マスク参照について

レイヤーに適用されるエフェクトの領域を制限するには、新しい「マスク参照」オプションを使用します。「マスク参照」プロパティは、タイムラインパネルの各エフェクトの下の「合成オプション」の下にあります。

マスク参照を作成する

マスク参照インターフェイス
マスク参照

タイムラインパネルの「合成オプション」の下にある + 記号をクリックして、「マスク参照」メニューからマスクを選択します。

マスク参照を作成するときは、次の点を考慮してください:

  • エフェクトと同じレイヤーにあるマスクのみを選択できます。
  • マスク参照は必要な数だけ追加できます。
  • 既存のマスクを参照できます。
  • After Effects のエフェクトから新しいマスクを作成することはできません。

マスクがレイヤーに適用されると、新しい動的ストリームが「マスク」オプションの下に作成されます。このオプションでは、レイヤーに適用されるマスクの一覧が表示されます。新しいマスクが作成されると、この一覧が自動的に更新されます。

エフェクトによって参照されるマスクを変更すると、エフェクトが合成される場所が変更されます。例えば、マスクをぼかしたり、頂点ごとにぼかしを使用して、エフェクト合成のエッジを変更することができます。不透明度を変更すると、すべてのマスクでそれぞれエフェクトの全体的な強度が変更されます。

また、マスクモードを使用し、複数のマスクを組み合わせて、エフェクトをマスクが交差する領域のみに適用することもできます。

詳しくは、マスクのモードを参照してください。

エフェクトマスクとレイヤーマスク

エフェクトマスクを使用してレイヤーのアルファチャンネルを変更することはできません。したがって、エフェクトマスクをレイヤーマスクとして使用することはできません。

レイヤーマスクについて詳しくは、マスクとアルファチャンネルを参照してください。

チュートリアルで学習する

エフェクトのマスクへの適用

このチュートリアルをご覧になり、レイヤー上のマスクを使用する特定の領域にエフェクトを制限する方法、マスクごとにプロパティを変更する方法について学習してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー