マニュアル キャンセル

マットエフェクト

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
      2. 3D モデルの読み込み(ベータ版)
      3. OpenColorIO および ACES のカラーマネジメント(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. テーパシェイプストローク
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネルおよびマット
    3. トラックマットとトラベリングマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. カラーマネジメント
    3. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. Mercury 3D エンジンを使用した、3D デザインへのリアルタイムのプレビュー変更
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects の H.264 エンコード
    3. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    4. ムービーの変換
    5. マルチフレームレンダリング
    6. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    7. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    8. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. Cinema 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとライセンス認証
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. プレビュー時のメモリ不足の問題に対する After Effects の処理    
    3. 処理速度の向上
    4. 環境設定
    5. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

「マットを調整」エフェクトと「ロトブラシ」エフェクトについて詳しくは、ロトブラシエフェクトとマットを調整エフェクト参照を参照してください。

After Effects に付属しているこのカテゴリのサードパーティ製プラグイン:

  • mocha shape エフェクト

マットチョークエフェクト

「マットチョーク」エフェクトは、イメージ上の好ましくない穴(透明部分)を不透明部分で埋めるために、チョークと拡散の行程を繰り返します。繰り返しが行われるのは、チョークと拡散をマット全体にわたって適用する必要があるからです。拡散によって穴は埋まりますが、マットのシェイプを維持するために、エッジ部分をチョークして元に戻さなければなりません。

チョークと拡散の行程は 2 段階で行われ、各段階で制御が 1 セットずつ適用されます。通常、第 2 段階では第 1 段階の反対の処理が行われます。このような交互の調整が(マットチョークによって自動的に)指定回数だけ繰り返され、穴が埋められます。

このエフェクトは、8 bpc および 16 bpc カラーで使用できます。

マットチョークエフェクト:カラーキーの使用により発生した不要な透明部分、マットチョークを使用して透明部分を取り除いた例
オリジナル(左上)、カラーキーの使用により発生した不要な透明部分(左下)、マットチョークを使用して透明部分を取り除いた例(右下)

注意:

マットチョークエフェクトを使用して、アルファチャンネルだけをぼかすことができます。このエフェクトをアルファチャンネルブラーとして使用するには、グレーレベルソフトを 100% に設定します。

マットの穴を埋める

  1. レイヤーを選択してから、エフェクト/マット/マットチョークを選択します。
  2. マットが変形しない範囲で、できるだけ拡散させるために、第 1 段階の制御(最初の 3 つのプロパティ)を次のように設定します。

    ジオメトリックスソフト

    最大の拡散またはチョーク範囲を(ピクセル単位で)指定します。

    チョーク

    チョーク量を設定します。負の値を指定するとマットが拡散され、正の値を指定するとマットがチョークされます。

    グレーレベルソフト

    マットのエッジをどの程度ソフトにするか指定します。0%にすると、マットのエッジに完全に不透明か完全に透明な値だけが適用されます。100%にすると、マットのエッジに全範囲のグレー値が適用されますが、ブラーがかかって見えることもあります。

  3. 第 2 段階の制御(次の 3 つのプロパティ)を設定して、第 1 段階で拡散させたのと同じ量だけマットをチョークします。
  4. (オプション)「反復」プロパティで、拡散およびチョークの行程を繰り返す回数を指定します。不要な穴が埋まるまで十分に行程を繰り返すように、設定をいくつか試してみてください。

チョークエフェクト

「チョーク」エフェクトは、マットのエッジをわずかな単位で増減して、よりきれいなマットを作成します。「表示」を「最終出力」にすると、エフェクト適用後のイメージが表示され、「マット」にすると、透明部分を黒、不透明部分を白で表した白黒画像が表示されます。チョークマットはチョークの度合いを設定します。負の値を指定するとマットが拡散され、正の値を指定するとマットがチョークされます。

このエフェクトは、8 bpc、16 bpc、および 32 bpc カラーで使用できます。

チョークエフェクト:キーイングによって不要なエッジが付いた例、チョークを使用してエッジを取り除いた例
オリジナル(左上)、キーイングによって不要なエッジが付いた例(左下)、チョークを使用してエッジを取り除いた例(右下)

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン