マニュアル キャンセル

テキストレイヤーの作成と編集

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. シェイプストロークにテーパーをつける方法
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネル、マスク、およびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. Adobe Color テーマ拡張機能の使用
    3. カラーマネジメント
    4. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. 処理速度の向上
    3. 環境設定
    4. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

テキストレイヤーについて

テキストレイヤーを使用して、テキストをコンポジションに追加できます。テキストレイヤーは、アニメートされたタイトル、ロアサード、クレジットロール、ダイナミックタイポグラフィーなど、様々な目的で便利です。

テキストレイヤー全体のプロパティまたはカラー、サイズ、位置などの個々の文字のプロパティをアニメートできます。テキストをアニメートするには、テキストアニメータープロパティとセレクターを使用します。3D テキストレイヤーの中には、さらに別の 3D レイヤーを 1 文字につき 1 つ含めることができます(テキストアニメーターを使ってテキストのアニメーション化および文字単位の 3D テキストプロパティを参照。)

テキストレイヤーは生成レイヤーであるため、フッテージアイテムをソースとしては使用しませんが、一部のフッテージアイテムの情報をテキストレイヤーに変換できます。テキストレイヤーはベクトルレイヤーでもあります。シェイプレイヤーや他のベクトルレイヤーと同様に、テキストレイヤーは必ず連続ラスタライズされています。そのため、レイヤーのスケールを設定したりテキストのサイズを変更しても、解像度に関係なく鮮明なエッジが維持されます。テキストレイヤーをレイヤーパネルで開くことはできませんが、コンポジションパネルでは使用できます。

After Effects で使用するテキストには、ポイントテキスト段落テキストの 2 種類あります。ポイントテキストは、単一の単語や行を入力するのに便利です。段落テキストは、テキストを 1 つまたは複数の段落として入力したり書式設定したりするのに便利です。

テキストレイヤー:縦書きおよび横書きのポイントテキスト(左)とバウンディングボックス内の段落テキスト(右)
縦書きおよび横書きのポイントテキスト(左)とバウンディングボックス内の段落テキスト(右)

Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe InDesign 、テキストエディターなどの他のアプリケーションから、After Effects のテキストレイヤーにテキストをコピー&ペーストできます。また、After Effects は Unicode 文字もサポートしているため、Unicode をサポートする他のアプリケーション(Adobe アプリケーションはすべて該当します)との間で Unicode 文字をコピー&ペーストできます。

テキストの書式設定は、「ソーステキスト」プロパティに含まれています。書式設定をアニメートしたり、文字そのものを変更する(bc に変更するなど)には、「ソーステキスト」プロパティを使用します。

After Effects は自動的に、使用可能なフォントを使用して、環境にないフォントを同期します。インストールされていないフォルトを使用しているプロジェクトを開くと、フォントを解決するダイアログが表示されます。フォントが Adobe から入手できる場合は、フォントを自動的に Creative Cloud アカウントに同期させてインストールすることを選択できます。After Effects は、オンラインで利用できないフォントをデフォルトのフォントに置き換えます。

注意:

After Effects CC の 2017年4月リリースでは、After Effects をインストールしても一連のフォントはインストールされません。以前のバージョンの After Effects でインストールされていた同じフォント(Adobe Myriad Pro など)は、Creative Cloud サブスクリプションの一部として、Adobe Fonts を通じて使用できます。

ソーステキストがアニメートされた連続フレーム
ソーステキストがアニメートされた連続フレーム

ビデオ用のテキストおよびベクトルグラフィックを作成するためのベストプラクティス

作成中にコンピューターの画面では鮮明に見えるテキストでも、 最終的にムービーに出力するときれいに表示されないことがあります。 この問題は、ムービーの表示に使用されるデバイスや、 ムービーのエンコードに使用される圧縮スキームが原因で発生する可能性があります。 同じことが、シェイプレイヤーのシェイプなど、他のベクトルグラフィックでも発生します。 実際にはラスター画像でも同じような問題が発生しますが、一般的にはサイズが小さく、 細部がシャープなベクトルグラフィックで最も多く発生します。

ビデオ用にテキストおよびベクトルグラフィックを作成してアニメーション化する場合は、次の点を考慮してください。

  • ムービーをプレビューする際は、オーディエンスがムービーを視聴する際に使用するのと同じ種類のデバイス(NTSC ビデオモニターなど)を常に使用する必要があります。(外部ビデオモニターでのプレビューを参照)。

  • 彩度の高い色をその補色に変換するなどの、急激な色の変換は避けてください。MPEG や JPEG 形式などのほとんどの圧縮方式では、急激な色の変換を正確にエンコードできません。これらの圧縮方式では、急激に色が変化する付近でビジュアルノイズが発生する場合があります。アナログテレビでは、信号の許容範囲外でスパイクノイズが発生します。

  • テキストが動画の上にかかる場合は、同じ色で塗られたオブジェクトがテキストの背後を通過するときにテキストが判読できるよう、テキストにコントラスト境界(グローやストロークなど)が設定されていることを確認してください。

  • 横線が非常に細いと、奇数フィールドのときに偶数走査線と重なり、フレーム上で見えなくなることがあります(偶数フィールドのときに奇数走査線と重なる場合も同様です)。例えば、H という文字を使用する場合は、横線部分を 3 ピクセル以上の太さにする必要があります。横線を太くするには、フォントのサイズを大きくするか、太字にするか、またはアウトラインを適用します(文字パネルを使用した文字の書式設定を参照。)

  • 縦にスクロールするクレジットなど、テキストが縦方向に動くようにアニメートする場合は、テキストの縦方向の移動速度(ピクセル/秒)を、インターレースビデオ方式のフィールドレートの偶数倍に設定します。このようなレートの設定で、走査線とテキストの動きが同調し、画面ぶれを防ぐことができます。通常、NTSC の場合は 0、119.88、および 239.76 ピクセル/秒、PAL の場合は 0、100、200 ピクセル/秒に設定すると、最適な画質が得られます。

注意:

テキストを垂直方向にスクロールするには(クレジットロールなど)、動作カテゴリの「自動スクロール (垂直方向)」アニメーションプリセットを適用すると簡単です。

  • 垂直方向の動き、細いグラフィック要素、フィールドに起因するちらつきのリスクを回避するために、不透明度のフェードなどのトランジションで区切られたテキストのブロックのシーケンスとしてクレジットを提示することを検討してください。

幸い、ビデオや圧縮されたムービー形式のテキストに関する問題の多くは、 テキストレイヤーにブラーを適用するというシンプルなテクニックで解決できます。 わずかなブラー(ぼかし)を適用することで色調の変化が滑らかになり、細い水平の要素も拡大します。 「インターレースのちらつき削減」エフェクトは、 ちらつきを低減するのに最適です。 垂直方向のぼかしのみを適用し、水平方向のぼかしは適用しないため、他のブラーよりも画質の低下が少なくなります。

Philip Hodgetts は、Creative COW の web サイトで、 ビデオのテキストまたはベクトルグラフィックを作成する場合に最良の結果を得るためのヒントを公開しています。

テキスト処理用のスクリプトとエクスプレッション

この節では、テキストを操作するためのスクリプトを紹介し、一般的なスクリプトやチュートリアルへのリンクも含まれています。

テキストファイルの内容に基づいて 1 つ以上のテキストレイヤーを作成

Christopher Green は、自身の web サイトで、すべてのテキストから 1 つのテキストレイヤーを作成したり、テキストファイルの行ごとに 1 つのレイヤーを作成できるスクリプト(crg_Text_from_File.jsx)を公開しています。このスクリプトでは、行送りやその他の間隔調整用のオプションも提供しています。

テキストベースラインへのスクリプトによるアクセス

After Effects CC 2015(13.6)アップデートでスクリプトを使用すると、テキストレイヤーのベースライン(x,y)ロケーションを読み取ることができます。TextDocument オブジェクトの新しい sourceText.value.baselineLocs 属性は、テキストのベースラインの各行の開始位置の x と y の値を示す浮動小数点の配列を返します。

段落テキストボックスの行の折り返しは、複数行として扱われます。

この配列は、次の形式で浮動小数点の値を返します。

line0.start_x, line0.start_y, line0.end_x, line0.end_y, line1.start_x, line1.start_y, line1.end_x, line1.end_y … lineN-1.start_x, lineN-1.start_y, lineN-1.end_x, lineN-1.end_y

注意:

行に文字がない場合は、開始と終了の x と y の値は、最大の浮動小数値(3.402823466e+38F)です。

テキストレイヤーのスクリプトの改善

ディスク上のフォントファイルの場所など、テキストレイヤーで使用されているフォントやスタイルに関するスクリプトを使用して、追加情報を読み取ることができます。

textDocument オブジェクトの読み取り専用属性は次のとおりです。

  • fontLocation:ディスク上の場所を示すフォントファイルのパスとともに文字列が返されます(すべてのフォントの種類について返されるとは限らず、ある種のフォントの場合、戻り値は空の文字列になることがあります)
  • fontStyle: 太字や斜体などのスタイルの情報とともに文字列が返されます
  • fontFamily:フォントファミリー名とともに文字列が返されます

現在のテキストレイヤーの最初の文字に対して値が返されます。

テキストレイヤーのソーステキストを編集

このスクリプトは、スタイル未設定の状態で、テキストレイヤーのテキストを編集するパレットを表示します。テキストレイヤーが複雑なアニメーションを使用している場合、またはアクセスが困難な場合や現時点で非表示になっている場合、アニメーション化またはスタイル設定されていないときにテキストを編集すると便利です。

Jeff Almasol の Redefinery の web サイトから、このスクリプトをダウンロードしてください。

マーカーにテキストファイルをマッピング

このスクリプトは、選択したテキストレイヤーのソーステキストのキーフレームとしてレイヤー上の連続するマーカーにテキストファイルからの行をマッピングします。マーカーのコメントとして行番号を入力することで、使用するテキスト行を制御できます。

Jeff Almasol の Redefinery の web サイトから、このスクリプトをダウンロードしてください。

スマートに

このスクリプトは、様々な「プレーンテキスト」の各種記号を「スマート」な印刷記号に修正する(例えば、(c) を著作権記号 © に変換する)ためのコントロールを備えたパレットを表示します。

Jeff Almasol の Redefinery の web サイトから、このスクリプトをダウンロードしてください。

テキストの処理に使えるその他のスクリプト

Todd Kopriva は、アドビの web サイトで、スクリプトインターフェイスで利用可能なテキストの書式設定機能を紹介するサンプルスクリプトを公開しています。

Salahuddin Taha は、After Effects Scripts の web サイトで、(右から左に標記される)アラビア語のテキストを入力できるスクリプトを公開しています。

Michael Cardeiro は、After Effects Scripts の web サイトで、スプレッドシートまたはデータベースの情報を使用して様々なバージョンのコンポジションを作成するスクリプトを公開しています。このスクリプトは、スプレッドシートを行単位で処理し、スプレッドシートからテキストを自動的に受け取るコンポジション内のテキストレイヤーを使用してコンポジションの新しいバージョンを作成します。

After Effects Scripts の web サイトに、テキスト処理用のスクリプトが多数公開されています。Paul Tuersley は、After Effects Scripts の web サイトで、After Effects プロジェクト内でテキストレイヤーを検索および編集したり、独自のテキストスタイルプリセットを作成したり、そのプリセットを複数のレイヤーに適用したりできるスクリプトを公開しています。

Paul Tuersley は、AE Enhancers フォーラムで、Substation Alpha(SSA)カラオケファイルを読み込み、それを基にアニメーションテキストレイヤーを自動的に作成するスクリプトを公開しています。

「ソーステキスト」プロパティ用のエクスプレッションのサンプルについては、ソーステキスト用のエクスプレッションの記述MarkerKey の属性(エクスプレッションのリファレンス)を参照してください。

ポイントテキストを入力

ポイントテキストを入力する場合、テキストは行ごとに独立しており、 テキストを編集すると行の長さは増減しますが、次の行に折り返されることはありません。

文字ツールのポインター に表示される小さい線は、テキストのベースラインの位置を示します。 横書きテキストの場合、ベースラインはテキストが載っている線、 縦書きテキストの場合、ベースラインは文字の中心軸を示します。

ポイントテキストを入力するときは、 文字パネルで現在設定されているプロパティを使用してテキストが作成されます。 入力後にプロパティを変更する場合は、 文字パネルでテキストを選択して設定を変更します。

  1. 次のいずれかの操作を行い、テキストレイヤーを作成します。
    • レイヤー/新規/テキストを選択します。新しいテキストレイヤーが作成され、 横書き文字ツールの挿入ポイントがコンポジションパネルの中央に表示されます。
    • 文字ツールをダブルクリックします。新しいテキストレイヤーが作成され、 該当する文字ツールの挿入ポイントがコンポジションパネルの中央に表示されます。
    • 横書き文字ツール または縦書き文字ツール を選択して、 コンポジションパネル内でテキストを挿入する場所をクリックします。
    注意:

    文字ツールのポインターは、コンポジションパネルのテキストレイヤーの上にあるかどうかによって変化します。 ポインターの位置がテキストレイヤーの上にない場合は新規テキストポインター になり、 クリックすると新しいテキストレイヤーが作成されます。 Shift キーを押しながらクリックすると、常に新しいテキストレイヤーが作成されます。

  2. テキスト文字を入力します。メインキーボードの Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押し、改行します。
    注意:

    Unicode 文字を使用するアプリケーションからコピーしたテキストは、 編集/ペーストを選択してペーストすることもできます。 ペーストしたテキストには、ペースト先のテキストレイヤーに含まれる最初の文字の書式設定が適用されます。

  3. テキスト編集モードを終了するには、テンキーパッドの Enter キーを押すか、Ctrl+Enter キー(Windows) または Command+Return キー(Mac OS)を押します。

段落テキストを入力

段落テキストを入力すると、テキスト行はバウンディングボックスのサイズに合うように折り返します。 複数の段落を入力して、段落の書式設定を適用することもできます。

バウンディングボックスのサイズはいつでも変更できます。 サイズを変更すると、そのサイズに従ってボックス内にテキストが再表示されます。

段落テキストを入力すると、文字パネルと段落パネルで設定されたプロパティが適用されます。 プロパティを変更する場合は、 テキストを選択してから文字パネルまたは段落パネルで設定して設定を変更します。

  1. 横書き文字ツール または縦書き文字ツール を選択します。
  2. コンポジションパネルで次のいずれかの操作を行い、テキストレイヤーを作成します。
    • ドラッグして、コーナーからバウンディングボックスを定義します。
    • Alt キーを押しながらドラッグ(Windows)または Option キーを押しながらドラッグ(Mac OS)して、中心点付近にバウンディングボックスを定義します。
    注意:

    文字ツールのポインターは、コンポジションパネルのテキストレイヤーの上にあるかどうかによって変化します。 ポインターがテキストレイヤーの上にない場合は新規テキストポインター として表示され、ドラッグすると新しいテキストレイヤーが作成されます。 Shift キーを押しながらドラッグすると、常に新しいテキストレイヤーが作成されます。

  3. テキストを入力します。メインキーボードで Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押して、新しい段落を開始します。メインキーボードで Shift+Enter キー(Windows)または Shift+Return キー(Mac OS)を押して、 ソフトキャリッジリターンを作成します。 これにより、新しい段落を開始せずに新しい行が開始されます。バウンディングボックスに収まらない量のテキストを入力すると、バウンディングボックスにオーバーフローアイコン が表示されます。
    注意:

    編集/貼り付けを選択して、Unicode 文字を使用するアプリケーションからコピーしたテキストを貼り付けることもできます。 テキストには、貼り付けられるテキストレイヤーの最初の文字の書式が適用されます。

  4. テキスト編集モードを終了するには、テンキーパッドの Enter キーを押すか、Ctrl+Enter キー(Windows)または Command+Return キー(Mac OS)を押します。

テキストレイヤーでテキストを選択および編集する

テキストレイヤー内のテキストはいつでも編集できます。 テキストをパス上に設定したり、3D レイヤーとして指定したり、トランスフォームまたはアニメーション化した場合でも、引き続き編集できます。 テキストを編集する前に、編集するテキストを選択する必要があります。

注意:

テキストレイヤーの「パスのオプション」プロパティグループを無効にするには、「パスのオプション」プロパティグループの表示 (目玉)スイッチをクリックします。 「パスのオプション」プロパティグループを一時的に無効にすると、テキストの編集や書式設定が容易になります。

文字ツールのポインターは、コンポジションパネルのテキストレイヤー上にあるかどうかによって変化します。 文字ツールのポインターがテキストレイヤーに直接かかる場合は、編集テキストポインター として表示され、クリックすると、既存のテキストに挿入ポイントが表れます。

  1. 文字ツールでテキストを選択するには、次のいずれかの操作を行います。
    • テキストの範囲を選択するには、テキストをドラッグします。
    • テキストの範囲を選択するには、クリックしてポインターを移動し、Shift キーを押しながらクリックします。
    • 単語を選択するには、その単語をダブルクリックします。行を選択するには、その行をトリプルクリックします。 段落を選択するには、その段落を 4 回連続クリックします。1 つのレイヤー内のテキストをすべて選択するには、テキスト内の任意の場所を 5 回連続クリックします。
    • 矢印キーを使用してテキストを選択するには、 Shift キーを押しながら右向き矢印キーまたは左向き矢印キーを押します。矢印キーを使用して単語を選択するには、Shift + Ctrl キー(Windows)または Shift + Command キー(Mac OS)を押しながら右向き矢印キーまたは左向き矢印キーを押します。
注意:

テキストレイヤー内のすべてのテキストを選択して、最後に使用した文字ツールをアクティブにするには、 タイムラインパネルでテキストレイヤーをダブルクリックします。

テキストレイヤーでのテキストの選択と編集に関するオンラインリソース

Jeff Almasol は、redefinery の web サイトで、テキストレイヤーのソーステキストを編集するスクリプトを公開しています。

Jeff Almasol は、redefinery web サイトで、 プレーンテキストの各種記号を「スマート」な印刷記号に変換する(例えば (c) を著作権記号 © に変換する) スクリプトを公開しています。

Jeff Almasol は、redefinery web サイトで、テキストレイヤーの「ソーステキスト」プロパティにキーフレームを設定し、テキストファイルからのテキストを値として設定することで、キーフレームをテキストレイヤー上のレイヤーマーカーで指定された時間に配置するスクリプトを公開しています。

テキストバウンディングボックスのサイズを変更

  1. 文字ツールがアクティブな状態で、コンポジションパネルでテキストレイヤーを選択し、 バウンディングボックスのハンドルを表示します。
  2. ポインターをハンドルの上に置き(ポインターが二重矢印 に変わります)、次のいずれかを実行します。
    • ドラッグして一方向にサイズ変更します。
    • バウンディングボックスの縦横比を維持する場合は、Shift キーを押しながらドラッグします。
    • 中心を起点にして拡大/縮小するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

テキストレイヤーを移動する

コンポジションパネルの移動ポインター でドラックして、テキストレイヤーを移動できます。 テキスト編集モードを終了せずに移動ポインターをアクティブにするには、コンポジションパネルのテキストから文字ツールを移動します。 移動ポインター が表示されたら、ドラッグしてテキストを移動します。 また、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押したままにすると、一時的に移動ポインターをアクティブにできます。

ポイントテキストまたは段落テキストを変換する

注意:

段落テキストをポイントテキストに変換すると、バウンディングボックスに収まりきらない文字がすべて削除されます。 テキストが削除されないようにするには、 すべてのテキストが表示されるようにバウンディングボックスの大きさを調整してから変換してください。

  1. 選択ツール  を使用して、テキストレイヤーを選択します。
    注意:

    テキスト編集モードでは、 テキストレイヤーを変換することはできません。

  2. 文字ツールを選択して、コンポジションパネル内の任意の位置で右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、 「段落テキストに変換」または「ポイントテキストに変換」を選択します。

    段落テキストをポイントテキストに変換すると、最終行を除くテキストの各行の末尾に改行が追加されます。

    注意:

    タイムラインパネルでテキストレイヤーをダブルクリックすると、 段落テキストのバウンディングボックスが表示され、文字ツールが自動選択されます。

テキストのサポートの拡張 - 汎用テキストエンジン

汎用テキストエンジンを使用すると、複数のスクリプトを簡単に操作できます。 ヘブライ語やアラビア語などの右から左への言語、ヒンディー語などのインド語の文体で、テキストの入力、編集、アニメーション化を行うことができます。中東、南アジア言語を含むグラフィックについては、エッセンシャルグラフィックスパネルで「左から右」または「右から左」の設定を直接適用できます。

「環境設定」を開いてスクリプトを変更しなくても、新しい言語で直接入力を開始することができます。 同じグラフィック要素内で異なるスクリプトを組み合わせることもできます。

汎用テキストエンジンには、次の利点があります。

  • テキストレイヤーは置き換え可能であるため、複数の言語を編集する場合は、テキストレイヤーとグラフィックをより簡単かつ短時間で作成できます。
  • テキストを右から左に正確にアニメーション化する必要はありません。 After Effects では、文字を識別し、その方向に基づいてアニメーションを作成します。この機能は時間を節約し、迅速かつ簡単です。
  • 英数字と右から左に表記される言語をシームレスに組み合わせることができます。After Effects は、これらの文字を識別し、自動的に正しい文字順でアニメーションを実行します。そのため、個別にアニメーション化する必要はありません。
  • 文字オフセットエフェクトで、韓国語とヘブライ語両方に適切な Unicode 範囲が指定されるようになりました。 これにより、エフェクトにそれらの言語に固有の文字のみが表示されるようになります。

テキストの方向を変更する

横書きテキストは左から右へ、複数行の場合は上から下へと表示されます。 縦書きテキストは上から下へ、 複数行の場合右から左へと表示されます。

テキストの方向を変更する

A. 横書きのポイントテキスト B. 横書きのポイントテキストを縦書きに変換 C. 横書きの段落テキスト D. 横書きの段落テキストを縦書きに変換 

  1. 選択ツール  を使用して、テキストレイヤーを選択します。
    注意:

    テキスト編集モードでは、テキストを変換することはできません。

  2. 文字ツールを選択して、コンポジションパネル内の任意の位置で右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、 「横書き」または「縦書き」を選択します。

テキストの方向(左から右/右から左)を切り替えることができます。方向を変更するには、段落パネルの「テキスト方向」ボタンをクリックします。

テキストの方向の変更
テキストの方向の変更

フォントの合字

合字は、特定の Open Type フォントで使用可能な特定の文字のペアを置き換えるための文字組版の文字です。文字パネルの「合字」オプションを有効にすると、フォントの合字を使用できます。After Effects では、様々な言語の文字の組み合わせに対して、多くのフォントの合字が用意されています。文字パネルの下部にある「フォントの合字」チェックボックスを使用して、このオプションを有効にすることもできます。

フォントの合字
フォントの合字

ヒンディー数字

文字パネルの「ヒンディー数字」オプションを有効にすると、ヒンディー数字を使用できます。文字パネルの下部にある「ヒンディー数字」チェックボックスを使用して、このオプションを有効にすることもできます。

Photoshop のテキストを編集可能なテキストに変換する

Photoshop で作成したテキストレイヤーは、After Effects で開いても元のスタイルが維持され、編集することができます。

Photoshop ドキュメントを統合されたレイヤーとして読み込んだ場合は、まずそのレイヤーを選択し、 レイヤー/レイヤー化されたコンポジションに変換を選択して、 読み込んだ Photoshop ドキュメントをそのレイヤーに分解する必要があります。

  1. Photoshop のテキストレイヤーをコンポジションに追加し、レイヤーを選択します。
  2. レイヤー/編集可能なテキストに変換を選択します。

レイヤーが After Effects のテキストレイヤーに変換され、ソースフッテージアイテムとして Photoshop のテキストレイヤーを使用しなくなります。

レイヤーにレイヤースタイルがある場合は、 そのレイヤースタイルがテキストを編集可能なテキストに変換する前に、 レイヤー/レイヤースタイル/編集可能なスタイルに変換コマンドを使用した場合と同様に、 編集可能なスタイルに変換されます。

After Effects をさらに活用する

Adobe After Effects では、驚異的なモーショングラフィック、 テキストアニメーション、視覚的な効果を作成できます。フィルム、TV、ビデオおよび web をデザインすることができます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン