マニュアル キャンセル

After Effects の新機能

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. シェイプストロークにテーパーをつける方法
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネル、マスク、およびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. Adobe Color テーマ拡張機能の使用
    3. カラーマネジメント
    4. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. 処理速度の向上
    3. 環境設定
    4. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件
注意:

2022年6月のリリース(バージョン 22.5)では、次のアップデートが提供されます。

テキストアニメーションのアップデート:

  • After Effects では、右から左に表記される言語のテキストを適切にアニメーション化できるようになりました。 テキストは逆方向にアニメーション化されなくなったため、修正するための回避策は必要ありません。時間を節約し、すばやく簡単に使用できます。また、既存のアニメーションプリセットは、右から左に表記されるテキストに適用された場合にも正しく動作します。
  • 英数字と右から左に表記される言語をシームレスに組み合わせることができます。After Effects は、これらの文字を識別し、自動的に正しい文字順でアニメーションを実行します。そのため、個別にアニメーション化する必要はありません。
  • 文字オフセット効果により、韓国語とヘブライ語の両言語において適切な Unicode 範囲が判別されるようになったので、これらの言語に固有の文字のみが表示されるようになりました。詳しくは、テキストサポートの拡充 - 統合テキストエンジンを参照してください。

修正された問題:

  • パフォーマンスのホストおよび安定性に関する問題を修正します。完全なリストについては、After Effects の修正済みの問題を参照してください。

新機能

2022年5月リリース(バージョン 22.4)

2022年5月リリース(バージョン 22.4)には、分割されたディメンションの環境設定が含まれており、After Effects のいくつかの問題が修正されています。修正済みの問題の完全なリストについては、修正済みの問題を参照してください。

分割されたディメンションの環境設定

分割されたディメンションの環境設定

環境設定のチェックボックスを使用して、デフォルトでタイムラインの位置プロパティのディメンションを分割できるようになりました。これによりアニメーション化の時間が短縮され、X および Y ディメンションを個別に明確に制御することができます。

2022年4月リリース(バージョン 22.3)

Frame.io と統合された新しいレビューワークスペース

Frame.io との統合

Creative Cloud 用の Frame.io が After Effects や Premiere Pro に組み込まれるようになったので、リアルタイムでのレビューと承認およびクラウドメディアの共有が可能です。

Apple シリコンのネイティブサポート

Apple シリコンのネイティブサポート

Apple M1 デバイスで、起動時間の短縮、UI 応答性の向上およびレンダリングの高速化を体験してください。

拡張ビューア

拡張ビューア

次に、ドラフト 3D スペース内をより簡単に移動するために、フレームのエッジを超えてコンポジションビューを展開し、コンポジション領域の外側を表示します。

シーン編集の検出

シーン編集の検出

Adobe Sensei を活用して、編集したクリップのシーン変更を自動的に検出します。シーンを個別のレイヤーとして配置するか、編集ポイントにマーカーを作成して、プロジェクトのセットアップにかかる時間を短縮できます。

ビニングインジケーター

3D レイヤーのビニングインジケーター

新しい 3D ビニングインジケーターは、After Effects での 2D レイヤーと 3D レイヤーの合成方法を視覚的に表示します。

コーチマーク

コーチマーク

After Effects アプリをインストールまたは更新した後、初めて起動すると、After Effects にコーチマークが表示されます。 これらは様々な機能について簡単に説明するものです。

制約付きシェイプ

制約付きシェイプ

Shift キーを押しながら長方形ツールや楕円形ツールをダブルクリックすると、真ん中に位置する正方形や円を作成することができます。

ベータ版(現在)

プロパティパネル

新しいプロパティパネルでは、モーショングラフィックスをより簡単かつ迅速に作成できます。 最も必要なプロパティにすばやくアクセスし、回転時間を短縮します。 これにより、シェイプレイヤーの操作が容易になると共に、基本的なレイヤー変形もできます。

カラーキーフレーム

カラーキーフレーム

複数のユーザーと作業している場合に、キーフレームにカラーラベルを割り当てることで、プロジェクト内のキーフレームのグループの検索、選択、修正がすばやく容易に行えるようになります。

After Effects の以前のリリース

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]