After Effects の新機能

新機能

2021 年 3 月リリース(バージョン 18.0)

モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでのメディアの置き換え

交換可能なメディアを使用してモーショングラフィックステンプレートを作成し、Premiere Pro の編集者が画像またはビデオを置き換えられるようにします。 エッセンシャルプロパティを使用したり、ソーシャルメディアグラフィック、アニメーションスライドショー、ロゴを使用したブランドテンプレートなど、様々なタイプのメディアを使用したりして、複数のバリエーションのテンプレートを作成できます。

リアルタイム 3D ドラフトプレビュー

3D シーンを作成するときに、クリエイティブな意思決定を迅速に行えます。 新しいリアルタイム 3D レンダリングエンジンを使用すると、作成中のデザインのフィードバックが即座にコンポジションパネルに表示されるので、クリエイティブの意思決定を迅速におこなうことができます。これにより、デザインの反復処理により多くの時間をかけることができます。

3D グリッド

グリッドとは、3D シーンの遠近と空間を把握できる、水平方向の投影面のことです。 コンポジションパネルのツールバーに専用のトグルボタンが表示されます。

強化されたコンポジションツールバー

最も必要な場合に、最もよく使用するコンポジションオプションツールにアクセスできます。 更新された、インコンテキストのコンポジションパネルのツールバーには、デザインのコンテキスト内のオプションがより論理的に整理されて表示されます。

チームプロジェクトのパフォーマンスの向上

After Effects のアーティストは、チームプロジェクトの変更をより迅速に共有および受け取ることができるようになりました。より効率的なインデックス作成により、検索が少なくとも 2 倍高速になりました。

現在はベータ版

マルチフレームレンダリング

After Effects ベータ版には、更新されたレンダーキュー経由での書き出しに対する、新しいマルチフレームレンダリングサポートが含まれています。  

注意:

After Effects の 2021 年 8 月(バージョン 18.4.1)リリースには、多数のセキュリティの修正とバグの修正が含まれます。修正された問題の完全なリストについては、After Effects で修正された問題を参照してください。

After Effects の以前のリリース

アドビのロゴ

アカウントにログイン