3D カメラトラッカーエフェクト

3D カメラトラッカーエフェクトは、ビデオシーケンスを分析し、カメラモーションと 3D シーンデータを抽出します。3D カメラモーションにより、2D フッテージに 3D 要素を正確に合成できます。

注意:

ワープスタビライザーと同様に、3D カメラトラッカーエフェクトは、バックグラウンドプロセスを使用して、分析を実行します。分析が行われている間、自由に設定を調整したり、プロジェクトの別の部分を操作したりできます。

3D カメラトラッカーエフェクトについて詳しくは、Learn by Video の Angie Taylor によるこのビデオチュートリアルを参照してください。

フッテージの分析とカメラモーションの抽出

  1. フッテージレイヤーを選択して、次のいずれかを実行します。
    1. アニメーション3D カメラを選択するか、またはレイヤーコンテキストメニューから「3D カメラ」を選択します。
    2. エフェクト遠近3D カメラトラッカーを選択します。
    3. トラッカーパネルで、3D カメラトラックボタンをクリックします。

      3D カメラトラッカーエフェクトが適用されます。分析および解決フェーズはバックグラウンドで実行され、ステータスがフッテージの「キャンセル」ボタンの横にバナーとして表示されます。

  2. 必要に応じて、設定を調整します。

3D 解決済みトラックポイントが小さな色付きの x で表示されます。これらのトラックポイントを使用して、内容をシーンに配置できます。

注意:

3D カメラ トラッカー エフェクトを使用するカメラ トラッキングでは、同時に複数のレイヤーを選択できます。

解決済みのカメラを含む内容をシーンにアタッチする

  1. エフェクトを選択して、アタッチポイントとして使用するトラックポイントまたは複数のトラックポイントを選択します(最適な平面の定義)。
    1. 平面を定義できる 3 つの隣接する未選択のトラックポイント間の上にマウスポインターを置くと、半透明の三角形がポイント間に表示されます。赤いターゲットが表示され、3D 空間での平面の方向が示されます。
    2. 複数のトラックポイントを囲む範囲選択ボックスを描画し、それらを選択します。
  2. 選択対象またはターゲットの上で右クリックし、作成する内容の種類を選択します。次の種類を作成できます。
    • テキスト
    • 平面
    • ターゲットの中心のヌルレイヤー
    • 選択された各ポイントのテキスト、平面、またはヌルレイヤー
    • コンテキストメニューの「シャドウキャッチャーを作成」コマンドを使用することによる、作成した内容の「シャドウキャッチャー」レイヤー(シャドウのみを受け入れる平面)

注意:

シャドウキャッチャーレイヤーはライトが存在しない場合、ライトも作成します。

注意:

複数のレイヤーを作成すると、それぞれに一意の番号付けされた名前が付けられます。複数のテキストレイヤーを作成すると、ポイントデュレーションに一致するように、インポイントとアウトポイントがトリムされます。

ターゲットを移動して内容を別の場所にアタッチする

内容を別の場所にアタッチできるように、ターゲットを移動するには、次を実行します。

  1. ターゲットの中心の上にマウスポインターがあると、ターゲットを移動するための「移動」カーソルが表示されます。
  2. ターゲットの中心を目的の場所にドラッグします。

目的の場所で、コンテキストメニューのコマンドを使用して、内容をアタッチできます。

注意:

ターゲットのサイズが小さすぎるか、大きすぎて見えない場合、それらのサイズを変更して、平面を表示できるようにします。ターゲットサイズは、コンテキストメニューコマンドを使用して作成されるテキストおよび平面レイヤーのデフォルトのサイズも制御します。

ターゲットのサイズを変更する

ターゲットのサイズを変更するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ターゲットサイズプロパティを調整します。
  • ターゲットの中心からドラッグするときに、Alt キーを押しながらクリックする(Windows)か、または Option キーを押しながらクリックします(Mac OS)。ターゲットの中心の上で、水平方向の矢印のあるカーソルを使用してターゲットのサイズを変更できます。

トラックポイントを選択または選択解除する

トラックポイントを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

  • トラックポイントをクリックします。
  • 3 つの隣接したトラックポイントの間をクリックします。
  • 複数のポイントを囲む範囲選択ボックスをドラッグします。
  • Shift キーを押しながらクリックするか、Shift キーを押しながら、トラックポイントを囲む範囲選択ボックスを描画して、複数のトラックポイントを現在の選択に追加します。

トラックポイントの選択を解除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 選択されたトラックポイントを、Alt キーを押しながらクリックする(Windows)か、または Option キーを押しながらクリックします(Mac OS)。
  • トラックポイントの外側をクリックします。

注意:

オブジェクトを移動すると、3D カメラトラッカーエフェクトが混乱することがあります。変位のため、移動すると、カメラに近い固定オブジェクトのポイントが変換されることがあります。カメラを解決できるようにするには、正しくないポイントや不要なポイントを削除します。

不要なトラックポイントを削除する

不要なトラックポイントを削除するには、次の操作を行います。

  1. トラックポイントを選択します。
  2. Delete キーを押すか、コンテキストメニューから「選択したポイントを削除」を選択します。

不要なトラックポイントを削除すると、カメラが解決されます。バックグラウンドで解決の実行中に、追加のポイントを削除できます。3D ポイントを削除すると、対応する 2D ポイントも削除されます。

「シャドウキャッチャー」レイヤーを作成する

エフェクトのリアルなシャドウを作成するために使用する「シャドウキャッチャー」レイヤーを簡単に作成できます。シャドウキャッチャーレイヤーは、フッテージと同じサイズの白い平面ですが、シャドウのみを受け付けるように設定されています。

シャドウキャッチャーレイヤーを作成するには、コンテキストメニューの「シャドウキャッチャー、カメラおよびライトを作成」コマンドを使用します。

必要に応じて、シャドウが希望通りに表示されるように、シャドウキャッチャーレイヤーの位置とスケールを調整します。このコマンドは、コンポジションに存在しない場合に、影付きライト(スイッチを入れて、影を落とすライト)も作成します。

3D カメラトラッカーのエフェクトコントロール

エフェクトには次のコントロールと設定があります。

分析/キャンセル

フッテージのバックグラウンド分析を開始または停止します。分析中、ステータスがフッテージの「キャンセル」ボタンの横にバナーとして表示されます。

ショットのタイプ

フッテージが固定の水平画角、可変ズーム、または特定の水平画角のいずれでキャプチャされたかどうかを指定します。この設定を変更したら、解決が必要です。

水平画角

解決時に使用される水平画角を指定します。「ショットのタイプ」が「画角を指定」に設定されている場合にのみ有効です。

トラックポイントを表示

遠近のヒントによって 3D ポイント(3D 解決)またはフィーチャートラックによってキャプチャされた 2D ポイント(2D ソース)として、検出されたフィーチャーを識別します。

トラックポイントをレンダリング

トラックポイントをエフェクトの一部としてレンダリングするかどうかを制御します。

注意:

トラックポイントをレンダリング」が選択されていない場合でも、エフェクトを選択すると、トラックポイントが常に表示されます。有効にすると、ポイントがイメージ内に表示され、プレビュー時に表示できます。

トラックポイントのサイズ

トラックポイントの表示サイズを変更します。

カメラを作成

3D カメラを作成します。コンテキストメニューから、テキスト、平面、ヌルレイヤーを作成すると、カメラが自動的に追加されます。

詳細コントロール

3D カメラトラッカーエフェクトの詳細コントロール

  • 補間方法を解決カメラの解決に役立つシーンに関するヒントを提供します。次を実行して、カメラを解決します。
    • 自動検出シーンの種類を自動的に検出します。
    • 標準純粋な回転でなく、ほぼフラットなシーンでもないものとしてシーンを指定します。
    • ほぼフラットなシーンシーンをほぼフラットまたは平面として指定します。
    • 三脚パン純粋な回転としてシーンを指定します。
  • 使用する方法解決方法」が「自動検出」に設定されている場合、実際に使われる解決方法が表示されます。
  • 平均エラー元の 2D ソースポイントと、3D 解決済みポイントのソースフッテージの 2D 平面への再投影との平均距離をピクセル単位で表示します。トラック/解決が完全だった場合、このエラーは 0 になり、2D ソースと 3D 解決トラックポイントを切り替えた場合に、目に見える違いはありません。この値を使用して、ポイントの削除、解決方法の変更、他の変更を行った場合に、この値が小さくなったら、トラックが改善されたことがわかります。
  • 詳細分析オンにした場合、次の分析フェーズでトラックする要素を見つける特別な作業を行います。このオプションを有効にした場合、結果のデータ(エフェクトの一部としてプロジェクトに保存されるデータ)のサイズが大きくなり、処理速度が低下します。
  • 自動削除ポイントの時間枠 :新しい「自動削除ポイントの時間枠」オプションを使用すると、コンポジションパネルでトラックポイントを削除する際に、対応するトラックポイント(同じターゲット領域やオブジェクトのトラックポイントなど) がレイヤー上で別に削除されます。トラックの品質を向上させるためにフレームごとにトラックポイントを削除する必要はありません。例えば、カメラが撮影中にどのような動きをしていたかの定義に人物のモーションを考慮するべきではない場合に、その人物がシーンを通り抜ける時のトラックポイントを削除できます。
  • 警告バナーを隠す再分析する必要があることを示す警告バナーが表示されても、フッテージを再分析しない場合に使用します。

3D カメラトラッカーエフェクトのグリッドと原点

グリッド(参照グリッド)と原点を、例えば 3D カメラトラッカーエフェクト内の座標系の(0,0,0)ポイントに定義できます。

  1. 3D カメラトラッカーエフェクトを使用してシーンを分析します。
  2. トラッキングポイントのセットを選択します。この操作によってターゲットが表示されるようになり、選択したトラッキングポイントで定義された平面を表示します。
  3. 必要に応じて、平面に沿ってターゲットを再配置するために、中心でターゲットをドラッグして原点にする場所に中心を配置します。
  4. ターゲットを右クリック(Windows)または Control を押しながらクリック(Mac OS)して、「グリッドと原点を設定」を選択します。

この操作の結果は表示されませんが、参照グリッドおよび座標系の原点がこのシーンに保存されます。この3D カメラトラッカーエフェクトのインスタンス内から作成するアイテムは、このグリッドと原点を使用して作成されます。

エキスパートから: 3D トラックの原点を設定

エキスパートから: 3D トラックの原点を設定
Josh Weiss

注意:

グリッドと原点を設定を再び選択すると、別のグリッドと原点を使用して既に作成されているオブジェクトは、新しいグリッドと原点を使用して更新するべきではないという警告が表示されます。

自動削除ポイントの時間枠

エフェクトのプロパティの「詳細」セクションには、「自動削除ポイントの時間枠」という新しいオプションがあります。

このオプションがオンになっている場合、コンポジションパネルでトラックポイントを削除する際に、対応するトラックポイント(同じターゲット領域やオブジェクト上のトラックポイントなど)がレイヤー上で別に削除されます。そのため、トラックの品質を向上させるためにフレームごとにトラックポイントを削除する必要はありません。例えば、カメラが撮影中にどのような動きをしていたかの定義に人物のモーションを考慮するべきではない場合に、その人物がシーンを通り抜ける時のトラックポイントを削除できます。この方法は 2D ソースと 3D 解決トラックポイントで使用できます。

選択したトラックポイントは、Delete キーを使用するか、またはコンテキストクリックで選択したポイントを削除を選択して削除できます。

注意:

新機能の「自動削除ポイントの時間枠」を使用する場合、カメラを決定する際に 3D カメラトラッカーエフェクトがイメージの特定の一部を考慮に入れないようにするために、代わりにレイヤーのアルファチャンネルをさらに定義することもできます。

3D アプリケーションへの 3D カメラトラッカーデータの書き出し

Maxon Cinema 4D などのアプリケーションを使用して、3D カメラトラッカーのデータを 3D アプリケーションに書き出すことができます。

次の操作を実行します。

  1. ファイル書き出しMAXON Cinema 4D Exporter を選択します。

  2. テキスト書き出しダイアログボックスが開いたら、「押し出し」または「テキスト」オプションを選択します。

    MAXON Cinema 4D Exporter への書き出し
    MAXON Cinema 4D Exporter への書き出し

  3. ファイル名を入力して「保存」をクリックします。

  4. 3D アプリケーションでファイルを開きます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー