マスクを作成する

以下のいずれかの方法で、コンポジション内の各レイヤーに 1 つまたは複数のマスクを作成できます。

レイヤーにマスクを作成すると、作成した順番でそのマスク名がタイムラインパネルのアウトラインに表示されます。作成したマスクを整理して区別しやすくするには、マスク名を変更します。

注意:

マスクの名前を変更するには、マスクを選択して Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押すか、マスク名を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「名前を変更」を選択します。

レイヤーパネルで、既にマスクのあるレイヤーにマスクを追加する場合は、レイヤーパネルのターゲットポップアップメニューで「なし」を選択してください。選択しないと、新しいマスクは作成されず、ターゲットのマスクが置き換えられます。マスクをロックして、変更できないようにすることもできます。

レイヤーパネルでマスクのターゲットを指定するポップアップメニュー
レイヤーパネルでマスクのターゲットを指定するポップアップメニュー

A. 表示メニュー B. ターゲットメニュー 

マスクを作成または編集するときは、マスク名やマスク内の頂点数などの情報は情報パネルに表示されます。

注意:

マスクしているプライマリレイヤーから独立して移動できるマスクを作成するには、次を実行します。

  1. 別の白の平面レイヤーにマスクを作成し、その平面レイヤーをプライマリレイヤーのトラックマットとして使用します。
  2. 親子関係を使用して平面レイヤーをプライマリレイヤーの子レイヤーにすることで、平面レイヤーは直接適用したかのようにプライマリレイヤーと一緒に移動します。平面レイヤーは子レイヤーであるため、親レイヤーとは別にアニメートすることもできます。
  3. モーショントラッキングを使用すると、平面レイヤー(マスク)がプライマリレイヤー内の移動するオブジェクトの後について移動します(レイヤーをトラックマットに変換するおよび親レイヤーと子レイヤーを参照)。

数値を指定して長方形や楕円のマスクを作成する

  1. コンポジションパネルでレイヤーを選択するか、レイヤーパネルでレイヤーを表示します。
  2. レイヤー/マスク/新規マスクを選択します。コンポジションパネルまたはレイヤーパネルに新しいマスクが表示され、フレームの外側のエッジに、このマスクのハンドルが表示されます。
  3. レイヤー/マスク/マスクシェイプを選択します。
  4. 「リセット」を選択し、シェイプメニューで「長方形」または「楕円形」を選択し、マスクのバウンディングボックスのサイズと位置を指定します。

オートトレースでチャンネル値からマスクを作成する

  1. 「オートトレース」コマンドを使用すると、レイヤーのアルファ、赤、緑、青またはルミナンスチャンネルを 1 つまたは複数のマスクに変換できます。
  2. このコマンドは、レイヤーのチャンネルの指定した値からアウトラインを描くのに必要な数だけベジェマスクを作成します。
  3. また、設定の範囲内で、できるだけ頂点の数を少なくしたマスクを作成します。
  4. 「オートトレース」で作成したマスクは、他のマスクと同じように変更できます。また、エクスプレッションを使用すると、シェイプレイヤーにあるシェイプパスなどの他のパスにリンクすることもできます。

「オートトレース」を適用すると、正確な結果が得られるように、対象レイヤーは自動的に最高画質に設定されます。

注意:

「オートトレース」で作成されるマスクの数を減らすには、「オートトレース」を使用する前に、キーイングエフェクトをレイヤーに適用して対象を区別しやすくします。

  1. タイムラインパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つのフレームにマスクキーフレームを作成するには、現在の時間インジケーターを任意のフレームにドラッグします。
    • 選択した範囲のフレームにマスクキーフレームを作成するには、必要な範囲を含むワークエリアを設定します。
  2. 1 つまたは複数のレイヤーを選択します。
  3. レイヤー/オートトレースを選択します。
  4. 以下のいずれかを選択します。

    現在のフレーム

    マスクキーフレームを現在のフレームにのみ作成します。

    ワークエリア

    ワークエリア内のフレームにマスクキーフレームを作成します。

  5. 必要に応じて、次のオプションを設定します。

    反転

    エッジを検索する前に、入力レイヤーを反転します。

    ブラー

    トレースした結果を生成する前に、元のイメージにブラーを適用します。このオプションは、トレースした結果の好ましくない点を低減したり、ギザギザのエッジを滑らかにする場合に使用します。コントラストの高いイメージで詳細にトレースする場合は、このオプションの選択を解除します。ブラー操作の対象とする領域の半径は、ピクセル単位で指定します。値が大きいほど、ブラーが大きくなります。

    許容量

    チャンネルの輪郭からどの程度外れてトレースできるかをピクセル単位で指定します。

    しきい値

    ピクセルがエッジの一部と見なされるためにピクセルのチャンネルに必要な値を、パーセントで指定します。チャンネルの値がしきい値を超えているピクセルは白として扱われ、不透明になります。チャンネルの値がしきい値を下回るピクセルは黒として扱われ、透明になります。

    最小領域

    トレース対象となる元のイメージの、最小ターゲット領域を指定します。例えば、値を 4 にすると、 2 pixel(幅)x 2 pixel(高さ)より小さいターゲット領域はトレース結果から除外されます。

    コーナーの真円率

    頂点でのマスク曲線の丸みを指定します。値が大きいほど、曲線はなだらかになります。

    新規レイヤーに適用

    選択したレイヤーと同じサイズのマスクを新しい平面に適用します。このコントロールは、コラップストランスフォームが有効になっているレイヤーには自動的に選択され、レイヤーを含むコンポジションと同じサイズの新しいレイヤーが作成されます。

    プレビュー

    マスクの結果や「オートトレース」コマンドの様々なオプションによる影響をプレビューします。

シェイプとシェイプレイヤーを作成する

シェイプレイヤーを作成するには、コンポジションパネルでシェイプツールやペンツールを使用して描画します。その後、既存のシェイプにシェイプ属性を追加したり、シェイプレイヤー内に新しいシェイプを作成したりします。初期設定では、シェイプレイヤーを選択した状態でコンポジションパネルにシェイプを描画すると、そのシェイプレイヤー内で、選択した 1 つまたは複数のシェイプの上に作成されます。シェイプレイヤー以外のイメージレイヤーを選択した状態で、シェイプツールまたはペンツールを使用してコンポジションパネルに描画すると、マスクが作成されます。

注意:

新しいシェイプレイヤーを作成するには、コンポジションパネルで描画を始める前に、F2 キーを押してすべてのレイヤーの選択を解除します。

シェイプおよびシェイプレイヤーは、次の方法で作成できます。

通常、新しいシェイプを作成すると、ツールパネルの「塗り」と「線」で設定されていた塗りと線が適用されます。シェイプを作成した後でこれらの属性を変更するには、シェイプを選択してツールパネルの「塗り」や「線」で値を指定します。テキストから作成されたシェイプは、元のテキストと同じ「塗り」と「線」を使用して作成されます。

注意:

シェイプレイヤーにマスクを作成するには、ツールパネルでシェイプツールまたはペンツールをアクティブにして、マスクを作成 ボタンをクリックします。マスクの作成方法について詳しくは、マスクの作成を参照してください。

ベクトルアートフッテージをシェイプに変換する | CC、CS6

After Effects の以前のバージョンでは、Illustrator(.ai)、EPS(.eps)または PDF(.pdf)ファイルから読み込むことはできましたが、そのファイルを変更することはできませんでした。ベクトルアートフッテージレイヤーからシェイプレイヤーを作成し、そのシェイプレイヤーを変更することができるようになりました。

After Effects でのオブジェクトのベベルと押し出しの機能を使用して、アートワークに押し出しを適用することもできます(例えばロゴの押し出し)。テキストレイヤーとシェイプレイヤーへの押し出しの適用を参照してください。

ベクトルアートフッテージレイヤーをシェイプレイヤーに変換するには:

  • レイヤーベクトルレイヤーからシェイプを作成を選択します。一致するシェイプレイヤーがフッテージレイヤーの上に表示され、フッテージレイヤーがミュートされます。

    次の既知の問題が存在します。

    • Illustrator ファイルの一部の機能は現時点では維持されません。例えば、不透明度、画像、グラデーションは維持されません。
    • 変換されたシェイプでは、フッテージを変換ダイアログボックスに指定された PAR 上書きは無視されます。
    • グラデーションやサポート対象外のタイプでは 50 %グレーのシェイプとして表示されることがあります。
    • 大量のパスを含むファイルでは、読み込みの時間が非常に長くかかることがあり、その間にフィードバック情報は表示されません。
    • メニューコマンドは、一度に 1 つの選択中のレイヤーに対して動作します。
    • Illustrator ファイルをコンポジション(複数のレイヤー)として読み込むと、すべてのレイヤーを 1 つのパスに変換することはできません。ただし、ファイルをフッテージとして読み込み、コマンドを使用して 1 つのフッテージレイヤーをシェイプに変換することはできます。

Todd Kopriva と video2brain によるこのビデオでは、ベクトルグラフィックを Illustrator からシェイプレイヤーに短時間で変換し、After Effects CS6 でパスをアニメートする方法を説明します。この方法は以前のバージョンの After Effects よりも簡単です。

シェイプツールをドラッグしてシェイプまたはマスクを作成する

シェイプツールには、長方形 、角丸長方形 、楕円 、多角形 、スター の各ツールがあります。

注意:

シェイプツールをアクティブにし、種類を順に切り替えるには、Q キーを押します。

多角形は、内半径プロパティまたは内側の丸みプロパティを持たない以外はスターと同じなので、多角形やスターとして作成したシェイプの名前は、いずれも多角形となります。

コンポジションパネルやレイヤーパネルで、選択したレイヤー上をシェイプツールでドラッグすると、マスクを作成できます。コンポジションパネルで、選択したシェイプレイヤーにシェイプツールをドラッグすると、シェイプを作成できます。レイヤーを選択せずに、コンポジションパネルでシェイプツールをドラッグすると、新しいシェイプレイヤーにシェイプが作成されます。

注意:

シェイプレイヤーにマスクを作成するには、ツールパネルでシェイプツールをアクティブにして、マスクを作成 ボタンをクリックします。

コンポジションパネルで、シェイプツールでドラッグしてシェイプを作成すると、パラメトリックシェイプパスが作成されます。パラメトリックシェイプパスの代わりに、ベジェシェイプパスを作成するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押してからドラッグします。キーは、ドラッグ操作を完了する前に放してもかまいません。マスクパスはすべて、ベジェパスです(シェイプとシェイプレイヤーについてを参照)。

ドラッグは、コンポジションパネルまたはレイヤーパネルでクリックして作成し始めた時点から開始し、マウスボタンを放した時点で終了します。ドラッグ中に様々なタイミングでショートカットキーを使うと、異なる結果が得られます。

  • シェイプやマスクの作成中に配置し直すには、スペースバーかマウスの中央ボタンを押したままドラッグします。

  • 円、楕円、正方形、角丸正方形、長方形、角丸長方形の作成中に、中心を軸に拡大縮小するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押したままドラッグします。マウスボタンを放して描画の作成を完了するまで、キーを放さないでください。

  • 描画の作成を中止するには、Esc キーを押します。

注意:

各シェイプツールは、最後に変更したときの設定が有効になっています。例えば、スターの描画中に、矢印キーを使って頂点の数を 10 個に変更すると、次にスターツールで描画するときには 10 個の頂点を持つスターが作成されます。ツールを初期設定にリセットしてシェイプを作成したいときは、ツールパネルでそのツールをダブルクリックします(レイヤーサイズのシェイプまたはマスクを作成するを参照)。

長方形、角丸長方形、正方形、角丸正方形を描画する

  1. 長方形ツール または角丸長方形ツール を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 長方形または角丸長方形を描画するには、対角線上にドラッグします。
    • 正方形または角丸正方形を描画するには、Shift キーを押しながら対角線上にドラッグします。
  2. (オプション)角丸長方形または角丸正方形を描画するには、マウスボタンを放す前に次の操作を行います。
    • 角の丸みを増減するには、上向き矢印キーまたは下向き矢印キーを押すか、マウスホイールを前後に回します。
    • 角の丸みを最大または最小に設定するには、左向き矢印キーまたは右向き矢印キーを押します。
  3. マウスのボタンを放すと描画が終了します。正方形または角丸正方形を描画した場合は、マウスボタンを放した後に Shift キーを放します。

注意:

正方形は、コンポジションのピクセル縦横比に従った正方形が作成されます。コンポジションのピクセル縦横比が 1 でない場合は、コンポジションパネルの下部にある「ピクセル縦横比補正」ボタン を選択した場合にだけ、コンポジションパネルに正方形が正方形として表示されます。

楕円と円を描画する

  1. 楕円ツール を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 楕円を描画するには、対角線上にドラッグします。
    • 円を描画するには、Shift キーを押しながら対角線上にドラッグします。
  2. マウスのボタンを放すと描画が終了します。円を描画した場合は、マウスボタンを放した後に Shift キーを放します。

注意:

円は、コンポジションのピクセル縦横比に従った円が作成されます。コンポジションのピクセル縦横比が 1 でない場合は、コンポジションパネルの下部にある「ピクセル縦横比補正」ボタン を選択した場合にだけ、コンポジションパネルに円が円として表示されます。

多角形とスターを描画する

  1. 多角形ツール またはスターツール を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 多角形またはスターをドラッグして作成すると、拡大縮小または回転します。
    • 多角形またはスターを Shift キーを押しながらドラッグして作成中すると、回転しないよう固定されます。
  2. (オプション)マウスボタンを放す前に、次の操作を行います。
    • 点を追加または削除するには、上向き矢印キーまたは下向き矢印キーを押すか、マウスホイールを前後に回します。
    • 外側の丸みを増減するには、左向き矢印キーまたは右向き矢印キーを押します。
    • マウスを移動してスターの外径を増加させるときに、内径を一定に保つには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押したままにします。
    • スターの内側の丸みを増減するには、Page Up キーまたは Page Down キーを押します。
  3. マウスのボタンを放すと描画が終了します。Shift キーを押して回転しないようにした場合は、マウスボタンを放した後に Shift キーを離します。

ペンツールを使用してベジェシェイプまたはベジェマスクを作成する

ベジェマスクを作成するには、コンポジションパネルまたはレイヤーパネルでレイヤーを選択し、その上でペンツールを使用します。ベジェパスを持つシェイプを作成するには、コンポジションパネルでシェイプレイヤーを選択し、その上でペンツールを使用します。レイヤーを選択せずに、コンポジションパネルでペンツールをドラッグすると、新しいシェイプレイヤーにシェイプが作成されます。

ロトベジェパスの作成方法は、マニュアルベジェパスの作成とほぼ同様です。主な違いは、ロトベジェパスでは頂点の方向線とパスセグメントの湾曲が自動的に計算される点です。

ペンツールを使用してマニュアルベジェパスを作成する

  1. ツールパネルでペンツールを選択し、「ロトベジェツール」オプションの選択を解除した状態で、コンポジションパネル内で最初の頂点を配置する場所をクリックします。
  2. 次の頂点を配置する場所をクリックします。曲線のセグメントを作成するには、方向線ハンドルをドラッグして目的の曲線を作成します。

    注意:

    頂点をクリックし、マウスボタンを放す前にその頂点の位置を変更するには、スペースバーを押しながらドラッグします。

    最後に追加した頂点は、選択されていることを示す塗りつぶされた四角形で表示されます。別の頂点を追加すると、それまでに追加した頂点は、選択が解除されていることを示す塗りつぶされていない四角形で表示されます。

  3. 手順 2 を繰り返してパスを完成させます。
  4. 次のいずれかの操作を行ってパスを閉じます。
    • ポインターの位置を最初の頂点の上に移動し、ポインターの横に閉じた円アイコン が表示されたら頂点をクリックします。

    注意:

    最後の頂点をダブルクリックするか、レイヤー/マスクとシェイプのパス/クローズパスを選択してパスを閉じることもできます。

    • パスを開いたままにするには、別のツールをアクティブにするか、F2 を押してパスの選択を解除します。

ペンツールを使用して直線マニュアルベジェパスを描画する

ペンツールで作成できる最も単純なパスは直線です。ペンツールをクリックして 2 つの頂点を決めるだけで作成されます。クリックを続けると、複数の直線セグメントがコーナーポイントで結ばれたパスができます。

ペンツールをクリックして直線セグメントを作成
ペンツールをクリックして直線セグメントを作成

  1. 直線セグメントの始点にペンツールを置き、クリックして頂点を作成します(ドラッグはしないでください)。
  2. セグメントの終点位置で、もう一度クリックします(コーナーポイントでのセグメント間の角度を 45 度の整数倍にするには、Shift キーを押しながらクリックします)。
  3. クリックを続けて、他の直線セグメントの頂点を作成します。

ペンツールを使用して曲線マニュアルベジェパスを描画する

方向線をドラッグして、曲線パスセグメントを作成します。曲線の形状は、方向線の長さと方向によって決まります。

注意:

方向線の角度を 45 度の整数倍にするには、Shift キーを押しながらドラッグします。頂点から出ていく方向線だけを変更するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

  1. ペンツールを曲線の始点に置き、マウスボタンを押したままにします。

    頂点が表示され、ペンツールのポインターが矢印に変わります。

  2. 頂点の両方の方向線の長さと方向をドラッグして変更し、マウスボタンを放します。
    曲線パスの最初の頂点を指定
    曲線パスの最初の頂点を指定

    A. ペンツールを配置 B. マウスボタンを押したままドラッグを開始 C. ドラッグして方向線を伸ばす 
  3. 曲線セグメントの終点にペンツールを置いてから、次のいずれかの操作を行います。
    • C 字曲線を作成するには、前の方向線とは逆の方向にドラッグし、マウスボタンを放します。
    曲線パスの 2 番目の頂点を指定
    曲線パスの 2 番目の頂点を指定

    A. ドラッグを開始 B. 前の方向線とは逆の方向にドラッグして C 字曲線を作成 C. マウスボタンを放した後の曲線 
    • S 字曲線を作成するには、前の方向線と同じ方向にドラッグし、マウスボタンを放します。
    S 字曲線の作成
    S 字曲線の作成

    A. ドラッグを開始 B. 前の方向線と同じ方向にドラッグして S 字曲線を作成 C. マウスボタンを放した後の曲線 
  4. 引き続き、別の場所からペンツールをドラッグして、一連の滑らかな曲線を作成します。

レイヤーサイズのシェイプまたはマスクを作成する

  1. 新しいマスクまたはシェイプの作成場所を指定します。
    • 既存のシェイプレイヤーの上にシェイプを作成するには、そのレイヤーを選択します。
    • コンポジションと同じサイズの新しいシェイプレイヤーにシェイプを作成するには、F2 キーを押してすべてのレイヤーの選択を解除します。
    • マスクを作成するには、タイムラインパネル、レイヤーパネル、コンポジションパネルのいずれかでレイヤーを選択します。シェイプレイヤーにマスクを作成するには、ツールパネルでシェイプツールをアクティブにして、マスクを作成 を選択します。
    • マスクパスを置き換えるには、タイムラインパネル、レイヤーパネル、コンポジションパネルのいずれかでマスクを選択します。
    • シェイプパスを置き換えるには、コンポジションパネルかタイムラインパネルでシェイプパス(グループではなく)を選択します。
  2. ツールパネルで、長方形 、角丸長方形 、楕円 、多角形 、スター のいずれかのツールをダブルクリックします。

テキスト文字からシェイプまたはマスクを作成する

「テキストからシェイプを作成」コマンドは、各文字のアウトラインを抽出し、そのアウトラインからシェイプを作成して、シェイプを新しいシェイプレイヤーに配置します。この方法で作成したシェイプは、他のシェイプと同じように使用できます。

「テキストからマスクを作成」コマンドは、各文字のアウトラインを抽出し、そのアウトラインからマスクを作成して、マスクを新しい平面レイヤーに配置します。この方法で作成したマスクは、他のマスクと同じように使用できます。

注意:

Webdings などのフォントファミリーには、テキストではなく、グラフィック文字が含まれています。簡単なグラフィック要素のシェイプレイヤーを作成するには、これらのフォントファミリーのテキストを変換して使用すると簡単です。

テキストからシェイプを作成する

  1. シェイプに変換するテキストを選択します。
    • テキストレイヤー内のすべての文字をシェイプに変換するには、タイムラインパネルまたはコンポジションパネルでテキストレイヤーを選択します。
    • 特定の文字だけをシェイプに変換するには、コンポジションパネルでその文字を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤー/テキストからシェイプを作成を選択します。
    • レイヤーまたはテキストを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「テキストからシェイプを作成」を選択します。

また、テキストレイヤーのビデオスイッチ がオフになります。

新しいシェイプレイヤーは、既存のレイヤーの一番上に追加されます。新しいレイヤーには、選択した文字ごとに 1 つのシェイプグループと、そのテキストの「塗りと線」プロパティが保存されます。

複合パスで構成される文字(例えば、ie)には、複数のパスが作成され、「パスを結合」のパス操作で結合されます。

エフェクト、マスク、レイヤースタイルや、テキストレイヤーの「トランスフォーム」プロパティグループに含まれるプロパティに適用したキーフレームとエクスプレッションは、新しいシェイプレイヤーまたは平面レイヤーにコピーされます。

テキストからマスクを作成する

  1. マスクに変換するテキストを選択します。
    • テキストレイヤー内のすべての文字をマスクに変換するには、タイムラインパネルまたはコンポジションパネルでテキストレイヤーを選択します。
    • 特定の文字だけをマスクに変換するには、コンポジションパネルでその文字を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤー/テキストからマスクを作成を選択します。
    • レイヤーまたはテキストを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「テキストからマスクを作成」を選択します。

また、テキストレイヤーのビデオスイッチ がオフになります。

新しい平面レイヤーは、既存のレイヤーの一番上に追加されます。

複合パスで構成される文字(例えば、ie)には、複数のマスクが作成され、減算マスクモードで結合されます。

Illustrator、Photoshop、Fireworks からパスをコピーする

Illustrator、Photoshop、Fireworks でパスをコピーし、After Effects にマスクパスまたはシェイプパスとしてペーストできます。

Illustrator から After Effects に、互換性のあるデータをコピーするには、Adobe Illustrator の環境設定ダイアログボックスの「ファイル管理・クリップボード」セクションで「AICB」オプションを選択しておく必要があります。

Photoshop から読み込んだパスを適切にスケールするには、Photoshop ドキュメントの解像度を 72dpi に設定する必要があります。72dpi はフィルム&ビデオプリセットを使用して Photoshop で作成されたドキュメントの解像度設定です。

注意Illustrator、Photoshop、または Fireworks からパスをコピーして、After Effects のモーションパスとして使用することもできます。詳しくは、マスク、シェイプまたはペイントパスからモーションパスを作成するを参照してください。

Adobe Illustrator で作成したパス(左)と After Effects にマスクとしてペーストしたパス(右)
Adobe Illustrator で作成したパス(左)と After Effects にマスクとしてペーストしたパス(右)

  1. Illustrator、Photoshop、または Fireworks でパス全体を選択してから、編集/コピーを選択します。
  2. After Effects で次の操作を行い、ペースト操作の対象を定義します。
    • 新しいマスクを作成するには、レイヤーを選択します。
    • 既存のマスクパスまたはシェイプパスを置き換えるには、「パス」プロパティを選択します。

    注意:

    パスをシェイプパスとしてペーストするには、シェイプレイヤーで既存のシェイプの「パス」プロパティを選択します。このセクションは、ペースト操作の対象を After Effects に通知します。ペーストの対象が指定されていない場合、レイヤー全体が対象となり、新しいマスクが作成されます。「パス」プロパティがない場合(シェイプレイヤーが空の場合など)は、ペンツールを使用してプレースホルダーパスを作成し、Illustrator からプレースホルダーパスにパスをペーストします。

  3. 編集/ペーストを選択します。

    複数のパスをシェイプパスにペーストすると、最初のパスがシェイプパスにペーストされ、残りのパスは新しいマスクパスにペーストされます。これは、2 つ目以降のパスにはペーストの対象が明確に定義されていないため、パスはマスクとしてレイヤー全体に追加されるからです。

Andrew Devis が、Creative COW の Web サイトのこのビデオで、After Effects のモーションパスとして Illustrator のパスを使用する方法を紹介しています。

モーションパスからマスクまたはシェイプを作成する

位置キーフレーム、アンカーポイントキーフレームまたはエフェクトコントロールポイントの位置キーフレームをコピーして、選択したマスクパスまたはシェイプパスにペーストできます。モーションパスからマスクパスまたはシェイプパスを作成する場合、キーフレームは必ず 1 つの位置プロパティからのみコピーします。それ以外のプロパティのキーフレームはコピーしないでください。

注意:

モーションスケッチを使用してモーションパスを描画し、それをマスクパスまたはシェイプパスにペーストします。

モーションパスからマスクまたはシェイプを作成する
宇宙船のモーションパス(上)を背景レイヤー(左下)にコピーし、ベガスエフェクトで使用します(右下)。

注意:

マスクパスからモーションパスへコピーするときは、マスクパスの値がレイヤーの座標系(レイヤー空間)で表されている一方、モーションパスの値はコンポジションの座標系(コンポジション空間)で表されていることを念頭に置いてください。この違いにより、ペーストされたパスがオフセットされ、ペースト後にパスを配置し直す必要が生じることがあります(詳しくは、座標系:コンポジション空間とレイヤー空間を参照してください)。

モーションパスからマスクパスを作成する

  1. タイムラインパネルで、モーションパスのコピー元になる「位置」プロパティまたは「アンカーポイント」プロパティの名前をクリックします(この場合は、すべてのキーフレームが選択されます。モーションパスの一部のキーフレームだけを選択するには、Shift キーを押しながらクリックします)。
  2. 編集/コピーを選択します。
  3. 新しいマスクを作成するには、マスクを作成するレイヤーを選択し、レイヤー/マスク/新規マスクを選択します。
  4. タイムラインパネルで、モーションパスのキーフレームのペースト先になるマスクの「マスクパス」プロパティの名前をクリックします。
  5. 編集/ペーストを選択します。
    位置キーフレームの選択とコピー
    位置キーフレームの選択とコピー(左)、選択したマスクパスプロパティにペースト(右)

モーションパスからシェイプパスを作成する

  1. タイムラインパネルで、モーションパスのコピー元になる「位置」プロパティまたは「アンカーポイント」プロパティの名前をクリックします(この場合は、すべてのキーフレームが選択されます。モーションパスの一部のキーフレームだけを選択するには、Shift キーを押しながらクリックします)。
  2. 編集/コピーを選択します。
  3. 新しいシェイプレイヤーを作成するには、F2 キーを押してすべてのレイヤーの選択を解除し、コンポジションパネルでペンツールをクリックして 1 つのポイントからなるベジェパスを作成します。
  4. S キーを 2 回押して、シェイプの「パス」プロパティを表示します。モーションパスのキーフレームをペーストする「パス」プロパティの名前をクリックします。
  5. 編集/ペーストを選択します。

トランスフォームしながらシェイプグループを複製する

グループ選択モードで選択したシェイプグループを、コンポジションパネルで移動、回転、スケールして複製するには、

  • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらそのグループをドラッグします。

    これらのキーを押した状態でポインターをグループのトランスフォームボックスに近付けると、ポインターが複製ポインター( または )に変わります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー