方法
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネル、マスク、およびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. Adobe Color テーマ拡張機能の使用
    3. カラーマネジメント
    4. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. 処理速度の向上
    3. 環境設定
    4. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

After Effects では 360 度/VR ビデオの編集をネイティブでサポートしています。様々なダイナミックトランジション、エフェクトおよびタイトルを使用して、没入型ビデオエクスペリエンスを編集および強化できます。After Effects の様々な 360 度/VR ツールを試して、シームレスなポストプロダクションワークフローを実現できます。

After Effects での VR ツールの操作

注意:

VR を操作していると、メモリの制限に達して、GPU アクセラレーションが必要ですというバナーが示されることがあります。デフォルトでは、アドビビデオアプリケーションは、VR で作業する場合、水平解像度 1K あたり約 1 GB のメモリが必要です。After Effects 2018 では、アグレッシブメモリ管理と呼ばれる機能により、要件を減らすことができます。設定を有効にするには、環境設定/プレビュー/GPU 情報/GPU メモリをアグレッシブに使用 (VR 用) を選択します。

VR 環境の作成に使用できるツール

After Effects で 360 度/VR ビデオの編集に使用できるツールは次のとおりです。

After Effects の 360 度/VR ツールは、複雑なコンポジションおよびワークフローを自動化して、360 度のシームレスな制作を実現します。これらのツールを使用すると正確な結果が得られ、編集時間を短縮できます。

VR 環境を作成

「VR 環境を作成」は、コンポジション作成とカメラ関係付け設定のプロセスを自動化します。このツールを使用すると、VR オーサリング環境の機能を After Effects で自動的に実行できます。

「VR 環境を作成」の使用方法

VR 環境を作成」を使用するには、次の手順に従います。

  1. VR 環境を作成」を起動するには、コンポジション/VR/VR 環境を作成を選択します。

  2. VR マスターを最初から作成する場合は、VR 環境を作成ダイアログでマスターのサイズを選択します(1024x1024 でほとんどの VR コンポジションに対応できます)。VR マスターのフレームレートデュレーションを設定し、「VR マスターを作成」をクリックします。

    VR 環境を作成
    VR 環境を作成

  3. コンポジションウィンドウでビューをカスタムビュー 1 に変更して没入型ビデオを作成します。様々な没入型ビデオとエフェクトをエフェクト&プリセットパネルで選択できます。

  4. コンポジションが完成したら、VR 環境を作成ダイアログを開き、「VR 出力を生成」をクリックします。After Effects ですべてのコンポジションとエクスプレッションが作成され、立方体マップの作成に必要なゆがみとカメラが追加されます。

  5. VR マスターを変更して VR コンポジションに変更を適用するには、VR 環境を作成ダイアログで「VR 出力を更新」をクリックします。すべてのコンポジションが削除された後、VR マスターに加えた変更に基づいてコンポジションが再作成されます。

VR 出力設定
VR 出力設定

カメラ設定:
  • 2 ノードカメラを使用:2 ノードカメラを使用する場合は、このオプションを選択します。
  • 3D ヌルカメラコントロールを使用:3D ヌルレイヤーを使用してスカイボックスカメラを制御する場合は、このオプションを選択します。
  • カメラの中心:カメラを中央に配置する場合は、このオプションを選択します。
詳細設定:
  • 3D プラグインを使用:3D プラグインを使用する場合は、このオプションを選択します。
  • エッジブレンディングを使用:3D プラグイン以外のプラグインを使用する場合は、このオプションを選択します。

キューブマップを抽出

「キューブマップを抽出」を使用すると、360 度フッテージから正距円筒のゆがみが除去され、6 個の独立したカメラビューが抽出されます。これら 6 個のカメラビューは立方体構造に配置されています。モーショントラッキングやオブジェクトの削除をおこなえるほか、コンポジションにモーショングラフィックスや VFX を追加できます。

「キューブマップを抽出」の使用方法

キューブマップを抽出」を使用するには、次の手順に従います。

  1. キューブマップを抽出」を起動するには、コンポジション/VR/キューブマップを抽出を選択します。

  2. VR キューブマップを抽出ダイアログで、ドロップダウンリストからコンポジションを選択し、「変換の解像度」を選択して、「キューブマップを抽出」をクリックします。

    キューブマップを抽出
    キューブマップを抽出

  3. VR コンポジションのキューブマップ出力が生成されます。「キューブマップを抽出」を実行すると、VR マスターカメラと共にマスターカメラに接続された 6 個のカメラビューが追加されます。また、最適な効果が得られるように立方体構造に配置された 6 個のカメラフェイスも生成されます。

    立方体構造に配置された 6 個のフェイス
    立方体構造に配置された 6 個のフェイス

    タイムラインパネルの 6 個のフェイス
    タイムラインパネルの 6 個のフェイス

Adobe イマーシブ環境

After Effects の Adobe イマーシブ環境を使用すると、360 度および 180 度フッテージが VR ヘッドマウントディスプレイ(HMD)でどのように見えるかをプレビューできます。

サポートされる VR ヘッドセット

After Effects では、次の VR ヘッドセットがサポートされます。

VR ヘッドセットを使用するには、システムが VR システムの要件を満たしていることを確認し、SteamVR アプリケーションをインストールします。SteamVR は、HTC Vive または Oculus Rift を使用する場合に必要なバーチャルリアリティシステムです。詳しくは、SteamVR サポートページおよびヘッドセットに付属のドキュメントを参照してください。

Steam のインストールと設定

Steam をインストールするには、次の手順に従います。

  1. store.steampowered.com/about に移動し、「Steam をインストール」をクリックします。インストールするには、インストーラーの手順に従います。

  2. Steam で、アカウントを作成するか、既存のアカウントにログインします。

  3. Steam 内から、SteamVR をダウンロードおよびインストールします。

    注意:

    Windows Mixed Reality HMD を使用している場合は、Steam 内で、Windows Mixed Reality for SteamVR をダウンロードしてインストールします。

  4. Steam 内から、「Run Room Setup」をクリックしてルームを設定します。

    詳しくは、Steam のドキュメントの「Room Setup and SteamVR Tutorial」を参照してください。

VR ヘッドセットのインストール

インストールするには:

  • HTC Vive:HTC Vive ヘッドセットに付属の説明書に従います。
  • Oculus Rift:Oculus Rift のダウンロードおよびインストールについて詳しくは、Oculus Rift のドキュメントを参照してください。
任意のハンドヘルドコントローラーをインストールするには、コントローラーに付属の説明書に従います。

After Effects での Adobe イマーシブ環境の有効化

Adobe イマーシブ環境を有効にする前に、ヘッドセットおよびコントローラーが SteamVR で適切に機能することを確認してください。

  1. After Effects で、環境設定/ビデオプレビューを選択します。

  2. 環境設定ダイアログで、「Mercury Transmit を有効にする」オプションを有効にします。「ビデオデバイス」セクションで、「Adobe イマーシブ環境」オプションを有効にします。
    Adobe イマーシブ環境を有効にする
    Adobe イマーシブ環境を有効にする

ヘッドセットでのフッテージのプレビュー

コンポジションパネルの Adobe イマーシブ環境メニューをクリックして、次のオプションから表示オプションを選択します。

  • シアターモード(直線的):コンポジションを空の部屋でフラットな長方形としてプレビューし、ムービー画面を見るビューをシミュレートします。
  • 360 平面視:コンポジションを平面視 360 度の視界イメージとしてプレビューします。
  • 360 上/下:コンポジションを立体視 360 度の視界イメージとしてプレビューします。コンポジションの上/下レイアウトを指定します。
  • 360 並列:コンポジションを 360 度の視界のイメージとしてプレビューします。コンポジション内の並列レイアウトを指定します。
  • 180 上/下:コンポジションを立体視 180 度視界のイメージとしてプレビューします。コンポジションの上/下レイアウトを指定します。
  • 180 並列:コンポジションを 180 度の視界のイメージとしてプレビューします。コンポジション内の並列レイアウトを指定します。

「ビデオプレビューの環境設定」オプションを使用すると、環境設定を変更できます。HMD へのプレビューをオフにするには、環境設定>ビデオプレビュー Adobe イマーシブ環境を無効にします。

ヘッドセットでフッテージをプレビューするためのオプションの選択
ヘッドセットでフッテージをプレビューするためのオプションの選択

アドビのロゴ

アカウントにログイン