マスクラッカーは、ムービー内の単一のオブジェクト(または複数のオブジェクト)のモーションに従うようにマスクをトランスフォームします。通常は最終出力からクリップを非表示にするためにマスクを作成して使用し、イメージまたはビデオの一部を選択してエフェクトに適用するか、複数のシーケンスからクリップを組み合わせます。

マスクトラッカーコントロール

マスクトラッカーを使用するには、マスクを選択し、マスクの下のマスクパス設定をクリックします。選択したマスクを右クリックし、マスクをトラックを選択してマスクのトラッキングを開始します。

マスクが選択されると、トラッカーパネルがマスクトラッキングモードに切り替わり、次のコントロールが表示されます:

  • レイヤーの最後まで、一度に 1 フレームずつ前をトラッキングする。
  • レイヤーの最後まで、一度に 1 フレームずつ後をトラッキングする。
  • マスクの位置、スケール、回転、歪曲、および遠近を変更するように選択できるさまざまな方法。

トラッカーパネルが表示されていない場合、マスクを選択し、アニメーション/マスクをトラックに移動してこのパネルを表示します。また、マスクをコンテキストクリックし、コンテキストメニューからマスクをトラックを選択することもできます。

マスクトラッカーを使用した結果は、マスクパスプロパティのキーフレームのアプリケーションに表示でき、選択した方法のタイプに応じて、マスクシェイプがレイヤーでトラッキングされるトランスフォームと一致します。

マスクトラッカーを使用する際のその他の考慮事項

  • 効率的なトラッキングのために、トラッキングされるオブジェクトがムービー全体で同じシェイプを維持している必要がありますが、トラッキングされるオブジェクトの位置、スケール、および遠近は変更できます。
  • トラッキング操作を行う前に複数のマスクを選択でき、選択された各マスクのマスクパスプロパティにキーフレームが追加されます。
  • トラッキングされるレイヤーはトラックマット、調整レイヤー、またはモーションを含めることができるソースがあるレイヤーにする必要があります。これにはビデオフッテージおよびプリコンポジションに基づくレイヤーが含まれますが、平面レイヤーや静止画は含まれません。

マスクトラッキングの分析では、マスク内のコンテンツが検索されます。マスクの拡張プロパティを使用して、マスクの領域を拡張または収縮できます。

マスクをトラックエフェクトの使い方(チュートリアルで学習)

マスクをトラック

After Effects でマスクをトラックエフェクトを使用して、Premiere Pro シーケンスを正確に移動するマスク要素を追加して形成する方法を学習するには、このチュートリアルをご覧ください。


マスクトラッカーの使い方(チュートリアルで学習)

厳密なマスクトラッカー

After Effects のマスクトラッカーの使用方法について学習するには、このチュートリアル参照してください。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー