GPU 高速処理エフェクト

  • カラーバランス (HLS)
  • カーブ
  • 塗り
  • 露出
  • リニアワイプ
  • ノイズ
  • トライトーン
  • マット設定
  • ブラインド
  • ビデオリミッターエフェクト
  • VR カラーグラデーションエフェクトの適用
  • VR フラクタルノイズエフェクトの適用
  • VR デジタルグリッチエフェクトの適用
  • VR 色収差エフェクトの適用
  • VR ブラーエフェクトの適用
  • VR ノイズ除去エフェクトの適用
  • VR グローエフェクトの適用
  • VR シャープエフェクトの適用
  • VR コンバーターエフェクトの適用
  • VR 平面から球体エフェクトの適用
  • VR 回転(球)エフェクトの適用
  • レイヤー変形(位置、回転、不透明度など)
  • レイヤーのモーションブラー
  • バイキュービックサンプリング
  • トランスフォームエフェクト
  • ブラー(方向)エフェクト
  • 没入型ビデオ VR エフェクト
  • ドロップシャドウ
  • 高速ボックスブラー(以前のブラー(ボックス))
  • フラクタルノイズ
  • グラデーション
  • レベル、レベル (個々の制御)
  • オフセット
  • 輝度&コントラスト
  • 輪郭検出
  • 色相/彩度
  • モザイク
  • グロー
  • 色合い
  • 反転
  • Lumetri カラー
  • ブラー (ガウス)
  • Premiere Pro の Mercury GPU 高速処理 API を使用しているサードパーティ製エフェクト

3D チャンネルエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • EXtractoR エフェクト

  • IDentifier エフェクト

  • ID マット

ブラー&シャープエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Cross Blur エフェクト(CS6)

  • CC ブラー(放射状)エフェクト

  • CC ブラー(滑らか)エフェクト

  • CC Vector Blur エフェクト

チャンネルエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Composite エフェクト

色調補正エフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Color Neutralizer エフェクト(CS6)

  • CC Color Offset エフェクト

  • CC Kernel エフェクト(CS6)

  • CC Toner エフェクト

アップスケール(ディテールを保持)エフェクト

専門家から:アップスケール(ディテールを保持)エフェクト

専門家から:アップスケール(ディテールを保持)エフェクト
Steve Forde

アップスケール(ディテールを保持)エフェクトでは、画像のディテールを保持しながら画像を大幅に拡大できます。また、シャープな線のシャープネスや曲線が保持されます。例えば、SD フレームサイズから HD フレームサイズへ、または HD フレームサイズからデジタルシネマのフレームサイズへ拡大できます。

このエフェクトは、Photoshop の画像サイズダイアログボックスの「ディテールを保持」再サンプリングオプションと非常に緊密に連携しています。詳しくは、Photoshop での画像のサイズ変更を参照してください。

エフェクトコントロール

アップスケール(ディテールを保持)エフェクトでは、次のコントロールを利用できます。

  • 合わせるコンポジションの幅に合わせる:レイヤーの幅がコンポジションの幅と一致するように、スケールのパーセンテージを設定します。
  • 合わせるコンポジションの高さに合わせる:レイヤーの高さがコンポジションの高さと一致するように、スケールのパーセンテージを設定します。
  • スケール:最小値は 100%です。
  • ノイズを軽減:スケールを計算する前に、ノイズリダクションを適用するために使用されます。ノイズが誤って保持する必要があるディテールとして扱われないように、この値を大きくします。
  • ディテール:値を大きくすると、エッジのシャープネスやコントラストが大きくなりますが、共鳴やハロー現象が発生する可能性があります。ディテールの値が低いと、エッジがよりスムーズで自然な状態で維持されます。
  • アルファ:アルファチャンネルをカラーチャネルとは異なる方法で処理します。パフォーマンスの理由で、アルファチャンネルをカラーチャンネルと別に処理することも選択できます。デフォルト値はバイキュービックです。

アップスケール(ディテールを保持)エフェクトは、トランスフォームプロパティグループのレイヤーのネイティブバイリニアまたはバイキュービックスケーリングの使用など、他のスケーリング方法よりも低速です。

ディストーションエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Bend It エフェクト

  • CC Bender エフェクト

  • CC Blobbylize エフェクト

  • CC Flo Motion エフェクト

  • CC Griddler エフェクト

  • CC Lens エフェクト

  • CC Page Turn エフェクト

  • CC Power Pin エフェクト

  • CC Ripple Pulse エフェクト

  • CC Slant エフェクト

  • CC Smear エフェクト

  • CC Split エフェクト

  • CC Split 2 エフェクト

  • CC Tiler エフェクト

エクスプレッション制御エフェクト

  • 角度制御エフェクト

  • チェックボックス制御エフェクト

  • カラー制御エフェクト

  • レイヤー制御エフェクト

  • ポイント制御エフェクト

  • スライダー制御エフェクト

描画エフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Glue Gun エフェクト

  • CC Light Burst 2.5 エフェクト

  • CC Light Rays エフェクト

  • CC Light Sweep エフェクト

  • CC Threads エフェクト(CS6)

キーイングエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Simple Wire Removal エフェクト

  • Keylight エフェクト

マットエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • mocha shape

ノイズ&グレインエフェクト

遠近エフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Cylinder エフェクト

  • CC Environment エフェクト(CS6)

  • CC Sphere エフェクト

  • CC Spotlight エフェクト

シミュレーションエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Ball Action エフェクト

  • CC Bubbles エフェクト

  • CC Drizzle エフェクト

  • CC Hair エフェクト

  • CC Mr. Mercury エフェクト

  • CC Particle Systems II エフェクト

  • CC Particle World エフェクト

  • CC Pixel Polly エフェクト

  • CC Rainfall エフェクト(CS6)

  • CC Scatterize エフェクト

  • CC Snowfall エフェクト(CS6)

  • CC Star Burst エフェクト

スタイライズエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Block Load エフェクト(CS6)

  • CC Burn Film エフェクト

  • CC Glass エフェクト

  • CC Kaleida エフェクト

  • CC Mr. Smoothie エフェクト

  • CC Plastic エフェクト(CS6)

  • CC RepeTile エフェクト

  • CC Threshold エフェクト

  • CC Threshold RGB エフェクト

テキストエフェクト

時間エフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Force Motion Blur エフェクト

  • CC Time Blend エフェクト

  • CC Time Blend FX エフェクト

  • CC Wide Time エフェクト

トランジションエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Glass Wipe エフェクト

  • CC Grid Wipe エフェクト

  • CC Image Wipe エフェクト

  • CC Jaws エフェクト

  • CC Light Wipe エフェクト

  • CC Line Sweep エフェクト(CS6)

  • CC Radial ScaleWipe エフェクト

  • CC Scale Wipe エフェクト

  • CC Twister エフェクト

  • CC WarpoMatic エフェクト(CS6)

ユーティリティエフェクト

サードパーティ製エフェクト:

  • CC Overbrights エフェクト(CS6)

旧バージョンエフェクト

旧バージョンカテゴリのエフェクトは、以前のバージョンの After Effects で作成されたプロジェクトと互換性があります。プロジェクトを更新したり、新しいプロジェクトを作成した場合は、旧バージョンカテゴリのエフェクト以外のエフェクトや手法を使用する必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー