マニュアル キャンセル

エッセンシャルプロパティを使用してモーショングラフィックステンプレートを作成する操作

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 選択可能なトラックマットレイヤー(ベータ版)
      3. ネイティブの H.264 エンコード(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

エッセンシャルプロパティを使用した直観的なモーショングラフィックステンプレートの作成。

エッセンシャルプロパティは、別のコンポジションにネストする際にコンポジションのレイヤーおよびエフェクトプロパティにアクセス可能なプライマリ制御として機能します。個別のプリコンポジションを開いてプロパティを表示する必要がないので、これにより、複数のネストされたコンポジションにわたる複雑なアニメーションを作成する際の時間を節約できます。エッセンシャルプロパティは、元の値およびキーフレームを上書きできます。これにより、同じコンポジションを異なる値を持つ複数のインスタンスとして再利用できます。ソースコンポジションは同じままで、編集した内容からインスタンスが作成され、コンポジションの編集後にレンダリングできます。エッセンシャルプロパティを説明するために使用される用語のリストについては、用語集を参照してください。

エッセンシャルプロパティを作成するには、エッセンシャルグラフィックスパネルで、ネストされたコンポジションからプロパティを追加するか、プロパティを追加した後にコンポジションをネストします(レイヤー/プリコンポーズ)。エッセンシャルグラフィックスパネルでサポートされるプロパティタイプについて詳しくは、サポートされるコントロールのタイプを参照してください。コンポジションをネストすると、タイムラインパネルにプリコンポジションレイヤーのエッセンシャルプロパティグループが表示されます。

エッセンシャルプロパティを作成するための主要ワークフローは、モーショングラフィックステンプレートのコントロールを作成する方法と似ています。違いはプロパティの使用方法です。After Effects のプリコンポジションまたは Premiere Pro のモーショングラフィックステンプレートのエッセンシャルプロパティを使用します。

用語集

コンポジションおよびエッセンシャルプロパティを操作する際に一般的に使用される用語を理解するには、用語集(既存の用語および新規用語)を参照してください。

ネストとプリコンポジション

ネスト:コンポジションを他のコンポジション内に配置します。

プリコンポジション:プロジェクトの別のコンポジション内にネストされているコンポジション。

親コンポジションと子コンポジションの階層

例えば、あるコンポジション(コンポジション A)が別のコンポジション(コンポジション B)内に配置された場合、コンポジション A はコンポジション B(子コンポジション)を含む親コンポジションとなります。

エッセンシャルプロパティとプライマリコンポジション
エッセンシャルプロパティとプライマリコンポジション

エッセンシャルグラフィックスパネルでプライマリとして設定したコンポジションは、プライマリコンポジションです。プライマリコンポジションで、タイムラインからエッセンシャルグラフィックスパネルにレイヤーまたはエフェクトプロパティを追加した場合、そのプロパティはエッセンシャル
プロパティ
と呼ばれます。

ソースプロパティ
ソースプロパティ

エッセンシャルプロパティが参照するレイヤーまたはエフェクトプロパティ。

リンクされたプロパティ
リンクされたプロパティ

ソースプロパティが変更されていない場合のプリコンポジションのエッセンシャルプロパティ

リンク解除されたプロパティ
リンク解除されたプロパティ

ソースプロパティが変更されている場合のプリコンポジションのエッセンシャルプロパティ

プリコンポジションのエクスプレッションプロパティの値、キーフレームまたはエクスプレッションを変更すること。

エッセンシャルプロパティの操作

リンクされたプロパティ - プライマリコンポジションをネストすると、そのプリコンポジションのエッセンシャルプロパティはソースプロパティにリンクされます。例えば、コンポジション B がコンポジション A にネストされている場合、コンポジション B のエフェクトおよびレイヤープロパティがソースプロパティです。コンポジション B からエッセンシャルグラフィックスパネルに追加するプロパティは、エッセンシャルプロパティです。ソースプロパティを変更すると、プリコンポジションのエッセンシャルプロパティも変更されます。

リンク解除されたプロパティ - ただし、プリコンポジションのエッセンシャルプロパティを変更すると、リンク解除されます。リンク解除により、プライマリコンポジションのインスタンスが作成されます。エッセンシャルプロパティとソースプロパティの両方を別々に変更できます。

エッセンシャルプロパティを変更すると、ソースプロパティの値またはキーフレームが上書きされます。プリコンポジションは、プライマリコンポジションの一意のインスタンスで、このインスタンスのみが変更した値またはキーフレームでレンダリングされます。

プルおよびプッシュボタン

エッセンシャルプロパティを変更すると、タイムラインパネルのプルおよびプッシュボタンが有効になり、エッセンシャルプロパティの名前が太字になります。これらは、プロパティのリンクが解除されていることを示しています。

プルおよびプッシュボタンは、エッセンシャルプロパティをソースプロパティに再リンクします。エッセンシャルプロパティグループ全体用だけでなく、各エッセンシャルプロパティ用のプルおよびプッシュボタンがあります。

  • プルは、エッセンシャルプロパティの変更した値、キーフレームおよびエクスプレッションを破棄します。
  • プッシュは、エッセンシャルプロパティの変更した値、キーフレームおよびエクスプレッションをソースプロパティに適用します。

プルまたはプッシュボタンのどちらかをクリックすると、エッセンシャルプロパティは再度ソースプロパティにリンクされ、プルおよびプッシュボタンが無効になります。

プルおよびプッシュボタン
プルおよびプッシュボタン

A. リンクされたエッセンシャルプロパティ(プル&プッシュボタンは無効) B. リンク解除されたエッセンシャルプロパティ(プル&プッシュボタンは有効) 

変更したエッセンシャルプロパティをソースプロパティにプッシュして戻すと、同じエッセンシャルプロパティがリンクされている場合、同じプライマリコンポジションのすべてのインスタンスが更新されます。例えば、クレジットロール用にプライマリコンポジションを作成し、複数回ネストして、いずれかのプリコンポジションのみのカラーエッセンシャルプロパティを変更します。新しいカラーの値をソース値にプッシュし直すと、プライマリコンポジションのすべてのインスタンスが新しいカラーの値でレンダリングされます。

エッセンシャルプロパティの再リンク

  • プリコンポジションの複数のエッセンシャルプロパティをソースプロパティに再リンクするには:

特定のエッセンシャルプロパティを選択して、エッセンシャルプロパティグループのプルまたはプッシュボタンをクリックします。

  • プリコンポジションのすべてのエッセンシャルプロパティをソースプロパティに再リンクするには:

タイムラインパネルですべてのエッセンシャルプロパティを選択解除して、エッセンシャルプロパティグループのプルまたはプッシュボタンをクリックします。

ソーステキストのエッセンシャルプロパティの変更

親コンポジションのコンテキストでは、コンポジションパネルでタイプツールを使用してソーステキストのエッセンシャルプロパティを変更することはできません。

ソーステキストのエッセンシャルプロパティのテキスト文字列を変更するには、次のいずれかをおこないます。

  • ソーステキストのエッセンシャルプロパティを右クリックして、を選択します。ダイアログでテキスト文字列を編集して、「OK」をクリックします。
  • ソーステキストのエッセンシャルプロパティにエクスプレッションを適用します。新しい文字列を二重引用符で囲みます。例えば、"彼女は海岸で貝殻を売っています。" のようにします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン