このドキュメントでは、CINEMA 4D コンポジションレンダラーについて説明します。

CINEMA 4D コンポジションレンダラーは、After Effects の新しい 3D レンダラーです。これはテキストやシェイプに押し出しを適用するツールで、押し出し型の 3D オブジェクトを作成するのに適しています。このレンダラーを使用すると、3D アニメーションをすばやくゼロから作成できます。CINEMA 4D コンポジションレンダラーには、以下の機能があります。

  • インタラクティブな 3D テキストやロゴ、カーブした 2D 平面などを、特別なハードウェアを使わずに After Effects 内で生成できます。
  • カメラ、照明、テキストアニメーションはそのままで、スライダーを操作するだけで、画質やレンダラー設定を制御できます。
  • CPU 上で、レイトレース 3D レンダラーよりも高速なレンダリングを実行できます。

コンポジション設定の基礎

  1. 以下のいずれかの方法で、「3D レンダラー」タブにアクセスできます。

    コンポジション設定ダイアログボックスで、「3D レンダラー」タブをクリックします。

    コンポジション設定
    コンポジション設定ダイアログボックスの「3D レンダラー」タブ

  2. レンダラー」をクリックし、ドロップダウンリストから「Cinema 4D」を選択します。

コンポジションパネルで「レンダラー」をクリックして「3D レンダラー」タブにアクセスすることもできます。

CINEMA 4D コンポジションレンダラーでサポートされている機能

CINEMA 4D コンポジションレンダラーは、高品質な 3D テキストやロゴの作成に役立つ以下のような機能をサポートしています。

  • テキストおよびシェイプレイヤーへの押し出しとベベルの適用:テキストおよびシェイプレイヤーを押し出して、カメラやライトが周囲をめぐっても平らに見えない、厚みのある 3D オブジェクトを作成できます。ベベルは、押し出しを適用したオブジェクトのエッジの外観を制御します。詳しくは、ベベルおよび押し出しを適用したテキストレイヤーとシェイプレイヤーの作成を参照してください。
  • 反射:コンポジション内の 3D オブジェクトの反射および反射率を操作します。詳しくは、反射を参照してください。
  • 曲線フッテージレイヤー:形状オプションの曲率および線分数を使用して、3D フッテージレイヤーおよびネスト化したコンポジションレイヤーの垂直軸の周りの曲がり具合を調整します。詳しくは、フッテージレイヤーを曲げるを参照してください。
  • テキスト/シェイプのベベルおよび側面へのマテリアルの上書き:既存のテキストアニメーターおよびシェイプ演算子のサポートを使用して、マテリアルのプロパティを上書きします。塗りのカラー、線のカラーおよび線幅のオプションは、ポップアップメニューの前面、ベベル、側面、背面のオプションに置き換えられました。詳しくは、マテリアルのプロパティの上書きを参照してください。
  • 環境レイヤー(反射のみ):シーンでの環境マップの使用を制御します。詳しくは、環境レイヤーを参照してください。

注意:

上記のリンク記事ではレイトレース 3D レンダラーについて説明していますが、一部の情報は CINEMA 4D コンポジションレンダラーにも該当します。

「画質」スライダーの使用

「画質」スライダー
「画質」スライダー設定

画質」スライダーを使用して、コンポジションのレンダリング画質を調整します。高画質な出力をおこなうと、レンダリング時間が長くなります。画質設定により、CINEMA 4D レンダラーでの 3D レイヤーの描画方法が決定されます。

スライダーにアクセスするには:

  1. コンポジション設定ウィンドウで「オプション」をクリックします。コンポジションパネルのレンチのアイコン(オプション)をクリックすることもできます。

  2. CINEMA 4D レンダリングオプションダイアログボックスの「画質」スライダーには、ドラフト、標準、最大の範囲があります。

    • ドラフト:「ドラフト」の範囲の設定は、プレビュー画質のレンダリングで使用されます。最短時間で 3D レイヤーを描画できます。
    • 標準:「標準」の範囲の設定は、ほとんどの最終レンダリングで使用されます。
    • 最大:「最大」の範囲の設定は、複雑な不透明度や反射度の高い要素を持つシーンで使用されます。
  3. 「画質」スライダーの範囲を変更すると、コンポジションの「レイのしきい値」、「レイ深度」、「反射深度」、「シャドウ深度」、「アンチエイリアス」および「反射率」の設定が指定されます。詳しくは、CINEMA 4D レンダリングオプションを参照してください。

CINEMA 4D インストールの選択

CINEMA 4D インストールを選択ダイアログボックス
CINEMA 4D インストールの選択

レンダラー設定

CINEMA 4D の製品版をインストールしている場合は、レンダラーをデフォルトのレンダラーから CINEMA 4D に変更できます。デフォルトのレンダラーにリセットするには、「初期設定」をクリックします。

CINEMA 4D のインストールの選択:

  1. コンポジション設定ウィンドウで、「レンダリングオプション」をクリックします。

  2. CINEMA 4D レンダリングオプションダイアログボックスが表示されます。「インストールを選択」をクリックします。

  3. CINEMA 4D インストールを選択ダイアログボックスで、インストールへのパスを参照して、選択します。

エディター設定

編集設定は Cineware ワークフローに適用され、どのバージョンの C4D を開くかを決定します。デフォルトのエディターは、インストールされている最新バージョンの CINEMA 4D または CINEMA 4D Lite です。

以下のいずれかの方法で、選択したエディターを開きます。

  1. ファイル/新規/MAXON CINEMA 4D ファイルを選択します。

    選択したエディターを開く
    選択したエディターを開く

  2. あるいは、CINEMA 4D ソースまたはレイヤーを選択して、編集/オリジナルを編集を選択します。

    選択したエディターを開く
    選択したエディターを開く

共有の CINEMA 4D インストール

Cineware 設定
Cineware 設定

CINEMA 4D インストールを選択ダイアログボックスは、Cineware エフェクトと共有されています。Cineware エフェクトからエフェクトコントロールパネルで「オプション」をクリックしてアクセスすることもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー