マニュアル キャンセル

プロジェクト

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 3D モデルの読み込み(ベータ版)
      3. OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
    3. トラックマットとトラベリングマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. Mercury 3D エンジンを使用した、3D デザインへのリアルタイムのプレビュー変更
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects の H.264 エンコード
    3. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    4. ムービーの変換
    5. マルチフレームレンダリング
    6. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    7. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    8. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. Cinema 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

このドキュメントでは、After Effects のプロジェクトタイプについて説明します

プロジェクトの概要

After Effects プロジェクトとは、プロジェクト内のフッテージアイテムで使用するコンポジションとすべてのソースファイルへの参照を保存する 1 つのファイルです。コンポジションはレイヤーの集まりです。多くのレイヤーでは(ムービーや静止画などの)フッテージアイテムをソースとして使用しますが、シェイプレイヤーやテキストレイヤーなどのいくつかのレイヤーでは、After Effects 内で作成されたグラフィックを使用します。

プロジェクトファイルは、ファイル名に拡張子 .aep または .aepx が付きます。ファイル名に .aep 拡張子が付いたプロジェクトファイルはバイナリのプロジェクトファイルで、.aepx 拡張子が付いたプロジェクトファイルはテキストベースの XML プロジェクトファイルです。

作業中のプロジェクトの名前は、アプリケーションウィンドウの上部に表示されます。

テンプレートプロジェクトファイルには、ファイル名拡張子 .aet が付きます(テンプレートプロジェクトとサンプルプロジェクトを参照)。

XML プロジェクトファイル

テキストベースの XML プロジェクトファイルには、プロジェクト情報の一部が 16 進数にエンコードされたバイナリデータとして含まれていますが、プロジェクトの大部分の情報はわかりやすい文字列要素にテキストとして表示されます。XML プロジェクトファイルはテキストエディターで開けるので、After Effects でプロジェクトを開かずにプロジェクトの内容を編集することができます。自動ワークフローの一部として XML プロジェクトファイルの情報を変更するスクリプトを記述することもできます。

XML プロジェクトファイルで変更できるプロジェクトの要素は次のとおりです。

  • マーカー属性(コメント、チャプターポイントパラメーター、キューポイントパラメーターなど)

  • ソースフッテージアイテム(プロキシなど)のファイルパス

  • コンポジション、フッテージアイテム、レイヤー、フォルダー名およびコメント

注意:

フッテージアイテム名は、名前がカスタマイズされている場合にのみ、XML プロジェクトファイルの文字列要素に表示されます。ソースファイル名と単色名から自動的に生成されたフッテージアイテム名は、文字列要素には表示されません。

ワークスペースやビュー名などの一部の文字列は、人間が解読可能な文字列で表示されますが、文字列を変更しても After Effects でプロジェクトファイルを開いたときには適用されません。

注意:

XML プロジェクトファイル形式をメインのファイル形式として使用しないでください。After Effects の主要なプロジェクトファイル形式はバイナリプロジェクトファイル (.aep) 形式です。XML プロジェクトファイル形式は、プロジェクトのコピーの保存用、また自動化ワークフローの中間の形式として使用してください。

注意:

XML プロジェクト(.aepx)ファイルをバイナリプロジェクト(.aep)ファイルとして保存するには、ファイル/別名で保存を選択し、拡張子が .aepx が付かない)のファイル名を入力します(プロジェクトの保存とバックアップ(After Effects)を参照)。

QuickTime ファイルや Video for Windows ファイルに埋め込まれているプロジェクトリンク

ムービーをレンダリングしてコンテナ形式で書き出す際に、After Effects プロジェクトへのリンクをコンテナファイルに埋め込むことができます。

プロジェクトを読み込むには、コンテナファイルを読み込み、ファイルの読み込みダイアログボックスの読み込みの種類メニューで「プロジェクト」を選択します。別の場所に移動したプロジェクトへのリンクがコンテナファイルに含まれている場合は、プロジェクトを検索して参照できます。

プロジェクトを作成して開く

一度に開くことのできるプロジェクトは 1 つだけです。あるプロジェクトを開いているときに、別のプロジェクトを開いたり、新規プロジェクトを作成しようとすると、開いているプロジェクトの変更を保存するかどうかを確認するメッセージが表示され、そのプロジェクトは閉じられます。プロジェクトを作成したら、プロジェクトにフッテージを読み込めます。

  • プロジェクトを作成するには、ファイル/新規/新規プロジェクトを選択します。

  • プロジェクトを開くには、ファイル/プロジェクトを開くを選択し、プロジェクトを選択して「開く」をクリックします。

また、起動画面からプロジェクトを作成して開くこともできます。

  • プロジェクトを作成するには、「新規プロジェクト」をクリックします。
  • プロジェクトを開くには、「プロジェクトを開く」をクリックし、プロジェクトが保存されている場所に移動します。

現在のプロジェクトで選択されたコンポジションごとに新規プロジェクトを作成および保存するスクリプトが Jeff Almasol の redefinery web サイトで公開されています。

テンプレートプロジェクトとサンプルプロジェクト

テンプレートプロジェクトは、ファイル拡張子が .aet のファイルです。プロジェクトに基づいてテンプレートを作成できます。

注意:

After Effects では、テンプレートプロジェクトはインストールされません。

テンプレートプロジェクトを開くと、そのテンプレートに基づく、名称未設定の新規プロジェクトが作成されます。新しいプロジェクトへの変更内容を保存しても、テンプレートプロジェクトは変更されません。

注意:

熟練したユーザーが After Effects をどのように使用しているかを確認するには、After Effects に含まれているテンプレートプロジェクトの 1 つを開き、コンポジションを開いてアクティブにして U または UU と入力します。これにより、アニメートまたは変更されたレイヤープロパティだけが表示されます。アニメートまたは変更されたプロパティを表示すると、テンプレートプロジェクトのデザイナーがテンプレートを作成するためにどのような変更を加えたかを確認できます。

多くの場合、テンプレートプロジェクトの作成者は、変更せずに使用するレイヤーをロックし、変更して使用するレイヤーをロックしないでおきます。ロックしておくことで、予期しない変更や不適切な変更を防ぐことができます。

After Effects のサンプルプロジェクトやテンプレートプロジェクトの他のソースについては、アドビの web サイトの After Effects コミュニティリソースを参照してください。

After Effects に含まれているテンプレートプロジェクトやサンプルエクスプレッションが保存されている場所については、Andrew Devis が Creative Cow の web サイトで公開しているビデオチュートリアルを参照してください。

テンプレートプロジェクトを開く

  • テンプレートプロジェクトを開くには、ファイル/プロジェクトを開くを選択します。ファイルの種類メニューから「Adobe After Effects Project Template」を選択します(Windows の場合)。

テンプレートプロジェクトを作成する

  • プロジェクトファイルをテンプレートプロジェクトに変換するには、ファイル名の拡張子を .aep から .aet に変更します。
  • プロジェクトのコピーをテンプレートプロジェクトとして保存するには、ファイル/コピーを保存を選択し、保存されたコピーのファイル拡張子を .aet に変更します。

新規プロジェクトのテンプレートの設定

カラーマネジメントやフォルダー構造など、推奨のプロジェクト設定を使用してテンプレートを作成し、そのテンプレートを基に新規プロジェクトを作成できます。

新規 After Effects プロジェクトのテンプレートを設定するには、次の手順に従います。

  1. 編集/環境設定/新規プロジェクトを選択します。
  2. 新規プロジェクト読み込みテンプレート」チェックボックスをオンにします。
  3. プロジェクトテンプレートを選択」をクリックし、テンプレートファイルを選択します。
注意:

テンプレートプロジェクトの形式は、.aet、.aep または .aex です。

チームプロジェクト

チームプロジェクトは、CC エンタープライズ版および CC グループ版のユーザー向けのホスト型コラボレーションサービスであり、編集者はこのサービスを使用して、シームレスかつリアルタイムに編集ワークフローで共同作業をおこなうことができます。チームプロジェクトを使用すると、エディターやモーショングラフィック制作者は、Adobe Premiere Pro、After Effects および Adobe Prelude 内の共有チームプロジェクトで同時に作業できます。追加のハードウェアは必要ありません。

プロジェクトの更新はクラウドで安全にトラックされ、ソースファイルはローカルまたは軽量の共有プロキシに保存されます。チームプロジェクトには、バージョン管理やスマート競合解決などの、高度なコラボレーション機能も含まれています。

  • チームプロジェクトを作成するには、ファイル/新規/新規チームプロジェクトを選択します。
  • チームプロジェクトを開くには、ファイル/チームプロジェクトを開くを選択します。

共同ワークフローへのチームプロジェクトの使用方法について詳しくは、共有ビデオプロジェクトでの同時作業に関するドキュメントを参照してください。

チームプロジェクトから Adobe After Effects プロジェクトへの変換

チームプロジェクトをローカルの Adobe After Effects プロジェクト(.aep)に変換できます。編集/チームプロジェクト/チームプロジェクトをプロジェクトに変換を選択します。

チームプロジェクトを Adobe After Effects プロジェクトに変換
チームプロジェクトを Adobe After Effects プロジェクトに変換

After Effects でのプロジェクトの保存とバックアップ

  • プロジェクトを保存するには、ファイル/保存を選択します。
  • 自動生成された新しい名前でプロジェクトのコピーを保存するには、ファイル/番号をつけて保存を選択するか、Ctrl + Alt + Shift + S キー(Windows)または Command + Option + Shift + S キー(Mac OS)を押します。
  • 現在のプロジェクトのコピーが、元のプロジェクトと同じフォルダーに保存されます。コピーには、元のファイル名に番号を加えた名前が付けられます。元のプロジェクト名の最後に既に番号が付いている場合は、その番号に 1 を足した番号が付きます。
  • プロジェクトを別の名前で保存したり、別の場所に保存するには、ファイル/名前を付けて保存/別名で保存を選択します。開いているプロジェクトに、新しい名前と場所が設定されます。元のファイルは変更されません。
  • プロジェクトのコピーを XML プロジェクトファイル形式で保存するには、ファイル/名前を付けて保存/XML 形式でコピーを保存を選択します(プロジェクトの概要を参照)。
  • プロジェクトのコピーを別の名前で保存したり、別の場所に保存するには、ファイル/名前を付けて保存/コピーを保存を選択します。現在開いているプロジェクトは、元の名前と場所のまま維持され、コピーが新しい設定で保存されます(保存したコピーは開きません)。
  • プロジェクトのコピーを保存して以前のメジャーバージョンで開くことができるようにするには、ファイル/名前を付けて保存/コピーを保存[以前のメジャーバージョン番号] を選択します(詳しくは、このブログを参照)。
注意:

現在のバージョンの After Effects の新機能がプロジェクト内で使用されている場合、それらの機能は、After Effects の以前のバージョンの形式で保存されたプロジェクトでは無視されます。

プロジェクトのコピーおよびプロジェクトで使用したアセットのコピーをディスク上の 1 つのフォルダーに保存するには、「ファイルを収集」コマンドを使用します(詳しくは、1 つの場所へファイルを収集するを参照)。

フローチャートパネル

各プロジェクトまたはコンポジションのフローチャートパネルには、コンポジション、フッテージアイテムおよびレイヤーが、それぞれボックス(タイル)で表示されます。タイルは方向を示す矢印で結ばれ、コンポーネント間の関係を表します。

注意:

フローチャートパネルには、既存の関係のみが表示されます。フローチャートを使用して要素間の関係を変更することはできません。

コンポジションタイルを展開すると、そのコンポジションを構成しているネストしたコンポジションや、その他の要素が表示されます。

フローチャート内のタイル同士を結ぶグレーの線は、そのアイテムのビデオまたはオーディオスイッチがタイムラインパネルで選択解除されていることを示します。黒または薄いグレー(アピアランスの環境設定の明るさの設定によって色が異なります)で表示される線は、スイッチが選択されていることを示します。

  • プロジェクトのフローチャートを開くには、Ctrl + F11 キー(Windows)または Command + F11 キー(Mac OS)を押すか、プロジェクトパネルの右端にある垂直スクロールバーの上部にあるプロジェクトフローチャートボタン()をクリックします。
  • コンポジションのフローチャートを開くには、コンポジションを選択して、コンポジション/コンポジションフローチャートを選択するか、コンポジションパネル下部にあるコンポジションフローチャート ボタンをクリックします。
  • アイテムをアクティブにする(選択する)には、フローチャートパネルでそのアイテムのタイルをクリックします。

    フローチャートでコンポジションをクリックすると、そのコンポジションがプロジェクトパネルとタイムラインパネルでアクティブになります。レイヤーをクリックすると、そのレイヤーがタイムラインパネルでアクティブになります。フッテージアイテムをクリックすると、そのフッテージアイテムがプロジェクトパネルでアクティブになります。

  • フローチャートの外観をカスタマイズするには、フローチャートパネルメニューやパネルの下部にあるボタンを使用します
注意:

フローチャートパネルの各ボタンを識別するツールヒントを表示するには、ツールヒントが表示されるまでボタンの上にポインターを置きます。

  • 要素を削除するには、要素を選択して Delete キーを押します。フッテージアイテムまたはコンポジションを選択した場合は、プロジェクトから削除され、タイムラインパネルとプロジェクトパネルに表示されなくなります。レイヤーを選択した場合は、そのレイヤーが表示されていたコンポジションから削除されます。
  • 選択した要素のコンテキストメニューにアクセスするには、要素タイルの名前の左にあるアイコンをマウスの右ボタンでクリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。アイコンの外観は、レイヤー やコンポジション など要素の種類によって異なります。例えば、レイヤーのコンテキストメニューを使用して、マスクとエフェクトの操作、スイッチの変更、トランスフォームの適用およびレイヤーイメージの品質の調整を行うことができます。
注意:

フローチャートパネルで要素のプロパティを変更する場合は、要素の名前ではなくタイルのアイコンをコンテキストクリックしてください。要素のアイコンに関連付けられているコンテキストメニューは、要素の名前から開いたメニューと異なります。

Rich Young が、フローチャートパネルとコンポジションミニフローチャートの詳細情報を After Effects Portal の web サイトで公開しています。

アドビのロゴ

アカウントにログイン