マニュアル キャンセル

キーフレームの編集、移動、コピー

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 3D モデルの読み込み(ベータ版)
      3. OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
    3. トラックマットとトラベリングマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. Mercury 3D エンジンを使用した、3D デザインへのリアルタイムのプレビュー変更
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects の H.264 エンコード
    3. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    4. ムービーの変換
    5. マルチフレームレンダリング
    6. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    7. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    8. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. Cinema 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

キーフレーム値を表示または編集する

キーフレームを変更する前に、現在の時間インジケーターが既存のキーフレームに置かれていることを確認してください。現在の時間インジケーターが既存のキーフレームにない状態でプロパティ値を変更すると、新しいキーフレームが追加されます。ただし、キーフレームをダブルクリックして変更する場合や、キーフレームの補間法を変更する場合は、現在の時間インジケーターの位置は関係しません。

  • 現在の時間インジケーターをキーフレームの時間に移動します。プロパティ名の横にプロパティの値が表示されます。ここで値を編集します。
  • キーフレームを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらキーフレームをクリック(Mac OS)します。コンテキストメニューの一番上にキーフレーム値が表示されます。必要に応じて、「値を編集」を選択して値を編集します。
  • レイヤーバーモードでキーフレームの上にポインターを置くと、キーフレームの時間と値が表示されます。
  • グラフエディターでキーフレームの上にポインターを置くと、キーフレームのレイヤー名、プロパティ名、時間、値が表示されます。キーフレーム間のセグメント上にポインターを置くと、関連する情報が表示されます。
  • レイヤーバーモードでキーフレームをクリックすると、キーフレームの時間と補間法が情報パネルに表示されます。
  • グラフエディターモードでキーフレームまたはキーフレーム間のセグメントをクリックすると、プロパティの最小値と最大値および現在の時間の速度が情報パネルに表示されます。
  • レイヤーバーモードで、Alt キーを押しながら(Windows)または Option キーを押しながら(Mac OS)2 つのキーフレームをクリックすると、それらの間のデュレーションが情報パネルに表示されます。

Jeff Almasol が、redefinery の web サイトで、新しいレイヤーマーカーを、同じ時間のキーフレームに関する情報を示すコメント付きで、選択したレイヤーまたは新しいヌルレイヤーに作成するスクリプトを公開しています。

キーフレームをコピー&ペーストする

キーフレームは、一度に 1 つのレイヤーからのみコピーできます。キーフレームを別のレイヤーにペーストすると、これらのキーフレームはペースト先のレイヤーの対応するプロパティに表示されます。最も早いキーフレームは現在の時間に表示され、それ以外のキーフレームは相対的な順序でその後に表示されます。ペースト後もキーフレームは選択されたままの状態になっているので、これらのキーフレームをすぐにペースト先のレイヤー内で移動できます。

キーフレームは、同じプロパティ(位置など)のレイヤー間、または同じ種類のデータを使用する異なるプロパティ間(位置とアンカーポイント間など)でコピーできます。

注意:

同じプロパティ間でコピー&ペーストする場合は、一度に複数のプロパティからコピーして、複数のプロパティにペーストできます。ただし、別のプロパティにコピー&ペーストする場合は、一度に 1 つのプロパティのみからコピーして、1 つのプロパティにペーストできます。

  1. タイムラインパネルで、コピーするキーフレームを含むレイヤープロパティを表示します。
  2. キーフレームを選択します。
  3. 編集/コピーを選択します。
  4. ペースト先のレイヤーを含むタイムラインパネルで、キーフレームを表示する時間の位置に現在の時間インジケーターを移動します。
  5. 次のいずれかの操作を行います。
    • コピーしたキーフレームと同じプロパティにペーストするには、ペースト先のレイヤーを選択します。

    • 異なるプロパティにペーストするには、ペースト先のプロパティを選択します。

  6. 編集/ペーストを選択します。

スプレッドシートまたはテキストエディターを使用してキーフレーム値を編集する

キーフレームのデータをタブ区切りテキストとしてコピー&ペーストして、Microsoft Excel などのスプレッドシートプログラムや他のテキスト編集プログラムで使用することができます。スプレッドシートプログラムを使用して、キーフレームデータの数値分析を行ったり、キーフレーム値を作成または編集したりできます。

トランスフォームプロパティ(位置や不透明度など)、マテリアルオプションのプロパティ、モーショントラックなど、ほとんどのプロパティはコピー&ペーストが可能です。

注意:

モーショントラックツールを使用すれば、レイヤー内のオブジェクトの動きを追跡し、トラックデータをスプレッドシートにペーストすることによってデータの数値的な分析を実行できます。

Imagineer Systems mocha for After Effects(mocha-AE)などの一部のユーティリティアプリケーションでは、キーフレームデータがクリップボードにコピーされるので、After Effects の適切なレイヤーにペーストできます。

キーフレームは、一度に 1 つのレイヤーからのみ、タブ区切りテキストとしてコピーできます。

  1. タイムラインパネルで、同じレイヤーにある 1 つまたは複数のプロパティのキーフレームを選択します。プロパティのキーフレームをすべて選択するには、プロパティの名前をクリックします。
  2. 最初に選択したキーフレームに、現在の時間インジケーターを移動します。
    注意:

    最後の手順で、変更したキーフレームをペーストする場所がわかるように、最初に選択したキーフレームの時間にコンポジションマーカーを配置します(レイヤーマーカーとコンポジションマーカーを参照)。

  3. キーフレームが選択された状態で、編集/コピーを選択します。
  4. キーフレームのデータをスプレッドシートにペーストします。スプレッドシートの最初の列に A というラベル、最初の行に 1 のラベルがついていると想定すると、セル A1 にペーストする必要があります。フレーム番号は B 列に表示されます。 プロパティの値は列 C、D および E に表示されます。これはプロパティの次元によって異なります(3D レイヤー「位置」プロパティの値は全部で 3 つの列に表示されますが、「不透明度」プロパティの値は列 C にのみ表示されます)。
  5. キーフレームの数値情報を編集します。フレーム番号とプロパティ値以外のテキストは変更しないでください。
  6. データが入っているセルを選択します。選択対象の左上のセルは A1 である必要があります。選択対象のもっとも下の行は、「End of Keyframe Data」というテキストを含む行である必要があります。

  7. スプレッドシートからデータをコピーします。
  8. After Effects で、新しいキーフレームデータをペーストする時間に現在の時間インジケーターを移動します。この時間は通常、この操作の最初に選択してコピーしたキーフレームの時間です。
  9. 編集/ペーストを選択します。

キーフレームを時間で移動する

キーフレームの時間は、個別またはグループ単位で移動できます。

Jeff Almasol は、redefinery の web サイトで、レイヤーインポイント、レイヤーアウトポイント、レイヤーソースフレーム、キーフレーム、マーカーの、様々な組み合わせを時間内に移動するためのコントロールを備えたパネルを作成する汎用スクリプトを公開しています。

キーフレームを別の時間に移動

複数のキーフレームを選択すると、それらのキーフレームを同時にコピーまたは削除したり、その相対的な配置を変更することなく一緒に移動したりできます。

  1. 1 つ以上のキーフレームを選択します。
  2. 選択したいずれかのキーフレームアイコンを、目的の時間にドラッグします。複数のキーフレームを選択した場合は、選択したキーフレームすべてがドラッグするキーフレームからの相対的な距離を保ちます。
注意:

Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら左矢印キーまたは右矢印キーを押して、選択したキーフレームを時間上で(1 つ前または後のフレームに)移動することもできます。

キーフレームを特定の時間に移動

  1. 目的の時間に現在の時間インジケーターを移動します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーバーモードでは、キーフレームアイコンを現在の時間インジケーターにドラッグし始めてから、Shift キーを押したままにします。

    • グラフエディターモードでは、現在の時間インジケーターにキーフレームをドラッグします。

    現在の時間インジケーター上にドラッグすると、キーフレームが現在の時間インジケーターにスナップします。

レイヤーバーモードでキーフレームのグループを拡張または縮小

  1. 3 つ以上のキーフレームを選択します。
  2. Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、選択されたキーフレームのうち最初または最後のキーフレームを目的の時間にドラッグします。

キーフレームは移動せずにレイヤーデュレーションバーを移動

  1. 最初のキーフレームが表示される時間にコンポジションマーカーを配置します。(コンポジションマーカーを参照)。
  2. レイヤーのアウトラインで、同時に保持するキーフレームを含む 1 つ以上のレイヤープロパティの名前をクリックします。
  3. 編集/カットを選択します。
  4. 新しいインポイントとアウトポイントにレイヤーデュレーションバーを移動または伸ばします。
  5. キーフレームをカットする前に最初のキーフレームが表示されていた時間にあるコンポジションマーカーに、現在の時間インジケーターを移動します。
  6. 編集/ペーストを選択します。

複数のキーフレーム値を一括で変更

複数のレイヤーの複数のキーフレーム値を一度に変更することができます。ただし、選択するキーフレームは、すべて同じレイヤープロパティに属している必要があります。選択した値がどのように変化するかは、変更に使用する方法によって異なります。

  • 数値を入力して値を変更すると、選択したすべてのキーフレームに新しい値が正確に使用されます。つまり、値は絶対的に変更されます。例えば、モーションパスで複数の位置キーフレームを選択し、そのうちの 1 つに位置の値を数値で指定すると、選択したすべてのキーフレームが同じ位置の値に変更されます。

  • 下線付きの値をドラッグして値を変更すると、選択したすべてのキーフレームが同じ量だけ変更されます。つまり、値は相対的に変更されます。例えば、モーションパスで複数の位置キーフレームを選択し、そのうちの 1 つの下線付きの値をドラッグすると、選択したすべてのキーフレーム値が同じ量だけ変更されます。

  • コンポジションパネルまたはレイヤーパネルで値をグラフィカルに変更すると、選択したすべてのキーフレームは、値自体ではなく、新旧の値の差を使用して変更されます。つまり、値は相対的に変更されます。例えば、モーションパスで複数の位置キーフレームを選択し、そのうちの 1 つを 10 ピクセル左へドラッグすると、選択したすべてのキーフレームが元の位置から 10 ピクセル左へ移動します。

複数のレイヤーの親子関係を設定して、レイヤーバーモードで複数のレイヤーの値を一度に変更することもできます。

Mathias Möhl が KeyTweak スクリプトを公開しています(After Effects 拡張機能ページで入手可能)。このスクリプトを使用して、プロパティ上の多数のキーフレームを同時に変更できます。KeyTweak を使用して、いくつかのキーフレームを手動で変更すると、その間にあるキーフレームがスクリプトによって同様に変更されます。KeyTweak は、ロトスコーピングワークフローのマスクパスキーフレームで特に便利です(ロトスコーピングの概要とリソースを参照)。

グラフエディターでのキーフレームの移動または変更

グラフエディターの値グラフには、各キーフレームの値とキーフレーム間の補間値が表示されます。レイヤープロパティの値グラフが水平である場合は、レイヤープロパティの値がキーフレーム間で一定であることを示します。値グラフが上昇または下降している場合は、レイヤープロパティの値がキーフレーム間で増加または減少していることを示します。

グラフエディターでのキーフレームの移動または変更
値グラフ

A. キーフレーム。 B. 水平な値グラフは値が一定であることを示します。 C. 右上がりである場合、値が増加していることを示します。 D. 右下がりである場合、値が減少していることを示します。 

レイヤープロパティの値を変更するには、値グラフ上の点(キーフレーム)を上下に移動します。例えば、回転キーフレーム値を増加させるには、「回転」プロパティの値グラフ上のキーフレームマーカーを上にドラッグします。

注意:

「アンカーポイント」、「マスクパス」、エフェクトコントロールポイント、「3D 方向」および「位置」の各プロパティの値はすべて空間的なので、初期設定では値グラフではなく速度グラフを使用します。

グラフエディターで単一のキーフレームを変更する

  1. タイムラインパネルで、レイヤーの時間にともなうプロパティを表示します。
  2. 必要に応じて、グラフエディターボタンをクリックするか Shift+F3 キーを押して、グラフエディターモードに切り替えます。
  3. 必要に応じて、変化を作成したい時点にキーフレームを追加します。
  4. キーフレームを上下にドラッグして、レイヤープロパティに新しい値を設定します。

グラフエディターで複数のキーフレームを変更する

グラフエディターを使用して、複数のキーフレームを同時に編集して移動することができます。トランスフォームボックスを表示ボタンをオンにして複数のキーフレームを選択すると、選択したキーフレームが変形可能なトランスフォームボックスで囲まれ、トランスフォームの中心点を示すアンカーポイントがバウンディングボックスの中央に表示されます。選択したキーフレームを時間または値単位で移動するには、バウンディングボックスまたはそのハンドルをドラッグします。アンカーポイントの位置を変更することもできます。

値グラフの中でトランスフォームボックスを調整すると、選択したキーフレームが時間および値の単位で移動します。値グラフの中でトランスフォームボックスを調整すると、選択したキーフレームが時間の単位のみで移動します。

グラフエディターで複数のキーフレームを変更する
グラフエディターで複数のキーフレームを選択すると、トランスフォームボックスが表示されます。

  1. グラフエディター表示に切り替えて、調整するキーフレームを表示します。
  2. 選択ツールを使用して、次のいずれかの操作をおこないます。
    • キーフレームを選択するには、Shift キーを押しながらキーフレームをクリックするか、キーの周囲をドラッグして範囲選択します。

    • 1 つのプロパティのキーフレームすべてを選択するには、2 つのキーフレーム間のセグメントを、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 時間単位または値単位でキーフレームを移動するには、ポインターをバウンディングボックス内に置いてドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグして、動きを水平方向か垂直方向に固定します。

    • バウンディングボックスをスケールして、時間単位または値単位でキーフレームを移動するには、バウンディングボックスハンドルにポインターを置きます。ポインターが直線の双方向矢印 に変化したら、バウンディングボックスをドラッグして新しいサイズにします。Shift キーを押しながらドラッグして、縦横比を固定します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグして、バウンディングボックスのアンカーポイントの周囲をスケールします。コーナーハンドルをドラッグするときは、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグして、そのハンドルのみを移動します。

    注意:

    マイナスの値でスケールすると、キーフレームが時間単位で反転します。

    キーフレームを垂直方向に除々に減少させるには、Ctrl+Alt キー(Windows)または Command+Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。キーフレームの値を徐々に減少させることにより、繰り返しのアニメーションの振幅を小さくしたり大きくしたりすることができます。

    バウンディングボックスの片側を上下に移動させるには、Ctrl+Alt+Shift キー(Windows)またはCommand+Option+Shift キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

    バウンディングボックスのアンカーポイントを移動するには、選択ツールをアンカーポイントの上に置いてツールがアンカーポイント移動ツールに変わるまで待ち、ドラッグします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン