After Effects の 2019 年 4 月リリース(バージョン 16.1)の新機能と機能強化について説明します。

上位の新機能

2019 年 4 月リリース(バージョン 16.1)

1_content

コンテンツに応じた塗りつぶしツールを使用して不要なオブジェクトを削除したビデオを修復する

ブームマイク、邪魔な看板、人物などの不要なオブジェクトをフッテージから削除します。Adobe Sensei を利用した、ビデオのコンテンツに応じた塗りつぶし機能を使用すると、不要な要素を簡単かつきれいに削除できます。これまで、オブジェクトの消去や置き換えは、ときには 1 フレームずつおこなっていましたが、その作業に費やしていた時間を節約できます。

2_expression

エクスプレッションエディターの強化

タイムラインパネルのエクスプレッションエディターフィールドで完全なコードエディターインターフェイスが提供されるようになりました。行番号、対応する中括弧の強調表示、コードの折りたたみなどにより、エクスプレッションの視覚的なナビゲーションが可能です。構文強調表示テーマを使用してコーディング環境をカスタマイズできます。インラインエラーメッセージと対応する中括弧の強調表示により、問題を特定して修正することができます。


3_performance_improvementcopy

パフォーマンスの向上

Metal、OpenCL および CUDA を使用するハードウェアアクセラレーションによるプレビュー機能により、作業結果をすばやくプレビューできます。ラフエッジなどの GPU エフェクトを適用するときのレンダリング時間が短縮されます。チームプロジェクトで作業すると、チームメンバー同士が複数のアセットを使用する場合の作業スピードが向上します。

4_guides_copy

定規とガイドを保存して編集者と共有する

ガイド設定の読み込みと保存が可能になりました。これにより、ガイド設定を新しいプロジェクトで再利用したり、シーケンスのパラメーターの設定にガイド設定を必要とする Premiere Pro の編集者と共有したりできます。



5_font_1_

アドビフォントの自動同期

After Effects で開いたプロジェクトに含まれているフォントがないとき、そのフォントが Creative Cloud のサブスクリプションの一部として Adobe Fonts から入手できる場合は、Creative Cloud によってフォントが自動的に同期されます。

6_video_audio

After Effects では、RED および Sony 製カメラの RAW 形式のサポートの強化に加え、ビデオとオーディオのパフォーマンス向上を目的としたハードウェアアクセラレーションによる HEVC のデコードの強化が実現されています。


7_pref

After Effects では、新しいホーム画面とホームボタンの環境設定が導入されました。スクリプトとエクスプレッションに関する既存の環境設定は、一般環境設定ペインから新しいスクリプトとエクスプレッションパネルに移動されました。

8_update_legacy

新しいスクリプト Update Legacy Expressions.jsx が After Effects とともにインストールされます。このスクリプトを使用すると、エクスプレッション内の従来の構文をすべて分析し、新しい JavaScript エクスプレッションエンジンに対応するようにそれらの構文を更新できます。



After Effects の以前のリリース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー