マニュアル キャンセル

コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 3D モデルの読み込み(ベータ版)
      3. OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
    3. トラックマットとトラベリングマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. Mercury 3D エンジンを使用した、3D デザインへのリアルタイムのプレビュー変更
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects の H.264 エンコード
    3. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    4. ムービーの変換
    5. マルチフレームレンダリング
    6. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    7. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    8. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. Cinema 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

この記事では、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用して不要なオブジェクトをビデオから削除する方法について学習します。

ビデオから不要なオブジェクトまたは領域を削除するのは、時間のかかる複雑なプロセスになることがあります。コンテンツに応じた塗りつぶし機能を使用すると、いくつかの簡単な手順で、ビデオからマイク、ポール、人物などの不要なオブジェクトを削除できます。Adobe Sensei を利用したこの機能は、時間を認識するので、選択範囲を自動的に削除し、時間の経過に沿ってフレームを分析し、他のフレームから新しいピクセルを合成できます。領域を囲むマスクを描画するだけで、After Effects ではその部分を他のフレームから取得した新しい画像の詳細で即座に置き換えることができます。

このツールにより、塗りつぶして画像の残りの部分とシームレスにブレンドするのに役立つオプションが提供されます。コンテンツに応じた塗りつぶしパネルには、不要なオブジェクトを削除して透明領域を塗りつぶすのに役立つ様々なオプションが用意されています。

コンテンツに応じた塗りつぶしパネル

コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを開くには、ウィンドウ/コンテンツに応じた塗りつぶしを選択します。

コンテンツに応じた塗りつぶしパネル

  • 塗りつぶし先:これは、コンテンツに応じた塗りつぶしで分析した領域のプレビューです。透明領域は、ピンク色で囲まれます。
  • アルファ拡張:これを使用して、塗りつぶす領域のサイズを大きくします。コンテンツに応じた塗りつぶしでは、正確なマスクは不要です。領域に削除するオブジェクトの外側のピクセルが含まれている場合に、より良い結果が得られます。
  • 塗りつぶし方式:レンダリングする塗りつぶしのタイプを選択します。
    • オブジェクト:フッテージからオブジェクトを削除します。現在のフレームと周囲のフレームから取得したピクセルを使用して透明領域を塗りつぶします。フッテージからオブジェクトを削除します。オブジェクトの背後にあるシーンの動きを予測し、これを使用して、適切なカラー値を見つけます。最良の結果を得るには、これを使用して、道路上の車のような、動くオブジェクトを置き換えます。
    • :オブジェクトの表面を置き換えます。オブジェクトと同じように周囲のフレームからピクセルを取得しますが、透明領域の下にあるコンポジションで予測した動きを使用します。最良の結果を得るには、シャツの染みやビルの看板のような、静的でフラットな表面にこれを使用します。
    • エッジブレンディング:周囲のエッジのピクセルをブレンドします。透明領域のエッジのピクセルをサンプリングし、それらをブレンドすることによって、透明領域を塗りつぶし、高速にレンダリングします。最良の結果を得るには、これを使用して、紙の上の文字のような、テクスチャのない表面上の静的オブジェクトを置き換えます。
  • 照明補正:フッテージ内の動的な照明の移動を処理するには、この機能を有効にします。 照明補正を塗りに組み込むことで、照明がフレーム間で変化するようなフッテージからオブジェクトをきれいに削除することができます。 3 種類の修正強度(「控えめ」、「」、「」)を選択できます。 最適な結果を得るには、「強」を選択して、フッテージに補正を追加しすぎた場合は、「中」または「控えめ」にします。
  • 範囲 塗りつぶしレイヤーをレンダリングする対象をワークエリアのみにするか、コンポジションのデュレーション全体にするかを選択します。ワークエリアに設定すると、コンテンツに応じた塗りつぶしを制限して、ワークエリア外のコンテンツを取り込まないようにします。
  • リファレンスフレームを作成:単一フレームの塗りつぶしレイヤーフレームを作成し、Photoshop で開きます。リファレンスフレームは、コンテンツに応じた塗りつぶし機能に目的の塗りつぶしレイヤーの外観を学習させるのに役立ちます。例えば、複雑な背景を含むビデオがあり、コンテンツに応じた塗りつぶしでは目的の結果が得られない場合、コピーなどの Photoshop のツールを使用して、パッチし、リファレンスフレームでより良い結果を作成できます。完了したら、新しい塗りつぶしレイヤーを生成します。コンテンツに応じた塗りつぶしにより、リファレンスフレームのピクセルが塗りつぶしレイヤーの新しいフレームに転送されます。ショットによっては、照明やカメラの角度が変わるフレームに複数のリファレンスフレームを作成できます。他のプロセスを使用して、コンテンツに応じた塗りつぶしをガイドするための単一フレームのレイヤーを作成することもできます。また、それらのレイヤーのコンテンツをガイドとして考慮します。これは、それをおこなうためのショートカットです。
  • 塗りつぶしレイヤーを生成:新しい塗りつぶしレイヤーを作成します。分析とレンダリングの進行状況がパネルの下部に表示されます。コンテンツに応じた塗りつぶしでは、現在の時間インジケーター(CTI)がある位置のフレームの分析とレンダリングが優先されます。塗りつぶしのレンダリング中に CTI を別のフレームに移動してそのフレームを優先させることができます。これは、塗りつぶしレイヤー全体が生成される前に結果が適切かどうかを判断するのに役立ちます。

コンテンツに応じた塗りつぶしの使用方法

コンテンツに応じた塗りつぶしパネルに含まれている様々な機能を使用することで、ビデオから不要なオブジェクトを正確に削除できます。ただし、これらすべての機能がすべての状況に役立つわけではありません。

コンテンツに応じた塗りつぶし機能を使用するために実行する必要がある手順の概要を以下に示します。

  1. 任意の方法で、コンポジションに透明領域を作成します。例えば、置き換えたいコンポジションのオブジェクトまたは領域の周囲にマスクを描画し、減算モードに設定します。マスクの作成方法について詳しくは、マスクの作成を参照してください。

    オブジェクトの周囲にマスクを作成
    オブジェクトの周囲にマスクを作成

  2. ウィンドウ/コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを開きます。

  3. コンテンツに応じた塗りつぶしのパネルで、塗りつぶし方式を選択し、 After Effects で分析する範囲を設定します。次に 塗りつぶしレイヤーを生成 をクリックします。 塗りつぶしの生成は レイヤーを タイムライン パネルで、選択したレイヤーの上に追加します。 このレイヤーには、塗りつぶしレイヤーを生成する際に After Effects によって分析されたイメージのシーケンスが含まれています。

コンテンツに応じた塗りつぶしの照明修正

改善されたコンテンツに応じた塗りつぶしを使用すると、フッテージの照明シフトをより適切に処理できます。これは、フッテージ全体で強い照明の変化が発生するフッテージからオブジェクトをきれいに削除し、アーティファクトの邪魔をすることなく、よりリアルに見える結果を得るのに役立ちます。照明修正が有効になっていないと、コンテンツに応じた塗りつぶしはリファレンスフレームに忠実なままで、照明の変更は考慮されません。

照明修正には以下の 3 つの利点があります。

  • 控えめ:照明の変更があまりドラマチックでない場合に使用します。
  • :照明の変化がややダイナミックな場合に使用します。
  • :フッテージに大きな照明の変化がある場合に使用します。

照明修正が無効化されている場合、元のコンテンツに応じた塗りつぶしはリファレンスフレームに対して忠実なままで、照明の変更については考慮されません。 照明が一貫しているフッテージでより便利です。 コンテンツに応じた塗りつぶしは、現在、各画像からローカル情報のみをコピーし、ターゲットフレームにこの情報を合わせるためにグローバルな調整を行います。 シャドウ、ハイライト、レンズフレア、自動露光量の変更など、正しく読み取れない照明シフトを含むフッテージで照明修正を使用すると、穴にコピーされたピクセルの色が正しくなく、結果がきれいに見えません。

この機能を使用すると、コンテンツに応じた塗りつぶしの内側の塗りつぶしの照明を、実際に作成された塗りつぶしレイヤーのように修正することができます。 これにより、複数の塗りレイヤーを生成して修正する必要がなくなり、照明とカラーを変更するときに便利です。照明修正が有効になっていると、コンテンツに応じた塗りつぶしによって、他のフッテージとシームレスに統合された塗りレイヤーが提供されます。この塗りつぶしレイヤーは、明るくなりますが品質は同じです。

照明修正を使用しない場合に比べてパフォーマンスの速度に影響することはありません。 可変照明でフッテージを操作している場合は、結果をクリーンアップするために追加の手順を実行する必要がないので、ワークフロー全体が高速になります。

照明修正の操作

  • ショットの分析から始めます。 照明の変化と動きを見て、マスキングをおこなう必要がある項目を決めます。
  • すべての 塗りつぶし方式 から、エッジブレンディングに照明修正を使用する必要はありません。
  • 最初に「強」を選択します。 フッテージが修正が加わりすぎた場合は、「中」または「控えめ」にします。
  • 設定が完了したら、「塗りつぶしレイヤーを生成」をクリックします。

照明修正に関するベストプラクティス

「強」がうまく機能しない可能性がある状況は、草や砂浜のショットなど、多くの光を反射し、照明条件にちらつきが生じる映像です。「強」による色補正が大きすぎて、ちらつきが増える可能性があります。そのような場合は、「控えめ」または「中」を使用してみます。

以下の例を参照して、異なる状況で異なる設定がどのように機能するかを確認できます。

例 1:カメラが動くフッテージ

フッテージから船をマスクで隠す 船が削除された後
  1. ペンツールを使用して、船の周囲にマスクを描画します。最良の結果を得るには、After Effects がフレームをうまく分析できるようにするために、ある程度のスペースを残しながらオブジェクトの近くを囲むようにマスクを描画します。以下の手順を実行して、シンプルなマスクを描画します。

    1.    タイムラインパネルで、レイヤーを選択して、ペンツールを選択します。

    2.    マスクを設定したいシェイプに沿ったキーポイントをクリックします。マスクを閉じるには、もう一度開始点をクリックします。

    3.    選択ツールを使用して、マスクポイントを調整します。ポイントを調整するには、クリックしてドラッグします。

    4.    マスクのカーブを調整したい場合は、各マスクポイントの周囲をクリックして、カーブを調整します。

    5.    マスクを設定したら、「減算」を選択します。

    6.    モーションフッテージなので、船と共に移動できるようにマスクをトラッキングします。マスクレイヤーを右クリックして、「マスクをトラック」を選択します。詳しくは、マスクのトラッキングを参照してください。

  2. タイムラインパネルで、レイヤーを右クリックして、マスクモードを「減算」に設定します。After Effects によって、船の代わりに透明領域が作成されます。

  3. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを開くには、ウィンドウ/コンテンツに応じた塗りつぶしを選択します。

  4. パネルに複数のオプションが表示されます。パネルオプションの詳細なリストについては、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを参照してください。次の設定を使用します。

    • 塗りつぶし方式」を「オブジェクト」に設定します。
    • 「範囲」を「デュレーション全体」に設定します。
  5. 塗りつぶしレイヤーを生成」をクリックします。After Effects によって各フレームが分析され、透明領域が塗りつぶされて、タイムラインパネルに塗りつぶしレイヤーが追加されます。このレイヤーには、After Effects が分析した結果の画像のシーケンスが含まれています。レイヤーの名前に、そのシーケンス内の画像の数が表示されます。

この塗りつぶし方式は、オブジェクト全体をその背後にあるもので置き換えるので、カメラが動くフッテージで使用するのに最適です。現在のフレームと周囲のフレームから取得したピクセルを使用して透明領域が塗りつぶされ、継ぎ目がないように見えるフレームが出力されます。

例 2:背景がそれほど細かくないフラットな表面のフッテージ

artboard_2_copy_31 artboard_11
  1. 例 1 の最初の 3 つの手順に従って、置き換える領域をマスクします。

  2. ウィンドウ/コンテンツに応じた塗りつぶしを選択します。

  3. 塗りつぶし方式」を「」に、「範囲」を「ワークエリア」に設定します。

  4. 塗りつぶし先」に塗りつぶす透明領域が表示されます。「塗りつぶしレイヤーを生成」をクリックして、After Effects でフレームをレンダリングします。

例 3:Photoshop でのフッテージの使用

コンテンツに応じた塗りつぶしだけでは、目的の結果を達成できないフッテージというのもあり得ます。例えば、変化に富んだ光やテクスチャのある水や領域を含むフッテージです。このような場合、コピースタンプツールなどの Adobe Photoshop のツールを活用して、フッテージを微調整できます。

注意:

コンピューターに Photoshop がインストールされていることを確認します。

artboard_9 artboard_10

上記の例では、背景に変化に富んだ光やテクスチャのあるフッテージから女性を削除します。

  1. 上記の例の手順に従って、フッテージの女性をマスクします。「塗りつぶし方式」を「オブジェクト」に設定します。

    女性がマスクされたフレーム
    女性がマスクされたフレーム

  2. マスクしたら、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルの「リファレンスフレームを作成」オプションを使用します。

    「リファレンスフレームを作成」をクリック
    「リファレンスフレームを作成」をクリック

  3. リファレンスフレームを作成するには、マスクを作成した後、ショットのうちでオブジェクトが最も大きいフレームを選択します。この例では、最初のフレームを使用します。「リファレンスフレームを作成」ボタンをクリックして、そのフレーム(マスクを含む)を Photoshop に送信します。リファレンスフレームは、マスクされた領域のどのピクセルを塗りつぶすかをコンテンツに応じた塗りつぶしアルゴリズムに学習させるための、ユーザーがペイントした単一の固定したクリーンプレートです。

    マスク後に「リファレンスフレームを作成」をクリック
    マスク後に「リファレンスフレームを作成」をクリック

    Photoshop でリファレンスフレームを開く
    Photoshop でリファレンスフレームを開く

  4. 任意の方法でペイントします。この例では、より良好な結果を得るために、コピースタンプツールを使用します。編集したら、フッテージを保存します。「名前を付けて保存」を使用してフッテージを保存しないでください。変更を保存するときは、常に同じ名前と同じ場所に保存してください。そうしないと、Photoshop が After Effects から直接参照されない新規ファイルを作成します。

    After Effects を再度開くと、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルの元のショットの下のレイヤーにリファレンスフレームが配置されます。このレイヤーは、Photoshop で保存したペイント作業で更新され、そのフレームのオブジェクトマスクのみを Photoshop リファレンスフレームで塗りつぶします。

    使用できる別のツールには、Photoshop のコンテンツに応じた塗りつぶしがあります。

    様々な Photoshop ツールについて詳しくは、コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除および写真のレタッチと修復を参照してください。

    タイムラインパネルのリファレンスフレームレイヤー
    タイムラインパネルのリファレンスフレームレイヤー

  5. 「塗りつぶしレイヤーを生成」ボタンをクリックして、固定フレームを参照するコンテンツに応じた塗りつぶしをレンダリングします。

コンテンツに応じた塗りつぶしの設定

コンテンツに応じた塗りつぶしの設定ダイアログを開くには、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルのタイトルバーにあるメニューアイコン(3 本のバー)をクリックし、「コンテンツに応じた塗りつぶしの設定」を選択します。

  • 出力の色深度:塗りつぶしレイヤーシーケンスファイルの書き込みに使用される色深度。チャンネルあたりのビット数で表されます(8、16 または 32 bpc)。出力の色深度は、デフォルトでプロジェクトの色深度を継承します。
  • 保存先:塗りつぶしレイヤーシーケンスファイルを保存する場所を選択します。デフォルトでは、ファイルはプロジェクトファイルと同じフォルダー内の Fills という名前のフォルダーに保存されます。
  • パスのタイプ:「プロジェクト相対」の場合、ファイルはプロジェクトファイルからの相対位置に保存されます。「絶対」の場合は、フォルダーのフルパスを指定します。
  • パス:フォルダーのパスです。「絶対」の場合、フォルダーのフルパスを指定します。「プロジェクト相対」の場合、プロジェクトファイルからの相対パスを指定します。パス内の単一のドット(.)は、プロジェクトファイルが置かれているフォルダーを表します。2 つのドット(..)は、1 レベル上または下に移動することを表します。
  • Photoshop のリファレンスフレームを作成:リファレンスフレームを PSD ファイルとして保存し、Photoshop で開きます。デフォルトでは有効になっています。無効にした場合、リファレンスフレームは PNG(8 または 16 bpc)または EXR(32 bpc)ファイルとして保存され、それらのファイルタイプのシステムのデフォルトアプリケーションで開かれます。
  • 出力用の Photoshop シーケンスを作成:塗りつぶしレイヤーシーケンスを PSD ファイルとして保存します。デフォルトでは無効になっています。無効にした場合、塗りつぶしレイヤーシーケンスは PNG(8 または 16 bpc)または EXR(32 bpc)ファイルとして保存されます。
  • 未使用の塗りつぶしフッテージを自動管理:新しい塗りつぶしレイヤーが生成されたときに、コンポジションで使用されていない塗りつぶしレイヤーのフッテージを削除するかどうかを尋ねられます。デフォルトでは無効になっています。

未使用の塗りつぶしフッテージを削除

コンポジションで使用されていない塗りつぶしレイヤーのフッテージを手動で削除するには、コンテンツに応じた塗りつぶしパネルのタイトルバーにあるメニューアイコン(3 本のバー)をクリックし、「未使用の塗りつぶしフッテージを削除」を選択します。

重要事項とヒント

  • 次のような、透明を作成する任意の方法でフッテージの領域を選択できます。
    • マスク
    • ロトブラシ
    • 消しゴムツール
    • Keylight などのキーイング方法
    • キーフレーム
  • HD コンポジションに 4K フッテージがある場合、より優れたパフォーマンスのために、トランスコードで縮小済みのフッテージを使用します。
  • セクション内のより複雑なアイテムを削除します。例えば、人物とその影を個別に削除できます。両方を一度に削除するよりも効率的です。
  • マスクが小さければ、大きいものに比べて処理時間が短くなります。
  • この機能は、変化に富んだ光やテクスチャのある水や領域のような複雑な動きのあるテクスチャに対して、異なる結果が生じる可能性があります。
  • マスクにぼかしが適用されている場合、コンテンツに応じた塗りつぶしは、このアルファ値(半透明)に基づいて、塗りつぶされた領域を元のコンテンツとブレンドします。塗りつぶされた領域と元のコンテンツの間の境界が目立つので、これは、パネルを使用する場合に非常に便利です。
  • 塗りつぶしレイヤーを生成は、タイムラインに配置された画像のシーケンスをレンダリングします。これらのファイルは、フッテージの種類およびシーケンスのデュレーションに応じて、ハードドライブのかなりの容量を消費する可能性があります。
  • 場合によっては、コンテンツに応じた塗りつぶしだけでは、オブジェクトを正確に削除できない可能性があります。結果を改善するには、リファレンスフレームを作成し、Photoshop でツールを使用して結果を微調整します。 
  • フッテージの撮影時にコンポジションの背景と前景を考慮して、ポストプロダクションでの編集時間を削減します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン