マニュアル キャンセル

静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 3D モデルの読み込み(ベータ版)
      3. OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
    3. トラックマットとトラベリングマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. Mercury 3D エンジンを使用した、3D デザインへのリアルタイムのプレビュー変更
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects の H.264 エンコード
    3. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    4. ムービーの変換
    5. マルチフレームレンダリング
    6. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    7. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    8. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. Cinema 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

Mark Christiansen が、彼の著書『After Effects Studio Techniques』(Adobe Press の Web サイトで入手可能)で、合成の概要について詳しく説明しています(マスク、マット、描画モード、アルファチャンネルについて取り上げています)。

Rich Young が、ビネットを作成する様々な方法に関するチュートリアルとリソースをまとめて紹介しています。

Chris Zwar が、彼自身の Web サイトで、カラーキーイングおよび合成に関するヒントを公開しています。

静止画シーケンスをレンダリングして書き出す

レンダリングしたムービーを静止画のシーケンスとして書き出すことができます。この場合、ムービーの各フレームは個別の静止画ファイルとして出力されます。ネットワーク上にある複数のコンピューターを使用して 1 つのムービーをレンダリングする場合は、常に静止画シーケンスとして出力されます。静止画シーケンスは、多くの 3D アニメーションプログラムで使用できます。ビジュアル要素を After Effects から Flash Professional に変換するには、PNG ファイルのシーケンスにすると便利です。

ムービーを作成してフィルムに変換する場合は、静止画のシーケンスを作成してから、フィルムレコーダーを使用してフィルムに変換する必要があります。

PSD ファイルのシーケンスを作成すると、フレームを Photoshop に変換して、修正、編集できます。その後、画像シーケンスを After Effects に読み込んで戻すことができます。

静止画シーケンスの出力ファイル名は、実際にはファイル命名テンプレートを指定します。指定する名前は、角括弧で囲まれたポンド記号([#####])を含む必要があります。各フレームがレンダリングされると、[#####] の部分がシーケンス内のフレーム順序を示す番号で置き換えられます。例えば、mymovie_[#####].tga というファイル名を指定すると、出力ファイルには mymovie_00001.tga、filmout_00002.tga といった名前が付けられます。

静止画シーケンスには、最高で 32766 個のフレームを含めることができます。

コンポジションの 1 つのフレームをレンダリングして書き出す

コンポジションから 1 つのフレームをレイヤー情報を保持した Adobe Photoshop(PSD)ファイルまたはレンダリングされた画像のいずれかの形式で書き出せます。Adobe Photoshop でのファイル編集、プロキシ作成、ムービーからポスターやストーリーボード用にイメージの書き出しの際に便利です。

「Photoshop レイヤー」コマンドでは、After Effects コンポジションの単一フレームのすべてのレイヤーが Photoshop ファイルに保存されます。ネスト化したコンポジションは、PSD ファイルにレイヤーグループとして保持されます(最大で 5 レベルまで)。PSD ファイルの色深度は、After Effects プロジェクトと同じになります。

Photoshop のレイヤーファイルには、すべてのレイヤーを埋め込んだ(統合された)イメージが含まれます。この機能によって、Adobe Photoshop レイヤーに対応してしないアプリケーションでも、統合されたイメージが表示されます(レイヤーは無視されます)。

Photoshop でサポートされていない機能を使用しているフレームを Photoshop のレイヤーファイルとして保存すると、After Effects で表示したフレームと出力結果が異なることがあります。例えば、Photoshop で使用できない描画モードは、最も類似する描画モードに置き換えられます。ただし、統合されたイメージ(Photoshop レイヤーに対応していないアプリケーションでのみ表示可能)は、After Effects と同じように表示されます。または、コンポジションフレームを保存/ファイルのコマンドを使用してフレームをレンダリングし、フラット化およびレンダリングされたファイルのバージョンを PSD 形式で書き出すことができます。

プロジェクトのカラーマネジメントが無効な場合(プロジェクトの作業用カラースペースを「なし」に設定している場合)、フレームを保存/Photoshop レイヤーを選択して生成した PSD ファイルには、sRGB IEC61966-2.1 ICC カラープロファイルが埋め込まれます。プロジェクトのカラーマネジメントが有効な場合(プロジェクトの作業用カラースペースを「なし」以外に設定している場合)、フレームを保存/Photoshop レイヤーを選択して生成した PSD ファイルには、プロジェクトの作業用カラースペースに対応するカラープロファイルが埋め込まれます。(カラーマネジメントとカラープロファイルを参照)。

  1. 書き出すフレームを選択します。フレームがコンポジションパネルに表示されます。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 単一のフレームをレンダリングするには、コンポジションフレームを保存ファイルを選択します。レンダーキューパネルで適切な設定を行い、必要に応じて「レンダリング」をクリックします。

    • 単一のフレームをレイヤー情報を保持した Adobe Photoshop のファイルとして書き出すには、コンポジションフレームを保存Photoshop レイヤーを選択します。

注意:

フレームを保存/ファイルコマンドの初期設定の出力設定を変更するには、「フレームの初期設定」のレンダリング設定テンプレートの設定を変更します(詳しくは、レンダリング設定テンプレートを作成、編集、管理するを参照)。

アドビのロゴ

アカウントにログイン