マニュアル キャンセル

キーフレームの設定、選択および削除

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. シェイプストロークにテーパーをつける方法
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネル、マスク、およびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. Adobe Color テーマ拡張機能の使用
    3. カラーマネジメント
    4. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. 処理速度の向上
    3. 環境設定
    4. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

キーフレームの概要

キーフレームは、モーション、エフェクト、オーディオ、その他多くのプロパティのパラメーターを設定するために使用します。通常は時間の経過とともにパラメーターが変化します。キーフレームは、空間での位置、不透明度、オーディオボリュームなど、レイヤープロパティの値を指定する時間上のある点で指定します。キーフレーム間の値は補間されます。キーフレームを使用して時間に伴う変化を作成する場合は、通常、最低 2 つのキーフレームを使用します。1 つは変化の開始時の状態を示すものであり、もう 1 つは変化の終了時の新しい状態を示すものです

特定のプロパティでストップウォッチがアクティブな場合、プロパティの値を変更すると現在の時間で自動的にプロパティのキーフレームが追加または変更されます。プロパティのストップウォッチがアクティブでない場合は、プロパティにキーフレームは存在しません。ストップウォッチがアクティブでない状態でレイヤープロパティの値を変更すると、その値はレイヤーのデュレーション全体にわたって同じになります。

キーフレームの設定と追加

特定のプロパティでストップウォッチがアクティブな場合、プロパティの値を変更すると現在の時間で自動的にプロパティのキーフレームが追加または変更されます。

ストップウォッチをアクティブにし、キーフレーム機能を有効にするには、次のいずれかの操作を行います。

  • プロパティ名の横にあるストップウォッチアイコン をクリックして、アクティブにします。そのプロパティ値に対応する現在の時間にキーフレームが作成されます。
  • アニメーション/[現在選択しているプロパティ名]キーフレームを追加を選択します。

値を変更せずにキーフレームを追加する

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤープロパティのキーフレームナビゲーターボタン をクリックします。

    • アニメーション/[現在選択しているプロパティ名]キーフレームを追加を選択します。

    • グラフエディターに表示されているレイヤープロパティのグラフのセグメントをペンツール でクリックします。

自動キーフレームモード

自動キーフレームモードをオンにするには、タイムラインパネルメニューから自動的にキーフレームを有効にするを選択します。自動キーフレームモードが有効な場合、プロパティを変更すると、そのストップウォッチが自動的にアクティブになり、キーフレームが現在の時間に追加されます。

注意:

メニュー、チェックボックス、「ソーステキスト」プロパティのように、補間のないプロパティのストップウォッチは自動的にアクティブになりません。

自動キーフレームモードは初期設定ではオフになっています。自動キーフレームモードがオフの場合、プロパティの変更とキーフレームを使用したアニメートの処理は、以前のバージョンの After Effects と変わりません。

現在の時間インジケーターをキーフレームに移動する

プロパティの最初のキーフレームを設定したら、キーフレームナビゲーターが表示されます。キーフレームナビゲーターを使用して、キーフレーム間を移動したり、キーフレームを設定または削除したりできます。キーフレームナビゲーターボックスに菱形が表示されている場合は、現在の時間インジケーターが、そのレイヤープロパティのキーフレーム上に位置している状態です。キーフレームナビゲーターボックスが空白 の場合は、現在の時間インジケーターがキーフレーム間に配置されます。

注意:

A/V 機能パネルからキーフレームナビゲーターを切り離し、個別のパネルとして使用するには、タイムラインパネルメニューから列を表示/キーを選択します。

タイムラインパネルのキーフレームナビゲーター
タイムラインパネルのキーフレームナビゲーター

A. 現在の時間にキーフレームがある状態 B. 現在の時間にキーフレームがない状態 C. レイヤープロパティのキーフレームが存在しない状態 

  • 次または前のキーフレームに移動するには、キーフレームナビゲーターの矢印をクリックします。
  • キーフレームまたはマーカーにスナップするには、Shift キーを押しながら現在の時間インジケーターをドラッグします。
  • 時間スケールで次または前の表示アイテム(キーフレーム、マーカー、ワークエリアの終了点)へ移動するには、K または J を押します。

現在の時間インジケーターを他の要素や時間へ移動する方法については、現在の時間インジケーター(CTI)を移動するを参照してください。

キーフレームを選択する

レイヤーバーモードでは、選択されたキーフレームは青色で表示されます。選択解除されたキーフレームはグレーで表示されます。

グラフエディターモードの場合、キーフレームアイコンの外観は、キーフレームが選択されているか、選択解除されているか、または半選択されているか(同じプロパティ内の別のキーフレームが選択されている場合)に応じて異なります。選択されたキーフレームは黄色で塗りつぶされたボックスで表示されます。選択解除されたキーフレームは、対応するグラフの色で表示されます。半選択されたキーフレームは、黄色い枠のボックスで表示されます。

  • キーフレームを選択するには、キーフレームアイコンを選択します。
  • 複数のキーフレームを選択するには、Shift キーを押しながらキーフレームをクリックするか、キーフレームを囲むように選択範囲をドラッグします。Shift キーを押しながら選択されているキーフレームをクリックすると、選択は解除されます。また、Shift キーを押しながら、選択されている複数のキーフレームを囲むようにドラッグすると、各キーフレームの選択が解除されます。
注意:

グラフエディターでトランスフォームボックスの表示を切り替えるには、グラフエディターの下部にある複数のキーフレーム選択時にトランスフォームボックスを表示ボタン  をクリックします。

  • レイヤープロパティのすべてのキーフレームを選択するには、グラフエディターで 2 つのキーフレーム間にあるセグメントを Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらクリックするか、レイヤーアウトラインでレイヤープロパティ名をクリックします。
  • 1 つのプロパティ内の同じ値を持つキーフレームすべてを選択するには、キーフレームを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックし(Mac OS)、「同じ値のキーフレームを選択」を選択します。
  • 選択したキーフレームに続くまたは先行するすべてのキーフレームを選択するには、右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックし(Mac OS)、「前のキーフレームを選択」または「後ろのキーフレームを選択」を選択します。
注意:

複数のキーフレームを選択している場合、「前のキーフレームを選択」と「後ろのキーフレームを選択」コマンドは使用できません。

キーフレームメニューのコマンド

1 つまたは複数のキーフレームを選択すると、グラフエディターの下部にあるキーフレームメニュー が使用できるようになります。

注意:

キーフレームメニューを開くには、キーフレームを右クリック(Windows)するか、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

選択されたキーフレームの値を表示します。1 つ以上のキーフレームを選択すると、値を表示コマンドが使用可能になり、選択した中で強調表示されているキーフレームの値が表示されます。

値を編集

ダイアログボックスが表示され、そこでキーフレームの値を編集できます。

同じ値のキーフレームを選択

プロパティ内の同じ値を持つすべてのキーフレームを選択します。

前のキーフレームを選択

現在選択されているキーフレームより前にあるすべてのキーフレームを選択します。

後ろのキーフレームを選択

現在選択されているキーフレームの後ろにあるすべてのキーフレームを選択します。

停止したキーフレームの切り替え

プロパティ値を、次のキーフレームに到達するまで、現在キーフレームの値に抑えます。

キーフレーム補間法

キーフレーム補間法ダイアログボックスを表示します。

時間ロービング

空間プロパティのロービング時間を切り替えます。

キーフレーム速度

キーフレーム速度ダイアログボックスを表示します。

キーフレーム補助

以下のオプションを持つサブメニューを表示します。

オーディオをキーフレームに変換

コンポジションワークエリア内の振幅を分析し、キーフレームを作成してオーディオを表します。

エクスプレッションをキーフレームに変換

現在のエクスプレッションを分析し、記述するプロパティの値を表すキーフレームを作成します。

イージーイーズ

キーフレームへの影響とキーフレームからの影響を自動的に調整して、急激な変化を滑らかにします。

イージーイーズイン

キーフレームへの影響を自動的に調整します。

イージーイーズアウト

キーフレームからの影響を自動的に調整します。

指数スケール

スケールの変更率をリニアから指数に変換します。

RPF カメラ読み込み

RPF カメラデータをサードパーティ製 3D モデル化アプリケーションから読み込みます。

シーケンスレイヤー

シーケンスレイヤー補助を開きます。

時間反転キーフレーム

選択したキーフレームを時間単位で反転させます。

キーフレームを削除または無効化する

  • 任意の数のキーフレームを削除するには、キーフレームを選択して、Delete キーを押します。
  • グラフエディターでキーフレームを 1 つだけ削除するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、選択ツールでキーフレームをクリックします。
  • 1 つのレイヤープロパティのキーフレームすべてを削除するには、レイヤープロパティの名前の左側にあるストップウォッチボタン をクリックして、選択を解除します。

    ストップウォッチボタンをクリックして選択を解除すると、該当するプロパティのキーフレームが完全に削除されて、そのプロパティの値が現在の時間の値になります。ストップウォッチボタンをもう一度クリックしても、削除されたキーフレームを復元することはできません。すべてのキーフレームを削除しても、エクスプレッションが削除されたり、無効になったりすることはありません。

  • プロパティのキーフレームを一時的に無効にするには、プロパティを設定するエクスプレッションを定数に追加します。例えば、100 という簡単なエクスプレッションを不透明度プロパティに追加すると、プロパティ値は 100% に設定されます。
注意:

エクスプレッションのオン/オフを切り替えるには、エクスプレッション使用可能ボタンをクリックします。これにより、サイドエフェクトとしてキーフレームのオン/オフも切り替わります。

誤ってキーフレームを削除してしまった場合は、編集/取り消しを選択して、直前の操作を 取り消します。

Jeff Almasol が、redefinery の Web サイトで、指定する条件に基づいてキーフレームを自動的に削除するスクリプトを公開しています。例えば、ワークエリア内のすべてのキーフレーム、奇数番号のすべてのキーフレームなどの条件を指定できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン