マニュアル キャンセル

一般ユーザーインターフェイスアイテム

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 選択可能なトラックマットレイヤー(ベータ版)
      3. ネイティブの H.264 エンコード(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

ツールをアクティブにする

ツールパネルは、アプリケーションウィンドウの上の方に横長のツールバーとして表示することも、通常のドッキング可能なパネルとして表示することもできます。

注意:

いくつかのツールでは、ツールパネルでツールを選択したときだけ関連するコントロールが表示されます。

  • ツールのボタンをクリックします。ボタンの右下隅に小さい三角形が付いている場合は、マウスのボタンを押したままにすると、隠れていたツールが表示されます。その後、必要なツールをクリックしてアクティブにします。

  • ツールのキーボードショートカットを押します(ツールのボタン上にポインターを置くと、ツールヒント(ツール名とキーボードショートカット)が表示されます)。

  • ツールカテゴリ内に表示されていないツールに切り替えるには、ツールカテゴリのショートカットキーを繰り返し押します(例えば、ペンツールを切り替えるには、Q キーを繰り返し押します)。

  • 一時的にツールをアクティブにするには、ツールのキーを押したままにします。キーを放すと、前のアクティブなツールに戻ります(この方法が使用できないツールもあります)。

  • 一時的に手のひらツールをアクティブにするには、スペースバー、H キーまたはマウスの中央ボタンを押したままにします(マウスの中央ボタンを押したままにしても、統合カメラツールがアクティブな場合などは、手のひらツールがアクティブになりません)。

注意:

コンポジション、レイヤーまたはフッテージパネルでパンするには、手のひらツールをドラッグします。パンを高速にするには、Shift キーも押します。

アクティブなツールに関係のあるパネルの表示と非表示を切り替えるには、パネルボタン をクリックします。例えば、ペイントツールがアクティブなときに、このボタンをクリックすると、ペイントパネルとブラシパネルが開くか閉じます。ツールパネルで「パネルを自動的に開く」オプションを選択すると、特定のツールをアクティブにしたときにパネルが自動的に開きます。

パネル、ビューア、およびコンテキストメニューを開く

パネルメニューには、アクティブなパネルやフレームに関係のあるコマンドがあります。ビューアメニューには、ビューアで表示できるコンポジション、レイヤー、フッテージアイテムのリスト、アイテムを閉じるコマンド、およびビューアをロックするコマンドがあります。コンテキストメニューには、コンテキストクリックのアイテムに関連するコマンドが含まれています。After Effects のユーザーインターフェイスの多くの項目には、コンテキストメニューが関連付けられています。コンテキストメニューを使用すると、作業が高速かつ簡単になります。

  • パネルメニューを開くには、パネルの右上隅にあるボタン をクリックします。
  • ビューアメニューを開くには、ビューアのタブでアクティブなコンポジション、レイヤー、またはフッテージアイテムの名前をクリックします。
  • コンテキストメニューを開くには、右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。この操作は、コンテキストクリックとも呼ばれます。

プロジェクトパネル、タイムラインパネル、レンダーキューパネルには、列に分かれている部分があります。

  • 列を表示または非表示にするには、列見出しを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「列を表示」を選択するするか、パネルメニューから「列を表示」を選択して、表示または非表示にする列を選択します。チェックマークは、その列が表示されていることを示します。
注意:

通常、プロジェクトパネルおよびタイムラインパネルでの検索機能およびフィルター機能は、表示されている列のコンテンツに対してのみ動作します。

  • 列を並べ替えるには、列名を選択して、別の位置にドラッグします。

  • 列のサイズを変更するには、列名の横の区切りをドラッグします。サイズを変更できない列もあります。

  • プロジェクトパネルのフッテージアイテムをソートするには、列の見出しをクリックします。逆順でソートするには、もう一度クリックします。

タイムライン、プロジェクトおよびエフェクト&プリセットパネルでの検索とフィルター

プロジェクト、タイムライン、およびエフェクト&プリセットパネルには、パネル内のアイテムのフィルターに使用できる検索フィールドがあります。

  • 検索フィールドに挿入ポイントを置くには、検索フィールド内をクリックします。

  • アクティブなパネルの検索フィールドに挿入ポイントを置くには、ファイル/検索を選択するか、Ctrl +F キー(Windows)または Command+F キー(Mac OS)を押します。

  • 検索フィールドの内容を削除するには、検索フィールドでテキストの右側に表示される ボタンをクリックします。

検索フィールドに入力すると、パネル内のアイテムのリストにフィルターが適用され、一部のアイテムが表示され、その他のアイテムが非表示になります。入力した検索クエリと一致するエントリを持つアイテムだけが表示されます。コンテキストを示すため、一致したアイテムが含まれるフォルダー、レイヤー、カテゴリまたはプロパティグループも表示されます。

通常、表示されている列内のテキストだけがフィルタリング処理で検索されます。例えば、コメントの内容で検索およびフィルタリングするには、コメント列を表示する必要があります(を参照)。

コンポジションで 1 つまたは複数のレイヤーが選択されている場合、タイムラインパネル内のフィルタリング処理は選択したレイヤーだけが対象になります。この場合、選択されていないレイヤーは、検索クエリと一致しなくても除外されません(非表示になりません)。ただし、コンポジション内に選択されているレイヤーがない場合、フィルタリング処理はコンポジション内のすべてのレイヤーが対象になります。この動作は、レイヤーのプロパティのショートカットキーを押すことでプロパティの表示と非表示を切り替える動作と同じです(タイムラインパネルでプロパティの表示/非表示を切り替えるを参照)。

注意:

検索フィールドを消去して検索を終了すると、展開したフォルダーとプロパティグループが折りたたまれます(閉じます)。このため、フィルタリング処理で見つかったアイテムを操作する場合は、検索フィールドを消去して検索を終了する前に操作したほうが簡単です。

プロジェクトパネルまたはタイムラインパネルの検索フィールドに入力するテキストにスペースが含まれる場合、スペースは AND 演算子 として処理されます。例えば dark solid と入力した場合、Dark Red Solid や Dark Gray Solid という名前のフッテージアイテムやレイヤーが一致します。エフェクト&プリセットパネルの検索フィールドでは、スペースはスペース文字として処理されます。例えば、change color と入力した場合、Change Color エフェクトは一致し、Change To Color エフェクトは一致しません。

プロジェクト、タイムラインおよびエフェクト&プリセットパネルでは、OR 検索が許可されます。OR 検索では、コンマは OR を表し、 AND 演算子 がある場合、OR 演算子よりも優先されます。例えば、ブラーエフェクトの量を決定するプロパティには、「量」「ブラー」「ブラーの半径」というプロパティがあります。「量, ブラー, 半径」を検索した場合、すべてのブラーエフェクトの等しい値が表示されます。

検索フィールドに入力すると、入力した内容に一致する最近の検索文字列が表示されます。

この検索方法では、検索フィールドの検索アイコンをクリックして表示されるメニューを使用して、頻繁に使用する項目を保存することができます。検索メニューは 2 つのリストで構成されていて、分割線で区切られています。上部リストには、最近検索した 6 個の語句が最近のものから順に表示されます。下部リストには、保存された検索項目が含まれます。語句を入力すると、それに合わせて上部リストがフィルタリングされて一致する語句が表示されます。

  • 検索項目を保存するには、Shift キーを押しながら、検索メニューの上部リストで検索項目をクリックします。最大 10 個の項目を保存できます。

  • 上下どちらのリストについても、保存されている検索項目をリストから削除するには、削除する項目にマウスカーソルを合わせてハイライトし、Delete キーまたは Backspace キーを押します。

プロジェクトパネルでの検索例

  • 名前またはコメントに特定の文字列が含まれるフッテージアイテムだけを表示するには、その文字列を入力します。

  • ソースファイルが見つからないフッテージアイテムだけを表示するには、不明を入力します(この検索は、ファイルパス列が表示されているかどうかに関係なく機能します。これは、表示されている列だけが検索されるという一般的な規則の例外です)。

  • 未使用のフッテージアイテムだけを表示するには、未使用を入力します。

  • 使用しているフッテージアイテムだけを表示するには、使用を入力します。

  • Cineon のフッテージアイテムだけを表示するには、種類列を表示した状態で Cineon と入力します。

タイムラインパネルでの検索例

  • 名前またはコメントに特定の文字列が含まれるレイヤーとプロパティだけを表示するには、その文字列を入力します。例えば、パペットスターチツールで作成したピンを表示するには、スターチと入力します。

  • 特定のメソッドを使用するエクスプレッションがあるプロパティだけを表示するには、そのメソッド名を入力します。

  • 特定のラベルを持つレイヤーだけを表示するには、ラベル名を入力します(レイヤー、コンポジッション、フッテージアイテムのカラーラベルを参照)。

注意:

ラベル名を示すコンテキストメニューを表示するには、ラベルのサンプルをクリックします。また、ラベル列の見出しの右端をドラッグして列を拡張をして、ラベル名を読むこともできます。

マウスホイールを使用したスクロールとズーム

マウスホイールを使用してタイムライン、コンポジション、レイヤーおよびフッテージパネルをズームインできます。マウスホイールを使用して、タイムライン、プロジェクト、レンダーキュー、フローチャート、エフェクトコントロール、メタデータおよびエフェクト&プリセットパネルをスクロールできます。

  • パネルの中央、またはトラッキング時のターゲット領域を拡大するには、マウスホイールを前に回します。
  • パネルの中央、またはトラッキング時のターゲット領域を縮小するには、マウスホイールを後ろに回します。
  • ポインターを置いている領域を拡大するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらマウスホイールを前に回します。タイムラインパネル、フッテージパネル、レイヤーパネルでこの操作を行うと、タイムナビゲーターまたは時間スケール上のポインターのある時間がズームされます。
  • ポインターを置いている領域を縮小するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらマウスホイールを後ろに回します。タイムラインパネル、フッテージパネル、レイヤーパネルでこの操作を行うと、タイムナビゲーターまたは時間スケール上のポインターのある時間がズームされます。
  • 縦にスクロールするには、マウスホイールを前後に回します。
  • 横にスクロールするには、Shift キーを押しながら、マウスホイールを前後に回します。タイムラインパネル、フッテージパネル、レイヤーパネルで Shift キーを押しながらマウスを後ろに動かすと、タイムナビゲーターまたは時間スケール上のポインターのある時間を基点に時間が先に進みます。逆に前に動かすと、時間が前に戻ります。
注意:

パネルが現在アクティブでなくても、ポインターがパネル上にあれば、マウスホイールを動かしてスクロールまたはズームできます。

変更を取り消す

プロジェクトデータの変更操作だけを取り消せます。例えば、プロパティ値の変更は取り消せますが、パネルのスクロール操作やツールのアクティブ化を元に戻すことはできません。

プロジェクトに最近加えられた 99 件の変更を順に取り消すことができます。

注意:

レイヤーの表示中に誤って内容を変更ないようにするには、変更しないレイヤーをロックします。

  • 直前の変更を取り消すには、編集/[操作名]の取り消しを選択するか、Ctrl+Z
    キーを押します。
  • ある時点以後の変更をすべて取り消すには、編集/ヒストリーを選択し、取り消す最初の変更を選択します。
  • プロジェクトを最後に保存した状態に戻すには、ファイル/復帰を選択します。最後に保存してから行った変更と読み込んだフッテージアイテムがすべてなくなります。この操作を元に戻すことはできません。

After Effects ユーザーインターフェイスのヒント

  • Windows では、ClearType によるテキストのアンチエイリアス機能を使用できます。ClearType を使うと、メニューやダイアログボックスなどのシステムテキストの輪郭が鮮明になり、読みやすくなります。ClearType によるテキストのアンチエイリアスを有効にする方法は、Windows のヘルプを参照してください。

  • ツールヒントを表示するには、「ツールヒントを表示」をオンにします(Windows では編集/環境設定、Mac OS では After Effects/環境設定/一般設定を選択します)。

  • ワークスペースに情報パネルが含まれる場合、情報パネルを、可能な場合のみ、パネルグループ内で常に他のパネルよりも前面に表示することができます。情報パネルには After Effects で実行されている処理やポインターの下にあるアイテムの情報に関するメッセージが表示されます。

  • コンテキストメニューを使用します。

  • ショートカットキーを使うことをお勧めします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン