マニュアル キャンセル

エクスプレッションの基本

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 選択可能なトラックマットレイヤー(ベータ版)
      3. ネイティブの H.264 エンコード(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

エクスプレッションの作成と操作に関する基本事項について説明します。

エクスプレッション

複雑なアニメーションを作成してリンクするときに、多くのキーフレームを 1 つずつ作成するのは骨の折れる作業です。After Effects には、この作業を簡略化するエクスプレッションという機能があります。エクスプレッションは、ある時点での単一レイヤープロパティの単一の値を評価する JavaScript コードの小片で、After Effects プロジェクトのアニメーションプロパティに組み込むことができます。

アプリケーションが何らかの操作を実行するように指示するスクリプトとは異なり、エクスプレッションは特定の操作を実行するようにプロパティに指示します。例えば、ボールが画面の左から右に移動していて、そのボールを小刻みに動かしたいとします。キーフレームを使用して位置プロパティをアニメーション化するのではなく、ウィグルエクスプレッションを適用することができます。

エクスプレッション言語は、標準の JavaScript 言語に基づいていますが、エクスプレッションを使用するために JavaScript の知識は必要ありません。ピックウイップを使用するか、エクスプレッションの単純なサンプルをコピーして変更するだけで、エクスプレッションを作成できます。詳しくは、「エクスプレッション言語について」を参照してください。

エクスプレッションを使用したループの基本的な例を示します。

エクスプレッションを使用する理由

時間を節約しアニメーションを迅速に作成できます。
エクスプレッションを使用すると、ウィグル、ジッター、バウンスなどのアクションを自動化できます。これにより、各アクションに新しいキーフレームを作成する必要がなくなるため、時間を大幅に節約できます。すぐに使用を開始できるように、いくつかの例を次に示します

様々なプロパティをリンクできます。

エクスプレッションを使用すると、コンポジション間で回転や位置などの様々なプロパティをリンクすることができます。リンクを使用すると、異なるアニメーションを作成する際に、それぞれに異なるエクスプレッションを記述する必要がありません。

モーションインフォグラフィックを作成できます。

エクスプレッションは、モーショングラフィックテンプレートを作成する場合に使用できます。様々なプロパティの調整、アニメーションのリンク、After Effects での MOGRT の修正をおこないます。

複数のレイヤーを制御して複雑なアニメーションを作成できます。

ピックウイップを使用すると、少数のコントロールから複数のアニメーションを簡単に作成できます。これにより、他の機能を使用するとはるかに手間がかかるようなアニメーションを作成することができます。

アニメーション化されたグラフおよびチャートを作成できます。

様々な国の汚染指標を示す動的な世界地図や動的な棒グラフなどのアニメーションインフォグラフィックやモーションインフォグラフィックをすばやく作成できます。

エクスプレッションを保存して再利用できます。

エクスプレッションをテンプレートとして保存し、他の After Effects プロジェクトで再利用できます。車輪の再発明をする必要はありません。

エクスプレッションの UI

エクスプレッションの操作を開始する前に、まずユーザーインターフェイスについて理解しておく必要があります。開始するには、次の手順を実行します。

  1. コンプを作成し、レイヤー/新規/平面を選択して、平面レイヤーを作成します。

  2. タイムラインパネルで、レイヤーを選択してキーボードの S キーを押すと、スケールプロパティが表示されます。ここから、エクスプレッションのジャーニーが始まります。

    エクスプレッション

  3. エクスプレッションを作成してみましょう。タイムラインパネルで、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac) を押しながら、「位置」の横にあるストップウォッチをクリックして、エクスプレッションをプロパティに追加します。After Effects では、後で修正可能なすべてのプロパティにデフォルトのエクスプレッションが割り当てられます。

  4. エクスプレッションの作成から発生するユーザーインターフェイスの変更に注意してください。最初の例では、スケールプロパティの値(100、100と表示)が青から赤に変わります。赤い色は、値にアクティブなエクスプレッションがあることを示します。

    エクスプレッションを開く

  5. 回転がストップウォッチの左側に表示されていることを確認し、クリックして開きます。このメソッドを使用して、エクスプレッションそのものを公開することができます。

    • 最初のボタンは等号(「=」)に似ていますが、エクスプレッションのオンとオフを切り替えます。エクスプレッションが有効になっていると、青で表示されます。
    • 2 番目のボタンをクリックすると、グラフエディター内のエクスプレッションの値が時間と共に表示されます。
    • 小さなスパイラルの 3 番目のボタンは、ピックウイップを使用してエクスプレッションを作成することができます。 
    • 4 番目のボタンをクリックすると、エクスプレッション言語メニューが表示されます。これを使用すると、エクスプレッションを作成できます。
    エクスプレッションのオプション

  6. 最後に、4 つのボタンの右側にある、デフォルトのエクスプレッション transform.position を表示できます。エクスプレッションを変更する場合は、タイムラインのエクスプレッションのテキストをクリックして、式エディターフィールドをアクティブにします。この機能は、テキストフィールドと同じように動作します。テキストをコピー、ペースト、選択またはドラッグします。Enter キーを押すと新しい線が作成され、高さを変更することができます。クリックして、wiggle(3,50) のようなエクスプレッションを入力します。詳しくは、「エクスプレッションを編集」を参照してください。

    エクスプレッションを編集

エクスプレッションとキーフレーム

プロパティにエクスプレッションを追加した後も、プロパティにキーフレームを追加したり、プロパティのキーフレームを編集したりできます。エクスプレッションに、キーフレームによって決まるプロパティの値が自動的に入力され、新しい値が生成される場合もあります。例えば、レイヤーの「回転」プロパティに対する value+90 というエクスプレッションは、キーフレームが設定されたモーションに加えて、「回転」プロパティの値に 90 度を加算します。

ウィグルなどの一部のメソッドは、既存のプロパティ値に対して直接作用します。(プロパティの属性とメソッド(エクスプレッションレファレンス)を参照。)

レイヤーの「位置」プロパティに wiggle(10, 10) のエクスプレッションを設定すると、レイヤーのキーフレームを使用するモーションが保持され、レイヤーがわずかに揺れます。

エクスプレッションでの単純な数学の使用

エクスプレッションが含まれているプロパティの値は、赤かピンクで表示されます。

エクスプレッションを初めて使用する場合は、ピックウイップで簡単なエクスプレッションを作成してから、以下に示す簡単な演算子を使用し、その動作を調節すると良いでしょう。

記号

演算

+

加算

-

減算

/

除算

*

乗算

*-1

元のエクスプレッションと逆の演算を実行します。例えば、時計回りが半時計回りになります。

例えば、エクスプレッションの末尾に *2 と入力すると、動作が 2 倍になります。同様に、/2 と入力すると、動作が半分になります。

エクスプレッションの編集に慣れてきたら、これらの簡単な演算子を組み合わせて使用してみましょう。例えば、エクスプレッションの末尾に /360*100 と追加すると、範囲が 0 ~ 360 から 0 ~ 100 に変わります。この変更は、360 度回転のダイアルの値をパーセント表示するスライダーの値に変換する場合などに使用できます。

エクスプレッション言語メニュー

エクスプレッション言語メニュー
エクスプレッション言語メニュー

タイムラインパネルのエクスプレッション言語メニューには、エクスプレッションで使用できる、After Effects 固有の言語要素が表示されます。このメニューは、有効な要素や正しい構文を調べるのに便利で、使用可能な要素に関するリファレンスとして活用できます。このメニューからオブジェクトや属性、メソッドを選択すると、エクスプレッションフィールドの挿入ポイントに挿入されます。エクスプレッションフィールドのテキストを選択した状態でこの操作を行うと、そのテキストが新しいエクスプレッションテキストに置き換えられます。エクスプレッションフィールドに挿入ポイントがない場合は、フィールド内のすべてのテキストが新しいテキストに置き換えられます。

使用できる一般的なエクスプレッション

ウィグル

wiggle
ランダムにウィグルをおこなう

ウィグルのエクスプレッションは、最もよく使用される After Effects エクスプレッションのうちの 1 つです。ウィグルのエクスプレッションによって何が推奨されるかが決まります。これにより、プロパティがランダムな値によってウィグリングされます。このエクスプレッションを使用して、シーンをより自然に見えるようにすることができます。

括弧の間の数字はウィグルを制御します。最初の数値は、1 秒あたりのウィグルの数を表します。2 番目の数値は、ウィグルの量を示します。そのため、wiggle(2,30) のエクスプレッションを指定した位置プロパティは、1 秒間に最大 30 ピクセルずつ 2 回揺れます。

時間

time*40
一度に 1 秒間に 40 度の無制限回転

時間エクスプレッションは、永続モーションを持つオブジェクトに適しています。例えば、オブジェクトを無制限に回転させたい場合、「回転」プロパティにエクスプレッションの時間を追加します。このオブジェクトは、1 秒あたり 1 度回転します。また、基本的な数式にも使用できるので、前のオブジェクトを 40 倍に回転させるには、エクスプレッション time*40 を使用します。

ループ

loop_out
ループインおよびループアウト

複数のキーフレームを使用して、反復アニメーションを作成する場合は、時間がかかることがあります。このような場合は、loop エクスプレッションを使用して自動化し、複雑なループアニメーションを作成します。ループには、loopInloopOut(より一般的に使用されます)の 2 つのタイプがあります。つまり、loopOut(); または loopOut("cycle"); というエクスプレッションを使用した「回転」プロパティは、タイムラインが終了するまでアニメーションをループさせます。

このような例については、「エクスプレッションの例」を参照してください。

エクスプレッションを手動で編集する

  1. エクスプレッションフィールドをクリックして、テキスト編集モードに入ります。

    注意:

    テキスト編集モードになると、エクスプレッション全体が選択されます。既存のエクスプレッションに追加する場合は、追加位置をクリックして挿入ポイントを表示します。クリックしないと、エクスプレッション全体が置き換えられます。

  2. エクスプレッションフィールドで入力、編集します。この際、エクスプレッション言語メニューを使用することもできます。
  3. テキスト編集モードを終了し、エクスプレッションを有効にするには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • テンキーパッドの Enter キーを押します。

    • エクスプレッションフィールドの外側の領域をクリックします。

式エディターでのエクスプレッションの表示方法のカスタマイズ

タイムラインパネルの式エディター
タイムラインパネルの式エディター

式エディター」を使用して、エクスプレッションの表示方法をカスタマイズすることができます。これは、タイムラインパネルで、「スクリプト&エクスプレッション」の環境設定を使用しておこないます。これを開くには、After Effects/環境設定/スクリプト&エクスプレッション(Mac)またはアプリケーション/環境設定/エクスプレッション(Win)を選択します。詳しくは、「式エディターの使用」を参照してください。

エクスプレッションの kickstart については、次のビデオをご覧ください。

その他のエクスプレッション関連リソース

ここまでで、エクスプレッションの背景となる概念を理解したので、今度はコミュニティで実例を参考にし、作業内容を共有してください。

また、MotionScript Web サイトで、Dan Ebbert の優れたエクスプレッションの事例コレクションとチュートリアルを確認することもできます。

AE Enhancers フォーラムには、エクスプレッションの多くの例や情報、スクリプトやアニメーションプリセットも公開されています。

アドビのロゴ

アカウントにログイン