マニュアル キャンセル

After Effects のワークフロー

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
      5. プロパティパネルを使用して、すばやく簡単にアニメートする
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
    3. トラックマットとトラベリングマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
    4. OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. エフェクトマネージャー
    4. シミュレーションエフェクト
    5. スタイライズエフェクト
    6. オーディオエフェクト
    7. ディストーションエフェクト
    8. 遠近エフェクト
    9. チャンネルエフェクト
    10. エフェクトの生成
    11. トランジションエフェクト
    12. ローリングシャッターの修復エフェクト
    13. ブラー&シャープエフェクト
    14. 3D チャンネルエフェクト
    15. ユーティリティエフェクト
    16. マットエフェクト
    17. ノイズ&グレインエフェクト
    18. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    19. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 高度 3D レンダラー
    5. 3D モデルを読み込んでコンポジションに追加
    6. Creative Cloud ライブラリからの 3D モデルの読み込み
    7. 画像ベースの照明
    8. 3D モデルからのライトとカメラの抽出およびアニメーション化
    9. 3D カメラの移動のトラッキング
    10. シャドウを落とすおよび受ける
    11. 埋め込まれた 3D モデルアニメーション
    12. シャドウキャッチャー
    13. 3D 深度データ抽出
    14. 3D デザインスペースでの作業
    15. 3D 変形ギズモ
    16. 3D アニメーションによるその他の操作
    17. Mercury 3D エンジンを使用した、3D デザインへのリアルタイムのプレビュー変更
    18. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects の H.264 エンコード
    3. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    4. ムービーの変換
    5. マルチフレームレンダリング
    6. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    7. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    8. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. Cinema 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件
  21. ナレッジベース
    1. 既知の問題
    2. 修正された問題
    3. よくある質問
    4. After Effects および macOS Ventura
    5. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理

After Effects での全般的ワークフローの概要


Adobe After Effects を使用して、単純なタイトルをアニメーション化する場合も、 複雑なモーショングラフィックを作成する場合も、リアルな ビジュアルエフェクトをコンポジットする場合も、通常は共通の基本的なワークフローに従います。 ただし、一部の手順を繰り返したり省略することはあります。例えば、すべてが適切に見えるまで、 レイヤープロパティの変更、アニメーション化、プレビューという 手順を繰り返すことができます。After Effects でグラフィック要素を作成する場合は、 フッテージの読み込みを省略したりします。

1. フッテージを読み込んで準備する

プロジェクトを作成したら、プロジェクトパネルでフッテージをプロジェクトに読み込みます。After Effects は、多くの一般的なメディア形式を自動的に変換しますが、属性(フレームレートやピクセル縦横比など)の変換方法を指定することもできます。フッテージパネルで各アイテムを表示すると、コンポジションに合わせて、開始時間と終了時間を設定できます。詳しくは、フッテージアイテムの読み込みと変換を参照してください。

2. コンポジションでレイヤーを作成、配置、コンポジットする

1 つまたは複数のコンポジションを作成します。どのようなフッテージアイテムでも、コンポジション内の 1 つまたは複数のレイヤーのソースにすることができます。レイヤーは、コンポジションパネル内で空間的に配置できます。または、タイムラインパネルを用いて配置することもできます。レイヤーを 2 次元で重ねたり、3 次元に配置したりできます。複数のレイヤーの画像をコンポジットすなわち合成するには、マスク、描画モード、キーイングツールを使用します。シェイプレイヤー、テキストレイヤー、ペイントツールを使用して、ビジュアル要素を作成することもできます。

詳しくは、以下を参照してください。

3. レイヤープロパティを変更してアニメートする

サイズ、位置、不透明度など、レイヤーの任意のプロパティを変更できます。キーフレームとエクスプレッションを使って、あらゆる組み合わせで時間の経過とともに変化するレイヤープロパティを作成することができます。モーショントラッキングを使用すると、モーションをスタビライズさせたり、あるレイヤーをアニメーション化して、別のレイヤーのモーションに追従させたりできます。

詳しくは、以下を参照してください。

4. エフェクトを追加してエフェクトプロパティを変更する

エフェクトの 任意の組み合わせを追加して、レイヤーのルックアンドフィールまたはサウンドを 変更できるほか、ビジュアル要素を一から作成することもできます。何百ものエフェクト、 アニメーションプリセット、およびレイヤースタイルを 適用することができます。また、自分のアニメーションプリセットを作成し保存することもできます。 エフェクトプロパティグループに含まれる単なるレイヤープロパティであるエフェクトプロパティも、 アニメーション化できます。詳しくは、エフェクト およびアニメーションプリセットの概要を参照してください。

5. プレビュー

お使いのコンピューターモニター上または外部ビデオモニター上でのコンポジションのプレビューは、複雑なプロジェクトであっても短時間で行えて有益です。プレビューの速度と画質は、解像度とフレームレートを指定したり、プレビューするコンポジションのエリアとデュレーションを限定したりすることで変更できます。カラーマネジメント機能を使って、別の出力デバイスでムービーがどのように表示されるかをプレビューできます。

詳しくは、以下を参照してください。

6. レンダリングして書き出す

レンダーキューに 1 つまたは複数のコンポジションを追加し、選択した画質設定でレンダリングしたり、指定した形式のムービーを作成したりします。ファイル書き出しまたはコンポジションレンダーキューに追加を使用できます。

詳しくは、Adobe Media Encoder のレンダリングと書き出しの基本の節を参照してください。

基本的なワークフローチュートリアル: 簡単なムービーの作成

このチュートリアルでは、After Effects がすでに起動していて、 空の初期設定プロジェクトを変更していないことを想定しています。 このサンプルでは、フッテージの読み込みの手順はスキップして、その代わりに 独自の合成画像要素を作成する方法を紹介しています。最終ムービーのレンダリングが完了すると、 ムービーを After Effects に読み込んで、 その他のフッテージアイテムと同じ方法で表示および使用できます。

After Effects では、 マウスやメニューで操作したり、 一般的なタスクに割り当てられたショートカットキーで 操作したりすることができます。このサンプルでは、ひとつの操作に メニューコマンドとショートカットキーの両方が記載されています。 まずメニューコマンドの場所を紹介し、次に作業効率化のための ショートカットキーを紹介しています。実際の作業では、 ショートカットキーとメニューコマンドを自由に組み合わせて ご使用ください。

  1. コンポジション新規コンポジションを選択して、コンポジションを作成します。

    Ctrl + N キー(Windows)または Command + N キー(macOS)のキーボードショートカットを使用して、コンポジションを作成することもできます。

  2. コンポジション設定ダイアログボックスのデュレーション値に 5.00(5 秒)を入力し、プリセットポップアップメニューから目的のプリセットを選択し、「OK」を選択します。

  3. レイヤー新規テキストを選択して、テキストレイヤーを作成します。

    Ctrl + Alt + Shift + T キー(Windows)または Command + Option + Shift + T キー(macOS)を使用して、テキストレイヤーを作成することもできます。

  4. 名前を入力します。テンキーパッドの Enter キーを押すか、キーボードの Ctrl + Enter キー(Windows)または Command + Return キー(macOS)を押して、テキスト編集モードを終了します。

  5. 位置プロパティの初期キーフレームを設定するには、タイムラインパネルでレイヤー名の左側にある三角形を選択します。

  6. 変形グループ名の左側にある三角形を選択し、位置プロパティ名の左側にある「ストップウォッチ」ボタン を選択します。

    Alt + Shift + P キー(Windows)または Option + Shift + P キー(macOS)を使用して、レイヤーの位置プロパティを開くこともできます。

  7. ツールパネルで「選択ツール」ボタンを選択します。

    V キーを押して選択ツールをアクティブにすることもできます。

  8. 選択ツールを使用して、テキストをコンポジションパネルのフレームの左下隅にドラッグします。

  9. タイムラインパネルの時間インジケーターをタイムラインの右端にドラッグして、時間インジケーターをコンポジションの最後のフレームに移動します。

    End キーを押して、時間インジケーターをコンポジションの最後のフレームに移動することもできます。

  10. 選択ツールを使用して、テキストをコンポジションパネルのフレームの右上隅にドラッグします。

    この時点で、位置プロパティの新規キーフレームが作成されます。モーションは 2 つのキーフレーム値の間で補間されます。

  11. プレビューパネルで「再生」ボタン を選択して、プレビューを使用してアニメーションをプレビューします。「再生」ボタンをもう一度選択すると、プレビューが停止します。

    スペースバーを使用して、プレビューを開始および停止することもできます。

  12. エフェクトスタイライズグローを選択して、グローエフェクトを適用します。

    エフェクトとプリセットパネルの検索フィールドに「グロー」と入力して、グローエフェクトを検索することもできます。エフェクト名をダブルクリックします。

  13. ファイル書き出しレンダーキューに追加を選択し、コンポジションをレンダーキューに追加します。

  14. レンダーキューパネルで、「出力先」の右側にある下線付きのテキストを選択します。ムービーを出力ダイアログボックスで、出力ムービーファイルの名前と保存場所を選択し、「保存」を選択します。保存場所には、デスクトップなどの簡単に見つかる場所を指定します。

  15. レンダリング」ボタンを選択して、レンダーキューのすべてのアイテムを処理します。レンダーキューパネルには、レンダリング処理の進行状況が表示されます。レンダリングが完了すると、音で通知されます。

これで、ムービーの作成、レンダリング、書き出しが終了しました。

作成したムービーを After Effects に読み込んでプレビューしたり、ムービーファイルを直接 QuickTime Player、Windows Media Player などのムービープレーヤで再生したりできます。

タッチ対応デバイスでのジェスチャーの使用

次のパネルでは、マルチタッチジェスチャ(ズームやパンなど)を使用できます。

  • コンポジション
  • レイヤー
  • フッテージ
  • タイムライン

タッチ対応デバイス(Microsoft Surface や Wacom Cintiq Touch など)、またはマルチタッチトラックパッドでこのジェスチャを使用します。

2 本の指を使用して、ズームアウトするには指を近付けて挟み、ズームインするには指を離して移動します。

2 本の指を揃って同じ方向に移動することで、パネルの現在のビューの 4 方向にパンできます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合